ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Konzert Orpheu..
at 2017-03-27 09:37
フィルハーモニーの室内楽ホー..
at 2017-03-26 15:39
日曜日の20時です。
at 2017-03-25 14:17
ベルリンの日常に戻り。
at 2017-03-24 23:15
Bruckner 3.& B..
at 2017-03-23 23:59
GP ゲネプロ。
at 2017-03-22 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-03-21 23:59
初日リハ打ち上げ。
at 2017-03-20 23:59
ポツダムでのリハ、2日目
at 2017-03-19 10:39
Japan Bruckner..
at 2017-03-18 23:55
ポートレート撮影 音響設計家..
at 2017-03-17 23:59
早口と演奏
at 2017-03-16 23:59
Tiergartenの常設市場
at 2017-03-15 20:32
無用の用 (老子)
at 2017-03-14 23:27
ときどき春を感じる近頃のベル..
at 2017-03-13 23:59
例えばSchneiderのC..
at 2017-03-12 23:59
モルトウイスキー
at 2017-03-11 23:59
武士は喰わねど。
at 2017-03-10 23:59
前から不思議に思ってる雰囲気..
at 2017-03-09 23:59
3/10にドイツで緊急スクラ..
at 2017-03-08 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 22:54
「音程やタイミングが合う..
by 植木信勝 at 21:34
IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51
Mr.ベースマンさん、は..
by Toruberlin at 01:46
F.O.さん、今回はご一..
by Toruberlin at 01:38
H.M.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 01:34
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 01:31
Toruさん、はじめまし..
by Mr.ベースマン at 08:27
日曜日、聴かせていただけ..
by H.M. at 07:23
徹さま、こんにちは。A響..
by F.O. at 00:18
ホルンに塚田というおじさ..
by 植木信勝 at 21:40
あーちゃん、おはよう!な..
by Toruberlin at 18:39
うふふふふ・・徹さん。改..
by Puku at 18:54
y.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 22:08
Toruさん、少しおやす..
by y.y. at 21:25
m.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 04:55
Toruさん、毎日ブログ..
by m.y. at 23:22
ウリさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 21:12
流石色々と日本に持ち運ん..
by ウリ at 12:36

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2009年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

大晦日、年末年始のご挨拶。

c0180686_18142688.jpg

大晦日の朝です。べルリンは夜中も雪が降り続き、まるで雪国の景色になっています。
2009年は4回も帰国した年になりました。3月はベルリンドイツ響のアジアツアーで東京の前に香港、後に北京、クアラルンプールと日本以外のアジアを初めて訪れました。
4月は久しぶりのプライベート帰国、その時も合わせて夏までに北海道に居ることが多く、札幌の友人たちと楽しい時を長く過ごすことができました。
東京ではあまり時間がありませんでしたが、ツアーのとき、4月、そして夏前にもたくさんの友人たちに逢うことができました。会えなかった方々、友人もまだまだたくさん居ます、来年は是非!
札幌の他に特筆したいのは久しぶりに2000年代前半にべルリンで一番仲の良かった4家族で会えたことかなー?稲村ケ崎や茅ヶ崎、湘南に何度も出かけた夏でもありました。そうえいば鎌倉の大仏様を拝観したのも30数年ぶりか?!
振り返りだすとキリがありませんが、コントラバスを弾く上で、自分で気づいたことが多い年でもありました。
2009年、お世話になりました。2010年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
健康で、やりたいことができる年になりますように!

喪中につき、新年のご挨拶は失礼いたします。

2009年大晦日  高橋 徹
by toruberlin | 2009-12-31 10:09 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(15)

クリスマスから年末、日本より友来る。

c0180686_8463822.jpg

24日の夜にテーゲル空港に到着したヴァイオリニストのR子ちゃんファミリー、第二クリスマスの祝日の26日は朝10時のSt.Hedwigsのミサに来て(毎年恒例のAumann作曲のミサ曲を演奏するミサ)昼からは別れて16時からはStaatsoperで魔笛を観たあとに拙宅に集合しました。
MK嬢もクリスマスは毎年拙宅に招待しているので声を掛けました。R子ちゃん、家内と同じ桐朋出身です。写真は僕からのプレゼント、袋に名前を書いてツリーに乗せてあったのを食事前に取りにいったところ、嬉しそうです。
c0180686_8573614.jpg
c0180686_859385.jpg
c0180686_901942.jpg

写真は前菜の鮭のカルパッチョ。僕のパスタを食べにべルリンまで来たと言っても過言じゃないお客さん、この日も数種類のパスタとメインはラムでした。
c0180686_94394.jpg

c0180686_961210.jpg
c0180686_971129.jpg

そしてクリスマスのデザートと言えばビッシュドノエル、家内の力作です。
c0180686_99398.jpg
c0180686_993416.jpg

紅茶とデザート、話もはずんで1時近くに解散しました。この後家内は翌日のお握りを握って7時半に家を出た訳ですから強行スケジュールでした。
c0180686_914115.jpg

僕らがチェコに行ってる間,彼らはドレスデン/ライプチヒへ小旅行。晩御飯はHilton内の小倉さんを紹介しました。ドイツでもトップの日本レストランのひとつ、彼らも満足していました。小倉さん、鰤カマ焼のサービス、ありがとうございました。Semperoperのヘンゼルとグレーテルもとても良かったそうで、また僕は泊まったことがなかった新しいホテルQFも気に入ってました。かなりモダンな聖母教会前のQF、次回は泊まってみるつもりです。
28日の夜も鴨丼でも一緒に!なんて案もありましたがお互い疲れてるのでこの日は会わず、29日は9時にホテルに迎えにいってフィルハーモニーへ向かいました。
c0180686_9224669.jpg

ジルベスターコンサートのゲネプロを聴かせてもらいました。写真はバックステージのカフェテリア、KBケースとG君です。ブロックCの最前列に座ると、舞台ではLangLangがショパンなどを練習中、ウオーミグアップを聴くことができるのもリハならではです。朝から良い演奏を聴かせてもらった後はハッケッシャー界隈に移動しました。
c0180686_9271332.jpg

昼ご飯はアンペルマンレストランでPizza、パルマハムとルッコラ、そしてクアトロフォルマッジ、大きいのでこの2枚で充分でした。
c0180686_9293114.jpg

c0180686_9311858.jpg
c0180686_9315345.jpg
c0180686_9322765.jpg

そして界隈を散歩、アンペルマン本店。
c0180686_9335196.jpg
c0180686_9341883.jpg
c0180686_9344887.jpg
c0180686_9352542.jpg

近所の靴屋さんでR子ちゃんはブーツをゲット。
c0180686_9371656.jpg

西に移動、Lindenbergでムール貝や牡蠣などを仕入れた後、ケンピンスキーの前に車を停めてクーダムを散歩。G君をCD屋に残して(ゆっくり物色するため)大人三人でホテルコンコードのバーでひと休み、ビール(Königspilsner)が美味しゅうございました。
c0180686_9414990.jpg

20時過ぎに拙宅着。写真は麻袋に入った5キロのムール貝。
c0180686_9432780.jpg
c0180686_9435853.jpg

ムール貝、新鮮で臭みは全くなし。ニンニクとペペロンチーニ+オリーヴオイルで途中白ワインバージョンも入れて4,5回、食べまくりました。
c0180686_9461230.jpg

サラダとG君ご所望のトマトソースのVermicelliを少し食し、〆は味噌汁と鴨丼でした。今朝、起きたときには一面真っ白、10時前にホテルで会い、少しだけ買物に付き合って昼前に別れました。あっという間の6泊7日でした。今は彼らは飛行機の中です。楽しい年末を一緒に過ごせました。

さて、雪はまた夜になって降りだし、粉雪がかなり積もりました。
では、おやすみなさい。
by toruberlin | 2009-12-30 23:55 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Brnoでのコンサート

c0180686_54224.jpg

12/27、事前情報では14時過ぎにBrnoに着いて15時からホールでリハして徒歩数分のホテルに戻り休憩の後に本番でしたが、所要時間にもともと2時間以上の誤差がありべルリン発も45分遅れ(途中遅れを取り戻して20分遅れで到着)17時ころBrno中央駅に到着、17時半には舞台の並びを考え楽器を出して直ぐにリハーサル、強行スケジュールでした。
チェコ鉄道がスポンサーだった今回のコンサート、今年はお客さんが半分入れば大成功という淋しいシーズンだったそうですが地上階500人のキャパに400人近いお客さんでした。2階席には10人程の地元のBrnoフィルのメンバーも聴きに来てくれてました。
時間がぎりぎりだったのと、僕らの世話をしてくれる人がステマネ一人しか居なくて、本番中の写真やEdirolでの録音を頼める人が居なかったのが残念です。
慌ただしかったのが一番影響したのはヨハンか?テンポに落ち着きがなくちょっと残念な場面もありました。合間にやったL'estroArmonicoBerlinだけの曲は楽しく弾けました。GeminianiのConcerto Grosso、Rossiniの弦楽ソナタ。みんなとっても良かった、集中して、しかも楽しく弾こうと努めていました。
後半の2曲のTrelliの間にRossiniのチェロとコントラバスのデュエットを弾きました。これは家内が2階席から聴いてくれたので写真があります。
c0180686_17241440.jpg
c0180686_17251011.jpg
c0180686_17263180.jpg

2010年最初の本番も元日に同じプログラム、もっと楽しく演奏して気持ち良く新年をはじめたいと思っています。
by toruberlin | 2009-12-29 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

Berlin->Brno->Berlin

c0180686_0564721.jpg

c0180686_0583138.jpg

7人で列車の旅、コンパートメントを3つ占領して(途中から混んできたので2つ)ましたが13時過ぎにお弁当食べる為に全員集合。T嬢が唐揚げとオムレツ風卵焼き、YS嬢が(驚いたことに!)やはり唐揚げとポテトサラダ、これがどちらも美味しかった。N嬢はケーキ、MK嬢はクリスマスクッキーを各種焼いて来てくれました。そしてメインは家内が夜中に握ったお握り22個、3日前に僕が捌いた鮭を塩鮭にしたのが良い塩梅にできて、それを御飯に混ぜ込んで握ったお握り、45分出発が遅れ、しかもチェコの音楽事務所が2時間も到着時間を間違えてチケットを送ってきたので17時近くに到着したんですが、本番は19時半。車内でしっかり食事できて良かった。
c0180686_165252.jpg
c0180686_184046.jpg
c0180686_19102.jpg

アンサンブルの移動は車が多い、オケも最近は飛行機の移動が多いので列車の移動でお弁当というのもかなり久しぶりの経験、楽しいものです。
c0180686_1131339.jpg

8時間以上の鉄路の移動も久しぶりです。Brno駅はかなり古くなかなか良い雰囲気。17時半にホールに入りリハーサルを19:10までして着替えて本番でした。音響のとても良い美しい150年前に建てられたホール、楽しいコンサートをすることができましたが、それについては写真入りで後ほど書きます。
本番後、地元の事務所がケアしてくれると聞いていたのですが翌日からヴァカンスとかで早々と帰ってしまい、僕らは徒歩2分のホテルに荷物を置いて街へ。ホールもホテルも旧市街のど真ん中、トランペットのヨハンがホテルで調べた地元料理の店に行ったのですが、日曜で既に閉店、そして他の店も軒並み食事は終わり。歩き回っていても仕方ないのでホテルに戻ってバーでビール?(チェコはビールがとびきり旨い!)、空腹で死にそうな人はマックで買うことにしたところでYS嬢がイタリアンを先程見かけたと言い出し食事できるか訊きに走りました。そうしたらなんとOK。マックで持ち帰りの注文寸前のN嬢たちに伝えてそのイタリアンへ。
c0180686_1265498.jpg

僕はPilsnerUrquellがあったので大満足、料理には何の期待もしてませんでした。7人でPizzaをシェアするのが無難と相談一致、他にサラダをひとつ。ヨハンは後で言ってましたがチェコでひどいピザにしかあたってないのでひとりステーキを注文。価格はチェコでは高い方と思いますが一品6ユーロくらいと僕らにはリーズナブル、とびきり美味しいビールも0.5Lが2ユーロ以下でした。
c0180686_1321879.jpg

注文の後で振り返ると大きな石のピザ釜が見えました。美味しいビールを飲みながら少しだけ期待、QuatroFolmaggeとParma、そしてアンチョビの効いたナポリを注文。そして3枚一緒にテーブルに来たピザが薄い生地がパリッとしていて極上の美味しさだったんです。直ぐにQFをもう一枚とスカンピを追加注文。ポーランドのブレスラウで食したイタリアンの旨さに驚いたことがありますが昨日のPizzaも驚きの旨さでした。
c0180686_1412255.jpg

満足して夜の旧市街を散歩がてらホテルへ。
今朝は8時半にMK/YS嬢と朝食、そのあとに街を少し散歩して11:35分のハンブルク行きの列車に乗りました。先程ドレスデンを越して現在17:46、19時半過ぎには帰宅の予定です。
ではまた!
by toruberlin | 2009-12-28 16:53 | 音楽の話 | Trackback | Comments(6)

ensemble L'estroArmonico on Tour

c0180686_1957328.jpg

今朝は早起きして中央駅へ。初めてのチェコ行きです。プラハにも行ったことないのに通り越してBrnoというチェコ第二の都市で今夜コンサートです。
写真はSバーンの中。初めてソフトケースなのに車輪付きのこのケースを使ってますが、なかなか具合が良いです。
ドレスデンを越えて、もうすぐチェコ国境。エルベ川沿いを走っています。
c0180686_2013229.jpg

コンパートメントを3つ占領、N嬢とヴィオラのT嬢は早々と就寝、家内とMK/YS嬢はふたつ向こうのコンパートメントで笑い声が絶えません。
僕はトランペットのヨハンとふたりで6人席、快適な鉄道の旅の途中です。
c0180686_2042674.jpg

by toruberlin | 2009-12-27 11:52 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

1.Weichnachtstagのディナー

c0180686_1314424.jpg

25日はWeichnachtsmarktのハシゴの日、12時にホテルで3人をピックアップして予定通り実行しました。暗くなる前はあまり雰囲気出ないのですが、まずは市庁舎前。マリエン教会との間の広場に昨年からできたMarktに行きました。教会の脇に駐車出来たのでまずは店舗が並ぶ教会側から。R子ちゃんもご主人のTちゃんもべルリンに住んでいたことがあるのだけれどWeihnachtsmarktが東にこんなにいくつもあるのは初めて見るので興奮気味。
c0180686_1404670.jpg
c0180686_1412158.jpg
c0180686_1415294.jpg

そしてまずは(昼過ぎだけど)グリューワイン。たーちゃんが買って皆で味見。
c0180686_155553.jpg
c0180686_155294.jpg
c0180686_1555441.jpg
c0180686_156333.jpg

そして欠かせないのは焼き栗、300g。
c0180686_158415.jpg
c0180686_1582544.jpg

中央にスケートリンクがあります。最近流行の初心者用ペンギン。
c0180686_1595657.jpg
c0180686_20557.jpg

最後にプロヴァンスからのラベンダーのクッションをR子ちゃんが購入してこのMarktを後にしました。
c0180686_225782.jpg

第1クリスマスの休日、カフェもほとんどが休みでしたがハッケッシャーホフのスタバは営業してました。店が閉まっているとこの界隈、普段は駐車場所を探すのは不可能に近いのにガラガラでした。そしてスタバの前に居た15週のゴールデンレトリバーの子犬、可愛いったらありませんでした。
c0180686_264369.jpg
c0180686_27771.jpg

c0180686_281649.jpg

そして本命のKonzerthaus前のMarktへ。
c0180686_292866.jpg

林檎チップを売るこの男、日本語で呼び込み。陽気で楽しい男でした、林檎チップもとても美味しかった。
c0180686_211459.jpg
c0180686_2112860.jpg
c0180686_212545.jpg

そして焼きソーセージ
c0180686_2131966.jpg

そして続いてRahmbrot、食べるものがいつも同じなのが僕のパターン。でもR子ちゃんもこの焼きたてのパンは気に入ってました。
c0180686_2151458.jpg

そして男だけでグリューワイン。
c0180686_216530.jpg

G君も一口味見したのは内緒です。
ものすごく暖かいラムの手袋、内側は毛皮になってます。R子ちゃんとお揃いを購入、滅多に欲しがらないG君もアイボリーのお洒落なのをゲット。この手袋は寒さ知らずです。
c0180686_2182481.jpg
c0180686_219489.jpg

暗くなって抜群の雰囲気も堪能してから帰宅、一度ホテルで休んでもらいました。
c0180686_2202084.jpg

今年の拙宅のツリー。
c0180686_2214773.jpg

そしてホテルに20時前に迎えに行き、もうひとつの目玉Markt、シャルロッテンブルク宮殿前へ。ここも簡単に駐車できてラッキー!と思ったら20時でおしまいでした、残念。
c0180686_223496.jpg

そして拙宅へ。クリスマスディナーの始まり!
c0180686_2245276.jpg

冷えたシャンペンで乾杯、生牡蠣は少しにして焼牡蠣。日本から着いたばかりだからもしも中るといけないので。
c0180686_2264259.jpg

フライパンに生牡蠣を並べ、ソースパンで熱したピーナツオイルに葱とニンンク、ペペロンチーニを入れたのを上からかけて数秒間蒸し焼きにします。牡蠣は身はまだ生だけど汁は熱いくらいの塩梅。これがなかなか美味しいのです。
c0180686_229378.jpg
c0180686_2293756.jpg

前菜のあとは鶏肉とクロイターザイトリンゲ(きのこ)のVermicelli、そしてカルボナーラロマーナ。
c0180686_2311123.jpg

メインはラムの予定でしたがその前のサラダで終了となりました。時差があるのと、とにかくみんなパスタが好きで昨日はいつもよりも多めに茹でたのですが、それもあってお腹いっぱいになりました。それで父子はソファで熟睡、R子ちゃんは終始元気で家内と3人で食後の紅茶+エンガディーナトルテのデザートを楽しみながら音楽やいろんな話に花が咲いたのは1年前と同じ。御飯食べると寝てしまうのはたーちゃんのがG君にも遺伝してる様です。

今朝は毎年恒例のSt.Hedwig教会の第2クリスマスのミサ。Aumann作曲のMesseを弾いてきました。彼らもドイツのクリスマスミサを経験する為に朝から来てくれました。今日はCavalliで初めてこの曲を弾いたのですが、楽しかった。
彼らは16時のオペラに行ってます。終演後には拙宅で第2クリスマスディナーです。今日はメインにたどり着けるのでしょうか?
c0180686_238088.jpg

by toruberlin | 2009-12-26 16:30 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(6)

L'estroArmonico Berlin のパート練習

c0180686_9344634.jpg

22日はクリスマス開けにチェコの古都Brunoでのコンサートのヴァイオリンパート練習を拙宅でしました。ちゃんと弾ける上手い奏者が集まっていてもどう音楽を作るかはそれぞれの好みがある。それをまとめて曲を作っていく訳ですがヴァイオリン2パートの弾き方は大事なのでMK嬢YS嬢に拙宅に来てもらい2時間ちょっと練習しました。
c0180686_939401.jpg
c0180686_9401764.jpg

このふたりのお嬢さんは僕にとってとっても大事なふたりです、演奏仲間として。
昼間買いだしにいって晩御飯は鶏団子鍋でした。出来立てを手に入れた木綿豆腐、大根、人参、白菜、ポロ葱、粗挽きにして生姜を効かせた鶏団子。もちろん〆は僕の手打ちうどん、上手く出来て美味しゅうございました。
by toruberlin | 2009-12-25 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

Frohes Fest!@クリスマスイヴ

c0180686_19272330.jpg
c0180686_19285424.jpg

12/24、いつもどおりWitt先生のお宅に伺いました。例年はSt.HedwigsのHeligabendmesseで弾く為に21時半頃には失礼していたのですが、それでお宅に伺うのは17時、今年は日本からヴァイオリニストのR子ちゃんファミリーが21時頃にテーゲル空港に到着の予定だったのでやはり17時過ぎに伺いました。Witt先生御夫妻と僕ら、そして3男のトーマスのファミリー。
c0180686_19374125.jpg


(12/25夕方日記続行)
c0180686_224541.jpg

まずは毎年24日の行事、クリスマスツリーを買いに行きました。適当な高さの綺麗なのがなくて少し大きめを選択、ネットに入れてもらって車まで持って行きましたが少しじゃなかった。助手席を倒してKBを運ぶようにツリーを車内に入れるのですが今年のは長くて不可能、結局リアウインドーを開けたままハザード点けて徐行運転で家まで運びました。
c0180686_265129.jpg

注文してあった牡蠣などを店に取りにいき、ハッケッシャーホフのアンペルマン本店へ。販売担当責任者のA.Tと日本で3年前からAMPELMANNを販売してくれているH.Mさんと待ち合わせ。彼女はメールでのやりとりは前からありましたがお逢いしたのは初めてでした。3人でアンペルマンレストランで昼食、そのあと本社で打ち合わせ。12/24のイヴの日の昼下がり、社長夫妻は既に休暇に出てるし社員もみんな帰って、買い付けと販売の両責任者しか居ないガランとした本社での打ち合わせでした。H.Mさんはべルリンは2泊、この後南東に向かって旅行しWienから最後はVeniceだそうです。僕にしてはかなりめずらしくカメラを忘れたので素敵な彼女との写真が残念ながらありません。
15時半頃帰宅、そのいつもより大きなツリーを立てました。そして27日にはチェコに演奏に行くのですが通奏低音と室内楽を両方弾かなければならなくて、Burugereを持って行くことに決めたのですがどうも魂柱が少し長い気がするので外して削り、理想的な位置に立て直しました。第一印象は良い感じです、これで安定したらロッシーニの弦楽ソナタやチェロとのデュオももっと弾きやすくなる筈です、そうなるとよいなー!
17時過ぎにヴィット先生宅に到着。
c0180686_2203699.jpg

今年は7人でした。キッチンからはゲンゼの良い匂い。
c0180686_2221737.jpg

オーヴンには2羽のゲンゼ、今年はBIOゲンゼを初めて買ってみたと奥様。そしていつものようなゲンゼの香がしないと心配していました。
c0180686_2261568.jpg
c0180686_2264968.jpg

僕が知ってる中で一番美しくフレンドリーな猫Kami、トーマスたちが家族です。
c0180686_2295731.jpg
c0180686_231878.jpg

これまで食べたことのない美味しさのゲンゼでした。もともと料理の達人のWitt夫人ですが、今回のこのBIOゲンゼ、その素材の良さか、抜群でした。腿のあとに胸も堪能しました。その前のカボチャと生姜のスープも、またゲンゼの付け合せのイモやロートコールも最高のクリスマスディナーでした。
c0180686_2352384.jpg
c0180686_2363793.jpg

そして食後はトーマスのピアノから始まり、
c0180686_2382536.jpg

先生のリコーダー、僕のコントラバス。ずっと弾いてないからと僕の為に弓に松脂を塗ってくださ照る先生。
c0180686_240262.jpg
c0180686_2414230.jpg
c0180686_2424245.jpg

家内もショパンのマズルカを弾いてデザートのあと20時半過ぎに先生宅を辞して家内を家で降ろしテーゲル空港へ。ヴァイオリンのR子ちゃんファミリーを迎えてホテルへ。
c0180686_2474613.jpg

ホテルに入ったのは21時半過ぎ、日本時間の5時半でしたが3人とも元気で荷物を置いて拙宅でお茶を飲むことにしました。今回は車で5分ほどのホテルを予約しました。
c0180686_2521199.jpg

今年の拙宅のツリー、先端をカットしてもらいましたがそれでも3m近くあります。先生宅に伺う前と、僕が彼らを迎えに行ってる間に家内が飾り付けを完成しました。
彼らにはものすごい量のお土産をいただきました。僕が頼んだモノもあったのですがそれ以外にも好きな物は知ってくれているのでトランクひとつまるまる+手荷物の紙袋。かなり嬉しいドンピシャのお土産でした。ケーキとお茶、珈琲?どうしようか?ご主人のたーちゃんと僕は赤ワインを呑み始めてたんですが息子のG君、機内食を控えてたのか?パスタを楽しみにしていてくれたのかお腹が減っているらしい。結局3人ともご所望で海老,オリーヴオイルとニンニク/ペペロンチーニのVermichelliを作りました。
c0180686_315052.jpg

c0180686_332066.jpg
c0180686_34227.jpg

昨日開けた今年のオリーヴオイル、やはりとても美味しい!海老パスタをしっかりと食した後に、次の1品を薦めたら嬉しそうなG君+両親。それで短いリガトーニを茹でてペコリーノと黒胡椒を振りかけオリーヴオイルをかけて出しました。僕はこのシンプルなのが大好き、彼らも気に入ってくれた様でした。
c0180686_39557.jpg

初日からとばして、時差ボケがなくなるくらいの深夜まで一緒に居ました。今日は昼からWeihnachtsmarkt廻り、今(12/25夕方)はホテルでひと休みの時間です。今夜も拙宅でラムをメインにパスタ数種、生牡蠣も用意してあり楽しみな晩餐になりそうです。
by toruberlin | 2009-12-24 23:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(2)

伊達の雫/玉鈴醤油

c0180686_23131789.jpg

写真家の友人/大先輩の青柳陽一先生が小包みを送ってくださいました。メールを戴いていて、そこに「もうすぐ君のところにプレゼントが届く,日本古来のもので昔はこの辺りにも数軒あったのに今はこの玉鈴オンリーとなった。10年もかけて作る意地と心意気が嬉しい品。皇族方にもお送りしたらお喜びになられてこれからもお使いになるとのこと、その品が間もなく届きます」とあったので何かな?と思いながら喜び勇んで開けました。
c0180686_2333293.jpg

最高級醤油の玉泉、かけ醤油とめんつゆ+米酢の詰め合わせでした。今日のお昼御飯にさっそく玉泉を開けて戴きました。
とびきり美味しい醤油です。色もとても綺麗。
日本酒、味噌、醤油。手作りの老舗が少なくなっていますが、お酒はそれでもまだまだ昔ながらの蔵はあるけれど、昔は生活に密着していて南ドイツのビール醸造所のように町に村に,そこ独特の味噌醤油屋があったらしいですが、醤油は特に大手の台頭により昭和以降激減してしまいました。昔ながらの小さい醤油作りが良くて大手が悪いなんて思いません。しかしこの玉泉を味見したら,滅多に手に入らない醤油であることは解ります。
東京の奥多摩にも近藤商店という醤油屋さんがあり帰国の際に買いに行ったことがあります。やはり美味しい醤油でした。今ここで比べられないし,暮らしの手帳じゃないから消費者テストをする気もないのですが、この玉泉のほうが美味しいと感じました。
伊達の雫とはなかなかのネーミングです、青柳陽一氏は玉鈴醤油の福島県は伊達市の保原在住、東京のアトリエ/オフィスを引き上げた数年前から特に地元の手助けをなさっていますが、一番上の写真も伊達の雫のサイトの写真も青柳氏の作品です。

c0180686_2359221.jpg

クリックすると拡大されます

玉鈴醤油の次男、鈴木利道氏が玉鈴醤油を筆頭に伊達の食品を販売するサイト「だての雫」を立ち上げました。是非ご覧ください。
http://www.datenoshizuku.co.jp/
ネットで注文出来る便利な世の中、この醤油本当に美味しいです!
最高級の玉泉が1Lで651円、ここべルリンで大手の醤油をそれ以上で購入している僕にはこの味でこの価格は脅威ですが、いわゆるK社の醤油ってスーパーでいくらするんだろう?この玉泉が2倍や3倍の価格としても、醤油なんて毎週買うものでもない訳だから、岩塩や海の塩,またはオリーヴオイルを美味しいのを選ぶように、美味しい醤油を選ぶのも、料理というものを完成させる歯車のひとつとして美味しい醤油を選ぶことはコストパフォーマンスの面から見てもかなり高いのではないか?と思います。玉泉は少し甘め、これは好みですが用途に依って醤油も使い分ければ良い。僕は現在3,4種類の塩を料理によって使い分けてます。美味しい醤油は鮮度も大事だから高級品は1L、普段使いの醤油は1升単位でも売っているというのはきっとそういうことなんでしょう。
美味しい卵を買って来て、やはり日本からの頂き物の魚沼産こしひかりで卵かけ御飯をこの醤油で食すのが楽しみです!

何にでもこだわる食通を気取るつもりもないけれど、せっかく食べるのだから、それに食べるものを粗末に扱いたくないから、こういうところにはこだわりたくなります。だからなかなか外食ができない。
美味しさにこだわることは食の安全にもつながります。寝ることと食べることは生きて行く限りは欠かせないこと、だから丁寧に扱いたいですね、できるだけ。
なかなかできませんが、あらゆることを丁寧に扱って日々過ごすこと、これが大事だということをまたあらためて思います。
by Toruberlin | 2009-12-23 14:35 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(9)

Weihnachtsmärkte

c0180686_198795.jpg

Weihnachtsmarkt(クリスマス市)は1.Adventにはどこも始ってますからもう4週間以上やっています。例年は本番の合間の平日に何度か行くのですが今年はポツダムのMarktをGPとコンサートの間に一人で歩いたのと買物の帰りに始ったばかりのシャルロッテンブルグ宮殿前のMarktに一人で寄ったのみ。月曜の夜にKonzerthaus前にやっと行けました。
今年はイヴの夜に日本から友人一家が遊びに来るので彼らと行く為にとっていました。このKonzerthaua前、シャルロッテンブルグ宮殿前、ベルリン市庁舎前がマストかなー?シュパンダウも悪くないしZoo駅傍の老舗Marktもかなり普通ではありますがやはり外せないか?12/25&26に何カ所かまわるつもりです。
c0180686_19194846.jpg

ここは数少ない有料のMarkt、その1ユーロの効果で通り抜け目的の人が居ないこととスリが少ないというのも面白い。ただ、VIP警備じゃないんだから昔の兵隊の扮装してる切符切りは良いけれど警備会社の厳つい兄ちゃんたちが隠れて警備するでなく入口に仁王立ちして客に応対してるのは興ざめ、警備は端の方から目を光らせてないと,そして態度が目障りでした。
c0180686_192837100.jpg

イタリアからの焼きグリ,これば僕は大好きで300g買ったけれどこれはさすがに多かった。しかしハズレなしで最後まで楽しめました。
c0180686_19312320.jpg
c0180686_19315036.jpg

人だかりのここは,炭火焼の店でした。
c0180686_19332940.jpg

必ず食すRahmbrot、手捏ねの生地にフレッシュクリーム、ベーコン、葱etc.を載せてオーヴンで焼いてます。
c0180686_19362523.jpg
c0180686_19364891.jpg

オーブンと言うか釜の燃料は薪,その燃える香も良いです。
c0180686_1938123.jpg

c0180686_19422319.jpg

c0180686_19433050.jpg

そして毎年ハンブルク郊外から来る帽子作家の彼と会うのも楽しみのひとつです。奥さんと一年がかりで作ったのをこの5,6週間のMarktでほぼ売り切ってしまうという人気のお店。革製のツバとウールのコンビネーションが特徴のオリジナルですが,今年はちょっと変わった形の新モデルを持って来ていました。僕はこの茶色(生地はローデン)を購入しました。もう少し深く被った方が似合うのですが,少し慣れが必要か?3キロ痩せればもっと似合う筈ではあります。
c0180686_19475279.jpg
c0180686_1949039.jpg
c0180686_19492943.jpg
c0180686_19502966.jpg

火曜の夕方に書き始め、現在は水曜の朝です。
昨日は最低気温がプラスになってしまい午前中は道がツルツル、車の窓も磨りガラス状態になっていました。今日も明日も雪の予報だけれど最高気温が3度だから雨になるか?湖が凍ってもうちょっとで上を歩けたのに残念です。
c0180686_2011359.jpg

by Toruberlin | 2009-12-22 16:47 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(4)