ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

夏のベルリン
at 2017-08-21 13:13
日曜日のベルリン
at 2017-08-20 14:45
バスルーム用洗剤
at 2017-08-19 23:58
最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37
キーマカレーランチ
at 2017-08-09 08:54

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 15:45
高橋さん、こんにちは。 ..
by 古橋貴正 at 07:36
何か質問があったらどうぞ..
by Toruberlin at 02:07

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

いつもAMPELMANNと一緒。

c0180686_19262730.jpg
土曜日、まずはフィルハーモニーで10時からのGPで始まりました。金曜日も2回ありましたが、このホールのこの場所(今回は14型、僕は3プルトの表ですがカラヤンとベルリンフィルの16型だと第1プルトの場所です)はWitt先生の席でした。感慨深いです。
c0180686_19254226.jpg
聴こえない音がない、そして響きが綺麗である(そう弾けば、だけど)から音程もタイミングも合わせやすい。今回はオケがアンサンブルするというよりは指揮者の指示に従うことが多いですが、そのバランスは毎回違う。今のシェフのソキエフもきっちりと指示し気持ち良い。しかしブロムシュテットを挙げるまでもなく往年の音楽の流れを示してオケに弾かせるタイプの指揮者でも威力を発揮するDSOです。
c0180686_19252421.jpg
ピアニストの出番はシュトラウスのブレスケとリストのTotenTanz、どちらも聴きごたえ満点です。
c0180686_19250428.jpg
13時まででしたが早めに終わり、そのままULAベルリンへ。3/20の津和野晩餐のメニューをN島料理長に作ってもらいミーティングしました。古橋さんの生酒、今回は2種類。どこで出すかも決めました。
近日、ご案内しますが3/20の1930からベルリンMitte(中央区)のULAベルリンで行います。24名さま限定企画です。

21時頃、読売日本交響楽団がホテルに到着しました。親友のホルンのHちゃんと約束していて、ホルンセクション全員+ハープのお二人で繰り出しました。ポツダム広場は歩いていつでも行かれるので、シャルロッテンブルクのベルリンらしいKneipeへご案内しました。
c0180686_19230475.jpg




by Toruberlin | 2015-02-28 23:55 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

土曜日の晩餐。

c0180686_18360175.jpg
c0180686_18342403.jpg
土曜日、コンサートの後に拙宅に集合しました。時間があって来られたのは4人、ちょうど3月に弦楽五重奏を始めよう!というメンバーです。
JBSOの打ち上げ@AMPELMANNレストランでオケの皆さんがmaestro長野に「ベルリンで参加の皆さんと!」と贈ってくださった酒、さすがにレストランで開けるわけにもいかず頂戴し、この日の乾杯しました。
c0180686_18352352.jpg
c0180686_18334216.jpg
ピンクの泡、「美味しい!どこのだろう?」
c0180686_18330622.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-27 20:08 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(2)

OrpheusEnsembleBerlin

c0180686_16370408.jpg
土曜日、フィルハーモニーのKMSでコンサートでした。室内楽ホールといっても1100人以上のキャパがあります。ほぼ満席でした。
JBSOのコンサートがこの一週間前でシューマンの3番(とブルックナーの5番)、この日はシューマンの1番とMesse。このミサはシューマンがライン川に投身自殺を図った頃の作品でレクイエムとほぼ同時期ですが演奏されることがほとんどありません。
このミサ、かなり複雑でモダンな(当時としては)不協和音も使われてますが、Kyrieの美しさといったら!ブラームスが涙したというのは頷けます。この作品、手直しをしたのか?ブラームスが10年間、手元に置いて発表を遅らせたのだそうです。
サンクトス、アニュスデイも美しい!合唱団には(ソロ歌手にも)かなり高度で、今回はまあギリギリOKだったかなー?
音程を取ることが得意の日本の合唱のほうが曲を仕上げるには優位かもしれません。
c0180686_16364367.jpg
GPにて。僕がいつもDSOで弾いている楽器、Hawkes-Panormoです。V.Panormoのコピーですが(ロンドンのHawkes,フランスでも多く制作させたそうですが、これは希少なベルギー製です)オケで弾く五弦としてこれ以上の楽器はめったにないと思っています。HILLの五弦も同じように素晴らしく、そしてもっと音が立つので曲よって選んでます。
同じ五弦でもクレモナのCavalliとパリのBrugereはよりソリスティック、室内楽に向いています。コンティヌオで現在一番気に入ってるのはCavalli、ブルジェーは五弦なのにロッシーニのデュオも弾ける、また特別な楽器です。
c0180686_16362787.jpg
隣はR,僕がベルリンに来たときには西のベルリン交響楽団の首席でした。名前は今も残っていて日本ツアーも行ってますが、このオケは8年くらい前に形態を変えました。その時に西ドイツのオケの首席に移籍し、定年退縮してベルリンに戻ってきました。
90年代は彼の横でもなんども弾かせてもらいました。東の第二放送響と合併して特に弦が良くなった時代でした。
僕が首席で彼が隣というのは今回初めて、生粋のプロ奏者と一緒に弾くのは楽しいです。
c0180686_16360909.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-26 23:55 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

新製品AMPELMANNショール。

c0180686_06483750.jpg
ハンドバック、RoototeのフェザールーのAMPELMANNバージョンが日本で人気ですが、ベルリンのアンペルマンでも大人ラインを前から計画していました。AMPELMANN Peak Fineシリーズ。
最初はショールです。
c0180686_06482359.jpg
これがシリーズのロゴ。
c0180686_06480938.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-25 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

今年の新酒、津和野古橋酒造「初陣」

c0180686_18094158.jpg
今年も津和野の古橋さんが新酒を贈ってくださいました。「初陣」の原酒の生酒「しぼりたて」と純米酒の生酒「いざ、初陣」です、小包が届いた時に「あれ?」箱がドイツポストのでした。以前にULAベルリンに届いた箱も同様にrepackされていて、中は半分がダメだったんです。今回は一本割れた様子、4本はラベルも破損していましたがそのおかげ?で税関郵便局には止まらずに家まで来ました。
c0180686_18085974.jpg
「いざ初陣」を最初に空けました。今年のはかなりの辛口、しかし辛すぎはしてません。キリッとしていて美味いです。実は今晩も呑んでいました。せっかくの生酒、帰国までには呑んでしまうつもりです。
c0180686_18083057.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-24 23:45 | ベルリンー津和野 | Trackback | Comments(2)

津和野古橋酒造のAyaka画伯。

c0180686_01012956.jpg
津和野の古橋酒造さん、名酒「初陣」で有名ですがアンペルフラウのラベルが可愛い発泡日本酒PFを作ってくださってます。昨秋のアンペルマン室内楽津和野公演は「沙羅の木」さん、「お茶の秀翠園」さん、「古橋酒造」さんにご尽力いただき実現し大成功しました。
古橋酒造さんの若女将Ayakaさんは画家としても活動なさっていて古橋酒造さんで個展を拝見したこともありますし絵葉書も頂戴しました。Ayaka画伯オリジナルのキャラクターもあります。
2011年秋のオクテットに続き2012年は弦楽クインテットでした。そのコンサートの舞台風景を若女将が絵にしてくださり頂戴しました。リンク先で弦楽クインテットの絵をご覧ください。この作品の前のスケッチにも端にお二人が入っています。暖かくてとっても好きな絵です。
今回お贈りくださったデュエットの絵はまた別の素敵な雰囲気ですね!
「沙羅の木」さんの大広間をお借りしての演奏会でした、まさにサロンコンサート。
AMPELMANN Duett 2014 in 津和野とも入れてくださっています。
ディテールも素敵なので拡大して下に載せます。
Ayaka画伯、素敵な作品をありがとうございました!
c0180686_01010015.jpg


by Toruberlin | 2015-02-23 15:58 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(2)

東と西のAMPELMANN。

c0180686_10375737.jpg
フィルハーモニーの楽屋口、大ホールも室内楽ホールも同じ側に楽屋口がありますが、そこから東に向かえば25年ちょっと前には壁がありました。壁の向こうがポツダム広場、そう、この写真突き当たりに壁がありました。そしてポツダム広場はイギリス軍が管轄していた無人地帯もあり、この辺りはフィルハモニーから先にはソニーセンターに組み込まれた旧ホテルエスプラナーでの1部くらいでか、ほとんど建物はなかったんです。今のポツダム広場は統一後に出現した街です。
土曜のコンサートのGPあとヴァイオリンのY嬢とランチに行くときに、気がつきました。
この横断歩道の信号機、手前は西、奥が我らがアンペルマンなんです。同じ横断歩道に東西が存在するのは稀です。
c0180686_10371361.jpg




by Toruberlin | 2015-02-22 23:13 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

Hawkes-Panormo

c0180686_09395162.jpg
フィルハーモニーKMSでのOrpheusEnsembleBerlinとSinfonischerChorBerlinのコンサートで弾くために久しぶりにDSOの楽器ケースから持ち帰りました。久々に練習室にKB7本、揃いました。
c0180686_09393785.jpg
僕のKBで唯一スチール弦が張ってある楽器、久しぶりですから駒を外して圧力を抜き休ませます。そして駒の反りを調整、熱いお湯に漬けてから矯正します。
c0180686_09392045.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-21 23:55 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

金曜日、AMPELMANNレストランにて。

c0180686_16340426.jpg
金曜日は昼に家を出てアンペルマン本社へ。いくつか打ち合わせの後、ランチでした。
マルコスは一人旅に出ます、仕事も兼ねてますが、少し休憩。それでこの春の来日は来年に延期しました。
いってらっしゃいランチは一族+僕となりました。
父上、バーバラ、兄のF、甥のTとZ、そして学校が早く終わった三女R。
c0180686_16333282.jpg
バーバラとは久しぶりです。メガネが変わってました。マルコスはいませんが前からの約束のひな祭りの「ちらし寿司」、信子妃殿下のレセピーで昨年同様三人娘と作ります。また来週の日曜はフィルハーモニーのDSOに招待しました。
c0180686_16331613.jpg
c0180686_16325956.jpg



More
by Toruberlin | 2015-02-20 23:55 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

小西六写真工業

c0180686_01361703.jpg
アナログ写真、いわゆる銀塩フィルム写真が第一線を退くどころか、ほぼ無くなっている現在、アナログ時代のレンズ、いわゆるオールドレンズは安価になりました。ミラーレス機の出現でデジタルとアナログの融合といいますか、日本製デジカメ「最新の頭脳」とオールドレンズの「最高の目」がマウントアダプターを介することで組み合わされ、素晴らしい効果を生んでくれます。
私はZeissのあと銀塩の最後はLeicaのMシリーズとRシリーズを愛用していましたから、その当時のレンズ(一切手放してません)を使えるミラーレス一眼の出現には大喝采を送りました。そしてEマウントが気に入っています。
c0180686_01324951.jpg
現在のメインはNEX6です。この上はLeicaMしかないと思っていますが、その理由は何度か書いてますので今日は省きます。オールドレンズといえばドイツ製が主役。前述の二社以外にも有名どころではSchbneider,Rodenstock、小さいメーカーはたくさんありました。二大メーカーはドイツで特に安価というわけでもなく、また日本に良い状態のが多く残ってます。
ドイツが主役と書きましたが、ドイツを追った日本(そして商業的には追い越しました)日本工学、観音カメラがZeiss、Leicaの模倣から始め、戦後はMade in Japanの素晴らしいレンズたちが生まれました。今でも数千ユーロの値がつく日本製レンズは多くあります。
福島の青柳御大に頂いた古いPentaxレンズもですが、こちらで手に入るRokkor(六甲に工場があったから)Nikkorなどのクオリティの高さには驚いています。そして数が多い(こちらでも多く売れた70年代のレンズ、例えば)アナログカメラ用レンズは嬉しい価格でまだまだあります。
小西六写真工業、僕がドイツに住んだすっと後、1987年にKonicaと改名されました。「さくらカラー」で有名なKonica、フィルムメーカーですがカメラも作ってました。
のちにMINOLTAと合併し、そのコニカミノルタはソニーに併合されます。今のソニーのカメラのクオリティにはそういう経緯があるわけです。
親友のクリスチャン、現職の前はソニーでカメラを担当してました。日本出張で元コニカミノルタの写真部門を訪れた際に贈られたというMマウントのHexanon(コニカブランド)を持っていてハンブルクの家で僕のNEX5で使わせてもらったことがありました。一目惚れするレンズでした。そのMマウントはあまり数がなく、まだ手に入れてません。高価なんです。
しかし一眼レフ用のHexanonに縁あって出会いました。50mmと28mm、それでNEX用のアダプターを注文し待っていたのが、昨日の昼、スタジオの仕事に出かける際に届いたのです。
c0180686_01355086.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-19 17:26 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)