ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧

Franz Schubert Quintette

c0180686_08510626.jpg
c0180686_08492409.jpg
日曜日の11時前に明日のコンサート会場であるMartin-Luther教会へ。日曜日は礼拝の日ですが今週はたまたま他の教会での合同礼拝だそうで運良く使わせてもらえました。
まずはOp.163、各人が前回のコンサートで感じたことを調整しました。
鱒はもともとピアノの調律が当日朝なので、月曜の午後にリハするつもりで今日は40分ぐらい、響き調整をしました。
c0180686_08491817.jpg
作品として難しいのは(いろんな難しさありますが)Op.163です。各人が改善してきたことに加え明日の午前中に更に練習して本番に臨みます。
写真はピチカートばかりですが、これはタマタマです。
c0180686_08491275.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-06 02:00 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

村の古城ホテル

c0180686_07404716.jpg
5時前に目覚めシャワー浴びて散歩に出ました。
c0180686_07401728.jpg
まずはこの窓から見た景色、庭へ。
c0180686_07384404.jpg
c0180686_07381412.jpg
車たちは朝露で光ってました。
c0180686_07374434.jpg
c0180686_07364305.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-05 22:33 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

南ブランデンブルクのSaxdorfへ。

c0180686_06400876.jpg
c0180686_06381561.jpg
ベルリン市はドイツの首都、行政規模は州です。そしてその周りをブランデンブルク州が囲んでます。
金曜から一泊でその南に位置する村、Saxdiorfに行ってきました。
c0180686_06400137.jpg
c0180686_06395518.jpg
演奏会場は13世紀建立の教会です。牧師さんはここに57年、そして奥様や仲間とバラをメインに広大な庭を丹精なさっていて今はちょうどバラの季節、80種以上あるというバラの多くが咲いてました。
c0180686_06394295.jpg
裏庭の一つ。小道がたくさんあり庭を繋いでいます。そういえば初日のリハの直前に歩いた以外、忘れたなー!来年も演奏する予定ですので、その時のお楽しみです。
c0180686_06385947.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-04 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

NKOP 15周年記念コンサート

c0180686_15412891.jpg
おはようございます、金曜の朝も素敵に晴れました!
今日はベルリンから真南の村の教会に向かいます。昼前から夜までリハして本番は明日の夕方です。
トランペットのヨハンとのコンサート、KEBTはRossiniの弦楽ソナタ2番とチェロとコントラバスのデュエットを弾きます。

昨日はNKOPのコンサートでした。
15周年記念と、15年間名誉職の代表として貢献してくれたDr.Seidelとのお別れの会でもありました。

続きは後ほど、写真だけ載せておきます。

こんばんは!6/5日曜日の夜です。南ブランデンブルクの村の美しい教会で弾いて昨晩帰りました。宿泊は古城ホテル、だったんですがネットがなかった。また全域で3Gも入らずEというもっと遅い通信状態でしたのでBlogは不可能でした。
c0180686_15405487.jpg
NKOPの今シーズン最後の定期はBachとプルチネラの出会い。プルチネラは道化師ですが、作品はバレエ曲です、バッハの管弦楽第一番も舞踏要素が多い作品です。踊りをテーマにプルチネラが二作品を繋ぎました。
c0180686_15402466.jpg
バッハ、これもまたいろんな解釈があり、古楽の弾き方(も様々ですが)現代の弾き方。ロマンティックなバッハは勘弁ですが、バロックを知って今の楽器で弾くバッハは僕は好きなんです。Witt先生もよくおっしゃってましたが初期のMozartまでは指揮は必要ない、と思います。まあ、難しいとこです。
どう音楽するかを纏めるのも指揮者の役目、音楽監督ですな、交通整理じゃなく。
それを室内楽ではある程度奏者の意見交換で行う。
気心知れていて趣味の方向も同じなら、例えばグスティとのデュエットの様にほとんど言葉を交わさなくとも演奏できる。そういうのが理想なんです。そして編成が小さければ小さいほど、それはできるはずなんです。
c0180686_15395204.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-03 08:25 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

Igor Strawinsky "Pulcinella"

c0180686_15153239.jpg
おはようございます。昨日は1615からNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)の今シーズン最後の定期(本日1930開演)のリハ二日目でした。NKOPは15周年を迎えます。僕もほぼ最初からのメンバーでシェーンベルクのKammermusikNr.1&2公演(どちらかが第二回公演でした)から首席コントラバスを務めています。
c0180686_15150340.jpg
このNKOPはドイツ統一後に旧東独で統合や廃止された多くのおオケの一つ、Aオケだったポツダム歌劇場管弦楽団の元団員にベルリン放送響やオペラなどのオケの団員がジョインして作った小編成オケで、このErlöser教会を本拠地に素晴らしい教会専属合唱団と活動してきました。僕も最後の2年くらいポツダム歌劇場管弦楽団には首席ゲストで出演していましたが、そのご縁が続いてもう15年です。
c0180686_15161890.jpg
今回は前半にバッハの管弦楽組曲第1番、後半はストラヴィンスキーのプルチネラ組曲です。
c0180686_15143243.jpg
プルチネッラは劇団との共演で、その名の通りPilcinella(道化師)が四人登場します。指揮者のUd Joffeもその一人。役者が一人出演できなくなり、それで仕方なく、、、とリハで語ってましたが楽しそうに演じてました。
c0180686_15133079.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-02 08:03 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Dominicus Busan anno 1776 Venice

c0180686_19162268.jpg
9本の素晴らしい楽器を幸運にも持っていますが、そして4弦と5弦の差はありますが、最愛の一本はこのBusanです。
コレクターから最初に初代J.Hillの5弦とGaetano Guadaniniを手に入れ、そのあと僕の演奏を聴きたいと連絡がありDAT録音をご送付し、合格だったのか?写真をまず見せてもらったのがこのBusan。価格も訊かず、音も聴かず実際に見る前に購入を決めた楽器です。
c0180686_05312454.jpg
このシューベルト室内楽コンサートでも弾きます!

ヴェニスの音大が所有しているBusanは拙宅にある写真集に載ってますが、裏板の素材はそちらのが優ってますが、とにかく状態はこちらの方が数段上。コレクターはありがたいです。
昔は、音楽家の手に渡らない、それこそ音楽家の邪魔をしてる?!とまで思ったものですが、コレクターの存在がなかったら今残ってるオールドは数分の一になっていたでしょう。
戦争の度にコレクションの安全をグローバルに計り、必要なら隠したりしてくれたから、いま残ってるのです。現在の演奏家を見るまでもなく、楽器はその弾きかた、大事に仕方で寿命も楽器の鳴りも変わってしまう。全部が演奏家の手にずっとあったら、爆音なんていう嫌な言葉を発する奏者に弾かれ続けたら!?、と仮定してしまいます。また、ずっと弾かれてない楽器は鳴らない!ですが、それは楽器がダメになったのでなない。弾かれ続けてるよりもずっとマシで、また良い弾き手に手厚く扱われれば、鳴ってくれるのです。
c0180686_19173761.jpg
この楽器でコントラバスが主役の曲もずいぶんトライしました。しかし大きさは、たとえ鳴っても良いツボを持っていてくれても、作品を選ばざるをえません。幸運なことにエレガントなブレシア生まれのScarampellaも手に入れたので、そちらにソロ弦、Busanにはオケ弦で室内楽、そう僕が一番好きな室内楽のための楽器となっています。
c0180686_19155290.jpg
Busanについてもっと知りたい方は、この日記をどうぞ!
c0180686_19170798.jpg
テールピースはクレモナの鈴木徹作、彼の楽器に着いている自作のテールピースが美しく!作ってもらいました。
弦はGGのオーダーメイド。ガット弦は高価ではありますが、7本のKBに張らずにはおれませんでした。

さて楽器は最高!
あとは弾き手の問題であります。
c0180686_19180769.jpg





by Toruberlin | 2016-06-01 12:14 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(4)