ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

ハイボールと小岩丸幸東京醤油..
at 2017-06-26 23:11
ある夏の夕暮れに
at 2017-06-26 08:48
東京Vol.14 (2016..
at 2017-06-25 23:23
東京Vol.13 (2016..
at 2017-06-25 11:39
東京Vol.12 (2016..
at 2017-06-24 19:43
東京Vol.11 (2016..
at 2017-06-23 23:59
東京Vol.10 (2016..
at 2017-06-22 23:59
東京Vol.9 (2016年..
at 2017-06-21 23:59
東京Vol.8 (2016年..
at 2017-06-20 23:59
東京Vol.7 (2016年..
at 2017-06-19 23:59
冷たい中華麺 レシピブログ
at 2017-06-18 23:59
Masic SHORTS B..
at 2017-06-17 23:59
ウイスキーはお好きでしょう?
at 2017-06-16 23:59
Always with AM..
at 2017-06-15 23:59
東京Vol.6 (2016年..
at 2017-06-14 23:59
東京Vol.5 (2016年..
at 2017-06-13 23:59
東京Vol.4 (2016年..
at 2017-06-12 23:59
東京Vol.3 (2016年..
at 2017-06-11 23:59
東京Vol.2 (2016年..
at 2017-06-10 23:59
東京Vol.1 (2016年春)
at 2017-06-09 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

可愛いだろうねー。しかし..
by Toruberlin at 19:31
赤ちゃんたちもかわいいで..
by みさ at 19:14
みさちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 18:13
かわいいですね〜♡ 保..
by みさ at 12:00
タカポーネ、日本でも是非..
by Toruberlin at 08:46
見ているだけでヨダレが出..
by 古橋貴正 at 01:32
古橋さん、ほんとうに。早..
by Toruberlin at 20:33
高橋さん、こんばんは! ..
by 古橋貴正 at 09:22
Yusukeちゃん、コメ..
by Toruberlin at 04:12
こちらにコメントするの、..
by Yusuke at 20:56
教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

7/31だけど7/13 誕生日晩餐記

c0180686_02033870.jpg
c0180686_02040844.jpg
7/13に56歳になりました。そのあとリハと船旅(Wifiが衛星回線で、しかも不調だった)戻ったらAMPELMANN社20周年etc.でFBコメントやメッセージ、メールの一部に本日一斉に返事を書きました。
そして、7/13晩餐も書いてなかったことに気づきました。まあ、春の日本も、それ以外もまだ書いてないことは多々ありますが、、、。
c0180686_02043812.jpg
この日も寒々しい天気でした。マルコスたちがベルリンに居ることは滅多にない!から、そして学生時代にやっていた30人とかのパーティーなら別ですがドイツ語と日本語が混ざる宴はあまり好きじゃないので、前夜と当日の昼か夜の二回、なにかしようか?とも考えました。
が、日本人系は❌という返事が続いて面倒になり、マルコスから調整連絡が入らず、結局当日の夕方からはTの学校での発表舞台があることがわかり、そして次女Hは帆船クルーズに一週間出ていたので、じゃあまた?となりました。
買い出しはある程度してあったので、一番簡単な炭火焼(しかし寒いからキッチンで)にして津和野は古橋さんの生酒「いざ初陣」で家内と乾杯しました。どうも最近、積極的に人と会おうとしなくなっています。まあ、これも波でしょうが。
c0180686_02030702.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-31 18:53 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(2)

舞台「星空ロック」

c0180686_08024635.jpg
那須田淳原作の「星空ロック」
東京とベルリンが舞台の素敵な物語です。
この週末,東京は阿佐ヶ谷のザムザ阿佐ヶ谷で6公演、舞台化されています。
今日の日曜日は12時半と16時開演、上演時間は約90分で
どちらも当日券が用意されています。
土曜日公演の集合写真が先ほど日本から届きました!
c0180686_07583687.jpg
那須田淳 原作/脚本
杉山恵 演出
c0180686_07580765.jpg
11月には別の視点での舞台公演が同じザムザ阿佐ヶ谷で、そして来年へと続きます。
アンペルマン室内楽も来年はコラボする予定です。

AMPELMANN Berlinは東京からベルリンにまたがる「星空ロック」の舞台化にあたり特別協賛しています。舞台の上で,またスタッフのみなさんはアンペルマンTシャツを着用してくれています。
そしてコラボグッズ第一弾はステッカー!
c0180686_08021626.jpg
こちらは東京の街並み、赤はベルリンの街並みがお洒落でしょう?
アンペルマンベルリン本社デザインルームの自信作です!
ベルリンのアンペルマンショップでも手に入らない「星空ロック」限定ステッカーはザムザ阿佐ヶ谷で金曜日にお目見えしました!まだ私も実物は手にしていません。プログラムとステッカー2枚セットで500円で販売されてます。

当日券にも限りがあるかと思いますが,選挙の後に是非,阿佐ヶ谷までおでかけください!

c0180686_08000854.jpg

#星空ロック #AMPELMANN #アンペルマン











by Toruberlin | 2016-07-30 23:54 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(2)

Hawkes-Panormo 1898

c0180686_02521800.jpg
Vincenzo Panormo (30. November 1734 in Monreale; † 1813 in London) その名の通りイタリア人ですが,世界の中心であったロンドンにたくさんの芸術家が集まっていたのと同じ理由で彼も名工としてロンドンで生涯を終えました。
それから70-80年あとにマダム・ホークスが彼の楽器をコピーして量産し販売しました。今でも時々(それでも多くないですが)目にするホークスのコントラバス(ほとんどが4弦ですが)イギリス製のコントラバスにも良い楽器が多いですが,この美しい形をコピーして主にイギリスとフランスで量産したそうです。
僕の楽器はめずらしくベルギーの工房製で、これは弦楽器に造詣が深いBPが調べて教えてくれました。
c0180686_02520739.jpg
この楽器はヨーロッパ室内オーケストラ(COE)が持っていました。彼らがベルリンフィルの室内楽ホールを本拠しにしていた90年代始め頃はよくベルリンに来ていて,三人のKB奏者は偶然にもほぼ同い年。拙宅にもよく食事に招き、また演奏も共にしました。あの頃はWitt先生から譲っていただいたD.Techerの4弦と(17世紀の楽器)St.Hedwigsの古楽アンサンブルにも入っていたので,ノイツェレ修道院で70年代に屋根裏から発見されたという,虫食いだらけの特大4弦(裏板がなかったそうで新品ですが,あとはほぼオリジナル,良い楽器でした)もちろん裸ガットが張られた楽器を貸してもらい拙宅にありました。
そのCOEがイタリアツアー中にオールドイタリアンの出物を見つけ、熟考の末その購入のためにこの楽器を手放すこととなり最初に僕に話してくれたのですが,リハ会場のフィルハーモニー室内楽ホールで見せてもらい,すぐに購入を決めました。
三人に、でもちょっと待って!と楽器をソフトケースに入れて外へ。当時シルバーのBMW316に乗ってましたがMINI Cooper(今のアンペルマンミニです)を買ったばかりで、それに入らないと仕方ない。BMWは8年くらい乗って,そろそろ廃車方向で,もう一台買うのはもちろん論外でしたので。
両方のフロントシートを倒し,頭を前にして楽器を入れて(この楽器,見てわかるように上部の幅が広い)ドアを慎重に閉めたら(ほんの少しだけの余裕ではありましたが)閉まった!で、契約成立でした。
そのイタリアン,五弦に改造したけれど,結局はあまり良くならなかったそうで「だから反対だった、手放さなければよかったのに!」なんて声も聞きましたが,僕にとっては幸運でした!
c0180686_02521307.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-29 23:50 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

Berlin-Mitte ベルリン中央区

c0180686_00155666.jpg
アンペルマン社は水曜日、7/27に20周年を迎えました。
ベルリンのシンボルとなってるAMPELMANN、キャラとしても、また東独生まれで今も信号機として活きてるアンペルマンは、20年前にマルコスが廃棄された信号機のガラスでランプを製作し、生みの親カールと「救え運動」もそうですがアンペルマン製品を開発することでメディアに注目され、今に至っています。
アンペルマンの本拠地はベルリンミッテ(中央区)。ハンケ区長は以前からアンペルマンに興味お持ちで、火曜日に時間をいただき訪問が実現しました。
c0180686_18292808.jpg
まずは本社でプレス担当のMやデザインルームの仲間たちとMTGしてから、マルコスと軽くランチ。
c0180686_18292126.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-28 23:50 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN社20周年記念!

c0180686_22111426.jpg
7/27水曜日、アンペルマン社は20周年を迎えました!

記念としてベルリンのオンラインショップ限定で、本日のみ20%オフで販売します。
シーズンごとのバーゲンや値下げを定期的にしないアンペルマン社では滅多にない、20%オフです。
本日限定ですが日本時間なら28日の早朝まで時差の関係で可能なはずです。
どうぞ、ご利用ください!

Liebe AMPELMANN Freunde,

Wir würden gerne unser Jubiläum mit euch feiern und euch auf ein Stück Kuchen einladen! :) Nur geht das über Facebook nicht, deshalb gibt es eine andere Überraschung: heute bekommt jeder 20% Rabatt im AMPELMANN Onlineshop!

🎉

www.bit.ly/AMPELMANNWebshop



c0180686_22052220.jpg





by Toruberlin | 2016-07-27 15:00 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN KIEZ Tシャツ

c0180686_15464961.jpg
c0180686_15461928.jpg
KIEZはベルリン独特の言葉です。和訳はDudenでも「地域」と記されてますが私なりの見解を先日ブログに書きました、まだの方はご覧ください。
AMPELMANNはご存知の通り、東ベルリン生まれで若きデザイナーマルコス・ヘックハウゼンが愛らしいデザインの信号機が廃棄されていたのを貰い受け、ランプを製作し、製品化することによりメディアに注目され生みの親のペグラウ博士と一緒に東独生まれの歩行者信号機を、新生ドイツの首都ベルリン州の正式信号に制定されることを実現し、東独生まれの(東独人馴染みの)デザインが他にはほぼ皆無なことから、統一の、復活のシンボル、ベルリンのシンボルとしてお陰様で有名になりベルリンミッテ(中央区)に6店舗とレストラン、壁のど真ん中であったポツダム広場、西ベルリンの目抜き通り、ベルリン銀座クーダム、そしてKaDeWeとWertheiimという二大デパート、またデパートチェーンKaufhof各店にも売り場が設けられるほど、ベルリンの顔になってきました。
アンペルマン社創立20周年にあたり、その顔はそのままに、東独生まれの歩行者信号機のキャラクターではあるけれど「ベルリンっ子の一人としてのアンペルマン」世界中から人々が集まってくる国際都市ベルリン生まれのアンペルマンの信号機の緑と赤だけじゃない魅力を打ち出していきます。
c0180686_15454920.jpg
その一つがKIEZ、ベルリンおらが街のTシャツ制作です。
正式には今日の創立記念パーティーでメディアにも発表されますが、27のベルリンKIEZ、各KIEZのTシャツを20枚づつプレゼントします。おらが街KIEZ自慢をしてください!という企画で、もちろん販売も数は限定ですが近日予定しています。
でもベルリンKIEZ自慢ですから、ベルリン関係者が対象となりますね。でも昔住んでいたとか留学してたとか、ベルリン生まれで日本在住!歓迎します。
生まれ育った、または思い出のベルリンKIEZ、写真で自慢してください。
c0180686_15444929.jpg
僕のKIEZはもちろんシャルロッテンブルグです。日本人でありながら、人生で一度しか住所が変わってない僕は、今の建物に住んでもうすぐ36年、シャルロッテンブルクが「おらが街」です。
c0180686_15452051.jpg
c0180686_15432830.jpg
アンペルマンのKIEZ、中央区はこんな感じです。
27デザイン全て、表にはKIEZ名だけ、背中の上部にアンペルマンと各KIEZの「特別」が入っています。
間違いなく、超レア物Tとなります!
c0180686_15425947.jpg




by Toruberlin | 2016-07-26 23:50 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

舞台「星空ロック」

c0180686_00184153.jpg
AMPELMANNベルリンは那須田淳原作の「星空ロック」舞台化にあたり特別協賛で参加します。
この春に原作を拝読し、東京とベルリンを結ぶ、場所だけじゃなく過去と今を結ぶ素敵な物語です。
新春1月にはアンペルマン室内楽と「星空ロック」のコラボコンサートも東京で予定しています。
今週の金曜日がプレミエですがすでに完売、
土曜日の16時、日曜日の1230と16時開演分はまだあります。
どうぞ、下のサイトからお早めに席を確保してください!

ぼくたちの『音』を探す旅が、今、はじまる♪

新感覚音楽劇『星空ロック』2016年7月29日(金)〜31日(日)

29日(金) T18:30
30日(土) B12:30 / B16:00 / S19:30
31日(日) T12:30 / T16:00

劇場:ザムザ阿佐谷

チケット:指定席5500円 自由席4800円

チケット販売ページ:https://hoshizorarock.com/info/

出演:

関谷春子/西園みすず(T/S)・藤田知礼(B)/井手彩音(T)・木下綾菜(B/S)

田中里佳(T)・堀有里(B/S)/岡部遥(T)・平松香帆(B/S)

山本美紀子/斉藤茉優/玉村拓夢

山田梨奈/石川周/前中りさ/西脇里佳/山下みなみ

安藤瞳/亜立大和

脚本・原作 那須田淳

演出 杉山恵

音楽監督 大垣知哉

プロデューサー 山中勝博


特別協賛のAMPELMANN、様々に関わりますがまずは劇場での関係者、また一部の出演者の衣装がアンペルマンTシャツです。そして会場入り口にはベルリンから運びました本物の信号機が設置されます。劇場のどこかに新発売(ベルリンで)のルームランプが置かれる予定です。

そしてコラボグッズ第一弾は上演記念ステッカー!です。

c0180686_00185755.jpg
主人公レオの弾くエレキギターをアンペルマンが持ったモチーフ、そして緑は東京、赤はベルリンの街並みが描かれたアンペルマンベルリン本社デザインチームの自信作です!

発売開始は劇場「ザムザ阿佐ヶ谷」にて7/29からです。もちろんベルリンでは手に入らないステッカーです。

BERLIN-TOKIO、「星空ロック」の舞台である街、二枚セットでどうぞ!

c0180686_00190481.jpg







by Toruberlin | 2016-07-25 17:16 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(0)

TAG9 キール入港、旅の終わり。

c0180686_23282233.jpg
8泊9日の航海、Mein Schiff 5の処女航海は日曜の朝、キール港で終わりとなりました。
前の夜からすでに左奥にはドイツが、右には最初はスエーデン、そしてデンマークが遠くに見えていましたが、6時前に目覚めた時にはすでに停泊していて7時に下船開始だったようです。
c0180686_23281441.jpg
有料の(と言っても追加料金ですが)レストラン3つ、それ以外に6つありますが(他にバーベキュー、タパス、ケバブ専門店もある)朝食は全てこの場所で(寒かった時以外は)摂りました。これから振り返って日記を書いていきますが、晩御飯もほとんどここ、結局ステーキも寿司も、またの機会にしました。
最終日も8時前に、まずは一人で。
c0180686_23280782.jpg
周りにたくさんの人がいて、時々言葉を交わしますが、一人というのも(普段は一人で店に入ることはまずしないのに)良いものです。でも特に朝は途中から誰かと一緒になります。
この日もまずはイゴアが、そして舞台監督のMが加わりました。そういえば今回、女性に縁がなかったなー。イゴアの奥さんEとヴァイオリンのY、あとソリストのB以外は、一緒にテーブルに着いたのは男たちばかりでした。それもまた愉し。
c0180686_23275998.jpg
c0180686_23275230.jpg
帰り際にイゴアとエレナの朝食に付き合って初めて3階のアトランティックのテーブルに座りお茶と果物。朝食には、確かに一番良いかも?晩御飯は、気楽に食べれ、しかも外の上のレストランが僕はやはり好きです。
c0180686_23485252.jpg
10時過ぎにタクシーで駅へ、そしてICEでハンブルクに向かいました。
30数分の待ち合わせ、上からホームを見渡せる小さなビールバーで2杯。ホルステンではなかったけれど、美味しかった!
c0180686_23485924.jpg
混んではいたけれどベルリン行きもKBの場所も確保できてテーブル付きのシートでMacBookで仕事しながら予定通りベルリン着。14時半過ぎには帰宅していました。
c0180686_23274059.jpg
衛星回線だったのでブログはお休みしてました。
クルーズ日記は抜けている、その当日に、クルーズ以前の出来事は日付を新たに順次書いていきます。

最後にお世話になった部屋の写真。
では、毎日続く(はずの)ブログ、お付き合いください。
c0180686_23273169.jpg







by Toruberlin | 2016-07-24 23:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

TAG8 また終日、海の上。

c0180686_00443772.jpg
c0180686_00440795.jpg
海の上。これがクルーズ独特の楽しみ。そりゃホテルが寝てる間に動いてくれて翌朝は次の街に到着してるのも素晴らしいですが、見渡す限り海の景色を眺めながら好きに過ごすのも◎です。
今回のバルチック海、地図で見るとたいしたことない大きさに感じますが、かなり広い。2年前の大西洋沿岸を南下するルートもかなり外海を進むので終日航海の日は陸は見えない。朝昼夕方夜と海も空も変わる色を、やはり変わる風と楽しむ。
初めての大航海は92年のMS Europaでした。カリブ海まで飛んで大西洋を横断しスペインまで戻ってくるコースでしたが、大西洋上は1週間、毎日海。それでも飽きなかったの、日長海を眺めてたのを思い出します。

さて、ベルリンに戻ってから書いてるクルーズ日記ですがTAG7 ストックホルムが抜けています。何故かと言いますと写真が膨大で整理できてない+港に入るまで、または出港時も含めストックホルムが今回ダントツに良かったので、近日改めて書こうと思います。
TAG8 まずは海を眺めながらの朝ごはんから始まります。
c0180686_00371382.jpg
c0180686_00433735.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-23 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

ヘルシンキ Teil 2

c0180686_07421307.jpg
c0180686_07414144.jpg
ヘルシンキに停泊した日、1430から夜のコンサートのGPでした。
少し前に戻って船でランチ、そして今回はコンサートホールとしてMS3にお目見えしたKlanghausと同じ場所にある、少しレイアウトが違うStudioが会場でした。
c0180686_07411196.jpg
エルガー、レスピーギ、モーツァルト。
c0180686_07401037.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-22 23:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)