ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Kiezというベルリン語。

c0180686_18203109.jpg

KIEZ 「おらが街」

Kiezってどういう意味ですか?とヴァイオリン弾く娘と歩いていて突然尋ねられたことがあります。それこそ、写真の界隈でした。ドイツ語で理解してることを、とっさに日本語に置き換えるのは難しいことがある。

日本語にぴったりの語がなければ、尚更です。

c0180686_18201826.jpg
ベルリン独特の表現で、「区域」なんだけれど、生活区域という意味合い強く

徒歩圏内にパン屋や肉屋、牛乳屋に炭屋などがある様子

下町らしい街、と僕は昔は理解していたけれど「おらが町」

c0180686_18271986.jpg
c0180686_18270662.jpg

ドイツの辞書Dudenによれば区域、Bezirkだから大ベルリンの区となるのか?

Kiezを区と訳すのは、でも乱暴な気がする。

c0180686_18282967.jpg

池波正太郎先生がエッセイに、子供の頃お住まいだった下町を例に

「その頃は、ちょっとした娯楽、例えば映画も含め、買い物はもとより外食も自分の生活圏から出ることは稀だった」

と書いてらっしゃいます。

浅草からそうは遠くない場所に住んでらっしゃったから少しは他と違うかもしれませんが、でも先生曰く、東京はどこでも、生活圏にほぼなんでも揃っていて、わざわざ他に出かけることは、他に用事がない限り下町の人間はしなかったのだそうです。

後に仕事を持ってから、それで訪れた銀座などに驚き、また通う様子が書かれているけれど、先生よりは30も40年も後の僕の少年時代も生活圏でほとんどを済ますのが普通だった。だからたまの「お出掛け」が特別だった。

日常では徒歩数分圏内に馴染みの八百屋、豆腐屋、肉屋、魚屋、乾物屋、漬物屋、さつま揚げや、餅菓子屋、酒屋があったのも場所もはっきりと覚えてます。(酒屋さんは、まだどれも健在だなー)駅まで行く途中に鰻焼いてる川魚料理専門店(いまでもある!)さつま揚げなどのおでん種を毎日揚げてる店が2-3軒あったし、寿司屋も中華料理でもなんでも、近所だった。唯一鰻だけは、柴又が遠くなかったから、小岩で食べた覚えはないけど、と思ったらトンデモナイ!近所に柳という名店がありました(やはり引っ越したけど健在)。コンビニや近所にスーパーが無く、ちょっとモダンな形態は小売店がひしめくアーケードだけでした。

もちろん、越境通学をしていましたから神保町に寄り道したり、11.2歳からは世界は広がりましたが、でも「何でも」じゃないけれど小岩で普段は充分だったというか、Kiezで毎日を送るのが当たり前だったと覚えてます。

c0180686_18282320.jpg

Kiezというドイツ語のベルリン独特の表現は、たとえば町の様子を描いたH.Zilleの絵とか、世界大戦前の市井の人々の暮らしの様子の写真や映画などで、その舞台を想像してしまうから「下町」とイメージしていたけれど、そして今は、たんに「地域」という言い回しのベルリン独自の表現とされてるようだけれど、「おらが街」と表現したくなる。

c0180686_18275686.jpg
東京では、僕の知る限りでは「谷中銀座」とか「戸越商店街」御徒町から浅草方向に歩くと佐竹商店街とか鳥越商店街があるが、観光で有名になって栄えてるか、または少し寂れているかですね。

他のたくさんの下町と同じく、大資本の台頭とコンビニで、どこも同じような顔になってきてますね。

柴又とか巣鴨とか、門前町は比較的変わらないでいてくれてるか。

根津や千駄木のあたり、また神田の一部や長期滞在の時はアパートを借りる麻布界隈にも昔の雰囲気があるので自然と足が向きます。

c0180686_18265606.jpg

Kiez、ベルリンだと拙宅そば、とくにKaiserdammから北は僕が来た35年前とあまり変わらずにいてくれてます。

旧東は、あまりにその雰囲気が統一後26年で大きく様変わりしたから、逆に残っていないか?プレンツラウワーベルクは、良い意味で再開発されてからもKiez感が濃いです。

c0180686_18200774.jpg

旧西のクロイツベルク、ノイケルンも統一後にかなり変わったけれど、まだ所どころ雰囲気が残ってる。Tiergarten,MoabitやWeddingも同じように大戦後にトルコ人始め外国人が多く住んだから、Kiezの雰囲気も少し違う、クロイツベルクはミッテと並び30年代は、その代表だったろうに。

そう考えると、昔ながらのベルリンらしいKiezって拙宅があるシャルロッテンブルク、あとはシューネベルク、戦前はベルリンじゃなかったけどシュパンダウあたりなのか?

ここに住んだ当初はアパートも石炭ストーヴで500キロとか地下室に配達してもらってました。近所に、買いに行ったこともあった。秋から春先までが石炭で、確かそれ以外はジャガイモなんかが並んでたなー。

2-3軒あったんですが、最後の石炭屋も5-6年前には無くなっていました。でも、街を歩くと雰囲気はまだまだ残っています。

いま人気のMitte,プレンツラウワーベルク、クロイツベルクに、ノイケルン、フリードリヒスハインも良い雰囲気の場所がたくさんありますが、シャルロッテンブルクやシューネベルクの方が変わらない街並みが多い。

いや、たまに行く旧東の奥地にも、戦前のままの雰囲気のKiezが、しばらく行っていませんが、まだまだあるかと思います。

c0180686_18280992.jpg

1980年にはベルリンには23区あり東京と同じだな!と思ったものですが今は統合されて行政区分は12区です。

ダブルネームもありますが、23区時代から段階的統合で名前が表記されてないKiezもあります。


AMPELMANN社は今月末に20周年を記念してTシャツプロジェクトを行います。

Kiez、つまりベルリンの地区の名前をフロントに、背中には各Kiezのシンボル(かつての区の紋章とはかぎらない)がアンペルマンと描かれます。フロントにはKiez名だけ。

「ベルリンおらが街Tシャツプロジェクト」

詳しくは近日!人気投票と各デザインの販売も予定しています。


KIEZ 

下町っぽい生活圏、区域、

「おらが街」


ベルリン語 KIEZを考えてみました。

c0180686_18515777.jpg





by Toruberlin | 2016-07-07 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(4)

SNS依存って?

c0180686_17082825.jpg
水曜日の朝です。「暑い〜!」と先日の真夏のベルリンで文句を聞く度に「めったにこんな夏らしい日無いんだから!」と言ってましたが、最高気温が20℃以下、最低は今日は10℃なんて日々が来てます。
太陽が出てくれれば夏の日差しなんで気持ち良いのですが、雲が広がると「寒い」です。
c0180686_17030155.jpg
SNS、FB依存を嘲笑う絵が数枚、先日FBに出ていました。
その絵自体はなかなか面白く、僕も人といるときにiPhoneいじってばかりいるのは無礼と思うし、「今やらないと!」ってのは一人の時なら良いけれど、誰かといるときにその自分勝手な我儘を正当化してしまうと、せっかくの人間関係を壊してしまうのが判らないのには理解に苦しみます。
または電話中に、明らかにPCで別の仕事をしてるとか判ると「大した仕事できてないな」と感じます。
まあ、それぞれの事情があるから、その判断も各自の自由ですが、その自由が一番難しいのですね。
その面白い絵へのFBでの反応には?でした。

FBなどのネット依存。
寸暇を惜しむほど、強迫される様に。etc.とあざ笑い系が多い。
ならSNSやらなければ良いのに。

一人で居るときに、時間を有効に使い、空き時間で世界と繋がれる素晴らしい方法でもある。
携帯で会話しちゃいけない日本の車中では、ネットで繋がるもよし、または景色を楽しむも良し。
仕事を片付けたり情報収集できるなら、その移動時間の有効利用はしない手はない。
何でも、考えかた次第
ここが大事。
つまらない議論や、どうでも良い話題に目がいってしまうのは
ネットがなくても他の素材があれば一緒で
思索したり、外の音や景色や空気を楽しむ。
その楽しさや大事さを知ってれば
素晴らしいツールを用いSNSでも何でも自分に活かせば良いのです。
まあ、知りたくないことも、余計な情報も、デマもありますから
知ることができやすくなった今、その理解と整理が大変ではあります。
でも、図書館に行ったり資料を集めることから始めなければならないことを考えると
ネットもSNSも「知る」を満たすには便利になりました。
あとはバランスよく、上手に使わせてもらえれば良いですね。

たまーにネットがない時間があると、急ぎの何かがあるときには予定が狂って困りますが、それは便利な日常の当たり前になってるから。通勤電車不通になった時の不便と同じです。
でも、考えようによっては何にもない時間を愉しむこともできる。
自分に心地よいバランスが一番で、それは考え方次第ですね。
c0180686_17023178.jpg






by Toruberlin | 2016-07-06 09:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

「修行」は続く。

c0180686_07313632.jpg
昨日の朝早く、生鮮食材の宝庫Lindenbergでヴォンゴレ(価格変動激しく、安い時の倍で驚いたけど!)と烏賊を手に入れました。
そうそう、烏賊も日本では需要もあれば供給量もあるから安いですよね。昨日のはいわゆるスルメイカの大きいのだったんですがプロ用価格で12ユーロ、イタリアから来たばかりの超新鮮ではありましたが、日本に比べるとかなり高いですね。
ヴォンゴレも1kgで2000円近かったから、日本よりもかなり高めです。マーケットの大きさの差なんだろうな、普通のスーパーに生の烏賊やヴォンゴレが並ぶことはまずないですから。
c0180686_07310678.jpg
RosolinaMarina産、僕がいつも書いてる、アドリア海産。美味しい方です。
Veneziaから少し南、Ravennaとの間あたりからベルリンまで来てくれたヴォンゴレです。
c0180686_07303653.jpg
最近はかなり小粒。1kg単位ですから数が多くなる。身は大きくて味も良く、5-6人前のパスタにしても十分リッチですが、昨日は昼に3分の2、そして晩御飯は贅沢な味噌汁でした。
c0180686_07300599.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-05 09:35 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

月曜日、早起き、晴れ、お休み。

c0180686_07353537.jpg
c0180686_07350528.jpg
またラピュタが来てました、これは日曜の夜。
c0180686_07343715.jpg
拙宅のバルコニーからです。Hexanonで撮影しました。
c0180686_07333609.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-04 23:25 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

武士は喰わねど高楊枝

c0180686_03153195.jpg
「武士は食わねど高楊枝」って
浪人の貧乏侍が、周りの身分が低い町人に対しての見栄っ張り?
「見栄っ張り」はあまり良い言葉として捉えられてませんよね。
「見栄を切る」だと歌舞伎のイメージもあるが、自信もって胸を張って立つ!そんな感じがあります。
人生はいろいろある。
見栄を張るには、労力も(ときには)お金もかかる。それが必要な時がある。
いや、周りにいい顔するためにじゃあありません、自分のためにです。

音楽家なら、いや人間なら「見栄を切る」ことを大事にしたい。

「武士は食わねど高楊枝」は日本史の授業では先生の説明に、「世が世なら!と現在の境遇に嘆き、でも周りには見栄を張る惨めな元エリートの侍の哀れな姿」のようなイメージがついてしまってましたが、決してそうじゃない。
自分が落胆し、思い通りにいかないことが多くて、孤独感に苛まれ、落胆してしまうことがあったときに
化粧する(女性なら)気に入った服を着る、少し背伸びした店で過ごすなどなど、見栄を張ることは自分を高揚させることと思います。進んでいかなければならない人生のために。自分の明日のために。
順風満帆とは程遠い(それでも、贅沢を言っちゃあキリがない、十分幸せですが)人生で、たくさんの落胆があったとする。それは自分を磨く糧と思い、乗り越える。しかし、いつもいつも気分良くは自動的にはならない。
良い仲間も友人もたくさんいるけれど、自分一人だけでしか解決できないこともある。
だから音楽があり、美味しい食があり、たくさんの思い出や、切り拓ける未来がある。
c0180686_03152256.jpg
日曜の11時過ぎ、一人で車を走らせテニスクラブに行くつもりでしたが、行きつけの店が夕方からは東向きなので陽が当たらず最近2-3回、前まで行ったのに入らなかったので(夜なら気にならないんだけど)行ってみました。案の定、陽に溢れていて、しかも程良く空いてました。運転できる許容範囲の2杯を美味しい肴と。周りの会話、お隣さんやウエイターとのやりとりも楽しい。
c0180686_03151712.jpg
さーて、誕生日までは比較的時間が自由になる。そのあとはリハとツアーが10日間。

陽はまた昇る。
悠々として急ぎます。
c0180686_03151211.jpg






by Toruberlin | 2016-07-03 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

メンデルスゾーン交響曲5番 宗教改革

c0180686_06324955.jpg
c0180686_06305380.jpg

メンデルスゾーン交響曲5番 宗教改革

メンデルスゾーンがルター作曲のコラール『神はわがやぐら』をモチーフに使った作品で、メンデルスゾーン自身は作品として気に入ってなかったらしいですが、素晴らしく大好きな曲です。

もう一曲はPsalm95(旧約聖書の詩篇95番)、合唱とオケに歌のソリストの曲ですが、そして表現が難しいですが、とてもドイツらしさを感じる曲と弾く度に思います。

c0180686_06474684.jpg

NKOP(新ポツダム管弦楽団)の仕事で温泉保養地で有名なBadSaarowのそばの古都Beeskowに行ってきました。城壁が残り街には史跡が多い、その中心にそびえるマリエン教会で弾いてきました。

c0180686_06451129.jpg
c0180686_06471665.jpg

第二次世界大戦で破壊され、パイプオルガンがあったバルコニーもなく、屋根はありますが天井は無い。寒い時期はこの教会は使われず、この例題堂の真横にある細長い教会(同じ教会内)で前回はバッハのクリスマスオラトリオを演奏しました。

c0180686_06302333.jpg



More
by Toruberlin | 2016-07-02 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

今日はローター・コッホ氏の誕生日です!

c0180686_23175528.jpg

昨日の出来事です。

MarvelのシリーズAgent of S.H.I.E.L.Dの世界存亡の危機を救う会議で日本代表役の吹き替えをしてきました。

帰りにアジアショップで買い物(銀杏あって、驚き!)そして天気良く気分良いので近所のフランス菓子屋でパンやエクレア、パイを求め、家の真ん前の斜め駐車場所もベストポジションが空いてて、しかもまだ11時前という素晴らしい木曜日!

車を降りたら前の時計修理店から出てきた女性。サングラスに杖、可愛いシュナウザーを連れてましたが、こちらをご覧になり微笑んでる。車までおいでになり「私たち、久しぶりだけど、知り合いなのよ」といたずらっぽい口調は耳覚えがある。そして会ったこともある。

年月を経たせいか印象よりも背が低く見えて気付きませんでしたが

オーボエの巨匠、ローターコッホ氏の奥様でした。

驚きましたが、彼女は時計屋に来て僕がここに住んでることを覚えていて「ここにToruが住んでるのよねー」と思ってたら目の前に車が止まって中に日本人、で、近寄ってみたら!と仰ってました。



More
by Toruberlin | 2016-07-01 16:11 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)