ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Ein glückliches Leben

c0180686_22361547.jpg
Ein glückliches Leben「幸せな人生」作者はWitt先生です。
WannseeのWitt邸のサンルームに掛かってるこの絵、10数年前に書きあがった時の僕の反応を見て、先生がもう一枚描いてくださいました。
今日は朝から暗く、昼前から大雨。これも予報とは随分違います。
昨日から準備始めた今夜の仕込み、串打ちをしてブランチはイカとエビのVermicelli、それを食べ終わった頃から
c0180686_22360613.jpg
こんな感じになり、この絵が浮かびました。絵は奥のピアノがある部屋にあるのです。
c0180686_22352238.jpg
昨日の土曜は朝早くから弾いて、昼前はMacBookで作業して昼過ぎに週末晩餐の買い出しをしました。今日はテニスクラブのお仲間一家が、昨日はお好み焼きの気分でKBのH君と弦楽器職人のISさんを招きました。
写真は土曜のブランチ、これ以上美味しいジェノヴァソースはない!くらいの完璧な出来でした。一番好きなパスタの一つ、それが最高に美味いというのは、この上ない幸せです。
c0180686_22351462.jpg
c0180686_22355181.jpg


More
by Toruberlin | 2016-08-21 15:17 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Schöneberg界隈。

c0180686_17042079.jpg
c0180686_17042760.jpg
シャルロッテンブルグKIEZに住んでいます。歩いて北に行けば30年来の(タバコは臭いけど)古き佳きKneipe(食事もできる飲み屋)がありシャルロッテンブルク城の手前にもテラス付きKneipe Kastanie、ここも通って長い。前の湖畔のイタリア人経営のテラスカフェ、公園前の本格ドイツ料理Engelbecken、拙宅から南に行けばルクセンブルクビストロ、その先にはずらっとKneipeやカフェテラスが昔から並ぶStuttgart広場があります。
c0180686_17040884.jpg
どこかに散歩に出かけるとなるとプレンツラウワーベルクかミッテ、またはクロイツベルクかノイケルン、滅多に行かないけどフリードリヒスハイン。拙宅周り以外はすべて旧東か、統一後に大変貌したKIEZです。
しかし忘れてはならないのが旧西の中心(西ベルリン市役所もあった)シューネベルクです。
c0180686_17040288.jpg


More
by Toruberlin | 2016-08-20 18:56 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

Schubertとモンテプルチアーノの赤とプロシュート

c0180686_15050481.jpg
おはようございます。金曜日の早朝です。
写真はヴェニスのSanctus Seraphinのヴァイオリン。今まで手にして見た中で一番美しいヴァイオリンの裏板です。コレクター所有で僕がヴァイオリン弾けたなら、かなり無理をしても手に入れていたであろう数少ない楽器のひとつです。
最初はコレクターの輪の中だけだったようですが、数ヶ月後に南ドイツの著名オケのコンサートマスターが手に入れたと聞きました。
この写真を今日のブログに使いたかったのは、昨夜久しぶりにYouTubeで自分が弾いてる曲の演奏を聴き、それが素晴らしかったからです。
弾こうと思ってる、弾いている曲の誰かの演奏を聴くことはありません、参考にしても仕方ないから(何か弾く曲ないかなー?と室内楽などを探すときは、ありますが)。だって、その人の演奏がたとえ素晴らしくたって、そう弾くのにどう到達したかが大事だから。世界中の美女のパーツを集めた顔を見ても、きっと魅力を感じないのと同じようなもんです。
今はもう生きてない作曲家の作品を演奏することが多いけれど、楽譜に記された音楽を(意図を)奏者である自分が読み取り実現する。そこに、自分の楽器を操る上での制約が影響してはならないから、研鑽を積むわけです、その楽器をちゃんと弾けるように。いや、そこにも、その作曲家の意図ではあるけれど、奏者の苦手も加わって(影響して)その弾き手の演奏が出来上がることもあります。あるけれど、可能性は多い方が良いから僕らは日々考え練習するのですね。
まあ、長く弾いていれば(ありがたいことに)音楽する上の考えがある程度ある。また物差しもある。そのクリティというか趣味を良くすることが、音楽人生の楽しみであり目的の一つであるのです。
だから、人の演奏は参考にしても仕方ない。いや、参考になることはあるけれど、自分でどう弾きたいかを楽譜から作り上げるのが僕らの仕事です。
昨夜遅くにヴィオラのジュランナ教授が弾いてるアルペジオーネを聴きました。
教授は西のベルリン芸大の教授で(元かな)特別待遇の教授で年にというか半期に2-3回しかレッスンがない。でも当時(80年代)特に優秀な学生がジュランナクラスに集まっていて、教授がベルリンに居る時に合わせて生活が動いていたように見えてました。当時は?でしたが、いま思うと友人もたくさんいたのだからレッスンの聴講をしたら良かったなー!
先月の船旅で一緒だったDSO首席ヴィオラのイゴア、長年知っていますがプールサイドやバーや食事の席でこれほど話が弾んだことは知り合って20年になりますが、無かった。
若くしてDSO首席になり、すぐにヴァイオリンで音大に入り直し卒業、そして指揮科にも入り卒業したのですが、本業のヴィオラ、ジュランナ教授のベルリン芸大でほぼ最後の弟子だったそうです。
「めったにレッスン無かったんでしょう?」と問えば、やはりそうだったようで、でもしかし、それ以上しても仕方ないからと思えるレッスンだったそうです。無駄なことがない、そして的確で、あとは本人に任せることが出来るか見える人だったのか?素晴らしい先生だった!と興奮して話してくれました。
アルペジオーネという楽器は現存はしてますが、過去の楽器です。いまの弦楽器ではヴィオラ、チェロで弾かれることが多く、いやコントラバス版も昔からあった。僕がアカデミアで求めたのは中学生だったと思います。
シューベルトは素晴らしい!でもだから、何度トライしても、弾けなかった。
この夏は何度目かのトライをしています。ジュランナ教授の演奏、ヴィオラですが、そして僕とは違うところもありますが、あまりに同じというか共感できる音楽で、美しく素晴らしい!
いろんな出来事があり、ヴァカンスなのにずっとベルリンにいますが、そしてイタリアは恋しいですが一番落ち着くベルリンの家で好きに過ごしてるのは至福です。この夏はこれで良いんだけどなー。
c0180686_15045655.jpg


More
by Toruberlin | 2016-08-19 08:01 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

アンペルマンテラスとMitte散歩と普段晩餐。

c0180686_17343658.jpg
おはようございます、木曜日の朝です。
今日の空は雲だらけ。時々薄く陽が差しますが、まあこんな感じらしい。
「今年の夏はダメだ!」と耳にしますが、ここは北ヨーロッパ。思えば80年代は毎年こんな夏でした。8月半から始まったJunge Deutsche Philharmonieのベルリンリハの時、いつもセーター姿というのが記憶に残っています。イタリアの様な真夏らしい日は、滅多になかったのを思い出します。ここ6-7年、もう少し前からか?逆にイタリア的夏がベルリンにあったほうが変だったのか?
そういえばご近所のご隠居と立ち話の時に、「こんな日差し、イタリアみたいですね!」と言ったら『いや、昔はこうだった!』と小さい頃、また大人になってからの気候の話を聞きましたから、どうもそれほど異常気象と騒ぐ必要はない、気候というのには大きな周期があるのは自明ですが、10数年スパンの、またはそれ以下のスパンの周期もある様です。
今日はこんな天気ですから、いろいろと捗るはずです。出掛けなければいけない仕事がないのは、贅沢な時間と思い大事にします。
そういえば、週明けのミュンヘンでの良い仕事、まだ確定の返事が無いなー!旅行ついでに楽しみにしていたのですが、、、。
ベルリンの皆さん、明日は朝から昼、そして夕方から日没までが、ほとんど雲がないくらいの晴れらしい!そう、明日のプライリティーは太陽です!そして来週の半ばも真夏が来るらしいですから、やらねばならぬことはショボイ天気の日に片付けておいたほうが良いですね。
c0180686_17342920.jpg
昨日の水曜日はシューベルトと過ごし、でもデスクワークもせねばならなかったので残念ながらあまりはかどらず。Toruスペシャルのブランチあとも弾いて16時半頃Mitteに向かいました。
音大で仕事だった家内とアンペルマンテラスで待ち合わせ、注文してないけど即出てきた瓶のアウグスティーナを2本楽しみ「今日はサーロインの良い肉があるよ!」とマネージャーが誘ってくれましたが、散歩の予定だったのでパスし歩き出しました。目的はまず下の写真突き当たりのMuji。
c0180686_17342386.jpg


More
by Toruberlin | 2016-08-18 12:12 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

楽器たちとの日々。

c0180686_15500632.jpg
ヴェニス生まれのD.Busan。僕の室内楽メイン楽器です。ヴェネツィアンレッドと称される赤いニス、これが残っているのは250歳にもなろう楽器では稀少です。長年コレクターの元にあった御蔭と思います。
c0180686_15495015.jpg
Busanに張ってるのはGGの弦でも、彼のお得意様には人気がない、しかし彼が一番力を入れてる新素材の弦です。レッドレーベル。今はまだ手作りで小ロットなので(いや、量産は彼はしないけど、ロットが大きくなれば同じ弦を何十本もマシンのセットを変更しないで作れます)ガット弦と大差ない。しかしもちろん、P社などの疑似ガットとは全くの別物です。
選べるなら本物のガット、これは切れてしまうかもしれないリスクがあっても、それに替えがたい魅力があります。
でも、狂牛病の影響で医療用に羊や牛の腸を使うことができなくなって久しく、となると腸はソーセージくらいしか用途がない。なので、質の良いガットはこれから先も望めない。買い付けた材料を10-30%捨てるのが普通だった、まだ医療用があった時代と比べ、今は5%使えたら良いくらいのクオリティだそうで、実際イタリアの大手ガット弦メーカーも倒産しましたが、ますます難しくなるのを見越してのGGの研究です、レッドレーベル。
このBusan、GGのガット弦にしてから、それまで10年くらい無かったヴォルフが出現、いろいろ試し(もう、他の弦に興味はないので)最後の選択肢で当時出来上がったレッドを張ったのが2年前でした。
悪くない!が印象でしたが、もちろんガット弦の方が明らかに良かった。
さて、楽器がゆっくりと慣れてくれたのか?僕が慣れたのか?はたまた、春からシューベルトのクインテットを二曲弾いたり、ここ数週間、毎日バッハなどを弾いているからか?そう、Busan自体が良くなってるのかもしれませんがレッドレーベルとガットの差が気にならなくなりました。
これだけ良いクオリティーなら、Scarampellaにソロ弦も欲しいくらいです。次回GGに相談してみよう!
最近はレッドのオーダーが皆無だそうで、前回訊いたら、製造予定は無いと言ってましたが、、、。
c0180686_15495927.jpg
DSOの楽器ケースから夏の間Hawkes-Panormoを持ち帰ってるので、今は7本並んでます。
その全部を毎日弾ければ良いのだけど、今は二本の4弦、そしてトリノ生まれのDespineを毎日弾いています。
c0180686_15493258.jpg
この不思議な形の楽器。前にも書きましたが、サザビーのオークションで4弦を、またWien帰りの奏者が日本に持っていらっしゃるそうですが、僕のと合わせて3本とも同じ形です。
一番の特徴は(その形以外は)ボディの中央に駒が立っていること。大きな(背の高い)楽器なのに弦長は106くらい。とても弾きやすく、ソロ曲も弾けてしまう5弦です。
c0180686_15560971.jpg
1831年生まれなのに、全くの無傷。これもコレクター様さまで、僕の使命はこの楽器を弾かせてもらい、後世に良い状態で残すことです。古楽を止めてしまってからは、この楽器の出番は減っていますが、なーにこれからどんどん活躍してもらいます。
ヘッドを見て「Wienの楽器」と浅い知識で決める人がいます。確かにWienにも多くあるヘッドですが、Magginiが最初。ブレシアから近い同じ国のトリノでDespineが採用したとしても、何の不思議もありませぬ。
コントラバスはヴァイオリンからチェロのヴィオール族に比べて、形やサイズバランスが決まっていない楽器と言えど、時々こんな面白い名器が存在するのは、弦楽器製造者がいろいろと工夫してくれていたからなんでしょう。
ヴァイオリンの様な美しい形はゴフリラーやサロ、マジーニから始まりBusanやモンタニャーニャで既に存在していたわけですから、面白いですね。
c0180686_15492241.jpg


More
by Toruberlin | 2016-08-17 07:47 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

8月15日 カルボナーラロマーナとテニス

c0180686_02540632.jpg
終戦記念日の15日、日本のために命を落とした英霊に靖国神社を思いながら黙祷しました、今でも戦闘が止まない多くの地域を思い、武器売買で利を得ることの醜さを当事者には自覚してほしいと思いつつ。
自国を守るための武装は仕方なく、そのための装備充実も必要です、今現在は。しかし、それが開発にも充実にもプラスとしてもMade in Japanの武器装備を輸出することだけは止めてほしいと願います。
我らの誇り自衛隊、第二次世界大戦後誰も殺めてない軍隊、そして日本製の武器も輸出はしていなかった。そりゃ優秀な武器は売れるし利もあるでしょう。しかし、商いにも矜持は必要。自国を守る装備の経費くらい国が賄い、販売することで利を得なくて良い。少し前まではそうでした。


c0180686_02441929.jpg
月曜のブランチは家内のリクエストでカルボナーラ・ロマーナ。少し白ワインの存在を残すのも美味しい。
c0180686_02441344.jpg
日曜に続いてテニスでした。
やはりね、体を動かすのは良いです。
c0180686_02444156.jpg
Tちゃん、絶好調。本当に基本というか、体の使い方は大事です。
レッスン受けて身についてる彼、8歳なのに体を思い切り使ってのフォアハンド、決まるとものすごく重い球が来ます。
c0180686_02443458.jpg
ヴァカンス時期、クラブは空いてます。
シャワー浴びてWeizenを二杯。夕陽溢れる湖畔のテラスで美味しゅうございました。
月末まではお休みらしいけれど、週に二回ある会員のための夕方トレーニング、僕も積極的に参加しよう!
さて、イタリアにはいつ行こうかなー?
今週末は、また夏が、そして来週の半ばも26-7℃の予報です。
なんだかんだ言って、ベルリンにいるのが一番心地よいのは、間違いないです。
c0180686_02442899.jpg



by Toruberlin | 2016-08-16 19:43 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

ドイツ製ですが良い炭も手に入りました。

c0180686_15523424.jpg
バルコニーで何度かトライした炭火焼。「脂っぽい肉は焼かない+良い炭だからほとんど煙が出ない」のでご近所さんには訊いて、他からも苦情は出ないのですが(本来は、多分裸火は禁止)寒々しい天気の日はキッチンでやってしまいます。
キッチンの窓全開で、炭が良いので煙もほとんど出ない。鶏皮は茹でてから串打ちしますが、火が安定したら少々脂があっても大丈夫。またネギマは腿の余分な脂は取り除いた方が美味しいので、それはガラと一緒に出汁を摂りますから、美味しくなって一石二鳥です。
焼き鳥4種の他には蓮根、長芋、厚揚げ、メインの焼きおにぎり、そして鶏ガラ出汁は蕪とポロネギのスープになりました。
c0180686_15522755.jpg
酒は東京は小澤酒造の澤乃井大吟醸!KBのH君の実家の傍にあるそうで、お土産に持ってきてくれました。
c0180686_15530074.jpg
まずは木綿豆腐で厚揚げを作ります。これはテニスに行く前、早朝にやってしまいました。
c0180686_15525482.jpg
アジア食材店では四角いの売ってますが、油揚の代わりに使うには良いのかな?自分で揚げた方が美味しいのは間違いないです。
c0180686_15524810.jpg
今回のはちょっと豆腐自体が固かった。次回は大きめに揚げて、炭で焼いてから半分に切った方が、きっと美味しいな!
c0180686_15522038.jpg



More
by Toruberlin | 2016-08-15 08:46 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Kastanie シャルロッテンブルグKIEZのKneipe

c0180686_15173460.jpg
土曜日、天気の良い日でした。最高気温も27℃!
檜枝岐もり蕎麦ブランチのあとは鶏(腿、砂肝、ハツ)とアジア食材店に長芋と生レンコンを仕入れに行き、帰宅後は太陽の誘惑はあったけれど19時頃まで楽器弾いて、予報では日暮れまで雲がないはずだったのでブランデンブルク門に撮影に行こうか?と思ってましたが、空は雲だらけ。20時前まで弾いて、炭火焼にネギなどが必要だったのでMINIでガソリン入れついでに出ました。
スタンドとスーパーの間、シャルロッテンブルク宮殿前の道沿いにある昔から行ってるKneipe(飲み屋)Kastanieの真ん前、寄って行きなさい!と言わんばかりにMiniなら3-4台分空いていたので迷わず寄りました。
c0180686_15172749.jpg
誰かと来ると4人掛けテーブルに座るのだけど、一人の時は大テーブル。混めば相席になります。振り返ればMiniが居る場所に座るのも、なんか良い。
c0180686_15162604.jpg
まずはビール。ここはベルリンのBerlinerKindlが美味しい!
c0180686_15171859.jpg
肴はLeberkäse、ランチョンミートのソテー。甘い辛子が添えてあります。
c0180686_15165178.jpg
シャルロッテンブルクKIEZらしい店です。ご近所が歩いてきて1-2杯飲む店。僕は車でしたが、こちらの飲酒運転は血中濃度0.5pmmから。人それぞれですが、ビール1LまではOKです。体調と自分の許容量を考えての自己責任。オススメはしません。
また、レンタカーの場合は少しでも飲んでると保険がおりませんからご注意を!
c0180686_15161877.jpg
このスクーターも常連さんらしい。しかし音がうるさいのはまだしも、こういうタイプは臭い。排ガス規制に引っかからないのがおかしい!と常々思います。
c0180686_15160859.jpg
そして日曜日は誘ってもらい朝から久しぶりにテニスでした!
OファミリーのTくん、8歳。一緒にやるのは10月ぶりですが、さすがテニスキャンプに参加してるだけあり上手くなりました!
決まると、大人のような力強い球です。
c0180686_15153829.jpg







by Toruberlin | 2016-08-14 23:50 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

土曜日、快晴。

c0180686_21444497.jpg
久しぶりに晴れの1日になるか?!と6時台に目覚めた時に思いました。
朝風呂のあと、バルコニーに座ったのが8時頃だったか?真夏の日差し、ご無沙汰でした。
雲もあるけれど、今日は夏の1日になるか?って感じでした。
c0180686_21445654.jpg
8時頃は雲が全くなく、すぐに湖畔へ日光浴?とも思ったけれどバルコニーで我慢。
c0180686_21443650.jpg
まずはBusanと、そしてScarampellaと昼過ぎまでたっぷりの時間を過ごしました。
c0180686_21442507.jpg
しかし、天気が良いのはいい。Coronaで乾杯!一昨日12ユーロ弱で買ってきたんですが、昨日は近所のReweで5,99だった。6本入りを2つ購入。
ブランチは檜枝岐蕎麦を茹でました。
c0180686_21441329.jpg
東に散歩に行くのも良いけれど、やはり午後も2-3時間は弾きたい。
となると、まず焼き鳥の買い出しに出て、夕方弾いて、そして夕暮れ時に写真撮影か?
19時、いや20時過ぎかなー?今の夕暮れ時は、、、。
蕎麦の前に冷酒か焼酎、は、今日は止めておきました。
c0180686_21441922.jpg





by Toruberlin | 2016-08-13 13:43 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

お盆。

c0180686_15482558.jpg
土曜日、8月13日はお盆の入りです。
奈良の燈火会の優しい景色をFBでみました。お迎え火ですね。
京都の大文字さんは送り火。
私は江戸っ子、東京人ですからひと月前がお盆でした。でも日本全国的には8月。
夏休みと重なりますし里帰りする方も多いでしょう。「愉しい時間」を!

生きてるモノの方が大事、仏ほっとけ。乱暴な言い回しですが、正しいです。
ですがお盆休みは今は会えない人と対話する時間でもある。
今年去ってしまった九段中の同期生は新盆、
ベルリンから彼を思い出しています。
他にも、この歳になると身内以外にも思い出す人は残念ながら多い。

過ぎ去った時は繰り返せないし、どういうわけか早く逝ってしまった人も
何か自然の摂理があり必然なのかもしれないけれど、なぜ?は常です。
残ってる僕らは自分の毎日を丁寧に進まねばならない。

「悠々として急げ」
焦っては仕方ない。急いては事を仕損じる。
しかし、何のために生きてるか?を難しいけど考えないと勿体ない。

考えすぎても、いけない。
一番大事なのはバランスです。佳いバランス。
だから、一言で言うと
「悠々として急げ」なのです。
c0180686_15482045.jpg





by Toruberlin | 2016-08-12 23:47 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)