ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Konzert Orpheu..
at 2017-03-27 09:37
フィルハーモニーの室内楽ホー..
at 2017-03-26 15:39
日曜日の20時です。
at 2017-03-25 14:17
ベルリンの日常に戻り。
at 2017-03-24 23:15
Bruckner 3.& B..
at 2017-03-23 23:59
GP ゲネプロ。
at 2017-03-22 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-03-21 23:59
初日リハ打ち上げ。
at 2017-03-20 23:59
ポツダムでのリハ、2日目
at 2017-03-19 10:39
Japan Bruckner..
at 2017-03-18 23:55
ポートレート撮影 音響設計家..
at 2017-03-17 23:59
早口と演奏
at 2017-03-16 23:59
Tiergartenの常設市場
at 2017-03-15 20:32
無用の用 (老子)
at 2017-03-14 23:27
ときどき春を感じる近頃のベル..
at 2017-03-13 23:59
例えばSchneiderのC..
at 2017-03-12 23:59
モルトウイスキー
at 2017-03-11 23:59
武士は喰わねど。
at 2017-03-10 23:59
前から不思議に思ってる雰囲気..
at 2017-03-09 23:59
3/10にドイツで緊急スクラ..
at 2017-03-08 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 22:54
「音程やタイミングが合う..
by 植木信勝 at 21:34
IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51
Mr.ベースマンさん、は..
by Toruberlin at 01:46
F.O.さん、今回はご一..
by Toruberlin at 01:38
H.M.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 01:34
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 01:31
Toruさん、はじめまし..
by Mr.ベースマン at 08:27
日曜日、聴かせていただけ..
by H.M. at 07:23
徹さま、こんにちは。A響..
by F.O. at 00:18
ホルンに塚田というおじさ..
by 植木信勝 at 21:40
あーちゃん、おはよう!な..
by Toruberlin at 18:39
うふふふふ・・徹さん。改..
by Puku at 18:54
y.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 22:08
Toruさん、少しおやす..
by y.y. at 21:25
m.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 04:55
Toruさん、毎日ブログ..
by m.y. at 23:22
ウリさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 21:12
流石色々と日本に持ち運ん..
by ウリ at 12:36

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Konzert Orpheus Ensemble Berlin

c0180686_17273492.jpg
c0180686_17221768.jpg
日曜日の20時からフィルハーモニー室内楽ホールでKonzert Chor Berlinとコンサートでした。
Mozartのジュピターと、30数年演奏活動していても初めて弾いたDonizettiのMessa di Requiemでした。これは僕ばかりじゃなくティンパニーのHも10年くらい前にコンチェルトハウスの首席ティンパニを引退しましたから50年以上はオケ生活経験者ですが、やはり初めて!そんな話をしていたらベルリンフィルのゼーガー氏(彼も時々オルフェウスに来てくれます)も未経験とHに語ったそうで、イタリアではわかりませんがドイツ、ベルリンでは初演じゃないにしても滅多に演奏されない作品と言えます。1980年代に楽譜が公開されたそうです。
難しいのも(合唱に)理由ですしソリストが5人必要なのも、簡単にはできない理由か?
それにしても美しい作品でした。
c0180686_17220952.jpg
まずはオケだけでジュピター。管楽器はかなり充実してきていて弦も、寄せ集めの域は超えてますが、これだけ上手い人が多いはずのチェロは残念ながら安定しない、、、。それで88441から88451に指揮者がしたのですが、数ではない、、。実際、遠くでは5人いても(音楽的に)聴こえなかったそうで、この素晴らしいホールで演奏するには勿体ない。これからの課題です。
ヴィオラはいつも通り固定メンバーでご機嫌!
ヴァイオリンは新しく招いた若いコンサートマスターTが素晴らしかった!セカンドもトップを今までは後ろで弾いてた男性にヴィオラセクションが画策して変えたそうだけど、いままでの点で力強く(褒め言葉じゃないですよ)合わせていた若い女性と変わっただけで、これだけ柔らかく弦全体が良くなるか!と驚きです。仕事屋的な学生(本来は学生の分際であり得ない、、、)も殆ど居なくて、オケの音がしていました。
先日、音響設計家の豊田さんともこの話題で話が長くなりましたが、ソリストが集まっても良いオケにならない。弾けるメンバーは必要だけれどコンクール一位のソリストクラスが集まっても、オケの音はできない。やはり邪魔するのかなー?
tuttiは隠れろ!というわけではありません。これだけオケがあるドイツ、たとえばDSOのtutti奏者だって、首席奏者となんら変わらず重きポジションであるのは、オケにはそれが大事だから。豊田さんが感心していたベルリンフィルのセカンド管楽器奏者のクインテットが素晴らしい!ベルリンフィルの良い音がする!の例を挙げるまでもなく、ブリリアントは多勢要らない。柔らかく力強い音で、そして1プルトの奏者よりもフレキシブルに弾けるオケ奏者、こそがドイツの(良いオケの文化の)特徴です。
若い時はこれがなかなかわからない。自分がいないとこのオケは、、、と思ってるようでは難しいばかりか邪魔なこともある。
オケに就職したい人は、オーディションに受かることはまず大事ですが、その後、大事です。
自分の演奏を磨くことに毎日精進しているでしょうし、しなければいけないですが、それだけではオケでは役に立たない。それを教える先生は少ないのかなー?僕はWitt先生に薫陶を受けて幸運でした。
カラヤン時代のベルリンフィルは団員全てが首席クラス!といわれることがあります。それは合ってるんですが、ソリスティックに弾くという意味ではない。Witt先生がベルリンフィル退団時にオケへの挨拶で「ソリストは要らない、みなさんもこれから仲間を増やす時にベルリンフィルのたくさんある要素の中で一番大事なのは何か?を忘れないでください。コンクール優勝者クラスの演奏に気をとられず、柔らかく美しい音を出せる仲間を増やさんことを望みます」それこそがオーケストラ文化の要、音程やタイミングが合うことは大事なことじゃなく、前提条件なのです。
何が大事かを失わない日常、大事にしたいですね。
c0180686_17220001.jpg
c0180686_17215377.jpg
ジュピター、良いところはたくさんあり本番が一番良かった。のだけれど、指揮者が細かく振りすぎでフレーズが短いのが残念でした。なぜかシュテファン、歌が入る曲は良いんですが、良かれと振りすぎるからか?オケの曲は細かくなってしまう、説明するやりたいことは、長いフレーズなのだけれど、、、。
c0180686_17214732.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-27 09:37 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

フィルハーモニーの室内楽ホールはやはり素晴らしい!

c0180686_23422928.jpg
c0180686_23420558.jpg
夏時間になった朝、10時からGP(つまり9時から)でした。
ピカピカの晴天、楽器を積んでサンルーフ開けてティアガルテンの森の横を走り、諸々はあれど素晴らしいホールの響きに助けられリハはご機嫌でした。
c0180686_23415743.jpg
c0180686_23422016.jpg
今回はクレモナ生まれの特大楽器Aristide Cavalliで弾きます。
c0180686_23415743.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-26 15:39 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

日曜日の20時です。

c0180686_22183257.jpg

by Toruberlin | 2017-03-25 14:17 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

ベルリンの日常に戻り。

c0180686_17171782.jpg
Japan Bruckner Sinfonieorchesterのみなさんは火曜日に帰国しました。
毎日、本番前日こそ1時過ぎでしたが、あとは早くて3時半、本番あとは5時半にお開きが5日続いた楽しい日々でした。いや、出かけるのは普段は億劫ですが、これはもちろん状況と相手によります。日本から友人知人がたくさん来て、呑むのを楽しみにしてくれていて、新しい出会いがあり愉しい時を一緒に過ごす。それは一緒に演奏するからももちろんありますし、夜にコンサートやオペラに行ってる間はこちらは一人の時間があるから可能でもありますが(余程じゃないと、ずっとべったりは疲れますよね)相性が良いからとありがたく思います。
c0180686_17151082.jpg
もしかしたら拙宅で軽く呑むこともあるか?と牡蠣も用意してました。あとはイワシのマリネとか、パスタは数種類いつでも作れるし。でも皆さんお元気で毎回10数人で繰り出しましたから、ベルリンに昔からある名店にご案内しました。
c0180686_17150109.jpg
水曜日、一人で昼から白ワインと食しました。生牡蠣、ノルマンディーから来ますが、冷蔵庫に入れておけば(そして水平に、なぜなら毎日、殻が開くから)2-3週間は問題ありません。
一人で呑みに行くことは、日本でもベルリンでも、またはツアー中でもまずありません。一人は嫌いじゃないですが、店に行く必要はない。自分で呑みたいものを用意して美味しいものと合わせるのが、良い。
c0180686_17170822.jpg
c0180686_17165924.jpg
ブッタネスカ。牡蠣の後に食しましたが、アンチョビで作るものですが、大量にあったイワシのマリネ(自分で捌いた、生でも美味しかったイタリアからのイワシ)を贅沢に(最後に)加えてみました。これは美味しい!

日曜日は滅多に演奏されないDonizettiのミサ曲をフィルハーモニー室内楽ホールで演奏します。結成時から参加してるベルリンオルフェウスアンサンブル。88441という、コントラバスは僕一人の方が良い!との指揮者の希望で、何度かKB二本でもやりましたが(曲に依ってはその方が良い)合唱との作品が基本なので必要ない場合が多いのと「Toru一人なら少なくともKBセクションの音程は完璧で、また邪魔もしない」と彼がオーボエ奏者の時から30年以上知ってる指揮者Sは言います。
チェロが弱いと4本でも多いのに何と今日から5本になり、その新しく加わった上手なチェロが、良いのだけどジュリアード系で音が固くて、、、これをどう料理するかは指揮者の腕の見せ所です。
GPと本番はホールが良いからきっと大丈夫、と期待しています。
日曜日の20時開演です。前半はMozartのジュピターです。

最後の写真は今日の昼ごはん。僕が一番すきなパスタはジェノヴァソース、あれは新鮮じゃないと美味くないんですが、余ったのはaglio e olio peperionciniの変形版としてパンチェッタを加えて最後にジェノヴァを和えてオリーヴイイルたっぷり、好みで後からパルミジャーノを加えて食します。これも素敵に美味しい!
久々のさーて何を食おうかな的日記でしたが、ブルックナー&ブラームス後の日曜の打ち上げ編に続きます。
みなさん、良い週末を!
c0180686_17164553.jpg




by Toruberlin | 2017-03-24 23:15 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

Bruckner 3.& Brahms 2.

c0180686_21455828.jpg
c0180686_21452402.jpg
日曜日のコンサート、あれだけたくさん誘ったのにベルリンの友人知人はほとんど誰も来なかったのが残念でした。
また250超の予約も?という感じ、日本人は10数人にしか見えませんでしたが、ポツダムの、ご近所のお客様が多く来てくださり約400人、超満席の600には足りませんでしたが(それはもう、本当に隙間ない状態らしい、未体験)多くの方々に聴いていただきました。
c0180686_21450553.jpg
c0180686_21445529.jpg
c0180686_21444556.jpg
カメラは2台、NEX6の写真を先に、多くはその後に続くNEX5で撮影してもらった、僕は一枚もシャッターを押してない写真で、この日記は埋まります。
c0180686_21443628.jpg
c0180686_21442628.jpg
c0180686_21441791.jpg
コンサートは、楽しかった。
これは僕だけじゃなく日本からの約40人、そしてベルリンを中心にヨーロッパから参加の22人、皆の気持ちと思います。
c0180686_21440886.jpg
c0180686_21414156.jpg
コントラバス首席の位置ってオケで演奏するのに最高の場所です。
立っているから弦楽器はもちろんオケ全体の音がよく聴こえるし、また全てが見える。
楽しむにはもちろん、アンサンブルするのに、またアンサンブルに貢献することも出来る演奏場所です。
常に指揮者とコンサートマスター、セカンドトップが前を向けば自然と目に入り、ヴィオラとチェロは掌に居るかの様ですし斜め右の管打とも好きにコンタクトできる。
c0180686_21410261.jpg
c0180686_21405334.jpg
お客さんの反応は嬉しくなるくらいの拍手とともに好意的でした。
NKOP(新ポツダム室内管弦楽団)とErlöser教会の音楽監督ヨッフェ氏も終演後に興奮とともに「まず、これは自分の認識ではアマチュアが混ざってる演奏ではない」そして「素晴らしかった!」
打ち上げでみなさんにご紹介する機会がありませんでしたが「オケとしての演奏も良かったのだけれど、特に弦楽器の響がピカイチで、今時のバン!と正確に始まるじゃなく、ズワンとfでもpでも始まる音の立ち上がり、そして伸びる音!」と感動とともに「昔のドイツのオケの音がする」との感想でした。
c0180686_21402215.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-23 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

GP ゲネプロ。

c0180686_02473236.jpg
c0180686_02472351.jpg
日曜日の1230からゲネプロでした。
初日は、いくら音響良いと言っても初めての人は判りにくいしマエストロも迷ってました。二日目でどんどん良くなり、それを確認しながらGPでさらにまとめていくマエストロ、もちろん個々の奏者も。
c0180686_02471249.jpg
そんなGPの様子をたくさんの写真で振り返ります。
c0180686_02463688.jpg
この状態と、約400人が入った教会では、とうぜん音響は変わります。
c0180686_02462732.jpg
まだリハ前。ステマネのGさんに注文つけて僕のカメラでたくさん撮ってもらいました。
もちろん数枚は僕の席からの撮影です。
c0180686_02461856.jpg
c0180686_02460614.jpg
c0180686_02455752.jpg
c0180686_02454848.jpg
c0180686_02453990.jpg
c0180686_02453143.jpg
c0180686_02451855.jpg
リハ始まりのご挨拶、ベルリンメンバーもこの日はみんな、やってました。
c0180686_02450425.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-22 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Giuseppe Bracci da Firenze

c0180686_01542224.jpg
c0180686_01545238.jpg
秋に日本で3回行ったAMPELMANN Duett、ピアノとのデュオでした。
Firenze生まれの楽器で準備したのですが、伊達保原で弾いてから東京に移動、東京での1回目の開演70分前に壊していまいました。
コンサートは麻布のアパートに置いてあった昔のソロ楽器Gaetano Guadaniniで東京公演二回とも行いました。



いま思い出しても、ぞっとします。
しかし、あんなに簡単に折れるものか?!
きっと竿と指板がきちんと着いてなかったんじゃないか?と推察されます。
また一緒に音を奏でられるように、信頼する職人さんに託してベルリンに戻って来ました。
良い材料で(折れたのはオリジナルだけど、かなり良くなかった)作ってもらえば今まで以上の鳴りになること、大いに期待できます。


c0180686_01541188.jpg
c0180686_01540093.jpg
春の帰国までに!とのお約束。
先日、メール添付で写真を送ってくれました。
ここまで出来れば、あとはもう一息。手にするのがとっても楽しみです!
ガダニー二はノーマル、この楽器はソロ弦のつもりですが、次の室内楽で何を弾くかで変わります。
はい、次回はこのBracci、生まれ変わったフィレンツェ娘の音を聴いていただきます!
c0180686_01515501.jpg







by Toruberlin | 2017-03-21 23:59 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

初日リハ打ち上げ。

c0180686_00490984.jpg
c0180686_00481637.jpg
Japan Bruckner Sinfonieorchesterのコンサートは素晴らしい出来で楽しく終わりました。写真とともにご紹介しますが、まずは3/17の打ち上げメインに振り返ります。
c0180686_00473078.jpg
c0180686_00485957.jpg
思えば、初めてこの日に一緒に音を出し、4時間のリハ(休憩込み)2日とGPで本番でした。プロオケ並みの仕上げ時間です。
この日は喉が渇いたので帰りに僕の所属するテニスクラブに寄りました。
c0180686_00564022.jpg
LeipzigからのC嬢を音大に送りHをZoo駅へ、Aちゃんはフィルハーモニーに送り、まずは帰宅。
c0180686_00415726.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-20 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

ポツダムでのリハ、2日目

c0180686_18455351.jpg
今日の17時からの会場、ポツダムのErlöser教会(Nansenstraße)の中庭にて。ヴァイオリンのマティアス、コントラバスのクリスチャンと。二人とも僕がDSOに初出演した27年前には団員だった大先輩です。そして親友であり素晴らしいオーケストラ奏者です。彼らも楽しんで一緒に弾いてくれています。「日本ってアマチュアオケも優秀なんだな!」とふたり。
c0180686_18451906.jpg
c0180686_18450585.jpg
響きにも慣れ、またマエストロも考えを定め、どんどん良くなって来ました。これで満席になることで音響が良くなったら、かなり楽しいコンサートになります。
c0180686_18444540.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-19 10:39 | 音楽の話 | Trackback | Comments(4)

Japan Bruckner Sinfonieorchester リハ初日

c0180686_18055389.jpg
c0180686_18053887.jpg
金曜日、10時過ぎからペーターを中心に舞台設営して1330から初めてのリハでした。今回は日本から40人弱、ベルリンから20人の仲間に加わってもらい、この日が一緒に音を出す初めてのリハでした。
c0180686_18050592.jpg
僕がこの教会を薦めたのは、知る限り一番音響が良いからです。リハではそれでもまだまだバランスが難しい、けれど多くのお客さんが入ってくれると響きは格段に良くなります。バランスからいえば少ない弦楽器の音がよりクリアに、そして柔らかくなる。
もちろん音楽目的の空間ではありません。偶然、なのでしょうが素晴らしい音響の教会です。
c0180686_18043628.jpg
もちろんMaestro長野も知らないから、?となりつつも、初めての場所、初めて揃ったオケでBrucknerの3番とBrahmsの2番を楽しみました。
c0180686_18040865.jpg
満席になってくれたら、依り良い響きになります。
予報ではそう天気も良くない日曜日、ぜひポツダムにお出かけください!
c0180686_18023790.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-18 23:55 | 音楽の話 | Trackback | Comments(4)