ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49
Vermicelli all..
at 2017-09-04 15:08

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

例えばSchneiderのCurtagon35mm

c0180686_09503568.jpg
c0180686_09520144.jpg
音楽の話ですとバッハが考えた平均律という考え方は全ての調性で使える鍵盤楽器のために音の周波数をオクターブを平均で割りました。純正調では半音の幅は平均では無いのです。平均律という手が無い頃はその調性用の楽器、またはセッティングで演奏してました。だから調が変わらない、できなかったからです。
平均律では全ての調性で弾けますが、全ての調性で微妙に合っていないことでもあります。
まあ、平均律くらい音程が良ければ◎とも言えるんですが、そこで平均律を基準に純正な調の響きを知って、それを加味する。そのバランスをとりながら演奏しています。
写真もそれと同じとも思います。
平均律のピアノでも、弾き方で調性の色が出せる。
純正調バリバリの演奏が、それが理論上は正しくとも必ずしも奏者が再現できるわけでもなし
平均律を知ってしまったら、これは、それを基準としてあとは音程でも(可能なら)音楽を作る、しかありません。
音程、音色のどちらでも、調性は意識できるのです

平均律を用いれば、オクターヴの12の音を主音とする24の長短調で作曲できることを示したものとされていた。20世紀後半に古楽研究が進むにつれてWohltemperirteとは『よく調整された音律』という意味であり、必ずしも平均律を意味するものではなく、むしろバッハが意図したのはヴェルクマイスターの調律法のような、全ての調が演奏可能な不均等律であるという考えが一般的となっているのだそうです。
不均等律とはネガティヴに一見されるが、よく調整された真に均等じゃない音律ということで、それは僕ら弦楽器奏者の好む音程と似ている。
c0180686_09515081.jpg
上に写真も同じと書いたけれど、記録として、または報道用にその瞬間を逃さず撮るんじゃなければ
失敗しないのは良いけれど、オートで撮影するのは、平均律に似ている。
全てが及第点、失敗がない。
しかし、万人同じようで、カメラがよければ腕はあまり変わらなくなる。

もちろん一流プロが使えばフルオートもまた別の輝きが出る。
一流のピアニストが、音程が変わらない、極端に言えば全ての調で微妙に間違った音程のピアノで素晴らしい演奏をするのと同じことか。
しかし余地(=可能性)があるなら弦楽器で音程にこだわるようにカメラもマニュアルで、またはマニュアルしかできないレンズで撮影しない方が、勿体ない。
そしてそこに、道が拓けると思うのです。
プロになるんじゃなくても、極めるとはそういうことだと思っています。
そしてどんな道具でも、どんな楽器でもと同じように、そこに魂がこもっていなければ元も子もないのは、間違いありません。
c0180686_09502737.jpg






by Toruberlin | 2017-03-12 23:59 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

モルトウイスキー

c0180686_08312877.jpg
c0180686_08302480.jpg
仕事のついでに久々の街を歩いた時に立ち寄ったウイスキー専門店。
グレンギリー、古いボトルないよね?
で「お、知ってるな」的な応対。果たして21年モノ、特別なのがあったけれど200ユーロ台後半。
「何か、普通じゃないオススメありますか?あまりスムースな年代物よりも、若めの、でも特にピートの香りがキツイとかじゃないボトル!」
で出して来てくれたのが写真のボトル、最近復活した醸造所の12年は最初のロットだそうです。そう2004年に復活した、老舗グレンガイル醸造所で造られています。
Campbeltown3軒目のメーカーのKIRKELLAN。車なのに当たり前のように試飲させてくれました。まあ、録音前で3時間近くは運転しないからOK。
c0180686_08295047.jpg
c0180686_08301262.jpg
7000円くらい、気に入り持ち帰りました。
なかなか良いバランスのモルトです。
こんな珍しいのでも、もしあったら日本の方が安いんだろーなー。
c0180686_08305299.jpg
c0180686_08304601.jpg
なかなか渋いお店、見つけました。
c0180686_08305919.jpg
ウイスキーは、ワインも日本酒も好きだけれど、やはり一番好きかなー?
この前日、マリオットで夜中にOBAN14年を久々に飲みました。とっても美味しかった。
それに似た系統のKIRKELLAN、8年も、また別の酒の樽で寝かしたのもあるらしい。
飲んじゃうと無くなるのが儚いウイスキーボトル、この店くらい家にずらっと並んでると嬉しいけれど、5-6本は好きな酒を並べておくのは、いいな。
c0180686_08294102.jpg





by Toruberlin | 2017-03-11 23:59 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

武士は喰わねど。

c0180686_06043098.jpg
「武士は食わねど高楊枝」
は見栄を張る節を嘲笑ってると捉えてませんか?

「見栄っ張り」って悪い意味で使われますが
「見栄」は大事です。
背伸びして自分を大きく見せるのが良い!と書くと詐欺をしたいのか?と思う人もいるかもしれませんが
見栄は適材適所で張らねばいけません。

「できないのにできるフリをする」っていう解釈があるけど、それは意味が違うと思います。
その違う意味の、自分に責任を持つ「見栄」「見得」
これを忘れるというか、「自分を飾らない」とか言って曝け出すのは
見ていて好きではありません。
すごく親しい人の前、甘えたい人の前で、酔った時には良いけどね。
あまりにSNSで愚痴や弱音が目立つから。
見栄を張るくらいの余裕で、生きたいものです。
c0180686_06042076.jpg






by Toruberlin | 2017-03-10 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

前から不思議に思ってる雰囲気のこと

c0180686_05392348.jpg
一対一、または少人数だと全然違うのに!
日本の、団体、または大人数で閉鎖されてるグループの雰囲気、
独特である、あれはなんだろう?
世代?だけじゃない。自分が目立ちたくない?という気はあるな、きっと。

若い子たち、とっても不思議。
クラシック音楽でも、舞台系でも。
古くは日本からのアマオケ
または、日本のオケも独特。←ドイツのプロオケが、何にもないとは言わないが(嫌な奴は世界中どこにもいるのは残念ながら事実)

個人、一対一から閉鎖的な少人数での場合と
どうしてあんなにも人数が多いと、または特定の場だと、ちがうんだろう?
こちらが特別(変)で、だからなのか?と訝ったこともある。
でも、case by caseかもしれないが、やはり僕が感じる特有の独特は、ある。

とっても飛躍してると反発されるかもしれないけれど
そこに、イジメのメカニズムの理由があるような気がする。

めんどくさい、鬱陶しい。そういうのもきっとあるが
でもそれは僕も持っている。そういうのとは、違う排他的
もっというと、集団リンチのような構図というか、生贄探しの場面が日本には、ある。
とっても不思議。
もし今度そういう時には気を使わずに、思いっきり文句言ってぶつかってみるか?

それで何かが判るかもしれない、または何か開けるかも。
たいして失うことはないだろう。

事なかれ主義、嫌い。
そして、言わんとしてることはわかるし自分でも大事と思ってるけど
「空気を読む」という言い回しも、そのセリフを使うことも、使う人も、好きではない。
だって、当たり前のことで人が言うことじゃないし、またその度合いも人それぞれの裁量で、それがその人の度量でもあるから本人以外がコントロール出来ないし、すべきものじゃない。

雰囲気を読んで人は成長して行くこともある、でも周りの反応を怖がり、顔色伺って評判を気にしての人生は、面白くないし、きっと得るものも少ない。

個人主義の確立云々の話なのだろうか?
その「個」があり、そして周りとの順応と、礼儀あり誠意ある付き合い。
それがあれば、世界中どこでも通用するはずと思う。

個人が目立ちたくない、また誰かが目立つのを嫌がる雰囲気かなー?僕が日本で時々違和感を感じるのは。

まあ、音楽で目立つのは◎で、他では変に目立ちたくない!って感覚は僕も日本人だから知ってるのだけれど、それでも「違和感」に疲れること、日本だけじゃないのかもしれないけど、帰国するとあります。
c0180686_05394056.jpg




by Toruberlin | 2017-03-09 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

3/10にドイツで緊急スクランブル

こんなことがあったとは!
旅客機が22分交信不通で稼働中の五基は緊急停止。テロと断定されたら二百数十人乗っていた旅客機は撃ち落とされたかもしれない。無事にLondonに着陸したそうで、周波数の不具合と報告されてるそうですが、22分は長い。
つまり、危機感ある方には最終決断の準備をしなきゃならないくらい長く、気にしない側には「たった22分」

ドイツの原発は廃止が決まっている。
日本は、数年前に将来のエネルギー論議があり再生可能転換への「繋ぎ」として原発は(細心の注意を払いながら←当たり前)期間限定の続行となったと解釈しているけれど、再稼働(これも、いろんな手順踏んで合法なら、仕方ないとして)に加えて先行投資されてるからと海外に作るのは、エネルギー政策として筋が通っていない。
原発で作られようと電気代をもっと高くすれば総使用量は減るのだろうけれど、安価でリッチに使える生活を経験していると、難しいものなのだと、感じます。


3/14 朝に上の記事発見
真偽の検証はしていませんがSpiegel誌とAirIndiaのTwitter、真なのでしょう。
原発専門家は、上手に、そして今だからもっと安全に!と原発に自信があるのは想像できます。
いまある設備、いままでの膨大な投資、活かしたい。

タラレバ話ですが、もしもっと福一が安全で幸運が多く事故が起こらなかったなら!被害にあった方々はもちろん、誰しもそう思う。でも原発が夢のエネルギーで絶対安全と国民のほとんどが信じていて、そのままずっと継続してたら、もっと大きなことが起こったか?それとも何も起こらずに未来永劫続いたか、、、。
「無事こそ宝」ですが、再生可能エネルギー、どれだけ進んで原発に対抗できるか、期待です。

自分の意見は各自あり、僕は原発廃止に賛成で、早く繋ぎを終える時期の確定を望んでます。
それは良いのですが、ではどうするのか?
ということですね。
専門家に期待するしかありませぬ。













by Toruberlin | 2017-03-08 23:59 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

おやすみ

c0180686_08354689.jpg
とくに理由はないのですが。

by Toruberlin | 2017-03-07 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

初陣新酒の会Vol.2

c0180686_09100082.jpg
c0180686_09093836.jpg
津和野の古橋さんから頂いた初陣生酒、「しぼりたて」と「いざ初陣」を堪能する会Vol.2はお菓子教室に先日参加してくださった奥様三人組と思ったのですが二人はご都合悪くW子さん、そしてずっと新年会やろう!と言いつつ今になってしまったあーちゃんを招きました。ハンブルクのY嬢は当分時間がないとのことで、新年会はまた来年です。
今回は二日前と比べると、居酒屋メニュー。酒を呑むのに普段はワインが多いからイタリアン中心の献立になりますが、例えば「川上」で呑むような感じで、と作ってみました。これで炭火焼きがあればパーフェクトですが、でも炭火を熾したら焼きがメインになります。そう考えると居酒屋(チェーン店は、その定義には入ってません)は、いろいろ揃っていて便利でありがたい存在ですね。
そういう店、ベルリンにできるとかできないとかが長く、Alexのそばに出来たとか?!まともな居酒屋ができたら流行ると思うけれど、まあ出す方から考えればラーメン店の方が確実ではあります。それだけ居酒屋メニューを細々と準備するのは大変ということです。
この日は色々と初トライがありました。中でもトップは上の写真の芋煮。鯛の出汁で作る津和野の芋煮です。芋はアフリカ産のかなり美味しいのが手に入ります。鯛は、津和野では小振りのを炙って出汁摂るそうですが、二日前の鯛茶漬けの出汁、とびきり美味しいのがあったので、それで煮ました。津和野で食した芋煮を思い出す味です。
c0180686_09093440.jpg
仕込み途中に純米酒の翌日の味を知りたくて昼にタコブツと。コシヒカリの純米酒生酒、ワインのように開けてから時間経つと落ち着くというか美味しくなるのが面白い。

津和野初陣 しぼりたて&コシヒカリ純米酒を楽しむ居酒屋料理会
口開け 鮭汁
前菜  野菜のグリル キノコと山芋
煮物  芋煮 (津和野風)
お造り 鮭、蛸
口直し 鶏もつ煮(砂肝とハツ) だし巻き卵 生蓮根のきんぴら
煮物  大根とオックステール
御飯  葱鮭丼と鮭汁
甘味  プリン

c0180686_09090064.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-06 00:59 | ベルリンー津和野 | Trackback | Comments(2)

土曜日、トルコマークトへ。

c0180686_17404070.jpg
c0180686_17402685.jpg
土曜日、天気予報では期待してなかったんですが、晴れ。マークトにでも行ってみるか?となりました。
蚤の市じゃなく、食料品のマークト。クリスマス市もマークトですが、マルシェ、メルカートとパリやイタリアでの日記では書いてますが「市」はドイツ語のマークトMarktに統一することにします。
そのマークト、小規模なのはベルリン中にあります。行きつけは拙宅から歩いても行かれる距離のベルリンドイツオペラ傍の教会を囲むマークト、観光客に人気のコルヴィッツ広場(値段高め)やヴィンターフェルト広場が大きくて歩いても楽しいんですが、少し遠いのが難です。
でも目的があれば別。少し前に翻訳家のNさんにトルコマークトに毎週通って魚を買ってることを教えてもらいました。
壁があった頃、Lindenbergには通ってましたが、トルコ食品店で鰹を買ってました。東独の空港schönefeldにトルコから朝届いたのがトラックで西ベルリンに来てましたが、立派な鰹を楽しんだものです。Weddingにあった(先月行ったら、なかった)トルコの魚専門店には近年まで時々行って、小ぶりでしたが鰹、そして鯵を手に入れてました。美味しい魚は数多いですが、鯵は一番好きな魚なんです。
c0180686_17402127.jpg
土曜だから道も混んでなく15分くらいで到着し、しかし駐車場所を探すのは容易じゃなかった。MINIで行ったのは大正解で、なんでこんな?という変な縦列駐車してた人のおかげでマークト広場に一番近いところの空いてた隙間に駐車しました。ほぼMINIの車幅しか空いてませんでしたが、隣は助手席側だったし、MINIの運転席ドアは花壇すれすれに開きました。
c0180686_17401419.jpg
c0180686_17400498.jpg
c0180686_17394923.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-05 17:29 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

初陣生酒会

c0180686_08535140.jpg
c0180686_08534279.jpg
初陣の生酒をオーナー杜氏の古橋さんが贈ってくださいました。この生酒は早めに呑まないと勿体ない、味が変わってしまいます。それで前回はイタリア人にイタリアンナイトでしたが、今回は和にしました。
古橋さんの酒に敬意を評して、また酒との相性も試したくて豪華な献立となりました。

津和野地酒初陣 「しぼりたて」「いざ、初陣」を愉しむ伯林晩餐

生牡蠣 

船場汁 

お造り  鮭、蛸 しめ鯖 Sashimi Lachs ,Pulpo und Makrele

口替わり 数の子 だし巻き 茸のグリル鰹の塩辛風味

焼きもの 鯖の塩焼き

お食事  鯛茶漬け

c0180686_08532895.jpg
買い出しはいつものLindenberg。ここも35年以上の付き合いです。フランスの牡蠣。
c0180686_08532169.jpg
蛸と鯖。
c0180686_08531335.jpg




More
by Toruberlin | 2017-03-04 00:44 | ベルリンー津和野 | Trackback | Comments(0)

日本酒が税関郵便局で止まってしまってました。

c0180686_08122527.jpg
津和野の古橋さんから初陣の出来立ての生酒「しぼりたて」と「いざ初陣」とリキュールを贈っていただきました。全部で12本。しかし時間かかるなー!と思っていたら、またもや破損。
3本割れてドイチェポストがリパックしてましたが、それで時間がかかったか?+ 税関郵便局に呼び出されました。割れなければ家まで届くことがほとんどなんです。そして古橋さんはプロですから梱包もちゃんとなさってます、どんな扱いしてるんだか、、、。
c0180686_08120005.jpg
古橋さんが書いてくださった価値は卸値、頂戴するものですが、古橋さんならではの「価値」な訳です。
嘘じゃないので、いろいろ言われたら、それで押し通すつもりでした。
しかし、僕も知らなかった落とし穴があったので、ブログに書いておきます。
c0180686_08114437.jpg
課税は主権国の正当な権利で、各国の判断による(多くは現場の)
だからヴァイオリン課税事件もあった。
で、贈り物と認められるか?支払った証拠(領収書)がなくても
いや、逆になくて、でも課税対象となると、もっと実際よりも高い額と査定され、それに20数パーセント課税されることになる。
ここで大事なのが、友達が会社から送ったり、会社名と苗字が同じで住所も同じ場合(正確には違っても)注文したものとみなされます。
逆に言えば、誰かに買ってもらい何らかの方法で支払い
その品物をその個人である誰かに贈り物として郵送してもらうと
価格によるけれど、無課税になる。
どこかで線を引かねばならないのだろうけれど、辻褄は合いませんが、そういうものみたいです。
あとは額の問題で、ちゃんと調べれば大体の価格は今はwebでわかってしまいますから
新品(ほぼ全ての食品がそうですね)はかけ離れて安く書かずに個人が送れば通りますね。
会社から個人が送った場合、送り主には(好意の贈り物であるのはもちろんですが)原価(卸価格)でも
販売価格が値段になってしまいます。
c0180686_08240821.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-03 23:00 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(4)