ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11
リスボンの靴
at 2017-04-21 13:00
ベルリンの八重櫻。
at 2017-04-20 23:55
続Spargel (白アスパラ)
at 2017-04-19 23:59
グルーネヴァルト散歩。
at 2017-04-18 20:24
月曜はすでに荒天でした。
at 2017-04-17 00:01
Spargel (白アスパラ)
at 2017-04-16 22:13
新着オールドレンズ
at 2017-04-16 11:13
骨つきラム。
at 2017-04-15 23:55
木蓮とマグロと雲丹。
at 2017-04-14 23:59
ヴォンゴレ。
at 2017-04-13 23:59
11mm サッカー映画フェス..
at 2017-04-12 23:59
11mm サッカー映画フェス..
at 2017-04-11 23:59
「鴎外晩餐」
at 2017-04-10 23:30
教育勅語
at 2017-04-09 23:49
Steinheil社のレンズ
at 2017-04-08 18:03
桜並木三日目だった日曜日。
at 2017-04-07 16:56

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16
新居に移ったんだね、お疲..
by Toruberlin at 21:10
Spaghetti al..
by Toruberlin at 00:07
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 16:39
FB、友達リクエストをい..
by 植木信勝 at 21:48
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 22:54
「音程やタイミングが合う..
by 植木信勝 at 21:34
IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ノルウエー通りの八重櫻並木。

c0180686_16114780.jpg
c0180686_16115664.jpg
ソメイヨシノのような淡いピンク、大山櫻もそうですが(Mauerpark傍の並木、4/5の日記でご紹介しました)今年はかなり早く咲きました。先月末から今月初めに急に暖かくなった為でしょう。
八重櫻は少し遅く開花しますが(3-4週間は遅い?東京でも今頃だそうですね)このところ寒い!先週の水曜に8-9分咲きでしたが日曜日もまだ大きな変化はなく、綺麗でした。
今週、大風がなければ(気温は低いので)まだ楽しめるかもしれませんね。
場所は壁崩壊時に世界中に映像が流れ有名になった橋、BornholmerBrückeと直角のNorweger通りです。橋を界にGesundbrunnen駅側が大山櫻(淡い系、もうとっくに終わりました)で北側(Wollankstraße駅側)がこの八重櫻並木です。
最寄りはBornholmerStraße駅、ホームから上がると橋の上に出ます。そう、この橋が国境でしたから(国境といっても検問所はベルリン市民専用で、西ドイツ人、外国人、特別許可所持の東ドイツ人はFriedrich通り駅の通称涙の宮殿にある検問所か、チェクポイントチャーリー検問所を通りました、なのでボルンホルマー橋検問所は壁崩壊まで名前しか知りませんでした)直角の鉄道際がベルリンの壁でした。ノルウエー通りのは日本からの募金「さくら基金」で植樹された並木です。
車で行くときは並木のあるノルウエー通りと並行した道に大通りから入ると駐車しやすいです。一方通行なので二回右折して大通りに出て橋(Bösebrücke)を渡れます。
c0180686_16113803.jpg
橋に向かって歩き右に折れると下りの小道、突き当りがノルウエー通り、櫻並木です。
c0180686_16113013.jpg
c0180686_16112324.jpg
こんな八重櫻の並木は日本にないんじゃないかな?25-6歳、大きさもちょうど良く、綺麗です。
c0180686_16111133.jpg
c0180686_16110256.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-25 09:15 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

ミュンヘン生まれのレンズ。

c0180686_22482526.jpg
c0180686_22481684.jpg
日本が世界のトップになって久しい写真業界ですが、その前はドイツが世界の中心でした。超有名なレンズ、名前しか知らなかったレンズ、たくさんありますが会社名も知らなかったレンズとの出会いもあります。
c0180686_22444603.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-24 15:41 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

Bollito Misto

c0180686_19033001.jpg
c0180686_19025872.jpg
ボッリートミスト、「イタリアのおでん」と例えられますが、そうなんです、スープではない。美味しいスープだけれどおでんの美味しい汁の様なもので、メインは具、だから煮崩れてはダメなんです。
スープも好きですが、BollitoMistoとなれば歯ごたえがかなり重要なファクターの僕としては、そこにも拘ります。
材料ですが内臓意外なら肉は何でも、そして野菜。これが材料の定義の様です。
いろいろ試しましたが、水で煮込むことはやはり僕はしません。で、試したのはいつもの鶏のスープ。鶏モモを捌いて(こっちでは骨つきしかほぼ売ってない)出たガラは鶏鍋、うどんや蕎麦、煮物やラーメンなどに大活躍です。もちろんスープを作る時も基本的にこれを使います。
内臓以外何でも、でもソーセージはやはり違う。おでんも、練り物の中のソーセージはまだ良いけれど、ソーセージが鍋の中にあるのはちょっと違うと思います。肉は牛肉、豚肉を試し、ラムも美味しいかもしれませんが、今のベストは牛タンです。
だから上記の基本鶏スープも使わず、牛タン捌いたスープで作ってます。
c0180686_19031407.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-23 13:01 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

楽しいお手入れ。

c0180686_18160603.jpg
弟子のHくんが一時帰国前に、僕が楽器弾く部屋を久しぶりに大整頓してる、と話したら「なんかあの部屋、お宝がたくさん発掘できそうですね」と言ってましたが「こんなの持ってたっけ?」と見て思うのは流石にないですが、お久しぶり!は多々あります。
靴もですが鞄も好きでアンティークトランクからRimowa、普段持ち歩く小ぶりのRimowaや小ぶりの革製アンティークトランク、鞄はバリーを中心に一時期かなり集めました。マルベリーは今でもあるのかな?20年くらい前か、かなり好きで愛用していました。その最後に買った、ほとんど使ってないショルダーバック、リスボンの靴と一緒に脂で磨きました。
c0180686_18155736.jpg
もちろん革部分だけ。この缶入り脂、Manufaktumで売ってますが、とっても良いです。もともとブーツ用に買いましたが革製品全般に◎です。
c0180686_18154575.jpg
もともとオーソドックスなデザイン、いつでも古く見えない。レンズを2-3本とカメラを運ぶのに丁度良いです。
Aprilwetter続行中のベルリン、強い日差しと黒雲が来て真っ暗な状態と、雹混じりの大雨が短いスパンで繰り返される日々です。そして気温は東京なら真冬並み、拙宅のセントラルヒーティングもフル稼働してます。
だから散歩しながら写真撮影、という場面はないのですが、それももう少しの辛抱と思います。

一昨日届いた35mmレンズ、初めて手にしたメーカーのオールドレンズですが、これがまた滅法良い!
シャツのアイロンも(気分だったので)2日で20枚以上かけました。
いろいろ着々と、のんびりですが楽しんでます。
c0180686_18153563.jpg




by Toruberlin | 2017-04-22 23:11 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

リスボンの靴

c0180686_20031270.jpg
ヨーロッパの好きな街はたくさんあります。コンサートツアーで行った街がほとんどで、プライベートで何度かまた訪れたのは(訪れたいのは)Firenzeを中心にしたトスカーナ、ローマ、パリ。小さい街は他にもたくさんありますが大きめの街ではこれにリスボンが加わります。リスボンには仕事で3回、休暇で2回、同じ街に5回は多い方だと思います(ロンドンは縁がなくてまだ1回)。
リスボンは、そこで知り合った友人を除いても、街並みが好きだし食事が美味しい!少し遠いのだけど、また行きたいと思ってます。
リスボンには必ず買い物をする紳士服店があります。物価は安めのリスボン、おしゃれなその店ではセーターやシャツ、ジャケットなどなど、クラシックで粋な服がその店に限らず多い街です。帽子店も素晴らしい店を知ってます。
が、今まで一番多く持ち帰ったのは靴です。
25年前に豪華客船で立ち寄って、その時はリスボンの街のコンサートホールでも演奏したんですが、坂の途中の靴屋さんに入り、親父さんが「お、アメリカの良い靴を履いてるけど、でもウチの靴のがずっと良いぜ!」と僕のAldenを見て声をかけてくれ、奥から出してきてくれた靴は確かに素晴らしく、また履き心地も良く、価格は5-6分の1でした。今でもときどき履いてますが、気に入ってます。
そして最近、一週間くらいの滞在を二回しましたが、その時に見つけた紳士服店でも(ちょうどセールでもあり)2回合わせて二桁近い数を買いました。もちろん今でも愛用してます。
麻布のアパートに来た友人が驚くんですが、日本にも10足くらい置いてありベルリンにはその5-6倍はあるか?そう、僕は靴好きです。
c0180686_20030480.jpg
靴屋さんはリスボンにも多い、もちろん高級店もあります。
昨日、靴を戴きました。この茶色は少し小さかったのか?リスボンで買って、一度も履いてなかったらしい。
c0180686_20025661.jpg
このブランド、ロゴを覚えてます。僕も店に入り、でも高価で買わなかったのか?持っていません。
少し前まではヨーロッパ系よりチャーチなどの英国系、あとはAldenを好んでましたし、同じ様なテイストのミュンヘンの老舗EdMeierの靴もまた、多く持ってますから買うまでには至らなかった。
c0180686_20024717.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-21 13:00 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

ベルリンの八重櫻。

c0180686_19365507.jpg
c0180686_19363251.jpg
水曜日、かなり早起きでした。このところ滅多に拝めなかった美しい朝日、晴天でした。
ということは、かなり寒いもの。寒いといえば木曜に変わった深夜は氷点下、明け方は-3℃まで下がったそうです。このところ早朝はとっても良い天気なのに昼間は吹雪とか雹が降る典型的Aprilwetter、春の天気は不順です。8年連続で4月は日本でしたから、こういう春のAprilwetterも久しぶりだし、ベルリンの桜並木を楽しむのもまた、久方ぶりです。
c0180686_19362580.jpg
6時台に車で出発、アウトバーンを北上しました。通勤ラッシュの時間、ベルリンを出る僕はほとんど止まることなくでしたが目的地でアウトバーン下りた田舎の美しい道は、目的地まで反対車線はほとんど動かないくらいの渋滞でした。
いろんな事情はあるんでしょうが、公共交通機関は東京の基準ならラッシュ時でも空いてると言えるくらい、しかも安価で(全てが一社経営だから)便もかなり良い。なのに毎朝、あんな渋滞を日課にしてるのは、渋滞が好きじゃなければ考えられない。車内が憩いの時間なんだろうか?それでも1時間でも2時間でも早く出て、会社で早めに仕事始めるなり、何か他のことをするとか、考えないのかなー?9時半過ぎに同じ道をベルリンに戻りましたが、次のアウトバーン入り口まで迂回し(先の入り口に向かう道は、まーだ渋滞でした、ありえない)今度は街の中が混んでるので回り道。途中で気がつき、八重櫻の並木道に寄りました。
c0180686_19361801.jpg
10時前とは言っても、この人通りのなさ、素晴らしい。
c0180686_19360945.jpg
c0180686_19360085.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-20 23:55 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

続Spargel (白アスパラ)

c0180686_04001265.jpg
c0180686_04002500.jpg
c0180686_04001265.jpg
初のシュパーゲルは翌日のソテーは写真撮りましたが、王道「茹で立て」は夜で暗かったこともあり撮りませんでした。
土曜日は天候はイマイチで寒かったんですが「おっぱい村」からの屋台で1kgちょっと仕入れ、すぐに食しました。
今回は16-7本、選べたので程よい太さにしました。茹でるにはこれくらいがベストで、ソテーは僕は極太が好きです。前回のは平均100gで11本、同じ重さでクオリティも同じでも味(というか食感)は変わりますから面白い。5月半ばの最盛期になれば価格も半分になりますが、太めはさらに安くなります。僕は太いの、好きです。
c0180686_04000261.jpg
伊達保原の名イタリアンLaWasabiの俊料理長とFBで意見が合った、フリウリの白を合わせました。マルヴァジア、フリウリ特有の白ですが、少し酸っぱいと感じますが、力強く美味しい!
c0180686_03595140.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-19 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

グルーネヴァルト散歩。

c0180686_00305257.jpg
c0180686_00303929.jpg
シュパーゲル(白アスパラ)を今シーズン初めて買った日ですから先週の日曜日、とっても晴れていて屋台で仕入れた後に森を歩きたくなりました。
となると。昼ごはんを湖畔レストランで!というアイデアも無くはなかったけれど、美味しいマグロもあったしシュパーゲルを仕入れたばかりだったから食事は家でが良い。それで次の角を曲がりシャレースイス(コール首相が好きだった森の中のスイス料理レストラン、ちっとお高く、あまり感じは良くない)につながる駐車場に入りました。ここはかなり奥(そのシャレースイス)まで片側縦列に駐車できます。森だけなら奥が良いんですが、DSOで録音仕事がイエス・キリスト教会で多かった頃に時々仲間と車で昼休憩に来ていた店が懐かしくなり寄りました。天気も良かったし外に座り
c0180686_00303263.jpg
c0180686_00300687.jpg
焼きソーセージが無いという残念なのも変わってませんでした。しかしブレッテ(ハンブルクではフリカデレ、ハンバーグです)がまだ出来てなかったのは残念で、なんと(まあビールのお供だから)数年ぶりにカリーブルスト。
c0180686_00301440.jpg
そしてこれが意外と美味しかったベーコンと半熟卵。
とにかくビールが美味しかった。このグラス、ものすごく使い込んでるらしく印刷が消えてます。
c0180686_00302356.jpg
室内もあります(冬も営業してる)、外と同じく満席でした。ほとんど西ベルリンの人々と見受けられ、ビールグラスを目の高さに持ち上げて軽く会釈する感じとか、懐かしいです。
c0180686_00295884.jpg
さて、湖まではここからかなり歩きます。それで散歩の時はテニスクラブB-Wの横か、湖畔レストランに駐車します。
c0180686_00294745.jpg
ここがシャレースイス。外もとっても良い雰囲気でしたが、帰りに休んで行こうかと入りましたが、なーんかやはり感じ悪い。東洋人だから、とは思いたくないですが、ここは来るたびに、そう感じてしまいます。
すぐ傍の我らの老舗テニスクラブや湖畔の高級レストランでは常連になる前から全く感じない雰囲気が、あります。勘違いかもしれませんが、不思議です。ベルリンには、滅多にそういう店はないので、気になるんです。
c0180686_00293052.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-18 20:24 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

月曜はすでに荒天でした。

c0180686_06502399.jpg
月曜日からテニスクラブの赤土コートが(外で)開放となりました。週末は、今年はせっかく4月にベルリンに居るのだから!と行くつもりでしたが、天気は冴えず。そして2年くらい前から、どういう訳かテニスすると筋肉痛じゃなく楽器演奏に支障があるくらいに右手が痛くなる。大したことはなく、また原因もわかってるんですが、油断するとなる。3月から左手の小指も17歳の頃になった症状に似ていて、ずっと楽器を(仕事以外は)弾かない様にしてたんですが、だからはっきり言って左右のバランス取れるし良いか?とも思ってます。でもこの天気じゃあ、ねー、
c0180686_06501167.jpg
太目を残しておいてソテーしました。やはりこれも美味しい!
c0180686_06500422.jpg
このブランチはシュパーゲルとパスタでした。ジェノヴェーゼが残ると、翌日以降はそうは美味しくない。でも美味しく食す方法があります。これは出来合いのジェノヴァを食べるのにも、使えます。
aglio e olio peperonchiniを作り、それに最後加えるだけ。そこにアルデンテ茹でたてを加えると、素敵に美味しいです。
c0180686_06495632.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-17 00:01 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

Spargel (白アスパラ)

c0180686_03430304.jpg
c0180686_03423324.jpg
天気の良かった日曜日、ちょうど一週間前に今年の初物を食しました。
Spargel、アスパラのドイツ語ですが、普通は白を指します。グリーンアスパラはGrünSpargal。どちらも美味しいですがドイツでは圧倒的に白が主流です。
これ、全く同じ野菜だってご存知でした?太陽を浴びればグリーンになるわけです。農場では畝を作り(収穫しやすい)黒いシートをかぶせ、上から優しく触って頭が出てきてるのを見つけ、シートをめくり上げ、それを特別な刃物付き器具で地中深くでカットして収穫するのです。
c0180686_03413880.jpg
いろんな食べ方があります。茹でたのに飽きると、僕ももう一つの好きな食べ方バターソテー、またはオリーヴオイルで焼くこともしますが、それ以外はやはり勿体無い。というか最高のSpargelは新鮮なうちに塩と砂糖とバターで茹でたのを、すぐに食すのが◎で、他はすべて化粧しないと形がつかない、という感じに思えます。
付け合わせはジャガイモとスクランブルエッグはマスト、それに生ハムでもシュニッツェルでもなんでも、何か肉類を添えるのが一般的です。
これはもちろん好みですが、僕はホランデーズは絶対に使わない。バターソースだけが白アスパラの本来の美味しさを味わえると思ってます。
なんでもソースの味になってしまうのは、心底もったいないと思います。そういう意味で鍋料理で味ぽんをずっと使い続けるの?です。唯一許せるのはお好み焼きかなー?あれはソースありき、ですからね。
c0180686_03410818.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-16 22:13 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)