ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

11mm サッカー映画フェスティバル

c0180686_20523016.jpg
サッカー映画際 11mm、アンペルマンはVWとともに長年バックアップしています。
今年も3/30-4/3まで開催されました。いつもは帰国するのでオープニングしか参加できませんでしたが、今年は初めてフィナーレまで、受賞作も鑑賞できました。
c0180686_20521735.jpg
ベルリンミッテ(中央区)アンペルマン本社からも徒歩圏内にある老舗映画館BABYLONが会場です。ここは数少ない、無声映画時代からずっと営業してる映画館で、映画館にパイプオルガンがあるのも、世界でそうはないと思います。チャップリンの全無声映画作品を数年前に上映しましたが(僕は音楽家として参加してました)オケピットがある映画館も、これまた稀有な存在と思います。
c0180686_20520990.jpg
ここには例年、僕のクラシックMINIを置いています。
そしてAMPELMANN-TVの撮影も行いました。
c0180686_20515607.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-11 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

「鴎外晩餐」

c0180686_02052923.jpg
津和野出身の森鴎外が帝国陸軍軍医として医学(防疫学)を学ぶべく留学した際に住んでいたBerlin-Mitte(中央区)、そして30年居住し終の住処となった東京都文京区。世界で3つしかない鴎外記念館を有する町を繋いでの「鴎外晩餐」をMitteの和食レストランULA-BerlinでAMPELMANN社と津和野地酒初陣の古橋酒造さん主催で行います。
5/12(金曜日)の1830からです。
文京区の成澤区長御来伯に合わせて、津和野から初陣のオーナー杜氏古橋社長も来伯、アンペルマンCEOのヘックハウゼンとアンペルマン日本大使の私がお迎えします。
FBなどでの御案内は来週半ば以降を予定していますが、このブログを読んでくださってるみなさんには先にご案内します。
参加ご希望の方は私宛にメールでお願い致します。
toru.takahashi@ampelmann.de
c0180686_19064183.jpg
告知用PDFをアンペルマン本社デザインルームのAと作り始めました。まだまだ途中ですがご紹介します。
c0180686_19062974.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-10 23:30 | ベルリンー津和野 | Trackback | Comments(2)

教育勅語

c0180686_21104889.jpg
教育勅語、昭和生まれの僕らは、明治天皇の勅語で太平洋戦争の後に廃止されたから、それは歴史事実としてしか知りません。
内容を通して読んだのは初めてです。

【教育勅語の口語文訳】
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

~国民道徳協会訳文による~
c0180686_21112222.jpg
これは明治神宮のwebサイトから引用しました。

さて、これを今の学校教育に云々の話が日本から聞こえます。

内容は素晴らしい。明治天皇のお言葉として、歴史としてみるならば。

僕らの世代には(戦後で教育勅語廃止されていても)この内容は当たり前に「良いこと」としてあります。親の世代、先生もしかり、日本らしさとして伝えてもらったからでしょう。しかし主権在民、も同じくしっかり教えてもらいました。

問題は(問題視している人々は)今の学校教育で足りないから(つまり全く理解も認識もされておらず)日本を、これからを憂いて提起されるのでしょう。
サッカーなどの国際大会、オリンピックでは国旗を(世界中の人と同じく)崇めるのに、祝日に国旗掲揚が無くなってるように、国歌なのに何かと理由つけて疑問視していたり、今の世が良くない原因が、この教育勅語を教えることで良くできる!と考えるのも理解できます。

できますが、残念ながら官房長官が今の教育に組み込む事は問題ない、というのは違うと思います。

自衛隊は必要で国防も不可欠ですが、軍国主義に日本が還る事はあってはならない。
残念ながら、教育勅語にはそう利用されてしまった歴史があります。
道徳教育の規範として参考にさせてもらうに止めれば良いのに。

歴史的に存在した、学校教育で伝えられるべき内容と思いますが、児童が揃って読み上げたり暗唱する姿は見たくはない。
だから、右左、愛国の心如何に関わらず「問題あり」の意見が多くなるのだと思います

教育勅語、まだの方は読んでみてください。
12の徳目は素晴らしいし、僕ら日本人の考えというか、馴染みやすいと思います。
形を変えて、これからの教育に活かしてほしいですね。

c0180686_21113526.jpg
今年は会えない千鳥ヶ淵の桜、世界一の景色の一つと思います。
c0180686_21112222.jpg




by Toruberlin | 2017-04-09 23:49 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

Steinheil社のレンズ

c0180686_18051516.jpg
かなり長い間、世界の頂点だったドイツのレンズ業界。今でもZeissは健在ですがシェアも人気もMade in Japanに越されてすでに数十年、デジタルの世界では(少なくとも人気とシェアは)その状態が続いてます。
新しい最高の頭脳に手作り時代の優秀な目の組み合わせは、報道写真やスポーツ写真などその一瞬の記録が一番大事な目的以外は、前からブログに書いてるように僕は最高と思っています。
東独時代のZeissに前回は焦点を当てました。他にもオールドライカ(ライカはもちろん、今も健在です。が、かなり高価で手が出ません)オールドニコンも大好きですし、また伯父が関わっていた小西六のHexanonもベルリンで出会い、これもかなり素晴らしくずらっと揃えています。
稀少なレンズを蒐集しているわけではないのですがNEX6にアダプターで装着できるので、趣のあるレンズは試してみたくなります。
c0180686_18045821.jpg
Steinheilはその社名だけ知っていたミュンヘンのメーカーで、他のたくさんの小規模レンズメーカーと同じく、会社は現存しません。Voigtländerも名前はコシナ製で残ってますが確か70年代に倒産、そう言ったらライカも何度もオーナーを変えながら、でも残ってるのは流石です。RRやベントレーのようにトップは経営不振でも残るが、優れたレンズメーカーでも小規模の会社はほとんど残ってないのが現実です。でも、物造り(まさにメーカー)は製品で残ります。特に優れた作品は、その名声とともに。
Steinheilレンズは何度か目にしたが高価で(または程度が悪すぎて)手が出なかったのですが、Culmigon35mmF4.5を手に入れました。どうして?というくらいレンズ先端に数カ所の凹みがあり、フィルターやレンズフードは装着できないから割安でしたが、レンズは美しく他には何も問題なし。フィルターは全く興味ないし、レンズフードは付けたいことがありますが、まずはレンズと知り合います。
c0180686_18050581.jpg
カメラに着ける前に、すでに見ただけで名レンズの顔がありましたがNEX6と合わせるとさらに良い!
c0180686_18045282.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-08 18:03 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

桜並木三日目だった日曜日。

c0180686_23025993.jpg
この頃、何しても連んで座ってるだけで楽しいんだよなー。
桜並木の始まり、元は鉄道の線路が並んでいた鉄橋にたむろす少年たち。Mauerparkと桜並木を隔てた車道の上。この東西ベルリンの壁の代わりをしていた鉄道線路、廃線となり久しいですが(たぶん壁ができた頃から)壁跡は公園になっています。
郊外の病院の帰り、通り道なので桜を見がてら、でも先にビールか、いや疲れたからなんか食べるか?
お気に入りのKneipe前に車を置きました。
c0180686_23024204.jpg
素晴らしい天気!でした。今日は金曜日、たった5日しか経ってないのに、今日は外出にはウールのコートを着た方が良い様な陽気、寒々しいです。
このKneipe、ネットで調べたら料理が美味しくて有名らしい。カウンターで「何が食べれる?」と尋ねたらクロワッサンと、、、?。月曜から金曜は日替わり料理と「ベルリンで一番美味しいグラッシュ」があるそうですが、土日はキッチンお休みだそうです。面白い営業形態です。
c0180686_23023326.jpg
では美味しいUrquellは後回しにして、さてどうしよう?とPrentlauerbergの中心街に向かい散歩しました。
c0180686_23022467.jpg
c0180686_23021254.jpg
c0180686_23020556.jpg
c0180686_23015663.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-07 16:56 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(2)

弦楽器工房へ

c0180686_20144969.jpg
c0180686_20213091.jpg
コントラバスの調整は、自分の楽器たちは全てプロにやってもらう必要のない範疇なので、微調整や膠の剥がれは、もう何年も自分でやっています。弓の毛替えは10年来、帰国時に池袋でやってもらってますからベルリンの弦楽器工房との付き合いはほとんどないです。
今は札幌にあるTechllerを手に入れた頃はピラー大親方がまだご健在でノレンドルフ広場駅の傍に工房を構えてました。ベルリンフィルの当時のKBセクションはみなさんピラー大親方がメインだったと記憶しています。Witt先生が92年に退団する前の毛替えも(少し前までそのままでした、その弓、97年に拝領しました)大親方でした。
たしか東ベルリンからの電車内に置き忘れた学生のヴァイオリンを男性が売りに来たときに盗品と気づいたのはピラー親方でしたから(極端に安い価格提示だったからだそうですが)90年代初めまでは営業なさっていて、僕もお世話になってました。
あの頃すでにWitt先生に教えていただき魂柱の場所や駒の微調整は自分でやってましたが、大きな修理、より良くするための改造を何度かお願いしました。HawkesPanormoを買ったときも、たしかピラー親方に見てもらったのだと思います。
その後、何人かと付き合いはありましたが前述したように弓の毛替えは東京となり(ベルリンは全部は知らないけれど下手で高い)幸運なことに大修理はほとんどなかった。
ピラー大親方の最後の弟子、トルコ人のハメットさんに2-3回お世話になりました。とっても腕の良い職人さんでしたが肩を壊して彼も引退してしまいました。
フランス娘Brugereのネックを作ってくれたZさんも信頼できるのですが、あの時は女性のアシスタントが居たから!というのもあり、楽器の表板を開けての修理は、普段はギターとヴァイオリン・チェロの楽器レンタルがメインの様子で、ちょっと心配でした。
c0180686_20210045.jpg
DSOの友人Cに紹介してもらった工房はフィルハーモニー横の楽器博物館の弦楽器修復を手掛けてる職人さんの工房で、週に2日だけ開いてます(他は仕事に専念してるんでしょう)。CはWitt先生と同時期に首席だったZ教授の4弦を手に入れました。この工房で大修復中です。
c0180686_20203079.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-06 13:13 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

monochrom プレンツラウワーベルク界隈散歩

c0180686_07361709.jpg
NEX6とZeiss JenaのBiotar58mmとFlektogon20mmの組み合わせ。桜が一番綺麗だった土曜日に桜並木を楽しんだ後に歩いたカスタニエン通りです、
c0180686_07360344.jpg
c0180686_07355608.jpg
c0180686_07354984.jpg
c0180686_07354252.jpg
Biotarはカラーも悪くない。monochromeが好きですが、それだけでの撮影にはしたくなくなる魅力があります。
c0180686_07353542.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-06 10:15 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

外国人がたくさんの、ドイツ。

c0180686_08132791.jpg

トルコ人、出てけ!
ポーランド人、出てけ!
ロシア人、出てけ!
モロッコ人、出てけ!
アフリカ人、出てけ!
アジア人、出てけ!
ドイツ人、出てけ!
みんな、出ろ!

外はこんなに良い天気なんだから
何か一緒にしようよ!


仲善きことは、美しき哉(武者小路実篤)






by Toruberlin | 2017-04-06 01:13 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

満開の桜並木と鯖とヴォンゴレ。

c0180686_07415020.jpg
土曜日、前日に続いて(結局)同じ桜並木に来ました。金曜から日曜まで3日連続で訪れましたが、この日が一番綺麗でした。
金曜日、桜の帰りにLindenbergへ。ヴォンゴレは朝イタリアから届いたのが(もちろんアドリア海の)まだあり1kg確保。鯖はないの?と訊けば朝来たのが奥にある!と顔なじみ。土曜日に売る為に奥にとってあること、多いです。元々プロ用市場で平日11時まではプロ優先(業者番号保有者、僕も30数年、業者待遇いただいてます)表に無くても訊けば出てくること、多々あります。
c0180686_07403982.jpg
鯖は新鮮だったので軽く〆で目的は鯖の押し寿司でした。
c0180686_07403296.jpg
半身をそれ用に、もう半身は焼くつもりだったので中骨はつけたままにしました。何でも骨の周りは美味しい!
c0180686_07402591.jpg
これも結局、大部分は焼き鯖寿司になりました。
c0180686_07401801.jpg
c0180686_07400335.jpg
先日も書きましたが、今のヴォンゴレはかなり美味しい!です。
c0180686_07401032.jpg
c0180686_07395644.jpg
c0180686_07394986.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-05 23:32 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(2)

花の命は短くて。

c0180686_21185865.jpg
人は生まれた時から死に向かって生きている。
池波正太郎先生の文章で幾度も目にする一文です。

人それぞれの目的はあれど(生きてるだけで儲けもの、という心境は置いておいて)眠るのも食べるのも勉強するのも、その人生を豊かにするためですが、向かう先は死です。
これは宗教観で、輪廻転生を信じるかとかでも考えが変わってくるけれど、
何の為に、と考え出すと答えはなかなか見つからず、脇目も振らず精進するのが、ほとんどの人と思います。
それができてるうちは良いけれど、何かのバランスが崩れると、困難が増す。
生きてる意味を失う。
自分が生かされていて、生きたくてもそうできない、そうできなかった人の事を思えば、自分の人生を諦めるなんてできないはずだけれど、バランスを崩すと、見えてたはずのこと、判っていたことも疑問となる。

サイレンス、遠藤周作氏の沈黙(僕はドイツ語版の声優として参加したけれど、まだ観てません)はカトリック布教の話ですが、そこに日本人の信仰心に「太陽」があった。
どんな宗教に帰依してその教義があろうとも日本人にはその上に今日様がある。
太陽こそが大切、今日様を崇める。それは自分が生きてる今日の象徴だからかもしれまdせん。
それは、「生きてるだけで儲けもの」にも繋がるかもしれないけれど
諦めたら、何ごともダメです。
成せることも成せなくなる。これは真実と思います。

さて、でも生きる事を諦めた人にはどう伝えたら良いのだろう?
甘ったれたこと言ってんじゃないよ!が届くと良いのですが、、。
五体満足、ボケてもいないのに、勿体ない話です。

本人は辛いのだろうけれど、周りがみな同情して一緒に泣いてたんじゃ、何もならない。
たとえ嫌がられようと、前を向かせることにしか興味はないのです。意味はないのです。
それが、正しいことだから。

c0180686_21191636.jpg






by Toruberlin | 2017-04-04 23:55 | 非日常の出来事 | Trackback