ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37
キーマカレーランチ
at 2017-08-09 08:54
日曜日の表プレンツ散歩
at 2017-08-08 14:17
土曜日の晩餐
at 2017-08-07 16:14
表プレンツにて。
at 2017-08-06 22:53

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 15:45
高橋さん、こんにちは。 ..
by 古橋貴正 at 07:36
何か質問があったらどうぞ..
by Toruberlin at 02:07

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Ein Kontrabaß spielt selten allein

c0180686_17404186.jpg
「コントラバスもたまには独りで弾きます」
Witt先生が唯一なさったソロコンサートのタイトルです。ずいぶん前に「いつかやるときには!」と使用許可を戴きました。
1992年に「ふたりで一緒に辞めるわけにはいかない」と同い年のZ教授より3年近く早く退団した先生が、その3年前の1989年にご友人やご近所の方をご自宅があるWannsee区の教会付属施設にご招待なさって3時間にわたるコンサートをなさいました。このころ、写真を全く撮らなかった訳はないのですが、このコンサートの写真は未だ見つかっていません。
しかし息子のTがヴィデオカメラで撮ってました。テープの劣化で所々画像は乱れてます。音は僕のDAT録音を数年前に合わせてくれ、先生が本を書くためにまとめた文章を朗読してるWebページには公開していました。



Mein Vater, mein Meister Freddy Witt sein einmaliges Konzert am Wannsee in Berlin mit meiner damaliger Freundin am Klavier.
Es ist nicht nur für die Kontrabassisiten sondern an alle Musikern und an alle Freunde möchte ich herzlich vorstellen.
Selbstverständlich einmalig wunderbar!
Danke lieber Meister Freddy!
恩師Witt先生、ベルリンフィルをフルトヴェンブラーから全てのカラヤン時代、アバド時代まで支えた第一首席奏者の音楽が詰まっています。録音だから、もちろん半分も再現されていない。でも1992年にLIVEを経験した記憶が僕には蘇ります。
先生、ありがとうございます。今日、ほんの数十分スカランペラと過ごしただけでありますが、先生が私に伝えてくださろうと(きっと)何度も試みてくださったこと、ずっと模索してきましたことを実感いたしました。
ありがとうございます。
Ein Kotrabaß spielt selten allein
コントラバスもたまには独りで弾きます!
AMPELMANN Duettも、やりたいことはたくさんありますが、今この時点ではコントラバスとピアノしか考えられません。

昨日、思い立ってFBに上記を記し公開しました。
新作の楽器で簡単に弾くことが、速く軽くが良いとされる時代には「?」の方が多いかもしれません。
「カザルスなんて聴いたらダメだよ、ヘタになるから!」なんて真顔での発言があるらしい現代です。紹介するのがもったいなくもありました。でも、軽んじる輩が例え居ようと(実際、「フン、別に大したことないよ」と耳にしたこともあり、それはどういう意図か?嫉妬かもしれませんが、やはりどんな人でもカラヤン時代のベルリンフィルをそう思う人とはあまりに価値観が違うから疎遠になります、仕方ない)もちろん、意見の相違はあって良いのですが、基準があまりに違うこともあります。
私がベルリンで学びたかったことを、学んでることを一握りの方にでも(昨日、急に)ご紹介したく思いました。

c0180686_17404949.jpg
一番上と合わせて3枚は20年前の私の結婚式です。ベルリンフィルでずっと使ってらっしゃった名弓を拝領しました。
c0180686_17403343.jpg
ホテルのテラスにて。オシャレな先生でした。
c0180686_17395516.jpg
1983年の春、僕がJungeDeutschePhilに入団したとき、偶然先生がコントラバス指導者でした。3晩続けて古城ホテルのバーで大勢で盛り上がりました。弟子入りして3年、この翌年にプロコフィエフの5番でベルリンフィルに初出演させて戴きました。
c0180686_17402324.jpg
1984年、先生がソリストでベルリンフィルに出演なさったときのプログラム、ソリスト紹介ページ。
c0180686_17401396.jpg
今月末で急逝なさって2年になります。
c0180686_17400527.jpg
Friedrich Witt.de
ドイツ語ですが、先生の演奏とともにベルリンフィル話をメインに聞くことができます。














# by Toruberlin | 2017-08-11 10:08 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

月曜日の炭火焼き@バルコニー

c0180686_00050321.jpg
c0180686_00043709.jpg
月曜日、Hくんのレッスンでした。夜は炭火焼き!で土曜に盛り上がり(Yちゃんは二回晩御飯に来ることになってたのです)買い出しは砂肝とハツ、そして仔牛のタン。日本ではあまり手に入らないはずです。日本の焼肉は美味しいが、タンはベルリンでやる方が美味しい!と前から思ってますが(なんでだろう?和牛のタンは脂がありすぎるのか?)仔牛はあまり手に入らない日本、冬に仔牛のタンを捌いてボッリートミストに使い、副産物の芯タンを焼いてみたら、これが美味しい!で、この日は初めて炭火で焼いてみました。
c0180686_00044674.jpg
デュエットもレッスン後半にやるのでテーブルの向きを変えました、新鮮。

タンは湯がいてから皮を剥く方法がありますが事前に熱を加えるのはあまり好きじゃない。僕は魚の皮を剥ぐ要領で皮を除きます。目的は辛タン、というか焼いて美味しい部分のサクどり、あとは今回は冷凍しました。半分以上は煮込み用となります。
c0180686_00041531.jpg
まずはHくんのレッスン、Yちゃんも見学。1時間ちょっとやってから90分ロッシーニのデュエットを聴かせてもらいました。HくんのレッスンのためにYちゃんはお手伝いです。Hくんはアンサンブルは意外とできることが判明しました。弓のどこを使うか?正解はないけれど、それで色が変わる。そんな話を中心に。
Yちゃんは3-4日で譜読みしたそうですが、とっても丁寧。そして素直に歌える。音程感覚がとっても良くて楽しいレッスンでした。
c0180686_00042792.jpg
1730に始めて20時少し前に終了。普段からもHくんとは2時間です。
c0180686_00040734.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-10 16:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

バルコニーで

c0180686_18395344.jpg
美しいBaccaratのロックグラス、2013年の誕生日にY嬢が贈ってくれました。このところストレートで美味しいウイスキーばかり呑んでいてご無沙汰でした。いや、やっとストレートに最高のアンティークグラスを手に入れたから、ウイスキーを毎日また飲むようになったのです。ハイボールも好きですが、やはりストレートが美味しい。
c0180686_18401007.jpg
c0180686_18393795.jpg
近頃ずらっと揃えてるアイラモルト。Caol ilaが一番好きで、その樽を仕入れてボトリングしてるというFinlagganが美味しかったので6本買い足しました。アルコール度が46度のはまだ試してませんがスタンダードのはCaol ilaに負けない、価格的には半分近いのに同等に美味しいので複数本づつ買い足したんですが、今回来たのを飲んでみたら「かなり違う、かなり平凡」
記憶違いかと比較しましたが、明らかにおとなしい。言い換えればツマラナイ。
無印良品ベルリン店で手に入れた球形製氷機にまん丸の氷ができていて、それを使いたくて(ハイボールや白ワインには使ってますが)オンザロックスにしてみました、フィンラーガンのOriginalを。
c0180686_18400176.jpg
これが、美味しい!ストレートでは?でしたが、今回のボトルはオンザロックスが合うようです。Y嬢が贈ってくれたグラス活躍の機会が増えます。そして東京で毎回買い足すのも花田さんでの3つ、どれも程よい大きさなんですが、オンザロックスにはこのBaccaratのが最高です。
c0180686_18391301.jpg
夕陽に映える夏の雲。どの季節でも、美味しい酒は美味しい。
c0180686_18392411.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-10 11:37 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

キーマカレーランチ

c0180686_15585255.jpg
c0180686_15580399.jpg
6月のランチ、キーマカレー。家内の得意料理です。
僕が長年通ってる多国籍美女群美容室に母も通ってるので、その帰りに拙宅でランチでした。
c0180686_15584409.jpg
夏に食べたくなるファッロのサラダ、フィレンツェで食べて以来定番となってます。
c0180686_15575530.jpg
c0180686_15574392.jpg
パルメザンチーズを擦りかけて食します。
c0180686_15570859.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-09 08:54 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

日曜日の表プレンツ散歩

c0180686_02465039.jpg
c0180686_02464287.jpg
c0180686_02471161.jpg
c0180686_02470153.jpg
日曜日、前日のアマトリチャーナをブランチに美味しく食して良い天気だしさーてどうしよう?
だったんですが用事をしていたら15時半、晴天は夜までらしいし母に電話したら「いまからカレーうどん作ろうとキッチンに来たところ!」母は16-17時くらいが晩御飯、僕と同じ1日2食です。
「すごくお腹空いてる?」と問えば「そうでもないわよ」で散歩に誘いました。
支度して、修理から戻って別の車のような走り心地になったW126で40分後に合流し表プレンツに向かいました。
前回はCafe Lieblingだったから、もう一軒のお気に入りに。コペンハーゲン通りにあります。この界隈は日曜日が駐車フリーなのも◎なんです。
c0180686_02463386.jpg
そして一番美味しい!と言っても反論はきっと少ないPilsnerUrquell、ここはこれの生がイチオシ。回転速いからなお美味い!
c0180686_02460897.jpg
c0180686_02462564.jpg
c0180686_02461835.jpg
あまりに強い日差しなので車から帽子を持って来ました。アンペルマンの麦わら帽子、母も似合います。
c0180686_02453509.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-08 14:17 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

土曜日の晩餐

c0180686_23250107.jpg
c0180686_23242315.jpg
土曜日、昼過ぎに買い出しにでました。弟子のHくん、レッスンをこの日に?と思っていたんですが週明けに僕が変更、でもバーデンバーデン夏期講習の帰りにベルリンに来てる同級生のチェロのY嬢は今回まだ一度も食事に来ていない、湖畔ビールは二回と中華GFにも行ったのだけど。「2回くらいおいで!」とバーデンバーデンに居る時から言ってたので、まずは土曜日にイタリアンコースにしました。
今が旬のアンズ茸、黒トリュフがお目当ての買い出しでしたが、黒トリュフは売り切れでした。で、アンズ茸もかなり小さいのしかない。「アンズ茸、もうちっと大きいのはいま入らないの?」と訊けば「ありません、もう入れません」との答え。
「え?、もうシーズン終わり?」と訊き返しました。アンズ茸が終わるとポルチーニ茸がでます、それはそれで嬉しいのですがイタリアじゃあるまいし、まだ早い。
「小さい方がずっと味が濃く、美味しいからです!」だからもう、できるだけ小さいのしか仕入れない!とのこと。
確かに、レストランでは小さいアンズ茸が出ることが多い。
で、1kg買ってみました。結果は、確かに美味しい!もう少し大きめのが歯ごたえもあるから美味しくもあるが、確かに味の深さはこちらが勝りました。
c0180686_23243368.jpg
小さいから、刷毛での掃除が(家内が)大変です。
c0180686_23240918.jpg
c0180686_23234993.jpg
黒トリュフの代わりにカルチョーフィのパスタにしました。
帰宅して、まずはブランチ。二日前に打った中華麺、冷やし中華で2回楽しみましたが、この日は塩生姜ラーメンにしました。
c0180686_23245203.jpg
かなり美味しゅうございました。
c0180686_23244360.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-07 16:14 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

表プレンツにて。

c0180686_16581595.jpg
7/30の散歩、15mmのSuperWideの他に、久しぶりにNovoflexを持って行きました。
この写真、気に入ってます。
c0180686_16571753.jpg
c0180686_16573467.jpg
c0180686_16572624.jpg
カフェにて休憩はバイロイトのビールと。
望遠レンズは街の一瞬の景色を切り取るのが面白い。
オートフォーカスじゃなく、絞りはもちろんピントもマニュアルで撮るのが好きですが、一瞬のピント合わせが勝負のその瞬間を捉えやすいNovoflex、もっと活用せねば。
c0180686_16563783.jpg
c0180686_16574417.jpg
今日も前を通り(でも今日はこの奥の飲茶屋へ)ここの生パスタは美味しいと確信してます。店の人の顔が良い。
良いといえば前から気になってるCafe Liebling並びのポルトガルカフェも、間違いなく良いです。

このあと、某旅行ガイドブックの為にアンペルマンレストランに撮影に行きましたが、アンペルマン社駐車場の入り口、穴が大きくなっていて、すぐ先に鉄製の門扉のレール、その場所に合ってしまったらしく留め金が破損、マフラーが抜けました。まあこれは、後ろ部分を外してトランクに入れて工場に運んでもらい修理は簡単でした、マフラーは触媒から先端まで新品に換えたばかりだったのです。
しかし、前から気になってた前輪の部品を交換(スムーズじゃなく気になってました、すぐに支障はなかったのですが)それで戻って来たW126はたしかに見違えるようなドライヴ感になりましたが、両方でANAのビジネスで一時帰国できるくらい、かかりました。二年毎の車検で必要な修理以外にこれだけかかると、やはりメルセデス、大きいです。
でもしかし、つまらない新車を買うよりは出費はずっと低い筈。Hナンバーに向けてボディを綺麗にするのは残ってますが、他に大きい修理がなければ良いのですが、、、。メカニックは子供の頃から知ってるクラウス、信用できますが、30歳にもなると他に大きい修理が無いとも断言できない、ドキドキです。
ですが、触媒で排ガス規制もクリアしてるし、味があるSクラス、できるだけ乗り続けるつもりです。
c0180686_16561531.jpg





# by Toruberlin | 2017-08-06 22:53 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

バルコニーで炭火焼き

c0180686_19211664.jpg
c0180686_19210748.jpg
c0180686_19205698.jpg
上もお隣さんも、斜め上もヴァカンスに出かけたチャンス!と金曜は母も来るしバルコニー炭火焼きにしました。
今までも苦情言われたわけではありません、でも煙は感じるはずですから不在の時が良い。もともとアパート炭火焼きには制約があります。タレは❌、いわゆるバーベキューのノリで肉は焼けない、脂が落ちると煙がかなり上がりますから。
砂肝とハツは問題無し。ネギマは鶏腿肉の皮を外し捌くときに極力脂を取り除きます。炭はBIOの高級炭、煙少なめです。
長芋、生レンコンなどは今回は省きました。元々、手打ち中華麺の冷やし中華がメインだったのです。
なので焼きおにぎりも今回は無しにしました。
c0180686_19204799.jpg
O西家に贈ってもらった天然石くり抜きの長方形七輪は大重宝しています。
ワインは冷蔵庫で冷やしていたフリウリのSauvignonにしました。母は全くと言って良いほど呑まなかったんですが(連れ合いがこの20年近く一滴も呑まなかったから)近頃は2-3杯は美味しく呑むようになりました。古橋さんの初陣(ういジンジャーなど)や厳選したイタリアワイン限定ですが。
c0180686_19203538.jpg
このBRANKOのワインは、白は3種複数本飲みましたが、美味しい!
c0180686_19202512.jpg
c0180686_19201541.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-05 18:17 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

セブンイレブンで青柳御大、今日発売!

c0180686_06544683.jpg
福島は伊達保原の青柳陽一御大、50数年現役の写真家です。
ヌードも広告写真も、得意。
りんごヌード、麻田奈美さんを数多撮影しましたが、
40台より歳上なら知らない人はいないであろう「太陽の恋人」褐色ビューティー アグネス・ラムさん。
15歳で知り合い、18歳になったら撮ってあげるよ!
と御大、実際に最初に撮って日本に紹介したのは青柳御大なんです。

その、御大がずっと語らなかったこと、今日セブンイレブン限定発売の宝島別冊に8pageで載るそうです。

アグネス・ラム,別冊「宝島」セブンイレブンのみで発売、8月4日。
最終4校目届き私の了解で決定、石原裕次郎他昭和の俳優達も、モノクログラビアとか。
セブンイレブン全国店舗のみで、発売となる、予約して頂いた方が確実。
10万部刷るそうだが、1万数千全店もあるセブンイレブン、行き渡るかなとも。
今回、初めてアグネス・ラム誕生裏話を語り、掲載した。

c0180686_18452903.jpg
日本の若者を麻田奈美に次ぎ熱くさせた、アグネス・ラム大ブームの原点です。

c0180686_16430709.png

セブンイレブンで見かけたら、買い!ですよ。

c0180686_06464599.jpg







# by Toruberlin | 2017-08-04 00:00 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

鮪、生の尾頭付き晩餐編

c0180686_17395477.jpg
c0180686_17394417.jpg
マグロを初めて捌いた日の晩餐です。
まずは刺身、となるとお酒。母も一緒だし鴎外晩餐の時に「美味しいわね、これは!」と気に入っていた古橋さんの大吟醸「津和野」をお供に選びました。本来、肴がなくとも旨い酒ですが、もちろん鴎外晩餐で鮨に合わせたように、刺身に合います。
酒器は成澤文京区長に頂戴した江戸切子の「吾が盃」大小と漆塗りの黒い「吾が盃」を選びました。
c0180686_17393687.jpg
酢飯は鮪くらい大事です。お米はいろいろ試しました。近頃はイタリアからくる夢錦、日本種をイタリアで成功させた米で、とっても美味しいです!日本から米を運んでくる時代は終わった、と言えます、これだけ美味しいと。こちらの水にも合っているのでしょう。でもしかし、山形の「つや姫」これだけは格別です。米沢のK嬢のご両親が毎年贈ってくださる「つや姫」こういう時にとっておいたのを炊きましたが、やはり格別の旨さです。
c0180686_17391364.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-03 09:55 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)

尾頭付き

c0180686_17595600.jpg
c0180686_18000504.jpg
「なんだって、唐茄子?!てやんでえ、こちとら江戸っ子だい。鰹を半身買ってくださいって言われりゃなー、女房質に入れてでも(あまり良い言い回しじゃないけど)工面するけど唐茄子かい!馬鹿にするねえ!」
古典落語「唐茄子屋政談」の一節です。
古今亭志ん生師匠のが良く、また有名ですが、息子の志ん朝さんのが素晴らしい。カセットテープ時代、80年代にベルリンで覚えるほど(主に車中で)聞いたものです。あれ?それとも早逝したもう一人の息子の金原亭馬生のだったかな?志ん生、馬生、志ん朝、三人の名人の噺は素晴らしい!知らない方は是非!
古典落語は、上方落語ってのもありますが、まあ本場は関東。江戸噺が多く「江戸っ子」自慢、また江戸っ子ぶるのを揶揄してます。
でもね、江戸っ子の僕には「尾頭付き」ってのは特別。鰹を半身買ってくれって言われりゃ、はわかります。僕なら丸ごと買うけれど、昔は冷蔵する方法が今みたいにはなかったからなー。
さて、ベルリンが誇る生鮮市場Lindenbergに久々に行った朝、お目当は鯛茶漬け用の小ぶりな鯛。あとは貝類でもあれば!でした。カニの爪が珍しくあったので求め、鯛は奥からもうちょっと大きいの(もちろん新鮮なのを)見て来てよ!と顔なじみに言いながら、目の前に最初は大きくて何だか認識しなかったけど、尾頭付きのマグロ。訊けば、初めて入った(これから定期的に入れたいそうです)生のマグロ。今までは生でも解体されパックされた5-6キロの塊の量り売りだけでした。マグロは80kg以上の方が(中トロとかは日本に行ってしまうのか?滅多に手に入らないけど)美味しい。でも小振りも獲れてしまうんでしょう、これは11kgでした。
c0180686_17593420.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-02 09:53 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

NKOP 新ポツダム室内管弦楽団 定期演奏会 Bach&Bier

c0180686_08414751.jpg
c0180686_08415747.jpg
NKOPのシーズン最後の定期は7/6 Erlöser教会にて。J.S.Bachプログラムでした。
c0180686_08412665.jpg
ガット弦張ってるトリノ生まれのDespineで弾こうか?とも考えたんですが、Hawkes-Panormoにしました。DSOで弾くことが多かったこの五絃、KB一人の時に使うのは久しぶりです。
c0180686_08413684.jpg
c0180686_08411472.jpg
チェンバロはまだかなり若いDくん、ご機嫌な奏者です。
c0180686_08410511.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-08-02 01:37 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

バイス

c0180686_08140030.jpg
もう二ヶ月もしたら東麻布のアパートに入ります。ということは、またバイスが飲める。
いや、そのための帰国じゃないですが、なんか美味しいバイスサワー。
これWATAPASでも飲めるようにならないかなー?!
c0180686_08135184.jpg
なんとなくノリでバイスを1ケース注文するときはキンミヤも一升瓶で頼んでるけれど、バイスにはキンミヤ、なんだろうか?
飯田橋で最初にこれを飲んだ時がたしかそうだった。
バイス、小岩の阿波屋さんにはない。
九段中同期のSちゃんいわく「Toru、梅の味が好きなのね?」とバイスサワーなんて何が美味しいの?って感じ。確かに酒の美味しさを味わう飲み物ではない、ビールがわりって感じ?いやでも、散々ビール飲んで、でもウイスキーに移るには早い時にはピッタリのバイスサワーです。
今年は最初の週末に屋上炭火かなー?ビールとバイスと赤ワインと炭火焼き。筍は時期じゃないから野菜のメインはなんだろう?
八百屋の大将Sちゃんに任せれば大丈夫、でNisshinで仕入れた鶏を串打ちして焼き鳥。
秋の東京タワーと炭火焼きは今から楽しみです。
c0180686_08134521.jpg





# by Toruberlin | 2017-08-01 17:33 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)