ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

10/10 伊達保原へ
at 2017-10-16 23:59
Rikiフィルの皆さんと
at 2017-10-15 23:59
愉しい金曜の夜
at 2017-10-14 23:59
花田さんと大文字さんで見つけ..
at 2017-10-13 23:59
10/13はアンペルマンの誕..
at 2017-10-13 08:16
昔の三菱銀行本店にて。
at 2017-10-12 23:59
10/5 有楽町「川上」へ
at 2017-10-11 23:59
O西さんとフレスコへ。
at 2017-10-10 23:59
アパートから歩いて新橋経由有..
at 2017-10-09 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-10-08 23:59
朝ポルチーニ茸パスタ
at 2017-10-07 09:23
亀屋豆腐
at 2017-10-06 08:45
中秋の名月、夜は麻布十番で焼肉
at 2017-10-06 06:20
東京駅八重洲中央地上口で待ち..
at 2017-10-05 06:59
東京、最初の晩
at 2017-10-04 06:58
ベルリン→東京小岩
at 2017-10-03 23:50
AMPELMANN Duet..
at 2017-10-02 23:47
土曜日の朝は、まずはMarktへ
at 2017-10-01 00:13
最高に美味しい、ポルチーニ茸
at 2017-10-01 00:05
ヴァイオリンとのデュエットリ..
at 2017-09-30 23:55

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50
予約を入れていただきあり..
by 渡辺敏 at 13:36
渡辺様、はじめまして! ..
by Toruberlin at 13:30
それはびっくり!本当なら..
by Toruberlin at 13:26
髙橋 徹 様 はじ..
by 渡辺 敏 at 11:52
今回は短い、あと2週間ち..
by Toruberlin at 01:07
お、M君、それは良かった..
by Toruberlin at 22:25
Y介ちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 12:25
ホントに在東京なら間違い..
by Yusuke at 21:36
M原さま、 とんでもご..
by Toruberlin at 02:10
お手数をお掛けして申し訳..
by M原 at 23:19
M原さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 09:44
megroさん、M内さん..
by Toruberlin at 22:44
Cちゃん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 00:35
A野先生、ありがとうござ..
by Toruberlin at 00:34
M和子ちゃん、ご予約あり..
by Toruberlin at 12:03
Hちゃん、Oyaちゃんと..
by Toruberlin at 16:06
H林さん、ご予約ありがと..
by Toruberlin at 09:11
Mさん、1845に一枚、..
by Toruberlin at 20:58
K子ちゃん、1845公演..
by Toruberlin at 22:13

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

エジンバラ−>ボン

c0180686_6504827.jpg

今日は朝から雨のエジンバラ、12時にホテルをバスで出発でしたが午前中に街を歩き回るのは結局止めました。朝風呂の後に朝食、部屋で読書。
空港は期待はずれで何も買うものはなく係員も横柄なのが居て最後に嫌な思いをし、ウイスキーを呑んだあと仲間と搭乗口前の待合室で過ごしました。
フランクフルトからはバスでの移動,ボンまで約2時間。
c0180686_6583334.jpg

バスはICEほどは速く走らないのでネットスティックが活躍しました。後半は眠って20時にボンのホテル着。ペーターが途中で電話してきてくれていつもの4人で食事に行きました。今回はフライトが2つのグループに分かれペーターたちはロンドン経由のBA、僕らより4時間早く出発して2時間早く到着したそうです。ロンドンで乗り換えの待ち時間にカードゲームを始めた3人,何と乗り遅れたそうです飛行機に。来ないから荷物を降ろしたのでしょうが,それまでに何度もアナウンスがあっただろうに。仲間のKBのゲルハルトが飛行機の窓から空港ビルの窓際でカードに興じてる3人を見たそうで,既に滑走路に走り出したところで既に遅し。ほかの仲間はオケの赤いステッカーが貼られたトランクが飛行機から降ろされて運ばれていくのを見たそうです。通常は自分の過失は自費,仕事は明日の12時からだからそれまで何しようと自由なんですが,どうしたろその3人?
僕らは大雨だったのでホテルの前のタイレストランに入りました。
c0180686_755822.jpg

大した店じゃなかったんですがちゃんと美味しくて、何で大英帝国は世界の半分ほどを占領したこともあるのに食文化は発達しなかったのか?なんていう話題から音楽、オケ奏者の話題に移り3時間またまた大笑いの夜でした。
c0180686_7103117.jpg

ボンは特に行くところもなし、明日は12時からのリハ、ベートーヴェンの3番とBergの協奏曲、そして初演のよく訳の分かんない曲です。
今日の乗り遅れた話で思い出しました。
昔超豪華客船MSヨーロッパに乗った時(もちろん音楽家として,カリブから大西洋横断してスペインまでの3週間)その船の従業員はかなりの高給取りでしかも11ヶ月船上だから支出がない。1年半くらい働いて店を出すというパターンが多いそうですが,待遇がよいから就職も大変。もちろん各々の資質もそうですが寄港地で下船して出航に間に合わないことがあったら2回目でその場で解雇、世界中どこに居ても自費でそこから帰国という厳しい契約です。僕らがカリブの島で乗船した時にその前から乗ってるお客さんも居る訳ですが中の一人が話してくれました。NYで3人のウエイターがクラブかどっかで寝坊、船は客のことは待つけれど従業員が遅れても出航する。その時も彼らが港に着いた時は既に数分前に船は出たところで,しかしそのあと後が面白い。自費でヘリをチャーターして船を追いかけ最上階デッキにあるプールに飛び降りたそうです。事前に連絡したからお客さんも見物,拍手喝采でお客さんを楽しませたから船長の特別措置として遅刻はおかまいなしになったそうです。NYを背景に飛んでくるヘリからプールに飛び降りた3人、お金もかなりかかったでしょうし怖かったでしょうが、待遇の良い仕事を失うことなくお客さんたちの人気者にもなり結果オーライだったんでしょう。
前のMSヨーロッパというのはすごい船でした。全室一等で600人の乗客に300人のスタッフ。僕らカンマーフィルハーモニーは3,4回ウイーンフィルのメンバーとコンサートをしただけで後はフリー。5000マルクのギャラだったのですが僕がみんなを説得してそれを放棄して客待遇で乗船しました。だってギャラをもらったら上のデッキには行けないし船室も海中、反対意見は多かったけれど後でかなり感謝されました。僕は2週目からKBとともにダブルの部屋に一人で。20平米の船室、窓からはトビウオが船の横を並行してるのが見える。3週間でもし普通の客だったら500万円を越える豪華な旅でした。
今ドイツ船籍のフラッグシップはMSドイッチェランド。かなりの豪華客船だそうです。CorelliKammerorchesterに1度話が来たのですがベルリンフィルのアンサンブルになってしまったそうで、そういう話またこないかなー?
# by Toruberlin | 2009-09-03 23:48 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

エジンバラVol.2

c0180686_16261453.jpg

今日は天気予報は雨よりでしたが夜のコンサートまで降らずに,しかも時々力強い陽が差してくれました。日が出るとまだ夏,陰ると秋になるここスコットランドです。
c0180686_16345252.jpg

朝食,ロンドンと同じくここも最高なのは朝食か?仲間たちはパンが美味しくないと言ってましたが、僕らが米の銘柄を気にするようなものかしらん?コーヒーも美味しかったし目玉焼きがおいしくて朝から卵5つ分(多すぎ!)食べてしまいました。でも旅行中はペーターも2食が普通なので昼は食さずに本番前に晩ご飯を食べるというパターンなので良しです。ペーターお薦めのブラックプディング、ドイツの内臓や血が入ったソーセージのようなものですが色は真っ黒,しかし生臭さや変な癖はなくなかなか美味しゅうございました。Hagisも隣にあって試しましたがなかなかこれも美味しい。昨夜の鶏やら味のしない(らしい)フィッシュアンドチップスよりは数段マシです。
c0180686_1643229.jpg
c0180686_1644899.jpg


おはようございます。昨日は本番後にビールデカイのを4杯飲んでさすがに書きかけで寝てしまいました。今朝は窓の外は雨,かなり寒そうな窓からの景色です。
上の写真は昼の練習風景、UsherHall、素晴らしいです。
c0180686_17202123.jpg

テツラフ登場、昨日はBergのコンサートでした。
c0180686_172153100.jpg

ホール正面にて。
c0180686_17233115.jpg

外観はそうでもないんですが中はかなり大きいホール,入り口の先は直ぐに廊下で客席に続くドア、開演前は舞台から外が見える面白い造りです。
c0180686_17272261.jpg

リハの後は散歩がてらホテルまで戻り,途中で晩御飯のレストランを物色,この店に決めました。ホテルから歩いて1分、そしてひと休みした後一人で街を歩きました。
c0180686_17294641.jpg

ホテルのある旧市街メインストリートから直角の道を降りて橋を渡り並行してる繁華街へ。店を見ても特に買うものはなくWhittardの紅茶だけ購入。初めてプロムスでロンドンに行った時、Mさんとご主人が聴きに来てくれてその後パブにご案内いただきましたが,その時にお土産に戴いた銘柄、それまで好きだった有名どころよりも美味しかったのです。
c0180686_17341472.jpg

渡って来た橋とホテルのある界隈。自然石で造られた(煉瓦じゃないんです)独特な建物のアンサンブルが素晴らしい!
c0180686_17364645.jpg
c0180686_17381844.jpg


c0180686_18224919.jpg

そして晩御飯、マティアス/マルティンはフィッシュアンドチップス,外にこの道で一番美味しいと評判!と書いてあり,その通り前夜とは違いかなり美味しかったそうです。僕とペーターはスコットランド名物Haggis、これは羊の腸にいろいろ詰めたいわゆるソーセージなんですが、臭みなく美味しゅうございました。マッシュポテトを食すことはまずない僕ですが(歯ごたえがないから)この組み合わせが正統だそうで,しかし美味しかった。
c0180686_18265145.jpg

10月初めのマラソンに備えトレーニングを積み,甘いものを断ってたペーター,一週間で5キロ落ちて75キロになったそうで、軽いとマラソンには有利だけれど体力も落ちてしまったらしく一昨日からデザートを食べ始めました。しかしここはスコットランド、毎回ハズレでかわいそうでした。
c0180686_18294844.jpg

紅一点のクリスチーネが舞台の譜面台にセクション全員にとミニウイスキーのプレゼントを置いていてくれました。
c0180686_18312956.jpg
c0180686_1832338.jpg

そして大歓声を浴びるテツラフ。
しかしこの昨夜の一番の大歓声は僕らにでした。ブラームスの4番を気持ち良く弾いた後に指揮者は何度か出て来てオケを立たせるのですが最後に管楽器から順番に個別に立たせてそのあとにKBセクション、その時にあちこちからブラヴォー!+大拍手。もともと派手なべルリンコントラバス奏法ですが、気持ち良く弾ける舞台だったのでコントラバスもそれは良く鳴っていましたが驚きました。嬉し恥ずかしです。しかし、ありがたい。
c0180686_18402565.jpg

本番の後は雨だったのでバスに乗ってホテルへ。食事した店が感じ良かったのでそこに呑みに行きました。
c0180686_1842775.jpg

いろんな種類のビールがありドイツとは違って面白いし美味しい。ペーターは部屋に行きロルフとグレゴアの5人で呑みました。特にクループがある訳ではなくみんな自由行動。一緒に行きたいと思えば意思表示するし,僕も長旅の時にはほかのメンバーと行くこともあるし昼は基本的に個人行動。そんな風にしてバランスをとってます。
c0180686_1845152.jpg

いかにも英語圏の美人という感じのウエイトレス。食事した時も彼女のサービスがフレンドリーで発言が面白く大笑いでした。彼女も僕らと話ながら何度も吹き出してましたがその後の彼女と仲間の会話は早口で誰もその訳は解らず。この街の人はみんなフレンドリーです。店もホテルも会場もバスや目が合っただけのタクシーの運転手さんも。建物の入り口に人が立ってることが多く「ようこそ、またどうぞ」と挨拶してくれる。気持ちのよい街です。
c0180686_18493240.jpg

昨日のうちにホテルに戻り入り口でほかのメンバーと立ち話。何人かはウイスキーを飲みに行きました。僕も好きなんですがホテルの周りの店はどこも騒がしい。そこでモルトを飲む気にはなれないので部屋に戻りました。
今朝は朝から雨、あと1時間ちょっとあるので雨の中少し歩くか?それとも部屋で本を読むか?思案中です。今日はボンに移動です。
最後にエジンバラ城にて。
c0180686_18574666.jpg
c0180686_18581722.jpg

# by Toruberlin | 2009-09-02 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

エジンバラvol.1

c0180686_1622568.jpg

ルフトハンザでフランクフルト経由、13時過ぎにエジンバラ空港に到着。べルリンの空港のチェックインカウンターでまずはかなり待たされた時に誰かが「今日はきっと待たされまくる日になる」と言ってたのが残念ながら的中フランクフルトのBに新しく出来た?60-62搭乗口、そこに入るのにもう一度セキュリティチェックがある。あっても良いのだけどとにもかくにも仕事が鈍い。テロ防止に丁寧にやってる風じゃなく,何かあると廻りに居る10人くらいの人間,ゲートを向こうから見張ってる年配の唯一使えそうな男性以外全員集まるか話に加わる。ノードブックやらを荷物から出して準備する場所がなくそれでも時間がかかる。セキュリタスという大手の会社とは別の制服で,まあ何とも嫌がらせのようなそのゆっくりな仕事ぶりは東独の検問所を思わせました。
そしてエジンバラ,入国審査のところで突如ドアが閉められ僕らは飛行機とそのドアの間に閉じ込められました。どうも入国出国のタイミングが合わずに先がミックスゾーンになってしまったらしい。それで飛行機まで戻り外に階段で降りてバスに乗り数十メーター移動してから入管窓口へ。
c0180686_16305995.jpg

バスで20分ほどで到着した街の美しい景色を見たらそんなこともすべて忘れました。初めてのスコットランド、僕にはイングラドとの違いがあまり解らないけれど、、。一番上の写真はホテルの前の道,バスの裏が泊まってるホテルです。2枚目は部屋からの景色、左奥は海です。
c0180686_16335013.jpg

ついでに部屋も。窓際にソファがありベットの寝心地もデスクも使いやすく快適です。これで朝食がおいしければこのホテルは満点です。
c0180686_16372584.jpg

ホテルの前が既に繁華街の外れ,すぐ角に早速羊さん製品の店があり入ってみました。あとでお城の方に向かう途中に解ったのですがほとんどは観光客用のアウトレットと強調されてる土産物屋がほとんどでセーターなどの質も全く良くない。この最初に入った店はなかなか良くてエジンバラ製のラムズウールを2枚購入しました。一枚40ポンド弱だから5000円以下!です。
c0180686_16413961.jpg
c0180686_16422242.jpg

僕はヨーロッパサイズなのでここではLで問題なし。イタリアではXLのことが多いから少し大きめか?そして困るのが家内へのお土産。一番小さいのがSで結構それも大きい。ほかの土産物店にはさすがにXSもあったけれれど,あれを買うならユニクロの方がずっと良いと思われるのでカーディガンなら少し大きくても良いか?と思案中です。
c0180686_16452017.jpg

これがお店,お姉さんもとっても親切でした。帰りにペーターと裏道を通って来たら地元用のお店をいくつか発見、最終日の午前中まで時間があるのでまた覗きに行ってみます。
c0180686_16473526.jpg

新型になってもやはり可愛いタクシー。
c0180686_16492371.jpg

突き当たりに見えるのがエジンバラ城です。
c0180686_16504927.jpg

そしてウイスキー専門店を発見、なかなか良い雰囲気ですが高い!日本でモルトウイスキーがあれだけ安く買えるのは驚きですがべルリンよりも高い。日本ではここの半額以下です,有楽町のビックカメラでウイスキーを買ってべルリンに持ち帰ろうかと真剣に考えたことがあるくらいです。ここでしか手に入らない酒というのもあるかと期待しましたが,今のところ見た事ないのはほとんどありません。
c0180686_16543376.jpg

お城を少し覗き正面に向かって左の坂を下りホールに向かいました。ハンブルクフィルが僕らが明日演奏するホールで今日本番でした。マティアスはそこのKB奏者フリッツとホテルでお茶の約束してるとのこと。僕もよく知ってる昔の仲間ですがマティアスとフリッツは同門(ツェパリッツ)でしかもアカデミーも同期,二人で積もる話があるはずと遠慮して18時からのリハで会うことにしました。マルティンも別の便で到着するペーターにもホテルに伝言残して。
陽が照ってる間は良かったのですがホール手前で雨が降り、最高気温30℃になる日のべルリンから10℃ちょっとのエジンバラは寒いです。
c0180686_1701384.jpg

ハンブルグフィル=ハンブルグ歌劇場、彼らはワグナーのさまよえるオランダ人を持って来てました。
c0180686_1714692.jpg

首席はゲルハルト、JungeDeuchePhiharmonieで僕の何年か後に入って来て一番仲の良かった一人、実に21年ぶりの再会でした。
c0180686_1742684.jpg

ゲルハルトはハンブルグで音大を出ました。学生オケは年に2回大きなツアーがあってハンブルグやべルリンではお互いの家で食事を作って呑んだものです。彼も僕の中庭に面した前のアパートで朝までウイスキー飲んだのをよく憶えてると懐かしそうでした。その学生オケはドイツ中の音大の優秀な学生がオーディションで入ってくるのですがゲルハルトが「自分が入った頃はToruはもう長く居ていろいろ教えてもらったと感謝してる」なんて言われるのは嬉しいものです。
c0180686_1795436.jpg

ゲルハルト、マティアス、フリッツと。1980年代半ばにマゼールやベルティーニ、ドラティ、デュトアなどの巨匠が振ってくれて素晴らしいコンサートを一緒にした仲間たちです。当時のユンゲドイチェフィルハーモニー、バーンスタインやカラヤンも健康上の問題が起きなければ振りに来てくれる予定だった素晴らしい環境のオケでした。
c0180686_17123656.jpg

練習後ハンブルグの彼らは本番、僕らDSO組は歩いてグラスマーケットという広場に来てレストランを探しました。
c0180686_17141623.jpg

食事にはもともと期待してないて、ハギスという地元の料理を探したけれど薦められた店にはなし、しかし雰囲気良く仲間のグループが既に食していて「そう悪くもない」と言うので(ほかでものすごくひどいのを食すよりは良いと)そこに決定。ビールは地元のでとても美味しかった。
c0180686_1717252.jpg

ペーターとマルティンはフィッシュアンドチップス。マルティンは大きいのを頼んだのに豆とポテトが少しだけ多く魚はひと回りも違わなかったのもご愛嬌,これは美味しかったらしい。僕は鶏の焼いたのを食べましたが,まあOKという感じでした。
c0180686_17193170.jpg

食文化が乏しいのはどうしてなんだろうか?の話で,ペーターはロイヤルアカデミーの教授もしてるのでロンドンにはよく行くのですが彼曰く、観察してるとおしなべて味の違いが解らなく何でも美味しく感じるらしい、だから見た目重視ということになるから店構え,インテリアに凝ってると美味しくないけれど請求額は高いことが多いのだそうです。
c0180686_172246100.jpg

今夜の店はきっとかなりの当たりだったのでしょう。マティアスとマルティンは隣のテーブルに居たヴァイオリンのDを伴いホールに戻りました。僕もゲルハルトたちと久々に呑みたかったけれど,大人数だしきっと滅茶苦茶なことになるのでペーターと散歩がてらホテルに戻りました。
c0180686_17253128.jpg

ホテルの傍のレストランでハギス発見。やはり名物は一度は食さねばなりません。
c0180686_1728778.jpg

c0180686_17285523.jpg

明日は久々のブラームス、11-14リハで夜が本番です。
# by Toruberlin | 2009-09-01 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

映画村の敷地内のスタジオで映画音楽の録音

c0180686_4355628.jpg

スタジオ録音の仕事というのはあまりしないんですが、Kammerphilharmonieの仲間のJがやってるアンサンブルのハリウッッド映画の映画音楽の録音は曲も面白くメンバーも最高なので年に数回やってます、録音はいつもteldexスタジオ。佐渡さんとDSOでノブ君のラフマニノフを録音したスタジオです。イエスキリスト教会でのチャイコフスキー.フィルハーモニーでの新世界もteldexの録音でした。
今回は全く違うグループの仕事、指揮者の卵のヨハネスがタングルウッドに提出するのに仲間で協力してブラームスの4番はじめ何曲かを録音したことがあるのですが,ヨハネスの友人の作曲家が映画音楽を作りヨハネスの指揮で録音することになりました。DSOのツアーの途中に3日ほど休みがありその日曜にポツダムでの録音でした。
c0180686_4432446.jpg
c0180686_4441813.jpg

煉瓦造りの建物の中が録音スタジオ、RBB放送の所有です。ポツダムのバーベルスベルクと言えばハリウッドの前の世界の映画の中心として有名で、この戦前のスタジオも巨大な撮影スタジオのある敷地内にあります。古くはマレーネディとリッヒのブルーエンジェルが撮影され最近はブラットピットとかトムクルーズもワルキューレ作戦でここに詰めてました。
c0180686_4483736.jpg

録音風景、DSOにべルリンのプロオケや室内楽奏者の仲間が集まり相当レベルの高いオケでした。録音も時間を少し巻きで終了、そして既存の録音を使うと高いとかでプロデューサーからの懇願でバッハのf-mollのピアノ協奏曲の2楽章を録音しました。どこかのシーンで使うらしいです。ピアニストは早めに知らされて準備しててオケは持ち論初見,2回通して録音して10数分で終了しました。
c0180686_4524539.jpg

コントラバスは4本、オペラとか方々に声を掛けたけれど予定が合わず学生さんが一人、あとはマティアスとロルフと僕。僕はフランス娘を持って行きました。最近また金属弦を張ってみたのですが,良く鳴ります!
c0180686_4555166.jpg


今日も朝から素晴らしい天気でした。朝から昼ご飯までデスクワークを貫徹しほぼ終了。昼は抜群によくできたカルボナーラロマーナを食し午後は少し楽器弾いて18時から2時間グレゴアとテニスしてきました。今は心地よい疲れの中冷えた白ワイン片手に晩御飯のハンバーグを待ってるところです。
明日は8時には家を出なきゃならないので食後に荷造りです。
# by Toruberlin | 2009-08-31 21:34 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

日曜の続きVol.2

c0180686_613538.jpg

あっという間に一週間経ちました、先週の日曜の後半です。
アンペルマンレストランで食事の後Savigny広場まで電車で移動,廻りを散歩しました。素敵なカフェも多い界隈ですがお腹はいっぱいだしカフェも飲んだばかりでウインドーショッピングしました。
c0180686_6185061.jpg

YT嬢もこの界隈は初めてだったらしく喜んでました。
c0180686_6223614.jpg
c0180686_6234557.jpg

広場を楽しそうに走っていったチャリンコギャルたち。この後白い子犬が前を横切って「可愛いねー!」と3人で言ったら日本語がわかるかのようにこちらを振りむいて飼い主を引っ張ってきました。訊けば3ヶ月だそうです。
c0180686_628779.jpg
c0180686_6291523.jpg

拙宅でお茶飲んでからMINIでグリューネヴァルト湖へ。
c0180686_6314482.jpg

c0180686_6362456.jpg
c0180686_6391146.jpg

犬が怖い人には落ち着かないこの森ですが,YT嬢は犬が好きだそうでニコニコでした。ただお洒落ワンピを着ていたので犬は好きだけど水から上がって泥だらけの犬たちに飛びつかれないかと少しビクビクしてました。
c0180686_645555.jpg
c0180686_647736.jpg
c0180686_6485961.jpg
c0180686_650930.jpg
c0180686_6504580.jpg
c0180686_6515953.jpg

帰りにテニスクラブに寄ってクラブハウスでひと休み。
c0180686_6551695.jpg

帰宅してもまだお腹が空かなかったので前の湖畔にも散歩に行きました。まさに散歩三昧の日曜日でした。
c0180686_6581165.jpg

ここで生まれたヒナたちも大きくなってました。
c0180686_6595666.jpg

冷えた白ワインを飲んで、まずはズッキーニ。
c0180686_715047.jpg
c0180686_724175.jpg

16本あったのでかなり堪能できました。次はToruスペシャル、YT嬢もとびきりの笑顔です。
c0180686_745779.jpg
c0180686_772654.jpg

イタリアで勝って来たAnessiのリングイネで作ってみました。
そしてべルリンでは今年初のポルチーニ茸。
c0180686_794951.jpg
c0180686_7103687.jpg

食後も赤ワインを楽しんでAlexのホテルまで彼女を送りました。僕は飲んでるので家内の運転で。滅多に座ることはありませんがやはりベンツは後ろの席の方が気持ち良いですね。写真はポツダム広場の信号待ちにて。
c0180686_7154872.jpg


今日の日曜は早起きして9時過ぎにマティアスたちと放送局前で待ちあわせ。ロルフがバスケースから5弦を出して来てマティアスの車に積み2台に分乗してポツダム/バーベルスベルクのRBB放送のスタジオに向かいました。DSOメンバーを中心としたオケで映画音楽の録音、予定どおり15時半に終了しました。夕方はテニスするには雲行きが怪しく拙宅前の湖畔を散歩してたら急に晴れたので湖畔カフェでビールを一杯飲み帰宅。やらなきゃならないことはあったのですがダラダラと過ごしました。明日で短いOFFも終わり、明後日は朝のフライトで初めてのスコットランドはエジンバラに向かいます。
# by Toruberlin | 2009-08-30 11:10 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(6)

Beethovenの3番

c0180686_2315089.jpg

ノンアルコールのWeizenビールとゲンゼの腿、そしてホールまで歩く途中にレモンのジェラートで準備万端、ワイマールのホールは写真のごとく新しい建物で舞台にちゃんとオケがセッティングできてアンサンブルが耳でも目でも出来るのが良い。
シュレーカーの夜想曲,メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲+ベートーベンの交響曲3番のプログラムでした。僕はベートーヴェンの交響曲を弾くのが好きなのですが特にこの3番を弾くのが大好きなんです。聴くのが好きな作曲家/曲というのはなかなか特定できないのですが弾くのが好きなのはかなり多いです,その中でもかなり上位がこの曲。
ヴァイオリン対面型だとファーストヴァイオリンの後ろにKBが並びます。昨夜は表の列の2プルトでグレゴアと一緒に弾きましたが、ファーストの何人かと管楽器も近いので一緒に弾くのが楽しい。コンサートマスターのハルトーク氏も斜め後ろからよく見えるので弾きやすいことこの上なく,首席チェロもよく見える。先日も書きましたがオケは前の方が圧倒的に楽です。弾きやすいことこの上ない。
c0180686_23255169.jpg

舞台に上る直前。
シュレーカーはプルトごとに弾く音が違う箇所があり,本番初見でした。まあ問題なし。メンデルスゾーンはアンサンブルし易いホールなのでオケとソリストがよく合って楽しかった。でも少し,オケが大きすぎるところが多いんじゃないかなー?ヴァイオリンが弾いてない場所で感じました。これも指揮者の範疇だからどうしようもありません。
メインのエロイカは弾きながらカラヤンの指揮で弾いていたWitt先生の舞台姿が何度も浮かんできました。ベートーヴェンの弾き方、レッスン最初の2年くらいはベートーベンの交響曲のパート譜を全曲習うことに終始してましたが,その御陰で楽しく弾くことができます。
本番の後4人は車でべルリンに向かい,僕はグレゴアとオケのバスでホテルに戻り向かいのレストランのビヤガーデンに。一緒にモンテプルチアーノに行ったヤン+2人のヴァイオリニストとすぐ近所で作ってるという美味しいビールを飲みました。
ステマネ仕事を終えてS介が電話してきて合流。閉店後S介と二人でホテルのバーで1時過ぎまで久しぶりに呑みました。彼はフライブルグの放送響で働いてるんですが日本からの帰りに3日だけDSOを手伝いに来ました。
今朝は朝食のあとワイマール駅までバスで移動、11過ぎの列車でべルリンまで直行でした。
c0180686_23383447.jpg

c0180686_23393275.jpg

S介とは駅でお別れ,彼はフライブルクに帰りました。
c0180686_23414568.jpg

帰りはICでしたが久しぶりに昔のタイプの1等車、1列3人で座席もご覧のように贅沢で快適でした。
さて,相変わらず天気の良いべルリン。明日は朝から昼過ぎまで録音の仕事だしグレゴアとこれからテニスするか?思案中です。
# by toruberlin | 2009-08-29 16:13 | 音楽の話 | Trackback | Comments(4)

本番前からWeizen?@Weimar

c0180686_15582579.jpg


c0180686_1559227.jpg

乗り換えのフランクフルト駅、隣はべルリン行きのICEで一瞬乗りそうになってしまいますがワイマールはドレスデン行きのICE(インターシティエクスプレス)、バッハ生誕の地アイゼナッハ、美しき町エアフルトを過ぎるとまもなくワイマールです。
c0180686_1631260.jpg

昨日は自然にKBセクションはバラバラになり僕はソロヴィオラ+ソロチェロ2人と4人席に同席でした。
c0180686_1652257.jpg

車内ではみんな好きに過ごします。トランプする向こうに写ってるのはパート譜にスコアから何やら書き込んでるソロトロンボーンのA。
c0180686_168154.jpg

c0180686_1693151.jpg

大きな街はほとんどなく、たまに村が見える以外は田園/丘陵風景の中を走る路線、窓からの眺めが楽しい路線です。
Weimar着,駅前に3台のバスが待っていてホテルまでは15分くらいかかるらしい。2台目に乗車、久しぶりの旧市街が整備せれて綺麗になってるのに感心しているとバスが信号待ちから動かない。クラッチが壊れたそうでそこで替りのバスを待つのもつまらないのでホテルまで歩きました,20数分。
c0180686_16153238.jpg

ホテルで2度目の風呂に入り短パンとポロシャツに着替えてテラスでMacBookと過ごしました。ものすごく良い天気だったので日光浴がてら。遅い昼食にでる約束は16時半にしたのでビールを2杯,昼寝してからもう一度風呂に入ってマルティンが本番あとにべルリンに帰るために借りて来たメルセデスでホールに向かいました。
c0180686_16194675.jpg

中心部,ホールからオペラのある広場を抜けた先にはMarkt広場に続くホコ天があり、統一から20年,ライプチヒと同様、ここワイマールもいい感じの街になりました。
c0180686_1622697.jpg
c0180686_16225516.jpg

シラーの家にて。前を通っただけです。
本番前の遅い昼食はMaekt広場のホテルで摂りました。広場には昼過ぎまでMarktが出ていたそうで、マティアスとマルティンは3カ所あるチューリンガーソーセージを昼食にすべて試したそうです。
c0180686_1626192.jpg

この店が一番旨かったそうで,見れば茹でてない生のを焼いてました。生は春にエアフルトの手前の田舎道の屋台でものすごく美味しいのを食しましたが,それと同じ匂い+見た目。食後に食べたいと思ってましたが,入る余裕はありませんでした。
c0180686_16285338.jpg

そしてパウラーナのWeizen 、マルティンのお薦め。
c0180686_16302567.jpg

ペーターが4人で乾杯してるところを苦心して撮影してくれました。これはアルコールフリーのWeizen 、いつもクラブで飲むのはErdingerですが、このPaulanerのほうが格段に美味しいです。
c0180686_16323240.jpg

ペーターは黒ビールの豚肉煮込み,マルティンはロールキャベツならぬキャベツの替りに肉で巻いたルーラーデ,テューリンゲン名物です。僕のは写真のゲンゼ、鵞鳥の腿。この時期に鵞鳥なんて?冷凍か?と話してて店の人に訊いたらチューリンゲン名物で今朝新鮮なのを焼いたとのこと。ベルリンではクリスマス前から1月までしか食しませんが、クリスマスの御馳走でも鵞鳥自体は一年中存在する訳で,3ヶ月以上早く美味しいゲンゼを堪能しました,いや美味しかった!
c0180686_16372737.jpg

マティアスはめずらしくサラダ、ここで2,3時間前に食べた3本のチューリンガーが効いた様です。
c0180686_16391369.jpg

ちょっとお行儀悪くても軟骨や骨のまわりの肉を捨てる訳にはいきません。しかし腿はあったけれど胸はどうしてるんだろう?ほかのレストランも黒板に特別料理として腿ばかりメニューにありました。鵞鳥はしっかり飛ぶから?か、胸も筋肉質で美味しいんです。
c0180686_16423911.jpg

そして当然のことながらホールに向かう途中でジェラート。マルティンが嬉しそうです。
c0180686_1644044.jpg

彼とも20年近く前に知合いました。壁崩壊後、東西べルリンの演奏家で結成した初の東西融合アンサンブル「カンマーフィルハーモニー」、一時期僕と彼で弾いていました。彼は当時既に東のコーミッシュオペラの団員で後にドイチェオペラに移ったのですが当時は髪がふさふさしてました,アフロみたいに。
彼曰く、当時は多すぎて今は少なすぎるそうです。
二人ともアイスはダブル,僕はレモンのみ。マティアスはアイスすらも入らず、やはり3本がまだ効いてた様です。
コンサートの事を続けて書こうかと思ってましたが40分後にバスがでます。続きは夕方べルリンで。今日は2時間ちょっとの移動です。
朝食に行ってきます。
# by toruberlin | 2009-08-29 08:56 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

Wiesbaden

c0180686_20301099.jpg

ヴィースバーデン、Bandenと名前についてるからここも保養地です,クアハウスがありコンサートホールも当時からの建物。戦争でかなりの被害を受けたらしく旧市街というのは残っていませんが中心を離れると大きな屋敷が並び、また街中にも美しいお屋敷が残っています。中心にはこのコンサートホール、劇場とカジノが公園の中に噴水広場を真ん中に並んでいます。Baden-Badenにその付近はやはり似た雰囲気です。
c0180686_20382579.jpg

公園に面したバックステージ、アールウーヴォーに一番近いかな?ポツダムのサンスーシの新宮殿の貝殻の間のように柱には貝殻が飾られてます。地下に更衣室はあるのですが僕らはいつも通りKBケースのあるところが楽屋,滅多にない素敵な楽屋でした。
c0180686_20421855.jpg
c0180686_20431381.jpg

ご覧の通り美しいホールで音響もとても良いのですが16型のフルオケには少し舞台が狭い、KBは2/3/3とまず普段はしない並び方(そういえば芸大オケはべルリンでしてました)しか方法がない、しかしそれでも僕らが舞台についた頃には狭くてとても弾けないので調整中でした。
c0180686_2047820.jpg

舞台は前に拡張済み、2階席の横部分が上にあるので事実上使えないスペースになってましたが試してみたらご覧のように問題なく弾けました,見た目は面白いですが。
c0180686_20533637.jpg
c0180686_20542245.jpg

面白がってドイチェオーパーからトラに来てるマルティンが何枚も撮ってくれました。面白くはありますがやはり不可能なのでステマネが確保してくれた舞台の奥の方で弾きました。弾き心地は大変良い舞台でした。
c0180686_20572140.jpg

c0180686_20585122.jpg

先日のリハで楽しみにしてたメンデルスゾーンは降り番でした。ホールはご覧の通り空の状態でしたがよく響いてオケも柔らかく素晴らしかったけれど先日とは違ったなー。これは僕のその日の耳の状態もあるんだろうけれど、やはりいくらコントロールされて音楽も緻密に考えられて演奏されていても基本が力で制御しているからなのだろうか?本番もWebernのあと素早く客席2階の後ろに移動し聴かせてもらいましたが,面白くなかったなー。バランスと(オケとのじゃなくて奏者自身の)いうのは難しいです。そしてバランスこそがすべての事柄でやはり一番大事なことではないだろうか。
c0180686_2118099.jpg

考えるきっかけを多く貰ったリハと本番でした。今夜そして来週がまた楽しみです。いろんな要素が関わり影響するのが本番、それをどう昇華し自分の演奏を楽しんで出来るかが演奏家で居るための鍵です。その為に練習するし,しかし肝心なところを押さえてないといくら練習を積んでも元も子もないことも多々あります。そういう意味でもこれからのツアー、楽しみです。
c0180686_21225497.jpg

本番の後はグレゴアと出かけました。ホテルに向かう途中のドイツ料理屋、彼が本番前に発見した店です。
僕は本番前はペーターと17時にホテルをでて地元料理の店を捜したけれど良い店が見つからず、なんと中華へ。ペーターは海老チャーハン、僕は牛肉焼きそば。店の前を通った時にピンと来たのですがその僕のカンを信じきってるペーターが直ぐに賛成してそして正解でした。なかなか食せないおいしい焼きそばでした。
c0180686_21273450.jpg

本番あとにペーターが一緒に来ることはまずありません。北京の夜は特別でした。まして今は10月初めのブレーメンマラソンにエントリーしてるのでなおさら、今僕はワイマールのホテルのテラスでこれを書いてるんですがチェロのTとゲーテ縁の公園をジョギングして来て少し前まで横に居ました。
昨夜は金管楽器の仲間たちにも誘われたんですがグレゴアと約束してたので断り、でも店に行ったら彼らも来てました。店の奥の彼らに挨拶して僕らは入り口付近に,程なくしてマティアスたちも金管グループに誘われてその店に来ましたが僕らのテーブルに落ち着きました。
c0180686_21331967.jpg

美味しいビールと供に食したのはMettwurst。日本では思いつきもしない豚の生肉、塩胡椒+玉葱でパンと供に食すのですがたまに食べたくなります。昨夜のはものすごく美味しゅうございました。
c0180686_21355543.jpg

JungeDeutschePhilharmonie/カラヤンアカデミー時代からだからもう25年以上の付き合いのマティアスと。

今日も良い天気です。ワイマールの中心から歩いて20分くらいの広大な公園の脇のホテルに居ます。歩き回るのは今日はやめてホテルのテラスでビール飲みながらMacBookと過ごしてます。KBセクションで本番前の食事に出かけるまであと2時間、ビールも2杯飲んだし少し横になってから風呂に入るつもりです。
今夜はワイマールの新しいコンサートホールで本番です。

YT嬢との「日曜の続き」はべルリンに帰ってからになってしまいそうです。
# by toruberlin | 2009-08-28 13:27 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

日曜の続き

c0180686_23141790.jpg

9:37べルリン中央駅発のICEでフランクフルト方面へ出発。スティックでインターネット接続して快適に旅は始ったのですがべルリンの外に出ると250km/hを越えるので電波が続かず,車内からブログを書くのは諦めました。
それにペーターが4人掛けをゲットしたので一人で何かするという雰囲気じゃなく、ほぼ全行程笑い声の絶えない移動となりました。
c0180686_23183485.jpg

14時半すぎにWiesbadenに到着、駅からすぐのホテルに入りました。ペーターたちとは本番前に食事に行く約束をしたのでまずは着替えてから街を少し散歩、帰ってきて部屋でコーヒー煎れたところです。ホテル前のテラスも日光浴しながら読書するのに最適な雰囲気ですが,ここはベルリンより暑い!そしてビールを飲みたくなるので、そしてそれは本番後の楽しみにとっておきたいので部屋でバスローブでコーヒーです。
17時に街に繰り出す予定。「日曜の続き」は後ほど続けます。
バスタブに浸かってから早めの夕食、AP/本番に行ってきます。
c0180686_2325361.jpg

車窓から。カッセルの北辺り、ドイツらしき景色が続く美しい路線です。
# by toruberlin | 2009-08-27 16:12 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

クーダムビーチ

c0180686_10233897.jpg

今日は16時までリハーサル、帰宅して少し仕事してからせっかくの良いお天気なのでクーダムビーチへ。昼休みはブラームスのリハが30分延びて30分しかなかったのですが、放送局の食堂の横は屋上になっていてペーターと軽食摂りながら日光浴。陽射しは夏そのもの、朝晩は気温が下がってきましたが今年のべルリンは気持ち良い夏が長続きしています。
c0180686_10295224.jpg

c0180686_10312074.jpg

c0180686_10321499.jpg

18時半すぎから太陽が湖の対岸の木々に隠れる20時まで居ました。車で5分で来られるので最高です,ありがたい。帰宅後は燕尾服用のシャツも普段に着るのもほぼなかったので山中千尋のCD聴きながらただひたすら夕食のカレーが出来るまでアイロンかけました。15枚、気持ち良く完了。
c0180686_10391798.jpg

食後に居眠りして1時前に起きて明日からの準備を終えました。明朝9時半のICE(ドイツの新幹線)、携帯電話の電波を使うスティックを持って行くので初めて車内からBlogを書きます。
# by Toruberlin | 2009-08-27 03:21 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲

c0180686_8581863.jpg

月曜の夕方チェントロイタリアで買物した時に,久しぶりにこのパッケージが目につきました。
c0180686_904376.jpg

カンパリを瓶で買っちゃうと、やはりそうは飲まないので開けたまま古くなってしまう。イタリアかどこかで昔この小瓶のカンパリソーダに出会って気に入りました。そして昨日の夜久々に飲みました。ま,酒と言うよりはその名のごとく食前酒というかリフレッシュメントというか、清涼飲料水に近いものがあります。
今日は午前中はベートーヴェンの3番、エロイカのリハでした。編成は14型でKBは7本。ブラームスとドビュッシーは16型8本、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲だけ14型6本でやるそうです。
エロイカはアジアツアー以来。楽譜に書かれている弓順(弓をどっち方向から使って弾くかの順番で、これでいろいろ変わります)がどうも違う、楽譜を貸し出すことはまずありえないのですが,コンサートマスターのH氏の発言で解りました。DSOはもともと西の放送響、壁崩壊後、東の放送響RSBと合併はしていませんが経営はROCという経営母体のもと一緒なのです。もともと所有してる楽譜は問題なかったのですが新版のエロイカ、何と共有だそうでアジアツアーの後RSBが使用してかなりの部分書き換えたらしい。そんなとこで節約しないでもう1セット購入すればいいんですが、それはオケの問題なので何とかするでしょう。面白いのは指揮者やコンサートマスター+首席奏者の趣味も入るとはいえ,同じ街のオケでこれだけ変わるということ。何が正しいかは答えが出ないかもしれませんがカラヤンのベルリンフィルで育った奏者が多いDSOは弓順もその時代ので、当然それが正しいししっくりきます。それが唯一ではない。しかしどういう訳か最近は速くて軽い(軽快というべきか?)ベートーヴェンが好まれるようで,それはアンチカラヤンンなのか?昨今の流行の学術的調査の結果なのか?(第九の4楽章冒頭も,たっぷりと弾きたいのだけれど速く振られることが多いです、あれではつまらないと思うのだけど、、、)
何が良いか?も好みが入るもの。だから答えはでないんですが、だからこそその良し悪しの好みで人は共感を憶える訳です。いや,共感を憶えるのが目的じゃなくて(それは嬉しいことだけれど)どういう演奏が良いと感じられるか?奏者はオケの一部だから自分の弾きたいように弾きながら,オケの流れ+指揮者の意向に合わせる、意向を具現化する必要がある訳です。
昔よく、良いオケというのは指揮者の意向に(オケがその気になれば)添っていろんな演奏スタイル,音楽が出来るオケで、アメリカでも日本でもそうなのすがドイツのオケは指揮者に依ってはそう簡単にはスタイルは変わらない。頑固だからだけではなくそれが伝統というものだから。というふうに大まかですが分けることができ実際その通りでした。音楽をするには指揮者に従うのが近道、だから指揮者の示す通りにすぐに機能できるオケの方が良いのか?伝統があり,直ぐには振った通りに演奏してくれないけれどオケのスタイルを持ってる(ヨーロッパの)オケの方が良いのか?これも答えはでませんが,指揮者にとって面白いのは後者ではないかと思います。
私の恩師は40年間ベルリンフィルの首席奏者をなさってました。フルトヴェングラー時代に入団してカラヤン時代をフルに,そしてアバドに交替してからも。先生のポッドカストがあるのですが(friedrich-witt.de),そこで先生も軽いベートーヴェン(Beethoven-light?)という題名で取り上げておいでです。
今の時代、べルリンの現場で弾いていてもカラヤン時代のベルリンフィルのベートーヴェンの演奏と同じには弾くことは出来ません。いろんな指揮者が様々な解釈で演奏を試みる訳ですが、新しいこと,人がやってないことを試してみる場じゃなく、ご自分の音楽の解釈で音楽を創って欲しいものです。譜面に書きこまれた弓の順番だけを見てもそれによって音楽が変わり、そうしてここべルリンでも伝統が失われて行く可能性もあり(それが良いか悪いかの評価は絶対的なものはなく個人の評価です)だからオケの音楽監督,コンサートマスターや首席選びは本当に重要なんですね。
ベートーヴェンは僕が演奏するのにいちばん好きな作曲家の一人です。今日も弾きながら音楽を楽しみ、また「なんでそうするんだ?!」と指揮者に思う箇所も多々あり、ソロ活動や室内楽、小編成のオケとは自分の考えが反映されないところや緻密にアンサンブルが出来ないことがマイナス点がある大編成オケですが,大編成の為に書かれた曲は交響楽団で演奏されるのが一番なので、その中で演奏する面白さが(大変なこともあるけれど)オケの良さであり楽しさなのです。そういう意味で楽器が弾けることも大事ですが,コンサートマスターのコンサートマスターとしての仕事ができる人、そして指揮者、この二つのポジションが如何にオケにとって大事であるか、どのポジションも大事なのですが良いメンバーが集まり,そしてその2つのポジションがしっかりしてればかなり面白いことになるし,しっかりしてなければかなり悲惨なことになります。
c0180686_9414479.jpg

そして午後は今回のツアーのソリスト、クリスチャン テツラフとのリハでした。そう、アジアツアーと曲もソリストも同じなんです,今回。オケの曲は何曲か違いますがヴァイオリン協奏曲はベルクとメンデルスゾーン。まずはベルク、これはアジアツアーでもものすごい演奏をしたテツラフ、細部のリハーサルをしながら曲を通して休憩。また良くなったんじゃないか?と思う彼の音。ただリハだから仕方ありませんがベルクは通さないと全く良さがでない,リハは最後の方退屈でもありました。昼食後ということもあり正直睡魔が襲っても来ました。
そして後半はメンデルスゾーン、編成は前述した通り小さく僕は席の空いた前のプルトに。コントラバスは楽器が大きいから前の席で弾くのと後ろとはかなり感じが変わります,前の方がずっと弾きやすくアンサンブルに加わるのも簡単なんです。
アジアツアー以来だから5ヶ月ぶりの合わせ、当然リハと思いきや結局3楽章まで通しでした。テツラフはリハなのにカデンツもすべて弾き、気迫溢れ,音楽溢れる素晴らしい演奏でした。指揮者も居るのだけどソリストが音楽しながらアンサンブルの中心になりオケもぴったり一緒に弾いて,とっても楽しい時間でした。室内楽をやっているような楽しさでした。DSOのKBセクションは音程がとっても良い、そして楽器も良いけれど(ほぼ全員がカラヤン時代のアカデミー出身だからか)音が良くてご機嫌です。
明日の午後はゲネプロ、Webernのパサカリア,このメンデルスゾーン+エロイカですが、もう一度演奏できるのが嬉しい今日のメンデルスゾーンのリハーサルでした。今回はべルリンでコンサートがないのが残念です。クリスチャン テツラフ、一緒に弾いたことの多いソリストの一人で20年以上知ってますが、この半年の飛躍はすごいんじゃないかなー?今週は木曜にWiesbaden、金曜にワイマールでコンサートです。

c0180686_9554322.jpg

カンパリソーダをアンペルマングラスにアンペルマン製氷皿で作った氷と供に。ソーダが常温だったので氷が溶けるのが早くて写真はイマイチです。
c0180686_958597.jpg


今日は16時にリハが終わり、兄の誕生日だったので日本と電話してからクラブへ。グレゴアと2時間ばかりテニスしてビール飲んで帰宅。晩御飯はそういえば久しぶりの冷やし中華、美味しゅうございました。土曜の夜に食べたくなって鶏出汁で塩生姜ラーメンを作ったのですが、そのときの出汁を使っての冷やし中華、ちゃんとスープ摂って作ると冷やし中華も素敵に美味しいです。
明日も10-16までリハ、食後に2時間以上寝てしまい1時過ぎからこれを書いてますがもう3時、寝ることにします。
# by Toruberlin | 2009-08-26 01:56 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

初物ポルチーニ茸

c0180686_16105522.jpg

土曜日のMarkt、もうすこし時間が経つと扱う店が増えるんですがまだ茸専門店のみでした。まだ成熟して大きくなってない硬めのポルチーニ、美味しそうなのを200g手に入れました。
c0180686_16132842.jpg

家内が金曜に学校で知合った日本からレッスン受けに来てたハープの学生さん、友達と一緒に来ていてその彼女の都合でたった4,5日の滞在らしい。もちろんべルリンは初めてで食事に行くのも困ってる様子だったそうで、とっても良い娘だったらしく日曜に食事に招待しました。それで幸運にもまだ大量にあったズッキーニの花付きを16個手に入れました。
c0180686_16172752.jpg

一つだけ黄色いのが入ってました。
c0180686_16185584.jpg

そのズッキーニと初物ポルチーニ。
c0180686_1620166.jpg

先週のトマト,美味しくて2キロの半分は買って来た日に一人で食べてしまいましたが,同じ種類を購入。お店のおばさん曰く(=生産者)、もうそろそろ終わりだそうです。ジャガイモもそうですがトマトもこのMarktだけでもかなりの種類があるのが面白い。
結局,そのハープの娘は来たかったらしいけれど一緒に日本から来たヴァイオリンの娘たち(全部で3人とは知らなかった!)と練習したい時間と行きたいところの意見が合わずまたの機会となりました。その電話のすぐ後にYT嬢と約束、逢ってからアンペルマンで食事してる時にテニスの相手からキャンセルの連絡があり僕は一日フリーに、YT嬢もほかに何の予定もないと言うので一緒に過ごすことにしました。今回のヤングユーロクラシックでドイツ初演の曲は作曲賞にノミネートされていて授賞式は日曜の夜でした。事務局からはコンサート会場に来ているようにとの指示はなかったそうでチケットもなし。それで携帯電話を片手に受賞の連絡があったら会場に向かえるように待機しながらのべルリン散歩でした。美術館にもべルリンでは一度も行ってないというので「行っておいでよ、迎えに来てあげるから」と提案しましたが,彼女はべルリンで僕らとのんびりする午後というのを選択しました。
ポルチーニもズッキーニも夜に拙宅で一緒に食べました。その前に散歩/カフェと盛りだくさんだったのですがそろそろ仕事にいく時間,後ほど続きます。
# by Toruberlin | 2009-08-25 08:08 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

世界陸上@berlin最終日/女子マラソン

c0180686_6155913.jpg

土曜日の夜遅くにメールが来ました。先日の芸大オケのコンサートで作品Sandraが演奏されたYT嬢から。ドレスデンからで翌日べルリンに1泊して帰国とのこと、昼前に中央駅に着くとのことでAlexのホテルに荷物置いてから連絡くれてハッケッシャーホフ駅で待ち合わせました。一緒にブランチが目的ですがその場所にしたのはマラソンを応援に行く為です。街の中心の10kmコースを4周してから最後に2,195km分の市庁舎を廻るコースを走りブランデンブルク門でゴール、駅で彼女と待ち合わせ博物館島にかかる橋を渡り大聖堂の横で応援することにしてました。時間的にはスタートから2時間ちょっとですから4週目の最後のその部分に先頭集団が来る頃でした。
c0180686_6262178.jpg

角の良い場所が空いていて,そこで警官と話していた大会係員に尋ねたら20分以内に来るとのこと、コースの地図を貰いました。
c0180686_631872.jpg
c0180686_6322169.jpg

まずは自転車、その後ろに計時車、そして先頭集団。
c0180686_634846.jpg

日本のユニフォームが一人見えて3人で大喜び。
c0180686_6353639.jpg

あっという間に目の前を走り去ってしまうんですが「頑張れ−!」の声はきっと届いたと思います。
c0180686_6375156.jpg

かなり遅れて登場した唯一出場のドイツ選手に沿道は大喝采。そして7,8分後には突き当たりのウンターデンリンデンを折り返してくるのでもう一度応援しに移動しました。
c0180686_6401459.jpg
c0180686_6433680.jpg

c0180686_6444651.jpg
c0180686_6454194.jpg

この大聖堂の前では1位、僕らも3人でまた「頑張れ−!!!」。あの声援はテレビ中継でも聞こえたんじゃないかなー?そして気分良くアンペルマンレストランへ食事に向かいました。
c0180686_6481168.jpg

YT嬢は中高と陸上部だったそうで、芸大のツアーから別れてヨーロッパを旅行中もベルリンの世界陸上は気になってたそうで最終日のマラソンを間近で応援できて喜んでました。
c0180686_6503963.jpg

歩いて5分のアンペルマンレストラン,夏の間は毎日大繁盛で席が空くまで少し待ちました。
c0180686_6522394.jpg
c0180686_6534882.jpg

厨房にて。
c0180686_6551016.jpg

c0180686_6565857.jpg

飲み物は,今はここでしか飲めないアンペルマンビール。
c0180686_703227.jpg

食後は場所を変えてのんびりと過ごしました。2時間くらい居たかなー?食事が美味しくて居心地の良い店は貴重です、ありがたい。マラソンなので車は家に置いてきました。3人で電車で西ベルリンへ。Savigny広場駅で下車して界隈を散歩,バスで帰宅しました。
c0180686_745610.jpg

駅の階段にて。
夕方テニスの予定でしたが相手に仕事が入ってキャンセル、YT嬢と結局夜まで過ごしました。(続く)

今日も風は強かったけれどものすごく良い天気だったベルリン。7時に起床,朝風呂の後Blogを書きたかったのですが仕事のメールのやりとりを終えたらリハーサルに出かける時間でした。
9:40に家を出ても開始10分前には舞台で楽器構えてました。放送局のホールは近くてありがたい。
今年は天気の良い日が多かったからか?とにかくみんなよく日焼けしています。そしてニコニコと機嫌が良い,太陽に当たった時間と関係あるかしら?
c0180686_7122846.jpg

昼はグレゴア/ペーターと外で食べていつものアイス屋で僕は今日はヨーグルトでした。16時にリハは終わり帰宅,1時間くらい朝の続きをしてチェントロイタリアに買物に行き,今日は終わりました。買物帰りの信号待ちで出会ったMINIのVan。もちろんHナンバーでした。
c0180686_7161947.jpg


明日はリハの後グレゴアとテニスの予定です。
今週は2泊3日、来週は4泊5日のツアー、ドイツが多いのですが初めてのスコットランドは楽しみです。オケは最後はイタリアで2回,チロルで1回本番があるのですが舞台が狭い為に弦の編成は小さくするそうで僕は降り番です。
では、おやすみなさい。
# by toruberlin | 2009-08-24 23:10 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(4)