ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

フグのひれ酒
at 2017-11-11 23:59
Die Schöpfung ..
at 2017-11-10 23:59
久しぶりの秋晴れだった金曜日
at 2017-11-09 23:59
A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59
10/18もご馳走続きの佳き..
at 2017-10-29 23:59
10/17はご近所で晩御飯
at 2017-10-28 23:59
麻布の夜
at 2017-10-27 23:59
ベルリンに戻りました!
at 2017-10-26 23:59
10/14 K下邸へ
at 2017-10-25 23:59
10/13 武蔵新田 酒菜亭
at 2017-10-24 23:59
日本で不可思議なこと
at 2017-10-23 23:59
10/8の夜は。
at 2017-10-22 23:45

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:アンペルマン室内楽 ( 103 ) タグの人気記事

10/23津和野初日 帰国日記@ベルリン

c0180686_23194094.jpg
またまた間が空きました、久しぶりの帰国日記@ベルリン、津和野初日です。
この日は下森町長がお忙しい中時間を作ってくださり、津和野町日原の若松屋さんでの晩餐でした。写真は若松屋の女将さんと。アンペルマン室内楽コンサートにも、今回もおいでくださいました。
c0180686_23192278.jpg
今回は羽田からANAで宇部空港に飛びました。いつもながらANAのスタッフは仕事迅速+フレンドリーで素晴らしい!コントラバスのソフトケースにはANA+AMPELMANNのステッカーを貼ってありますが、やはり目立ちますね!レフレクターは信子妃殿下のお印、花桃印と色も花桃色の特別バージョンです。これも目立ちますねー!


More
by Toruberlin | 2013-12-14 23:59 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN室内楽2013東京公演

c0180686_3143580.jpg

「もうひとつの弦楽四重奏のかたち」
G.Rossini  弦楽ソナタ1,2,3番
高橋幸代  弦楽四重奏(初演)
     「白を映す碧 〜 ヴァイオリンとコントラバスのために」
J.Barriere Sonata a deux
G.Rossini duetto

「もう一つの弦楽四重奏のかたち」
伊達保原公演の翌日、11/2(土)に代々木公園の傍の白寿ホールで東京公演を行います。
今回は私の古い友人のチェロ奏者、グスタフ・リヴィニウス氏が一緒に弾いてくれることになりました。ドイツのザールブリュッケン国立音大教授の彼はマスターコースで10月末までアジアに滞在してるというグットタイミング、10/30から保原でリハーサルを始めます。
リヴィニウス兄弟は男6人、3番目のSがヴァイオリンでやはり私の学生時代の仲間で今はドイツライン歌劇場オケの第一コンサートマスターです。4番目がグスティ、5番目のPはピアニストですが90年代にカンマーフィルハーモニー・ベルリンのソリストとして多く共演しました。彼とバッハの協奏曲で演奏旅行をしましたが、素晴らしいコンサートの数々でした。
Sとグスティとはフランクフルトの劇場で1年間、「リヴィニウスクインテット」を組んで弦楽五重奏でモダンバレエの公演に出演していました。とっても品の良い粋な演奏をする彼、1990年にドイツ人としては初めてチャイコフスキーコンクールに優勝し、世界的ソリストとして活躍しています。
今回はヴァイオリンとKBのアンペルマンデュエットの為に高橋幸代さんが書いてくれた「白を映す碧」に加えて、やはりチェロとのデュエットは弾きたかったのです。第一回アンペルマン室内楽のチェロ弾きミシャもオケの仕事は都合がついたのですが室内楽の本番とかなさり来日は不可能、久方ぶりにグスティにメールをしてみたら、何と可能だった!という幸運。彼とデュエットを弾くのは約20年振りです。ロッシーニとバリエ−ルの二重奏曲を選びました。

プログラム内容/チケットのご案内
by Toruberlin | 2013-11-02 09:15 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(10)

AMPELMANN室内楽2013保原公演

c0180686_18224270.jpg

11月1日(金)にはアンペルマン室内楽シリーズとして初めて、福島県伊達氏保原町で公演を行います。

福島の伊達保原は私にとって特別な縁のある町となりました。
初めて伺ったのは、まだ独身時代だったか?
写真家の青柳陽一氏、言わずと知れた日本写真界の重鎮です。写真家としては広告写真で有名、ヌード作品も数多く、また釣り師の視点からの作品も多く残し作家開高健氏とのカナダ釣行でのムービー、写真集は素晴らしく、特にお薦めです。この秋にも、青柳御大が撮影した写真満載の本が刊行されます。
この本については、また詳しくご案内します。
その青柳御大と知り合ったのは、三菱自動車とサンデー毎日の企画「世界の道から」でした。三菱パジェロで世界を走り、撮影して毎週の記事となり、またそれが写真集となりました。そのドイツ編に関わったのがキッカケです。
御大とはコーディネータ/運転手として知り合った訳です。というのも、同行した毎日新聞のT記者から、かなり直前になり(それまでのアレンジがNGとなったらしく)問い合わせを戴きました。
ベルリンドイツ響のコンサートも入ってましたが、その数日間の運転は代役に任せることにして素早く計画、実現しました。
青柳御大、Tさんと3人でドイツを走り回り3週間近くの撮影旅行をご一緒しました。
その御縁が、続いています。
撮影旅行の後すぐに当時は三田にあった東京事務所にお邪魔ましたが、保原のご自宅にも(ご家族は保原にずっとお住まいでした)伺い、ご自慢のクラシックジムニーで遠刈田(とおがった)温泉に連れて行っていただきました。数年後、御大は居を保原に戻され(もう10年近くになるのかな?)この5-6年は帰国する度に伺い、それで伊達保原の方々とも多く知り合うことができ、今では島根県の津和野町と同じく、第二の故郷の様になりました。

ご挨拶&チケットのご案内etc.
by Toruberlin | 2013-11-01 18:30 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(13)

AMPELMANN室内楽2013津和野公演

c0180686_2075090.jpg

今年のアンペルマン室内楽、津和野公演のご案内です。
10月の26日に太鼓谷稲成神社で11時と17時に、27日にベルリン中央区と津和野町を結ぶキーパーソン鷗外森林太郎が眠る覚皇山永明寺で15時から演奏します。
今年の津和野公演、2011年からオクテット、弦楽クインテットと続けてまいりましたが、世界でもほとんど存在しない組み合わせのデュエット、ヴァイオリンとコントラバスの「弦楽器の最高音と最低音のデュエット」私がいま、一番力を入れています演奏形態でのコンサートに決めました。
昨秋に津和野で初めてご一緒し、室内楽パートナーとしてお付き合いいただいてる佐藤優芽さんと津和野に伺います。
チケットは出来立てホヤホヤのアンペルマン公式Webショップからお願いします。
津和野公演のポスター画面をクリックしてください。
世界でも他に無いのはこの組み合わせの為の曲が存在しないからです。挨拶文に詳しく書きましたが、フレンチバロックのモンドンヴィッレのソナタを昔から聴く度に、コントラバスだけでの伴奏を考えていました。春の東京公演に向けて編曲し、他にはイタリアンバロック、ヴィヴァルディとコレルリの名曲を演奏します。
また、佐藤優芽さんと知り合った同じ夏にベルリンで仲良くなった作曲家の高橋幸代さんに曲を書いていただきました。「白を映す碧」素晴らしい曲です。この秋、僕らの為に書いてくれる2曲目を津和野で初演致します。
津和野町のみなさま、周辺のみなさま、またこの機会に美しく美味しい街「津和野」を訪れよう!と閃いた方々、10月の最後の週末、津和野でお会いしましょう!

津和野公演に向けてのご挨拶、リーフレットの裏面を添えます。

「弦楽器の最高音と最低音のデュエット」
by Toruberlin | 2013-10-27 15:00 | Trackback | Comments(2)

プログラム アンペルマンデュエットin津和野

c0180686_1342486.jpg

今週末、土曜日と日曜日のアンペルマン室内楽、AMPELMANN Duett コンサートin津和野のプログラムです。
Programm プログラム
Antonio Vivaldi (ヴィヴァルディ)  Duett C-dur Op.2 No.6
Preludio(Andante)-Allemanda(Presto)-Giga(Allegro)

高橋幸代 「白を映す碧 ~ヴァイオリンとコントラバスのために~」

Antonio Vivaldi   Duett d-moll Op.2 No.3
Preludio(Andante)-Corrente(Allegro)-Adagio-Giga(Allegro)

H.W.Henze (ヘンツェ) Serenade (夜想曲)für Kontrabaß (1949)
Adagio-Un poco allegretto-Pastorale-Andante con moto-Vivace-Tango-
Allegro marciale-Allegretto-Menuett

Jean-Joseph Mondonville Duett C-dur Op.1 No.4
Adagio-Allegro ma poco-Sarabanda-allegro
   休憩
Antonio Vivaldi Duett g-moll Op.2 No.1
Preludio(Andante)-Allegro-Sarabanda(Largo)-Corrente(Allegro)

高橋幸代  Elise -「舞姫」-より

Arcangelo Corelli Duett F-dur Op.5 No.4
Adagio-Allegro-Vivace-Adagio-Allegro

More
by Toruberlin | 2013-10-22 13:56 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

「エリス 」津和野公演で初演する作品、完成!

c0180686_1938128.jpg

Elise-「舞姫」より-
10月のアンペルマン・デュエット津和野公演(10/26&27)で初演する高橋幸代さん作曲の曲が完成しました。
この春のアンペルマン・デュエット東京公演の為に「白を映す碧」という美しい作品を書いてくれた彼女の、ヴァイオリンとコントラバスの為の二重奏曲、二曲目です。
「ベルリン」「津和野」僕がお願いしたのは2つのキーワード。
鷗外森林太郎の生まれ故郷であり、28日の公演は鷗外が眠る菩提寺の永明寺。
「舞姫」は最高の題材です。
そして曲名は「エリス」
僕らは譜面から読み取り演奏するのが仕事です。しかしせっかく作者と話ができる(BachやMozartとは、直に話は出来ません)。譜面を一通り読み、弾いてみてからskypeで高橋幸代さんと長く話しました。「舞姫」を読むと、他の作品と同じく解釈は人それぞれだけれど、それには当時の明治に入ったばかりの元武家の家のこと、時代のこと、ベルリンに留学してはいたけれど今とは比べものになら無いくらい、それは特別であったことなど、様々な要素が解釈には必要になります。
彼女の作品で意図するところは僕の解釈と同じとは言わないけれど酷似していて納得出来、それを音にしていきます。今のベルリンに住んでいるヴァイオリンの優芽さんと僕。
彼女も「舞姫」を読んで、時代のことも調べてますが必要なら説明して、でもそれでも「舞姫」でのエリスと豊大郎の恋の解釈は違うかもしれない。
前作にはなかった「舞姫」という鷗外作品が「要素」として存在する初演作品。
ふたりで音にするのが楽しみです!

津和野公演では、太鼓谷稲成神社での土曜日と永明寺での日曜日で、曲目が少しだけ違います。
しかしこのElise-「舞姫」より- と 「白を映す碧」は両日演奏します。
この機会に津和野にたくさんの方にお越しいただくのはコンサートを企画するうえでの願いですが、同時にまた、津和野町と近隣の皆様に是非聴いていただきたく思っております。
c0180686_20265979.jpg

by Toruberlin | 2013-10-07 12:36 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(6)

秋晴れの日。

c0180686_22513134.jpg

火曜日、水曜日とアンペルマン・デュエットのリハーサルでした。ヴィヴァルディにコレルリ、そしてモンドンヴィッレ、テンポを変えたり、気になるところを合わせて、どんどん出来上がってます。
天気の良い日、光が溢れた部屋で弾くのは、リハするのは気持ちよいです。
c0180686_22592374.jpg

c0180686_23124631.jpg


More
by Toruberlin | 2013-10-02 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

鉄火丼と鯛茶。

c0180686_2253141.jpg

今日も昨日に続き10時からY嬢とデュエットのリハでした。夕方から夜にかけて、つまり本番の時間にやるのも良いのですが、朝起きて少し弾いてからリハするのも効率良いのです。
3時間やった後はお腹が減るのでランチをご一緒するのですが、前日はパスタでした。今日も豚のバラ肉の準備はあったのですが、昨日アンペルマン本社の帰り道にアンペルマン倉庫でも用事があり、そのすぐ傍の食の宝庫リンデンベルクに寄りました。金曜だから魚は豊富、ヴォンゴレも鮟鱇もあったのですが、まずは鯛を購入。そしてマグロが目に入りました。赤身の塊なんですが、なんか美味しそうだった。訊くとこのところの価格高騰は聞いてましたがキロで50ユーロ近い。数年前の倍になってますが、しかし冷凍じゃない生の本マグロ、美味しければ高くはない!
優芽ちゃんが、少し前にリハの時に「マグロ食べたいなー!」と言ってたのも思いだし、鮭は少し前に捌いて堪能しましたが、そういえばマグロとは久しくご無沙汰なので1キロちょっと、買ってみました。マグロって重いから1キロでもそんなに大きくないんです。
c0180686_232173.jpg


More
by Toruberlin | 2013-09-28 19:12 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(6)

デュエットのリハーサル。

c0180686_145848.jpg

c0180686_144429.jpg

今日(金曜日)久しぶりに午前中,拙宅でリハしました。10時から13時半頃まで、光溢れる中で弾くのは、やはり楽しいです。
優芽嬢とは春に一緒に弾いた曲をもう一度掘り下げて練習しています。今回はヴィヴァルディの6番と(まだ出来上がっていない)高橋幸代さんの新曲(津和野で初演)が新しく加わった曲です。
c0180686_143064.jpg


More
by Toruberlin | 2013-09-27 23:55 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

音楽家、だから。

c0180686_4222827.jpg

僕はやはりコントラバス奏者だから、と書くべきか。
毎日の生活、楽しく生き生きと送るべきです、そうありたい。
例えばアンペルマンの仕事も、声優としての仕事も、そのほかの例えば報酬とは関係のない、でも仕事の様な作業、コンサートの企画などなど、やり方を考えて先に進め、それが上手くいく。
ブログのタイトルにある毎日の食の様に、そのひとつひとつに歓びを感じ、だから毎日の生活が楽しいのです。それは「生き甲斐」や「やりがい」があるからと言い換えても良いでしょう。
これがあるとないとでは人生の楽しさが違います。
大きなこと、小さなこと、毎日の達成感も幸福には大事です。周りとのコミニュケーションで感じる歓びも、もちろんあります。
c0180686_4221825.jpg


More
by Toruberlin | 2013-09-22 21:18 | 音楽の話 | Trackback | Comments(8)