ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

フグのひれ酒
at 2017-11-11 23:59
Die Schöpfung ..
at 2017-11-10 23:59
久しぶりの秋晴れだった金曜日
at 2017-11-09 23:59
A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59
10/18もご馳走続きの佳き..
at 2017-10-29 23:59
10/17はご近所で晩御飯
at 2017-10-28 23:59
麻布の夜
at 2017-10-27 23:59
ベルリンに戻りました!
at 2017-10-26 23:59
10/14 K下邸へ
at 2017-10-25 23:59
10/13 武蔵新田 酒菜亭
at 2017-10-24 23:59
日本で不可思議なこと
at 2017-10-23 23:59
10/8の夜は。
at 2017-10-22 23:45

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:コントラバス ( 142 ) タグの人気記事

Tetsu Suzuki in Cremona

c0180686_15312409.jpg
今回のイタリア、ミラノ日記がまだまだ2-3回は書けるくらい濃い内容が残っていますが、火曜日にカタリーナに空港まで送ってもらい、いつものFIAT500(今回はミディアムグレー)をレンタルして、まずは近所のクレモナに行きました。
そのあとの予定がリグーリア海に面した古都に二泊でしたが、ちょうど一泊決まってない日があり、もちろんミラノにもう一泊でもよかったんだけど好きな町、クレモナに行きました。天気も良く正解で街を散歩し美味しい晩ご飯を食し、さて翌日。
新しい楽器には基本的に全く何の興味もないので、だから弦楽器工房もたくさんあるけれど、普通に靴屋や雑貨屋を覗くような感覚で散歩してましたが、いつだったかたまたまFBで見かけた日本人の工房HPを思い出しました。
もちろん新作なんですが、写真でも造りが良いのは判り、工房にも興味があったので夜中に「急ですが可能なら明日伺いたい」メールを送ったら、すぐに「どうぞ!」と返事が返ってきました。
上の写真は、11時頃に工房に伺い、さんざん楽器2本を弾かせてもらってから昼食を共にしてワイン飲みながら色々語り合い、そしてまた夕方工房に伺った時のだから、もうかなり打ち解けた感じで、良い写真ですね。
c0180686_15292441.jpg
楽器は2本ありました。⒋弦がMaggini、5弦はAmati。彼は他にGasparo da Salo(ドラゴネッティの)Gofriller、Montagnanaなどの、実際に採寸した楽器をモデルに製作しています。工房のHPはこちら、写真の楽器たちが美しく、拝見したいと思ったページです。
c0180686_15294228.jpg


More
by Toruberlin | 2015-09-27 09:26 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(4)

ティアガルテンの森を通ってフィルハーモニーへ

c0180686_01161145.jpg
c0180686_01160414.jpg
上の写真は現在はドイチェバンクが購入してベルリンフィルに貸与してるWitt先生がベルリンフィルで弾いていた五弦です。作者はHammig、典型的なドイツの特大五弦ですが、写真の角度なのか、そう大きく見えませんね。
二枚目はフィルハーモニーを道を一本隔てた広大な森ティアガルテンです。
c0180686_01155767.jpg
Witt先生がベルリンフィルを退団したのは定年よりも3年早い92年でした。壁崩壊から3年、統一から2年後です。
壁があった時代は渋滞とか駐車場を長く探すとかは、まずなかった西ベルリン、その最後の3年は、つまり壁が開いてからしばらくは、それまで郊外を持たなかった大都市西ベルリンに車が押し寄せたわけですから、Wannseeの家からステージまで25分で到着していたなんてのは過去の夢物語りとなり1時間は当たり前でした。ベルリンを知らない車が迷い、しかも絶対数が多く、また東西通過のインフラが全く整ってなかったわけですから、その混雑さは想像に難くないと思います。
その頃、先生はベルビュー宮殿の裏のベルビュー駅まで電車に乗り、城の脇を通ってティアガルテンを横断し仕事においでになることが多かった。いや、壁崩壊前も時々は散歩がてらにそうしてらっしゃったなー。
昨日のリハに行く途中メルセデスの中で思い出し、写真の戦勝記念塔のあるロータリーをフィルハーモニー方面に曲がらずこの辺りに駐車しました。
c0180686_01155066.jpg
良い天気で、かなり濃い緑から漏れる朝日が美しかった!
c0180686_01154324.jpg


More
by Toruberlin | 2015-09-16 17:13 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(8)

Toru du siehst gut aus !

c0180686_14033383.jpg
Toru du siehst gut aus!
ベットからこちらをご覧になり,優しい目で私を見つめて「Toru、男前だなー、格好いいよ」と仰ってくださったのが私への最後の言葉となりました。
1977年にカラヤンとベルリンフィルが来日した際,ホテル京王プラザでのリハーサル会場でCapuzziの協奏曲を聴いていただき弟子入りを許され1980年にベルリンに来てからコントラバス奏者になるための薫陶を受けたのはもちろん,音楽,美術,歴史に造詣が深い先生に音楽をするための元を教えていただきました。骨董品の素晴らしさ,毎日使う身近なモノにこだわり愛することの大事さも教えていただきました。
1981年のクリスマスイヴからは,通常は家族以外は招かない日に、この35年欠かさず一緒に過ごさせていただいた、恩師でもあり父でもあるFriedrich Witt (フリードリヒ・ヴィット)先生が8月29日の土曜日,19時20分に永眠なさいました。
c0180686_14041533.jpg
ベルリンフィルを退団なさって自由なお時間が増えてから,拙宅にもよく食事においでになりました。在団中はリハの帰りに拙宅にレッスンに寄ってくださることも多かった。写真は食後のデザートと笑顔の先生。
c0180686_14040936.jpg
先生から譲っていただいたTechllerを弾いてるから,90年ごろか?先生のお宅にて。
c0180686_14051553.jpg
1980年12月か翌年の1月、日本の両親に報告するために奥様に撮ってもらった先生と初めての写真。
c0180686_14032665.jpg


More
by Toruberlin | 2015-09-08 23:59 | 非日常の出来事 | Trackback

AMPELMANN Duett 2015 in 東京

c0180686_16264034.jpg

10月3日(土曜日) 10時半 (開場10:10ころ)

今年はA.CorelliのOp.5から3曲、アンペルマンデュエットの為に作曲された高橋幸代の二作品、そして新たな試み、ピアソラのタンゴを3曲演奏します。


アンペルマン・デュエットはヴァイオリンとコントラバス、弦楽器の最高と最低音域を担う楽器のデュエットです。

僕らコントラバス奏者は大編成のオーケストラでも室内オケでも、また室内楽でもメロディを奏でる楽器にピッタリ寄り添い、ときには低音からリードして支えるのが、その役目のメインです。メロディを奏でるのはオーケストラでもファーストヴァイオリンが多い、そのヴァイオリンといつも一緒に音楽してるのは僕らコントラバス奏者には日常のことです。最高音と最低音、その二声だけの二重奏は、シンプルすぎるかもしれませんが、クリアになる面も多い筈と思ってました。

ヴィヴァルディとコレルリのイタリアンバロックソナタ、そしてフレンチバロックのモンドンヴィッレ、ヴァイオリンソナタ10曲余をデュエットに編曲しました。今回はコレルリの3作品を聴いていただきます。


プログラム

Arcangelo Corelli Duetto Op.5 から3曲

高橋幸代    白を映す碧 & Elis-舞姫より-

Astor Piazzolla J’attends / La Misma Pena / Saint Louis en L’ile


2013年のサロン・テッセラでの2回の東京コンサート、そして昨年の春の東京、秋の津和野公演も御蔭様で満席でした。

今年は新しい試みとしてアルゼンチンのピアソラ作品から3曲もプログラムに入れました!

また、ヴァイオリンに伴奏してもらうコントラバスのソロ曲も準備しています。

弦楽器の最高音と最低音の二重奏、どうぞお楽しみください!


チケット 4000円 (大学生以下2000円)

お問い合わせ 03 57917121

ご予約は info_concert@another-b.com までメールでお願い致します。

このブログへのコメント(公開or非公開)でもご予約ください。


写真は作春の東京公演@ムジカーザです。

c0180686_16250739.jpg
c0180686_16250055.jpg

c0180686_16263335.jpg
Blogの日記は一週間、お休みさせていただいてますが、東京公演ひと月前となりましたので、ご案内します。
翌日4日には伊達保原の名イタリア料理シェフ末永俊一郎氏とのコラボ企画@伊達保原も計画しています。
こちらは来週明けにはご案内する予定です!
c0180686_16242512.jpg

c0180686_00394405.jpg







by Toruberlin | 2015-09-02 09:30 | AMPELMANN Japan2015 | Trackback | Comments(0)

Antoni Torello 昔の音。

c0180686_18213229.jpg
c0180686_18222277.jpg
数日前にYou Tubeで調べモノをしていたら、Antoni Torelloというスペイン出身コントラバス奏者の録音と出会いました。
L.Stokowski率いるフィラデルフィアの首席奏者だったそうです。オケでの音は聴けませんが、このソロは素晴らしい!
Corelliらしいのですが、どの曲かどなたかご存知ですか?ヴァイオリンの為の曲と推察します。La Foliaに似ているけれど違う。




SPレコードかな?1909年に25歳でアメリカに渡り1960年、僕が生まれた年までご存命でした。探せば他にも録音、あるのかなー?YouTubeにはこれだけでした。
c0180686_18411577.jpg
フレンチボウ、楽器はギター型の様ですね。僕が中学の頃から師事した安保氏曰く、アメリカではトスカニーニ以降、イタリア系の名手(彼もBottesiniの系統です)を重用し、またイタリアンのKBをローンを組ませて各奏者に手に入れさせたおかげで、現在のアメリカオケにもオールドイタリアンが数多くあるそうです。
Cマシンを付けたイタリアンなどの4弦が並ぶアメリカ,オケは特大の5弦に限る!という傾向のドイツ。奏法の違いはあります,カラヤン時代のベルリンフィルは後者の典型。近くでは、あまり音は聴こえず、遠くで鳴り響く。イタリアンも弾き方によって変わるのだけど、どうしても4弦は音が立つから,間違うとオクターヴ低いチェロになってしまう。ソリスティックな室内楽までの弾き方とオケでの弾き方がドイツ(ベルリン)の方が依り違うのだけれど、そういうことも忘れられていくのだろうな、と「今風」に出会うと思います。
Torello氏の演奏を聴くと,オケでは,ベートーヴェンとかブルックナー、またはMozartをどう弾いていたのかな?と考えます。是非,生で聴きたかった演奏家です。
c0180686_19224846.jpg
フィラデルフィアのKBセクション、1940年だそうです。左端がAntoni Torello氏です。

例えばミシャ・エルマン、またはジーリやカルーゾ。楽器を介して音楽をするときに手本となる音、響きがあります。また音楽の造り方も。コントラバスの録音では(そんなにたくさん知らないけれど)ポシュター氏が一番好きでしたが、このAntoni Torello氏もエクセレント!きっと、昔はたくさんいたのだろうな。
楽器が良いことは間違いない、そして裸のガット弦。でも、弘法筆を選ばずじゃないけれど(もちろん、選んだ方が良いのは間違いない)楽器を介して彼の音、音色、それでの音楽が伝わってきます。
c0180686_18223977.jpg









by Toruberlin | 2015-07-25 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

オーボエ奏者L.Koch氏

c0180686_17563848.jpg
この写真、高校時代です。小岩の二階の部屋で(元々兄の部屋で僕の部屋は隣でしたが、中学2年の終わりに兄はベルリンへ留学、その後は二部屋贅沢に使ってました)、あの頃はいろいろ悩んだ末に座奏だったんだなー!今では座って弾いても立って弾いてるのと同じ感覚ですが、当時はいろいろ模索していたのです。高価なバス椅子を買ってもらったんでした。譜面台も良いの使ってるなー!
右上のパネルはもちろんH.von Karajan。ベルリンフィルとともに音楽を勉強する目標であった頃です。
c0180686_17562682.jpg
7/1はオーボエ奏者ローター・コッホ氏の誕生日です。ベルリンでお世話になった事は枚挙に暇が無いですが(KB奏者でレッスンを受けたのは僕ぐらいでしょう)この写真は高校2年の秋に小岩にて。コッホ先生も兄もシャツが白いので日曜の昼の本番の後に小岩に来てくださりスキヤキの晩餐をご一緒しました。兄の最初の恩師であるN響首席奏者だった坂逸郎氏もご一緒でした。
もう38年前の事です。



More
by Toruberlin | 2015-07-01 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

HasseとZelenka

c0180686_23585999.jpg
c0180686_23585358.jpg
Camerata Vocale Berlinの30周年記念コンサート、NKOP(新ポツダム室内管弦楽団)で共演してきました。
c0180686_00055559.jpg
Hasseは初めて弾きました。本番が一番良い演奏で新聞 TagesSpiegelの批評も

"das Neue Kammerorchester Potsdam spritzig und voller Esprit. Ein jubelvoller Abend"

Christian Schmidt, Der Tagesspiegel Berlin, 21.6.2015

NKOPはエスプリに溢れ、輝いていた。大喝采のコンサートでした。

とオーケストラを評してくれました。(批評全文はまだオケからもらってません、残念ながら)

c0180686_23582532.jpg



More
by Toruberlin | 2015-06-21 16:49 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

チェロのMちゃんと。

c0180686_21430231.jpg
c0180686_21424942.jpg
水曜日、晴れ。この週末は雲が多い、まだまだ夏!って感じじゃないベルリンですが、こんな瞬間が多くはなってきています。基本的な気温はこのまま低く、もっと雲が少なくなってくれたら最高!って感じです。
c0180686_21423980.jpg
c0180686_21422067.jpg


More
by Toruberlin | 2015-06-21 14:39 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

CKO 日曜日のBritz城コンサート

c0180686_21332072.jpg
c0180686_21330623.jpg
今日の日記は日曜日、Corelli Kammerorchester (CKO) Berlinのブリッツ城テラスコンサートでした。昇天祭の日曜、恒例です。
その前に、お知らせです。同じプログラムで土曜日(5/30)の19時からコンサートを行います。
場所はAdventsgemeinde ( Koblenzerstr.3 10715 Berlin-Wilmersdorf )詳しい場所 は教会のサイトをご覧ください。

Corelli,のコンチェルト2曲
Telemannのコンチェルトグロッソ「かえる」
Händelのコンチェルトグロッソ2曲
J.S.Bachのヴァイオリン協奏曲ホ長調 (ソロ 星野羊子)

Vn Bela Papp Yoko Hoshino Junko Fukabori Yume Sato
Vla Azusa Krist
Vc Andreas Weller
Kb Toru Takahashi
Cemb Reiko Takahashi

このAdventsgemeindeはCKOのリハーサル場所でもあります。それで長年、教会関係者のために年に一度コンサートを開いています。信者さんがメインですが、どなたでもおいでになれます。入場無料。
c0180686_21325342.jpg
写真は日曜の二曲目、BachのE-durの直前です。20年近く前、ベルリンに来たばかりの(大学出たばかりの)彼女と知り合い、このBritz城のコンサート(当時は前の教会での本番でした)を聴きに来てB.P.と知り合い師事することになったのですが、今や一番弟子、そしてCKOのコアメンバーとなっています。
c0180686_21323683.jpg


More
by Toruberlin | 2015-05-24 23:55 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

室内楽は楽しい。

c0180686_09272732.jpg
おはようございます。
3/28 土曜日、今日は18時から白寿ホールでコンサートです。
昨日もリハーサルに芸大の澤教授の部屋へお邪魔しました。
c0180686_09261297.jpg
この写真は一昨日、僕にとってはリハ初日でした。Mozartのディベルティメント、大曲です。
c0180686_09255905.jpg
c0180686_09270523.jpg


More
by Toruberlin | 2015-03-28 09:52 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)