ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:バロック音楽 ( 30 ) タグの人気記事

J.S.Bach Solo-Suites

c0180686_03111113.jpeg
音楽をするのに、メロディを歌うのに、僕らは歌に憧れます。
圧倒的可能性をもつピアノに憧れます。
旋律楽器ならヴァイオリンに、チェロに憧れ、嫉妬も覚えます。

低い音域でメロディ弾いて、何したいの?

そういう声がアチコチから飛んで来るのに怯えています。

いや、オーバーですがコントラバスがオーケストラ楽器なのに80年代くらいから、その存在を誇示したいかの様にソロ活動が目立つ様になる。それはそれで素晴らしいんですが、本分はオーケストラやアンサンブルでどんな良い音で音楽の流れを支えるか!です。
チゴイネルワイゼンや熊ん蜂が弾けたらすごいけれど、オケで良い音が出ないなら、その奏者はただのキワモノエンターテナーでコントラバス奏者とは思いません。
と、極端なことを書いてますが、その僕も低音域で歌うことの難しさは実感しています。

コントラバスでソロ活動を行う場合、僕は(前から書いてますが)コントラバスのための作品以外はコントラバスで弾いてオリジナル楽器よりも良いか?または同等に音楽を表現できる作品に限っています。
今年と昨年のアンペルマン室内楽には入れませんでしたが、ルイエのオーボエソナタ、パラゴレージのソナタ(原曲はチェロ)または現代のオーケストラの楽器じゃないとしたらアルペジオーネとガンバの曲も然りです。
シューベルトのアルペジオーネは10月に意を決して日本で弾きました。これからも一生、付き合っていきたい作品と思ってます。
J.S.Bachのガンバソナタ2番は長年弾いてますが、僕はチェロでよりもKBでの方が良いと思っています。
c0180686_03482408.jpeg
バッハを好きなら必ず弾きたくなるのが無伴奏組曲です。練習曲扱いで長年忘れられていたのをP.カザルスが発掘し、今ではこれを弾いたことがないチェロ奏者は居ないでしょう。何を、より「どう?」ですが、この作品くらいバッハが好きなら、自由に毎回いろんな歌い回しができる作品も(無伴奏ですし)ないかと思います。

低い音域でソロ弾いてどうしたいの?
これはWitt先生も、少し仰ってました。たしかに世界にソロ活動をするKB弾きが増えるにつれ、本道を進んできた先生には違和感があったのとも思います。K.Stollがバロックソナタを録音し、それをすごく気に入った僕は譜面を手に入れてレッスンに持っていきました。弾き終わり、「うん、いいよ」「でも、Toruはこれを練習して何をしたいの?」
オケに入るんじゃなくてソロ活動始めたいの?と仰りたいようでした。
とにかくオーケストラの曲をなんでも弾けること+オケで弾くためにはオケに入らねばならない、そのためのオーディションの曲に集中すべし!が先生のお考えで、それは僕を想ってくださってのお気持ちでした。
ただ、とくに80年代はJungeDeutschePhilの首席という、そんな放送響はじめ普通ならどんなオケからも招待されるポジションにいてもベルリンフィルの常トラでもオーディションには招かれなかった、またそれは「当然のことでもある」と先生も再三仰っていました。願書を出すオケは限ってましたし、そういう席は数少ない、それを外国人に?!という考えは今もあるでしょうし、当時はもっとあったか?ま、当然ではあります。
話は逸れましたが、クラシック2曲、ロマンティック2曲のコンチェルトばかりやっていても煮詰まってしまう。仕事はたくさんしていたので、それで音楽的欲求を紛らわしていたか?

いま思うと、無伴奏組曲を低い音域で弾けば、それはそのままバッハの(メロディックな)通奏低音なのです。
クリスマスオラトリオや受難曲のKBパートを朝の練習に使っていた時期も長くありましたが、毎朝バッハの無伴奏のどれかを弾いて1日を始めるカザルスの真似をもっとすればよかった。
D.GabrielliのRichercar1番はオクターヴ上で(チェロと同じに)弾ける、元が低いから。そして3番はオリジナルとオクターヴ下を混ぜて、をカザルスのバッハの代わりに1日の練習の初めに昔から弾いてました。

音域の話に戻ります。いろんな譜面があって、今ではチェロと同じ音域でKBでこの作品を演奏するのがメイン(流行)になってます。僕と同じガット弦使ってるMの演奏など、動画サイトで見ると鮮やかです。
それは素晴らしいことではありますが、でもそれならチェロで良い。
KBで弾く意味は、その奏者の力量を見せること(大事です)とKBの可能性を上げることか?
でも可能性って、高音域が大事なんでしょうか?

一つ忘れてはならないのは、コントラバスらしさ、っていう言葉が浮かびますが
それよりももっと明らかに、どの楽器にも「中トロ」な良い音がする、鳴る音域がある。
90cm台サイズのKBで弾いたらチェロと同じ音域でも面白いのかもしれません。
または東京の友人が楽器職人と開発したヴァイオリンと同じバランスで大きくした小振りKBとか?(素晴らしいです!)

でもコントラバスで弾くなら、チェロと同じ音域で弾くのは、良い音では鳴りません。
と書くと語弊があるなら、その同じ奏者がコントラバスの中トロ音域で弾いたら、きっともっと音楽が広がるんじゃない?ってことです。
もちろん、バッハの書いたオリジナルの調性で弾くって意義は、あります。
でもそういう話になると、415Hzだとオリジナルは半音下か?

c0180686_03120690.jpeg
ヴァイオリンやチェロに憧れを越して嫉妬し、また劣等感を覚えていたコントラバス奏者は、バッハのコンティヌオという素晴らしい役目にベルリンで出会って、楽譜屋でバッハの無伴奏組曲のコントラバス版を手に入れました。きっと日本のバス弾きは知らないか、興味もないでしょう。
僕も「低音域でソロ弾いて何するの?」という声がアチコチから投げかけられる恐怖感と、
またWitt先生が(僕も真似して弾いてますが)2番のサラバンドをオリジナル音域で好んで弾いてらして、それは素晴らしく!やはりKB編曲版は邪道だ!と判断し、楽譜を捨てることはあり得ませんが、どこにあるかはずっと知っているまま目を合わせることはありませんでした。
昨夜、夢に見ました。
「オリジナル音域で全曲弾くのが嫌なら(絶対に弾けないし)編曲版をもう一度見直したら?」と。
1番はGがオリジナル、編曲はCです。四度高く書かれているんですが、ということは実音は五度低い。出て来る音はチェロオリジナルよりも五度低いってことになります。
バロックからクラシックまで同じ譜面を弾くチェロとバス(出る音はオクターヴ違う)、この五度ってのはなかなか良い編曲と思いました。
で、先ほど1番を初見で(と言っても調は違えど曲は覚えてますから)弾いてみて、素晴らしい!と思いました。
一度弾いただけでも書き換えるところは多々ありますが、弓順などは自由なバッハ、繰り返しでも同じには弾かない。音も少し変えてあるのは、今後オリジナルに戻せるかは課題です。
もちろん、2番のサラバンドみたいにオリジナル音域でもコントラバスの良い音域で弾ける低音域で書かれた楽章もありますが、、、。まずは2番を避けて1番と次は5番か?
チェロという楽器が鳴る音域の作品、その作品をコントラバスでも鳴らすにはオケ譜のようにオクターヴ下で?でも、それではあまりに低い。だから五度下ってのは良いと思います。
コンサートプログラムに加えるかはわかりませんが、本来のコントラバスの鳴りを楽しめるバッハにできそうな予感と期待がして、久々に前向きで元気な夜です。

「音楽の喜びをもって頑張れ」このカザルスの本をくださった、カザルスの存在を教えてくださった方の言葉を胸に。

でも演奏は、ずっと聴いてきてバイブルだったカザルスを嫌いになることはないですが、今はシュタルケルとバロックチェロのビルスマ、その全く違う演奏の両方に魅かれています。
バッハは、それだけ自由なのです。譜面に書いてあることをどう表現するか?もっとスタイルが決まったクラシック以降とは別と考えて取り組まないと!と新たに思います。
c0180686_03474307.jpeg










by Toruberlin | 2017-12-14 19:57 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

J.S.Bach クリスマスオラトリオ

c0180686_02245208.jpg
c0180686_02250365.jpg
c0180686_02244155.jpg
Die Weihnachtsoratorium Kantate 1+ 4-6を日曜日、ベルリンモアビートのErlöser教会で演奏しました。
前日にコンティヌオだけ2時間、全員で2時間ちょっと、当日は1時間前に30分弱のリハで18時からコンサートでした。テキパキ行けば、リハはそれで十分です。いや、時間掛けようと思えば一週間でもリハできるでしょうけれど、、。
教会はかなり大きいのですが満席でした。
c0180686_02243329.jpg
合唱団はオケの30分前にリハ開始。
c0180686_02235820.jpg
c0180686_02242115.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-13 03:52 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

セカンドアドヴェント(+イヴ)のコンサート

c0180686_05520141.jpeg
トリノ生まれの美しい5弦Despineで今週弾いてます。
Corelli Kammerorchesterで毎年恒例のBritz城クリスマスコンサートはManfredini,Vivaldii,Corelliなどのイタリアンバロックの名曲たちを、NKOPではクリスマスオラトリオ・カンタータ1番と4-6番です。
20数年続いてるBritz城のコンサートは先ほど終わり帰って来ました。
c0180686_11255756.jpeg
c0180686_11262475.jpeg
c0180686_06070675.jpg
今夜は満席、楽しいコンサートでした。
c0180686_05534680.jpeg


More
by Toruberlin | 2017-12-09 22:13 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

(続)室内楽コンサート

c0180686_04290632.jpg
c0180686_04291512.jpg
c0180686_04282836.jpg
土曜日のAdventskonzert@テニスクラブの続きです。
演奏した後は晩餐編、クラブハウスのさらに上に個室があります。ここ数年はそこが僕らの席となってます。
c0180686_04275583.jpg
c0180686_04274677.jpg
c0180686_04273947.jpg
c0180686_04273122.jpg
c0180686_04270856.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-04 20:14 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio @ Rot-Weiss Berlin

c0180686_23091672.jpg
c0180686_23070421.jpg
Adventskonzert 2017
Programm

Antonio Vivaldi
"Sonata da Camera a tre"
Sonata Nr.6 für zwei Violinen und Kontrabaß
PRELUDIO - CORENTE - Adagio - ALLEMANDA

W.A.Mozart ( nach J.Ch,Bach )
Klavierkonzert NR.2 KV 107
mit zwei Violinen und Kontrabaß
Allegro - Allegretto mit vier Variationen

Joseph Haydn
Divertiment G-dur für zwei Violinen und Kotrabaß
Moderato - Menuetto - Presto

Pietro Domenico Paradies
Concerto für Klavier, zwei Violinen und Kotrabaß in B-dur
Vivace e staccato - Allegro - Adagio - Allegretto

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio
Klavier Reiko Takahashi
Violinen Yume Sato Amane Horie
Kontrabaß Toru Takahashi



今夜のコンサート、1830からクラブハウスでゼクトを楽しんでいただいてから階下のグランドスラムで1915開演です。
10時から会場でGPでした。
c0180686_23074580.jpg
c0180686_23073652.jpg
c0180686_23072960.jpg
c0180686_23072040.jpg
c0180686_23071269.jpg
今夜、おいでになれる方は、どうぞお楽しみに!
春に、これに似たプログラムでの日本公演を考えています。
c0180686_23064995.jpg








by Toruberlin | 2017-12-02 15:04 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio @テニスクラブRot-Weiss

c0180686_13553322.jpg
BPたちとの晩餐の翌日、ブランチは仕入れてあったヴォンゴレでした。アドリア海から飛んできたヴォンゴレルピーノ、大きめの貝殻で(何度か中は小さかったこともありましたが)身も大きく、何よりとっても美味しいヴォンゴレでした。
c0180686_13551875.jpg
リハの準備は調理前に。18世紀にヴェニスで作られた名器D.Busanで弾きます。
c0180686_13552508.jpg
c0180686_13550926.jpg
c0180686_13550212.jpg


More
by Toruberlin | 2017-11-28 23:59 | 音楽の話 | Trackback

ヨハネ受難曲

c0180686_03273759.jpg
この時期に受難曲というのもめずらしいです。まだアドヴェント前ではありますが、どこの合唱団もJ.S.Bachのクリスマスオラトリオかそれに近い作品を準備してる時期です。ここ8-9年、春は桜を見るために帰国してるので(今年は久々に帰りませんでしたが)イースターは居ないことが多くマタイとヨハネとはご無沙汰でした。昔はどちらも毎春に複数回演奏しましたから、ほぼ覚えてます。
c0180686_03275592.jpg
右のトリノ生まれのDespineで弾こうか?またはクレモナのCavalli?と思ってましたがリハの出がけに時間なくケースに入ってたHawkes-Panormoを持って行きました。ガットコアの弦で弾きたい気持ちはありましたが、リハの様子でスチールで十分と判断、もちろんHawkes-Panormoも素晴らしい五弦コントラバスです。
c0180686_03273021.jpg
この教会、50年代、つまり戦後の建物ですが老朽化に依り大改装が必要だそうです。しかし建築家がまだ存命で、それに賛成しないそうで手を入れられないらしい。結果、壊して建て直すのだそうです。残したい文化財的な建物でもないのでしょうが、しかし建築家が自分の作品とはいっても改築を拒むとはバカな話に聞こえます。それとも余程変な改築プランだったのかな?
なんか壊すのは勿体無い様な気がしました。
c0180686_03272062.jpg


More
by Toruberlin | 2017-11-23 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Barock light?

c0180686_20434239.jpg
light?って書き方はWitt先生がBeethoven light?
と最近流行りの速い軽いベートーヴェンに疑問を投げた文章からもらいました。
重い、ってのとも違う。技術の稚拙さで弾けないから遅いってんじゃない。
重厚なベートーヴェンが僕は好きです。
重い音、ってのも根底には「柔らかさ」があり「空気を含んだ重厚な音」が基本方針になければ、いわゆる(僕が大っ嫌いな表現の)爆音で音楽する、とか蹂躙する様な暴力的な演奏がありますが、それとは別次元の話です。
でも、軽妙にしたいからと速く弾き、ちゃんと言葉を最後まで発しない様な、そう物語を語れない様な演奏は、やはり音楽とはかけ離れているとしか思いません。
とくにベートーヴェン、ブラームス、ブルックナーはカラヤン時代のベルリンフィルの誇りでしたから、カラヤン没後にあった先生の葛藤は想像できます。なんでも度合いと思うんです、そこまでバランス良くできて、またそれを受け入れられるか?ですね。
c0180686_20433139.jpg
だから、そのコンサートの、その為のリハという時間の権限を握ってる指揮者は、ただ偉いんじゃなくて、大事なんです。権限=責任です。
それはコンサートマスターにも首席奏者にも言える。
だからオーディション、特に重要なポジションは、大事です。
下手すると長年の伝統や、音楽や奏法の歴史が変わってしまう。
それにより新しいスタイルができていくのがいつでも◎ならば、それでも良いのかもしれませんが難しいところです。
ある有名オケのコントラバスの首席、全ての音にヴィヴラートをかけることを必要と信じ、実際にやっているし周りに指示してるのには驚きました。ヴィヴラート無しの音は❌らしい。全てにはかけないから、良いのにね。

話は逸れましたが、音楽監督は大事。その良し悪しで全てが無駄にもなりかねません。
Barock light?
もちろんバッハの時代とは全てを比べられません、モダンの楽器で演奏するわけですから。
しかし出版社ベーレンライターがBassoGrossoという表記で多くのレシタティーヴォ、アリアにsenzaと表記しました。80年代後半かな?BasssoGrossoはチェロとヴィオローネ(コントラバスの前身)以外の低音を指すことが多い。(これもバロック研究家さんたちと論議するつもりはありませんが)でもKBが抜けるのが当たり前と思ってる指揮者やチェリストが多いのも事実です。
それはね、KBが下手な場合は、いやそうじゃなくても一人より二人の方が合いにくいから、チェロにレシタティーヴォを一人で弾かせることが多くなりました。チェロがご機嫌に上手ければ、ただ弾くだけじゃなくコンティヌオを知ってるRSBのVとかポツダムのAやBとか、またはDSOのミシャとならご機嫌な演奏ができます。
ベルリンだと80年代は間違いなくKBも全てを弾いていた。90年代からは半々よりはまだ多かったかな、弾かせる方が?
近年は上記の理由か、バッハはそう書いてないのに曲ごとにコントラストを欲しいからなのか?やたらとチェロ一本が増えてます。
かと思えば、初めて行った教会で「どうせまた、出番半分だろう?」と思ってると「チェロがいなくたってKBがいなければ話にならない!」的な発言をする指揮者も、またいてくれます。
引退してしまいましたが長年ポツダムサンスーシ宮殿のFriedenskircheの監督だったMJさんとかニコライ教会(別の理由で一昨年を最後に行かなくなりましたが)、そういえば長年ヘドヴィヒ大聖堂音楽監督だったWittさんも、コントラバス(ヴィオローネ)とバッハが指定してるんだから!と全てコントラバスには弾かせて、たまにチェロを抜くこともあった。
全て、音楽監督の解釈です。
室内楽は自分たちで(だから「誰と」が大事、弾けないくせに提案ばかりする奏者とは疲れるし時間の無駄)作れるから好きなんです。
12/10にMoabitのErlöser教会で弾くバッハのクリスマスオラトリオ カンタータ1番と4-6番。
リハは前日ですが、この指揮者はきっと全て!っていうタイプです。レシタティーボはチェロの良し悪しで不可能なこともありますが、、、。
ベルリンの中心部にある教会です。クリスマスオラトリオは何と言ってもホールでよりも教会でが良いです。
c0180686_20420875.jpg











by Toruberlin | 2017-11-22 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

12/2 室内楽コンサートへのお誘い in Berlin

c0180686_02052901.jpg
ベルリンの老舗テニスクラブRoß-Weissのアドヴェント室内楽コンサートへのお誘いです。
一昨年まで長年CorelliKammerorchetserとして開催しましたが、昨年はシューベルトのピアノ五重奏「鱒」を演奏し大好評をいただき、今年もクラブレストラン階下のグランドスラムでピアノとの室内楽を行います。
モーツァルトが幼少期にJ.ch.Bachのピアノソナタを編曲したピアノの協奏曲から2番、これはオリジナルがヴァイオリン2本とコントラバスの伴奏です。
ヴィヴァルディの有名なトリオ、これはチェロパートをKBで弾きます。
ハイドンのディヴェルティメント、オリジナルは管楽トリオですがヴァイオリンとコントラバスでも楽しいです。
メインはイタリアの作曲家P.D.Paradiesのピアノ、ヴァイオリン二声とコントラバスの為のコンチェルト。
恩師Witt先生のライヴラリーから楽譜を頂戴しました。
クラブ会員のためのコンサートでコース料理付きで45ユーロと低めの価格設定です。我がクラブレストランの食事は美味しいです!
滅多に演奏されない室内楽をベルリンにおいでの方はどうぞお誘い合わせて聴きに来てください。
席のご予約はメッセージで私宛にしていただくのが確実です。
クラブ会員用と書きましたが10席は枠を確保しております。

メニュー予定
1.細切りクレープ入りの牛のコンソメ
2.鱸のソテー、赤ビーツリゾットパルメザンチーズ添え
または
2.ローストビーフ、インゲンと人参とジャガイモ添え、赤ワインソース
3.アーモンドヌガートクロカントパフェ

メインを肉か魚かお選びいただきます。
肉と魚を使わない(vegetarisch )メニューも、もちろん可能です。ご予約時にお知らせください。

Adventskonzert 2017@LTTC Rot-Weiss
2.12.2017
1830 Sektempfang
1915 Konzert im Grandslam
Nach dem Konzert Adventsmenü im Clubrestaurant

Antonio Vivaldi
"Sonata da Camera a tre"
Sonata für zwei Violinen und Kontrabaß

W.A.Mozert (nach J.Ch,Bach)
Klavierkonzert
mit zwei Violinen und Kontrabaß Nr.2 G-dur KV 107

Joseph Hydon
Divertiment G-dur
für zwei Violinen und Kotrabaß

Pietro Domenico Paradies
Concerto für Klavier,zwei Violinen und Kotrabaß in B-dur

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio
Klavier Reiko Takahashi
Violinen Yume Sato Amane Horie
Kontrabaß Toru Takahashi
c0180686_02104977.jpg







by Toruberlin | 2017-11-16 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

秋のコンサート、ポスターデータなど近日出来上がります。

c0180686_21380266.jpg
今年の秋のアンペルマン室内楽はピアノとのデュエット
Ein Kontrabaß spielt selten allein 「コントラバスもたまには独りで弾きます」
10/20に東京文京区茗荷谷のサロン ラ・リール、
10/22に福島県伊達保原ではイタリアンのシェフ 末永俊一朗氏とのコラボコンサートとして行います。

c0180686_03005728.jpg


B to R 「バッハからラフマニノフ」
J.S.バッハ       ガンバソナタ 2番
F.シューベルト      アルペジオーネ・ソナタ
C.バッハ        アダージョ
S.クーセヴィツキー   アンダンテ & 悲しいワルツ
G.ボッテジー二     エレジー & 白日夢
F.ツェルニー      華麗なワルツ
S.ラフマニノフ     ヴォカリーズ

17歳で楽譜を手に入れ、ずっと弾きたくても手を出せず、昨年くらいから編曲して弾き始めたシューベルトの名曲アルペジオーネソナタと20年前にG.Guadaniniを手に入れEnsembleDoubleTを結成してピアノとのデュオコンサートを数回行った時から大好きなJ.S.Bachのガンバソナタ2番を演奏します。コントラバスのために書かれた曲よりも、いや、何を弾くか?よりも「どう?」なんですが、それでもバッハとシューベルトは良い!素晴らしい!毎日の練習が愉しみです。
c0180686_16225418.jpg
もう一つのデュエットはヴァイオリンと。
弦楽器の最高音域と最低音域を担うヴァイオリンとコントラバスのデュエット
「弦楽器の最高音と最低音のデュエット」をすでに8回ご一緒した佐藤優芽ちゃんと
10/25に文京区茗荷谷のラ・リール
10/27&28には鴎外の縁でアンペルマンの生まれ故郷ベルリン中央区と繋がる津和野町で行います。
今回は高橋幸代さんに書いてもらった2曲のオリジナル作品と編曲をお願いしたラフマニノフのヴォカリーズに、バロック作品にはバッハのヴァイオリンソナタを、またエリック・サティのピアノ曲ジムノペディを加えます。
バッハはデュエットに編曲中です。サティは昨日、素敵な編曲ができました。

J.S.バッハ       デュエットBWV 1014
高橋幸代       白を映す碧
J.S.バッハ       G線上のアリア
高橋幸代       Elise-舞姫より-
H.W.ヘンツェ     セレナーデ
E.サティ  ジムノペディ
S.ラフマニノフ    ヴォカリーズ(高橋幸代編曲)
ピアソラ       3つのタンゴ

詳しいコンサートごとのご案内は今週末には完成します。
このブログ、FBなどでお知らせいたしますが、10月のご予定調整をお願いいたします。


c0180686_16230164.jpg




















by Toruberlin | 2017-09-13 19:30 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(2)