ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Liebenzeller 松ヤニ
at 2017-08-22 23:55
夏のベルリン
at 2017-08-21 13:13
日曜日のベルリン
at 2017-08-20 14:45
バスルーム用洗剤
at 2017-08-19 23:58
最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:料理 ( 136 ) タグの人気記事

夏のベルリン、さーて、何を食おうかな?

c0180686_16465806.jpg
夏はビール!、美味しいんですが飽きる。テニスクラブや昼間にAMPELMANNレストラン、または他のKNEIPEでは、やはりビールを飲みます。でも夕暮れ時や自宅では、やはりビール以外!シャンペンならかなり結構ですが、一人で一本は多い。発泡日本酒PFも良いですが貴重だから、たまにとなります。
そこで一番の出番はやはり白ワイン!
c0180686_16461361.jpg
いつもの銘柄、油断していたら(したつもりはないんだけど)あっと言う間に売り切れてしまい入荷待ち!しかし、でもだからこそ別のワインに出会えます。
フラスカーティ、ローマ郊外の綺麗な古都は白ワインで有名です。キアンティみたいにポピュラーで名前が先行してるとこもあるけれど、安価で軽めの美味しい夏のビール代わりに◎なワインがあります。でも名前が先行と書きましたが、スーパーにあるのは薄すぎるのが多い!チェントロイタリアで見かけて買ってみたこの銘柄、少し酸味が強めで美味しいです!
c0180686_16460166.jpg


More
by Toruberlin | 2015-07-09 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

K下ファミリー来伯記、二日目昼編。

c0180686_01103468.jpg
さて、日曜日です。夕方は今回の彼らのハイライトと言って良いベルリンフィルの野外コンサート!ずっと天気予報は雨だったのに、数日前から予報が好転、前日には「晴れ!」に変わったのには驚きました。
さて、この日はG君は夕方まで別行動、一人でベルリンを歩きました。TちゃんとR子ちゃんは散歩のあとホテるから歩いて3-4分のアンペルマンクーダムショップへ。僕もMINIで向かいました。
c0180686_01102767.jpg
地下の駐車場から出ると、突き当りの傘がアンペルマンカフェです。
c0180686_01101867.jpg
二人は店内でお茶してました。
c0180686_01101048.jpg
c0180686_01100325.jpg


More
by Toruberlin | 2015-07-08 23:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

夏らしい週末のブランチと晩餐。

c0180686_20163945.jpg
夏らしい日が続いてるベルリンです。日記の日付は6/30ですが書いてるのは7/4の土曜日、13時過ぎで気温は35℃!明日の最高気温は38℃となっています。珍しく暑く夏らしいですが、これもあと数日か?水分補給して帽子を被り無理をしない!で、真夏を楽しみましょう!
c0180686_20290956.jpg
せっかく野菜が美味しいベルリン。遺伝子組み換えは禁止だしフランスやイタリア、スペインなどからの農業国からも豊富に集まるし、しかもオーガニックも多い!このごろ暑いのと「美味しい!」と再認識したのでここ数日のブランチはサラダ中心、これにイワシのフリットだったり写真のようにキノコを焼いて添えたりしています。
第1食が13時過ぎで1日2食が定着して4-5年になりますが、晩御飯を豪華にするのはやめられないので、昼は暑い間はサラダ中心にできたら◎と思っています。
c0180686_20290341.jpg


More
by Toruberlin | 2015-06-30 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

炭火焼、新しい食習慣。

c0180686_12004697.jpg
c0180686_12003883.jpg
5月最後の日でしたから、もう3週間以上前になります。誕生日をスイスで迎えたcxのNちゃんベルリン支局長が戻ってきた翌日、拙宅でお祝いを兼ねた晩餐をしました。
献立はY嬢たちと試して大成功だった、O西家のMちゃんに貰った自然石をくり抜いたコンロでの炭火焼。良い炭を使い脂が多い食材を使わなければ煙の心配もありません。もちろん窓は開けて行いまずが。
c0180686_12003037.jpg
お祝いにはシャンペン。CXのもう一人の特派員Sちゃんと事前に打ち合わせ、準備完了。
c0180686_12002349.jpg
彼女たちのチョイスのシャンペン、毎回違う銘柄で楽しみですが、これも美味しい一本でした!
c0180686_12001009.jpg


More
by Toruberlin | 2015-06-23 23:55 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

帰国日記@ベルリン 39 祖師ケ谷大蔵フィオッキ。

c0180686_00325024.jpg
昨秋の帰国日記続きます。11/18、伊達保原のイタリアンLaWasabiのオーナーシェフS夫妻が東京に来るというので帰国前から約束していました。彼らが休みを利用して上京するときにはレストラン巡りがメインの用事です、そして今回はフードメッセも翌日にありました。
c0180686_00421537.jpg
この日はドイツ大使公邸でドイツ観光協会の記者会見があり壁崩壊そして再統一25周年記念に関する案内がありました。
c0180686_00420075.jpg
壁崩壊、再統一のシンボルといえば我らがAMPELMANN、日本では未発売の(ベルリンの直営店では大人気です!)壁崩壊25周年記念エコバックやアンペルマンファンブックもご紹介いただきました。
c0180686_00414346.jpg


More
by Toruberlin | 2015-03-07 16:19 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)

帰国日記@ベルリン 35 鹿児島 il cipresso

c0180686_20270053.jpg
帰国日記@ベルリン昨秋版もvol.35です。
福島、東京でのアンペルマン室内楽シリーズを終えJRパスでの一人旅の目的は鹿児島、ここにあるイタリアンRestrantino il cipressoでした。
Kさんとyossyのお店。イタリアはFirenzeのレストランのシェフだったKさん、僕のイタリアの原点であるMontepulcianoの鉄道最寄駅Chiusiの有名店に数年居たこともあるそうで、最初に沸いた親近感はそこでした。そしてマダムのyossyは彼女が独身時代からSNSで繋がってました。yossyはフィレンツェのその店でホールを担当しながら本職はモザイクアーティストでした。店にも作品が飾られ初めて見ましたが美しい!Ravennaも有名ですがFirenzeのモザイクは装飾的要素が建物の一部としての要素より強いか?まあ大理石/モザイクとはイタリア全土と深く関係がありますがFirenzeのモザイクはかなり繊細です。
c0180686_20263371.jpg
鹿児島の中心部、グルメ通りの中ほどのil cipresso!
ホテルから散歩がてら伺いました。まあ、一人で食べに行くことは僕は皆無なんですが、今回は店のご夫婦を尋ねるのでOK。
「使いたい食材は全てここにある!」とイタリアから故郷に帰った二人。Kさんの実家は焼酎でも有名な伊佐、yossyは鹿児島市内だそうですが、伊佐のご実家の畑から、また周辺から食材は豊富に集まってくるそうです。
福島の俊の店も、また東京のフィオッキさんもそうですが、料理人は追及すれば腕を磨くのと同時に食材にこだわるのは当然で、鹿児島の人たちは幸せです、この店がここにあって。
c0180686_20260335.jpg
店に伺ったら、すでに満席でした。まずは奥で一枚。この日はNEX6にVoigtländerのSuperWide15mmを着けていたのですが後の方になると暗いのと呑んでいたのとでピントが合ってません。お恥ずかしい。


More
by Toruberlin | 2015-02-07 12:48 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

R君、18年ぶりに拙宅へ。

c0180686_19022257.jpg
OKB家の長男R君、ベルリン生まれです。1985年、僕がJungeDeutschePhilharmonieのツアーで初めてアメリカ大陸に居るときに生まれました。彼の両親とはもちろんその前からのお付き合いです。
父上は僕よりも数ヶ月早く渡独、確か最初にミュンヘンで僕がベルリンに来た翌年の春に知り合いました。日独協会主催のコンサート、改築前のBundesのKonzertssalで日本人メンバーでブランデンブルク協奏曲の演奏会があり、チェンバロの運搬をOKBさんと手伝ったのが初対面、彼はベルリン芸大で声楽専攻でした。
母上は東京の音大時代からの彼女で、ベルリンにも遊びに来ていました。そして数年後に結婚することが決まりベルリンへ。
僕のベルリン生活でも最も親しいお付き合だったファミリーです。
1997年の春に日本に引っ越しそれで拙宅に18年ぶりなんです。
R君が生まれて3ヶ月後、残念ながら今は焼失して存在しない湖畔レストランWannseeterasseでの懐かしい写真、1985年です。
c0180686_19080461.jpg
1997年の春ですからR君が12歳になる年の春まで、伯父さんのようなものでした。
帰国後、日本で彼が高校生のときに一度会いました。ポルトガルに留学中や、それ以外にもベルリンに何度か来たんですが僕が帰国中とかツアー中で不在、ベルリンでは18年ぶりの再会が日曜の夜でした。
c0180686_19020447.jpg
彼も僕と同じ7月生まれ、今年で30歳!この夜は記念すべき、初めての乾杯でした。前回は北習志野のOKB邸で彼は高校生でしたから。まずはアンペルマンのロゼワインで乾杯!
c0180686_19015195.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-03 23:55 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

なめこ汁はお好きですか?

c0180686_10062832.jpg
ドイツでのお買い物ガイドのコーナーです。
なめこは(全く同じじゃないけど)ドイツではStockschwämmchenといいます。日本にあるけどドイツには無い食材はいろいろありますが、椎茸や「さつま」という名の大根、「北海道」というカボチャ、ネギなんかも昔に比べれば日本に近いものが手に入るようになりました。
アジアショップに行けばYamという名で長芋に里芋(これは、美味い!)が手に入るし、木綿豆腐は味が深くて東京のスーパーではなかなか手に入らない味です。
僕は「なめこ」の味噌汁が大好きです。ずいぶん前から大手スーパーKイザースで瓶詰めが手に入りました。ちょっと違うし、時々?な時もありましたが、少し前から手に入らなくなって残念でした。
しかし年末にReweで写真の瓶詰めを見つけ試しに買ってみましたが、これが美味しい!亀戸の佐野味噌で手に入れた美味しい味噌と合わせて、極上に美味しいです。
今日の夕方、MINIのバッテリーを交換して洗車に行ったついでにReweでまた6つ買ってきました。もう3回目です。
ナメコ汁お好きな方、ぜひお試しください。
1.38ユーロでした。ひと瓶でかなりリッチな味噌汁が楽しめます。ドイツ限定情報でした。
c0180686_10040807.jpg



by Toruberlin | 2015-01-28 23:50 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(2)

Lasagna al forno

c0180686_09472810.jpg
水曜日の夜、2030頃までScarampellaと過ごして(イタリアはブレシアの弦楽器製作者、ヴァイオリンで有名な兄弟ではなく父親のPaolo Scarampellaの見目麗しいコントラバスを持っています!)まずはVino Nobile di Montepulciano。
かなり前に買ったコッパの塊が(豚の肩ロースよりもっと首の後ろあたりの肉で作った生ハム、美味い!)冷蔵庫にあるのをBottesiniを弾きながら思い出し、バルメザンの塊もバルコニーに2-3個あったので、ひとりワインを呑むことにしました。
c0180686_09471515.jpg
美味しいワインはラベルが美しい!これは大概正しいです。美味しいワインにはラベルにも力を入れるのは人情らしい。いや、高そうなラベルというわけでもなく簡素でもデザインが凝っていたりお洒落だったり。大体は知らないワインはそれで選べます。
VinoNobileは僕が好きになった最初のワイン。1982年に同地の音楽祭に参加して以来、かなりたくさんの銘柄を飲んでいます。
優劣はあるけれど、でも基本のレベルが高い!から、間違えることはあまりありません。このボトルは12月に気に入り一箱手に入れました。
c0180686_09465255.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-23 01:43 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)

(続) Pasta Fresca

c0180686_19505701.jpg
先日、初めて打った生パスタ。タリアテッレでしたが厚すぎたのが反省点でした。
で、今回はVermicelliを作ってみました。ソースはパンチェッタ、ポロ葱、ペペロンチーニ、ドライトマトとニンニクのポモドーロ。
太目が好きなので、前回よりは一段階薄くした生地をカット、美味そうにできました。
c0180686_19503212.jpg
もちろん茹で時間はかなり短くてよく、al denteに出来上がりました。
c0180686_19501722.jpg
ましたが、やはり乾麺の方が美味しい?ポモドーロには。
面白いのはパスタマシンなのに今まで中華麺にしか使ってなかったからか?まるで中華麺の様に出来上がり、何もしてないのに少し縮れてる。これは不思議。
そして、残ったのを茹でてうどんのように一度冷やして、昨晩の鶏鍋の最後に入れてみましたが、これが美味い!
パスタと中華麺の差ってなんだろう?かん水を入れるかどうか、これは大きな違いですが、入れない中華麺もある。
塩を多めかどうか?確かにパスタは無しでもできる。落合シェフのレシピは塩もオリーヴオイルも無しで卵だけでした。
オリーヴオイルも入れてもお美味しいがマストではない。
しかし、このコシは素晴らしい!
Tipo 00の粉が良かったのか?
たまご麺という中華麺もあり、僕も昔はやってました。卵と水、で塩も入れて鹹水も。
今度は中華麺、卵だけでやってみるかなー?そこに潅水を香り付けに少し?
生パスタはやはり幅広が良い。薄めで次回、再トライです。
そしてラーメン、たまご麺も試してみますが、うーんでもこの粉でいつものやり方のほうが良いかとも思います。
c0180686_19495953.jpg
はは、やらねばならぬこと多いのに、こんなこともやってますが、でもこれが大事な時間。楽器ばかりも弾いていられないし、仕事計画もそればかりでは煮詰まる。
でもしかし、約ひと月は仕事請けずに楽器を家で弾く時期にしています。その成果はどうなるか?実現するならお知らせします。

市場で手に入れた牡蠣2種類、オランダ産というのを薦められて買ってみました。これが2個は美味しかったのだけど(身が大きく、味が濃いという薦めどおり、まるで日本の岩ガキのような外観)後の4つは泥臭くて❌でした。オランダ産はもう買いません。
そしてノルマンディー産も買ってから気付きました。クリスマスから年末年始用に需要が多いから、この時期はダメなのでした。
美味しかったけれどあまりに小さく、、。
でもこの日、立派な鯖が並んでいて二尾買ってきました。塩焼きも抜群に美味しく、そしてシメサバ。そのまま食べるためじゃなくちゃんと〆て鯖の押し寿司。
c0180686_19493118.jpg
酢飯と棒寿司にしたのは家内です。とっても美味しい鯖でした。
鰯も美味しいですが、今の時期、鯖が良いみたいです。あとは、鮟鱇か。

早起きして適度にデスクワークし、生活のメインは楽器を弾くこと。弾けてもせいぜい4-5時間が限度、それ以上は(練習したという)自己満足には良いけれど、無駄になります。しかし4-5時間弾くには、その倍くらいの時間がないと上手くいかない。
仕事というのは対価を得るものでもありますが、こういう「仕事」のための時間、久しぶりに作っています。
c0180686_19491737.jpg



by Toruberlin | 2015-01-18 08:15 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)