ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

文京区本駒込そば工房「玉江」
at 2017-10-18 23:59
伊達保原の二日目。
at 2017-10-17 23:59
10/10 伊達保原へ
at 2017-10-16 23:59
Rikiフィルの皆さんと
at 2017-10-15 23:59
愉しい金曜の夜
at 2017-10-14 23:59
花田さんと大文字さんで見つけ..
at 2017-10-13 23:59
10/13はアンペルマンの誕..
at 2017-10-13 08:16
昔の三菱銀行本店にて。
at 2017-10-12 23:59
10/5 有楽町「川上」へ
at 2017-10-11 23:59
O西さんとフレスコへ。
at 2017-10-10 23:59
アパートから歩いて新橋経由有..
at 2017-10-09 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-10-08 23:59
朝ポルチーニ茸パスタ
at 2017-10-07 09:23
亀屋豆腐
at 2017-10-06 08:45
中秋の名月、夜は麻布十番で焼肉
at 2017-10-06 06:20
東京駅八重洲中央地上口で待ち..
at 2017-10-05 06:59
東京、最初の晩
at 2017-10-04 06:58
ベルリン→東京小岩
at 2017-10-03 23:50
AMPELMANN Duet..
at 2017-10-02 23:47
土曜日の朝は、まずはMarktへ
at 2017-10-01 00:13

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50
予約を入れていただきあり..
by 渡辺敏 at 13:36
渡辺様、はじめまして! ..
by Toruberlin at 13:30
それはびっくり!本当なら..
by Toruberlin at 13:26
髙橋 徹 様 はじ..
by 渡辺 敏 at 11:52
今回は短い、あと2週間ち..
by Toruberlin at 01:07
お、M君、それは良かった..
by Toruberlin at 22:25
Y介ちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 12:25
ホントに在東京なら間違い..
by Yusuke at 21:36
M原さま、 とんでもご..
by Toruberlin at 02:10
お手数をお掛けして申し訳..
by M原 at 23:19
M原さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 09:44
megroさん、M内さん..
by Toruberlin at 22:44
Cちゃん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 00:35

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:料理 ( 149 ) タグの人気記事

なめこ汁はお好きですか?

c0180686_10062832.jpg
ドイツでのお買い物ガイドのコーナーです。
なめこは(全く同じじゃないけど)ドイツではStockschwämmchenといいます。日本にあるけどドイツには無い食材はいろいろありますが、椎茸や「さつま」という名の大根、「北海道」というカボチャ、ネギなんかも昔に比べれば日本に近いものが手に入るようになりました。
アジアショップに行けばYamという名で長芋に里芋(これは、美味い!)が手に入るし、木綿豆腐は味が深くて東京のスーパーではなかなか手に入らない味です。
僕は「なめこ」の味噌汁が大好きです。ずいぶん前から大手スーパーKイザースで瓶詰めが手に入りました。ちょっと違うし、時々?な時もありましたが、少し前から手に入らなくなって残念でした。
しかし年末にReweで写真の瓶詰めを見つけ試しに買ってみましたが、これが美味しい!亀戸の佐野味噌で手に入れた美味しい味噌と合わせて、極上に美味しいです。
今日の夕方、MINIのバッテリーを交換して洗車に行ったついでにReweでまた6つ買ってきました。もう3回目です。
ナメコ汁お好きな方、ぜひお試しください。
1.38ユーロでした。ひと瓶でかなりリッチな味噌汁が楽しめます。ドイツ限定情報でした。
c0180686_10040807.jpg



by Toruberlin | 2015-01-28 23:50 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(2)

Lasagna al forno

c0180686_09472810.jpg
水曜日の夜、2030頃までScarampellaと過ごして(イタリアはブレシアの弦楽器製作者、ヴァイオリンで有名な兄弟ではなく父親のPaolo Scarampellaの見目麗しいコントラバスを持っています!)まずはVino Nobile di Montepulciano。
かなり前に買ったコッパの塊が(豚の肩ロースよりもっと首の後ろあたりの肉で作った生ハム、美味い!)冷蔵庫にあるのをBottesiniを弾きながら思い出し、バルメザンの塊もバルコニーに2-3個あったので、ひとりワインを呑むことにしました。
c0180686_09471515.jpg
美味しいワインはラベルが美しい!これは大概正しいです。美味しいワインにはラベルにも力を入れるのは人情らしい。いや、高そうなラベルというわけでもなく簡素でもデザインが凝っていたりお洒落だったり。大体は知らないワインはそれで選べます。
VinoNobileは僕が好きになった最初のワイン。1982年に同地の音楽祭に参加して以来、かなりたくさんの銘柄を飲んでいます。
優劣はあるけれど、でも基本のレベルが高い!から、間違えることはあまりありません。このボトルは12月に気に入り一箱手に入れました。
c0180686_09465255.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-23 01:43 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)

(続) Pasta Fresca

c0180686_19505701.jpg
先日、初めて打った生パスタ。タリアテッレでしたが厚すぎたのが反省点でした。
で、今回はVermicelliを作ってみました。ソースはパンチェッタ、ポロ葱、ペペロンチーニ、ドライトマトとニンニクのポモドーロ。
太目が好きなので、前回よりは一段階薄くした生地をカット、美味そうにできました。
c0180686_19503212.jpg
もちろん茹で時間はかなり短くてよく、al denteに出来上がりました。
c0180686_19501722.jpg
ましたが、やはり乾麺の方が美味しい?ポモドーロには。
面白いのはパスタマシンなのに今まで中華麺にしか使ってなかったからか?まるで中華麺の様に出来上がり、何もしてないのに少し縮れてる。これは不思議。
そして、残ったのを茹でてうどんのように一度冷やして、昨晩の鶏鍋の最後に入れてみましたが、これが美味い!
パスタと中華麺の差ってなんだろう?かん水を入れるかどうか、これは大きな違いですが、入れない中華麺もある。
塩を多めかどうか?確かにパスタは無しでもできる。落合シェフのレシピは塩もオリーヴオイルも無しで卵だけでした。
オリーヴオイルも入れてもお美味しいがマストではない。
しかし、このコシは素晴らしい!
Tipo 00の粉が良かったのか?
たまご麺という中華麺もあり、僕も昔はやってました。卵と水、で塩も入れて鹹水も。
今度は中華麺、卵だけでやってみるかなー?そこに潅水を香り付けに少し?
生パスタはやはり幅広が良い。薄めで次回、再トライです。
そしてラーメン、たまご麺も試してみますが、うーんでもこの粉でいつものやり方のほうが良いかとも思います。
c0180686_19495953.jpg
はは、やらねばならぬこと多いのに、こんなこともやってますが、でもこれが大事な時間。楽器ばかりも弾いていられないし、仕事計画もそればかりでは煮詰まる。
でもしかし、約ひと月は仕事請けずに楽器を家で弾く時期にしています。その成果はどうなるか?実現するならお知らせします。

市場で手に入れた牡蠣2種類、オランダ産というのを薦められて買ってみました。これが2個は美味しかったのだけど(身が大きく、味が濃いという薦めどおり、まるで日本の岩ガキのような外観)後の4つは泥臭くて❌でした。オランダ産はもう買いません。
そしてノルマンディー産も買ってから気付きました。クリスマスから年末年始用に需要が多いから、この時期はダメなのでした。
美味しかったけれどあまりに小さく、、。
でもこの日、立派な鯖が並んでいて二尾買ってきました。塩焼きも抜群に美味しく、そしてシメサバ。そのまま食べるためじゃなくちゃんと〆て鯖の押し寿司。
c0180686_19493118.jpg
酢飯と棒寿司にしたのは家内です。とっても美味しい鯖でした。
鰯も美味しいですが、今の時期、鯖が良いみたいです。あとは、鮟鱇か。

早起きして適度にデスクワークし、生活のメインは楽器を弾くこと。弾けてもせいぜい4-5時間が限度、それ以上は(練習したという)自己満足には良いけれど、無駄になります。しかし4-5時間弾くには、その倍くらいの時間がないと上手くいかない。
仕事というのは対価を得るものでもありますが、こういう「仕事」のための時間、久しぶりに作っています。
c0180686_19491737.jpg



by Toruberlin | 2015-01-18 08:15 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)

帰国日記@ベルリン 29 東京公演打ち上げ

c0180686_04203382.jpg
サロン・テッセラから徒歩2-3分のお店、ここは人気店で弦楽クインテットの時は入れませんでしたが早い時間ならOKなのは2013年の春に知ったので、この日も本番前にまだ準備中でしたが伺い、予約しておきました。
〆には雲丹の炊き込み御飯が◎なお店です。
11/9はYッキーの誕生日でした。ベルリンの壁崩壊と同じ日です。
c0180686_04201744.jpg
僕は片付けとKBをSちゃんに車で運んでもらったので少し遅れて店へ。演奏者組とベルリンコミュニティーを上手く分け、Hちゃんと僕がその真ん中という上手い具合の振り分け、きっとパッパと決めたんだろうなー。誰が仕切ったかは想像できます。
c0180686_04195594.jpg
クインテット+作曲家夫婦。乾杯、お疲れ様でした!
c0180686_04193677.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-16 20:13 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)

Pasta Fresca

c0180686_09493362.jpg
Pasta Fresca、いわゆる生パスタを初めて作ってみました。
オリーヴオイルが無くなったので(無くなることは拙宅ではほとんどない、稀でありありえないこと)昨日の夕方、チェントロイタリアへ。オリーヴオイル2種類、モッツァレラ、パスタ(僕は基本的にディヴェラ製が好き)などなどを仕入れたのですが、粉のコーナーにPastaFrescaという名の粉がありました。強力粉なのですが、その文字で「そう言えば打ってみるか?」と思いました。
蕎麦、うどん、中華麺などなど麺類は数あれど、パスタだけは乾麺が美味しい。乾麺で充分美味しい、また乾麺の方が美味しいと思っています。ヴォンゴレとかAglio e Olioとか、生麺の必要がない、じゃない方が美味しいパスタ料理は多いです(キッパリ)。
しかしポルチーニ茸とかゴルゴンゾーラ系とか、生パスタの美味しさを一緒に味わえる料理もある。麺類の美味さは粉の旨さでもあり、前述しました様にほとんどすべての麺類は生の方が圧倒的に美味いのに、パスタだけは幅広いのが面白い。
でも昨日は急にパスタ・フレスカが食したくなりました。味は良いけれどコシと言うかal denteにならないのが市販の生パスタの難点、だから自分で作ることに意味がある。
落合シェフのレシピを見て、自分なりに解釈してやってみました。
粉は500g、100gに卵1個が適度な分量です。塩は今回は入れなかった。オリーヴオイルも(そのレシピにはなかったけれど)ごく少量、足しました。
混ぜ合わせて捏ねて、ある程度の塊になったら、後はひたすら手の平で甲にもう一方の手を添えて全体重かけて押します。それを何度も繰り返す。うどんや中華麺だとビニールに入れて踏むけれど、僕はあれが嫌い。口に入るものを踏むことはできれば避けたい、それに左右を変えて何回も両腕で塊を押しつぶすのは筋肉の鍛錬にもなります。
うどんと同じようにかなりの回数、2-3回の休憩を挟んで行いました。出来た塊は、かなり良い感じです。
それをビニール袋に入れて乾燥を防ぎ1時間以上は休ませます。これもうどんと同じ。
パスタマシンのローラーで何度か延して、カットしました。
c0180686_09492070.jpg
卵のキレイな色が出ています。
反省点は、かなり薄くて良いこと。美味しくできたんですが、少し厚かった。またパスタはフォークで適量を巻いて、噛み切らずに食すもの。噛み切ると皿が綺麗じゃないし、最後まで巻いて食せなくなります。
そのためには、板の状態で長さを決める必要があります。今回は少し長すぎた、うどんよりはずっと短くすべきです。

豚肉の美味しいところを買ってきたので、ニンンクとソテーしてマッシュルームを加えバター仕立て。生クリームで仕上げたソースで食しました。
長さと厚さが気になりましたが、驚くほど美味しくできました。
まあ、うどんや中華麺は30年以上打っているから簡単にできたんだとは思います。
出来上がり、早く食したくて最後の写真はかなりダメですが、、、。
パスタ尽くしのコースに一皿frescaを混ぜるのは、きっと◎です。
美味しいディベラの乾麺より、美味しくないと意味がない。
さて、どのパスタ料理が一番適しているかなー?
c0180686_09485813.jpg

by Toruberlin | 2015-01-14 01:47 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

番外編⑦帰国日記@ベルリン 2013年秋 東京

c0180686_19185017.jpg
さて、東京公演の翌日、僕はホテルに荷物を置いて友人と箱根に日帰り入浴。
そして夜はY嬢と「お疲れさま会」でした。新橋の炉端焼き「うだつ」さんにて。
コートをハンガーにかけてカウンターの角に座ったら、コートに帽子が良い感じ。Y嬢に戻ってもらって撮った一枚、気に入っています。
c0180686_19183226.jpg
「お疲れさま!」楽しいのは間違いないけれど、大変でもある室内楽。そして演奏以外の「大変なこと」もある。かなり疲れていただろうとは思いましたが少し強引に食事に連れ出しました。
やはり行ってよかった。締めくくりは大事です。
ここはY嬢とも2回目、昨年の秋には行けなかった、というかY嬢の日本滞在時間が学校の関係で短く、東京では本番後の打ち上げだけ、翌日はドイツに戻ったのです。
c0180686_19181716.jpg
c0180686_19180281.jpg
ここは刺身も良い。でもメインは野菜たち。
c0180686_19174385.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-10 10:47 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

1月3日は新年会。

c0180686_09080750.jpg
この正月はどうしようか?と思っていた新年会。昨日の3日、昼過ぎに行うことを決めました。急なのでたくさん集まるとは思いませんでした。フォアグラ豆腐するのに新鮮な豆腐が欲しいので店の傍に住んでるMちゃんに頼もうと電話したら、彼女は夜に学校で先約あり。でも豆腐は買ってきてくれるという。しかし、一緒に食べられないのに、、、。
c0180686_09074683.jpg
昼食は久々のパスタ、カルボナーラ。これを食した後だったので思いつきませんでしたが、彼女に豆腐を買ってきてもらい、昼に御節で呑んでお雑煮を食べてもらうことにしました。我ながらグットアイデア。
c0180686_09072975.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-04 22:40 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(4)

レシピブログ「鴨のロースト」

c0180686_07341469.jpg
26日の晩餐はcxのSちゃんは帰国中でしたが、いつものメンバー+日本から遊びに来てる親戚のMちゃんの6人でした。献立はいつもは牡蠣とかムール貝とかが入るのですが曜日的に今回は市場に行けず、いや23日に行ったのですが駐車どころか駐車場にも入れないくらい混んでいて、止めました。(MINIで行ってたら入れたかもしれないけれど)
ということは自然と肉が多くなります。パスタだけを順に並べることもできますし、野菜の網焼きグリルを挟んだりモンドールでチーズフォンデュとか魚介が無くとも手はあるのですが、3キロのサーロインステーキの塊が23日に手に入ったので、それでタリアータがメインとなり得ました。
しかし24日の昼前、ふと思いつき(というのも24日の方がみなさん買い出しを終えていて店は空いている)2.5Kgの鴨を一羽手に入れました。もちろん丸焼き、初めての試みです。なんか、焼いてみたいと思ったのですな。そして初めてでも上手くいく確信のようなものがありました。
Witt先生の奥様が毎年ゲンゼや鴨を焼いてらしゃいます。ゲンゼは180℃のオーヴンでゲンゼ専用の容器の蓋を閉じて4時間と仰るが、少し長すぎる気がします。いや、奥様のは美味しいんですが、ドイツ料理。そして5キロを超える鵞鳥。
200℃のオーヴンで1.5Kgの鴨を45分から60分、最初の15分はアルミホイルをかけて焼き、あとは10分ごとに落ちた脂をかけながら焼く、という記述がレシピを探したらありました。
僕の買ったのは2.5Kgと大きめで、だいたい2時間くらいか?と計算しました。
もちろんやってみないとわかりませんが、そして丸焼きは初めてですが、料理の勘というものはあります。
そして大成功だったので、記しておきます。
レシピをいくつか見ましたが、セロリとか人参、また香辛料だのハーブソルトなどなど、とにかく面倒なので、シンプルに行きました。パスタでもなんでも、素材の味を生かすのが信条です。
美味しい鴨は、その素材を活かすのが、一番と思うのです。
もーちろん、これは好みです。僕流です。
また、焼き方ですが、この「落ちた脂をスプーンで何度もかけながら焼く」というのは調理のセオリーとして確立しているようです。ですが、面倒であり、またその都度にオーヴンの温度は下がります、開けるから。これは避けたほうが良いはず。
なんで、最初は蓋したりホイルかけて蒸し焼きにするかは、中まで火がよく通るためですよね。
で、外して焼けば皮がコンガリになる。この大事な「コンガリ」ですが、皮からは実に上質な脂が出るんです。それは下に落ちるだけじゃなく皮の表面を伝わるわけで、このその都度かけまわす行為は、不要です。成功した今、キッパリ断言します。
今回は、焼きあがる直前に一度だけ軽くかけました。
ノブスペシャルとかラザーニアとか、短時間で焼いて最後に表面に焦げ目が欲しい時には上からのグリル効果を使いますが、200度でずっとじっくりと焼く場合には不要な行為と思います、鴨の場合は。
確かに鶏はパサっちゃうことがあるかもしれませんね。
いや、しかし、同じ様な手間ですから、丸焼きなら「鴨!」です。


鴨の丸焼き、レセピー。
by Toruberlin | 2014-12-28 23:31 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

帰国日記@ベルリン 19(続続々) コンサート翌日@アルチジャーノ

c0180686_08573299.jpg
c0180686_08571518.jpg
コンサート翌日の晩餐は古橋さんの御蔵の一部で営業してるイタリアン、アルチジャーノさんでした。ここもコンサート開催前、初めて津和野を訪れた時に昼に伺い、美味しいカーショエペペを作ってもらった馴染みの店です。
J君とCちゃん夫婦のお店。生パスタがウリのイタリアンですが、夜はいつもコースです。やはり2年前だったかな?あのときはJ君の師匠pinorossoのAシェフもお手伝いにおいでになっての賑やかな晩餐でした。東京から聴きに来てくれた九段中の同期生たちも実行委員会の計らいで一緒の晩餐でした。また昨年の打ち上げもこちらの料理を奥の蔵で大勢で食しての打ち上げでした!
c0180686_08565233.jpg


More
by Toruberlin | 2014-11-24 23:59 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)

帰国日記@ベルリン 18(続々) コンサート翌日「沙羅の木」さん

c0180686_05100217.jpg
今回のコンサート会場だった「沙羅の木」さん。
こちらは津和野最大のお土産物屋さんですが、美しい庭を望む大広間や別邸で食事を楽しむこともできるのです。
c0180686_05094422.jpg
アンペルマンデザインの町営バス撮影トライの後、沙羅の木の田中社長にまたまた誘っていただき、遅めのお昼に伺いました。
c0180686_05092868.jpg
こちらも雨上がりで瑞々しい!
c0180686_05090558.jpg


More
by Toruberlin | 2014-11-23 23:59 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)