ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59
グルーネヴァルト湖
at 2017-11-29 23:59
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-11-28 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:料理 ( 151 ) タグの人気記事

土曜日の晩餐

c0180686_23250107.jpg
c0180686_23242315.jpg
土曜日、昼過ぎに買い出しにでました。弟子のHくん、レッスンをこの日に?と思っていたんですが週明けに僕が変更、でもバーデンバーデン夏期講習の帰りにベルリンに来てる同級生のチェロのY嬢は今回まだ一度も食事に来ていない、湖畔ビールは二回と中華GFにも行ったのだけど。「2回くらいおいで!」とバーデンバーデンに居る時から言ってたので、まずは土曜日にイタリアンコースにしました。
今が旬のアンズ茸、黒トリュフがお目当ての買い出しでしたが、黒トリュフは売り切れでした。で、アンズ茸もかなり小さいのしかない。「アンズ茸、もうちっと大きいのはいま入らないの?」と訊けば「ありません、もう入れません」との答え。
「え?、もうシーズン終わり?」と訊き返しました。アンズ茸が終わるとポルチーニ茸がでます、それはそれで嬉しいのですがイタリアじゃあるまいし、まだ早い。
「小さい方がずっと味が濃く、美味しいからです!」だからもう、できるだけ小さいのしか仕入れない!とのこと。
確かに、レストランでは小さいアンズ茸が出ることが多い。
で、1kg買ってみました。結果は、確かに美味しい!もう少し大きめのが歯ごたえもあるから美味しくもあるが、確かに味の深さはこちらが勝りました。
c0180686_23243368.jpg
小さいから、刷毛での掃除が(家内が)大変です。
c0180686_23240918.jpg
c0180686_23234993.jpg
黒トリュフの代わりにカルチョーフィのパスタにしました。
帰宅して、まずはブランチ。二日前に打った中華麺、冷やし中華で2回楽しみましたが、この日は塩生姜ラーメンにしました。
c0180686_23245203.jpg
かなり美味しゅうございました。
c0180686_23244360.jpg


More
by Toruberlin | 2017-08-07 16:14 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

バルコニーで炭火焼き

c0180686_19211664.jpg
c0180686_19210748.jpg
c0180686_19205698.jpg
上もお隣さんも、斜め上もヴァカンスに出かけたチャンス!と金曜は母も来るしバルコニー炭火焼きにしました。
今までも苦情言われたわけではありません、でも煙は感じるはずですから不在の時が良い。もともとアパート炭火焼きには制約があります。タレは❌、いわゆるバーベキューのノリで肉は焼けない、脂が落ちると煙がかなり上がりますから。
砂肝とハツは問題無し。ネギマは鶏腿肉の皮を外し捌くときに極力脂を取り除きます。炭はBIOの高級炭、煙少なめです。
長芋、生レンコンなどは今回は省きました。元々、手打ち中華麺の冷やし中華がメインだったのです。
なので焼きおにぎりも今回は無しにしました。
c0180686_19204799.jpg
O西家に贈ってもらった天然石くり抜きの長方形七輪は大重宝しています。
ワインは冷蔵庫で冷やしていたフリウリのSauvignonにしました。母は全くと言って良いほど呑まなかったんですが(連れ合いがこの20年近く一滴も呑まなかったから)近頃は2-3杯は美味しく呑むようになりました。古橋さんの初陣(ういジンジャーなど)や厳選したイタリアワイン限定ですが。
c0180686_19203538.jpg
このBRANKOのワインは、白は3種複数本飲みましたが、美味しい!
c0180686_19202512.jpg
c0180686_19201541.jpg


More
by Toruberlin | 2017-08-05 18:17 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

鮪、生の尾頭付き晩餐編

c0180686_17395477.jpg
c0180686_17394417.jpg
マグロを初めて捌いた日の晩餐です。
まずは刺身、となるとお酒。母も一緒だし鴎外晩餐の時に「美味しいわね、これは!」と気に入っていた古橋さんの大吟醸「津和野」をお供に選びました。本来、肴がなくとも旨い酒ですが、もちろん鴎外晩餐で鮨に合わせたように、刺身に合います。
酒器は成澤文京区長に頂戴した江戸切子の「吾が盃」大小と漆塗りの黒い「吾が盃」を選びました。
c0180686_17393687.jpg
酢飯は鮪くらい大事です。お米はいろいろ試しました。近頃はイタリアからくる夢錦、日本種をイタリアで成功させた米で、とっても美味しいです!日本から米を運んでくる時代は終わった、と言えます、これだけ美味しいと。こちらの水にも合っているのでしょう。でもしかし、山形の「つや姫」これだけは格別です。米沢のK嬢のご両親が毎年贈ってくださる「つや姫」こういう時にとっておいたのを炊きましたが、やはり格別の旨さです。
c0180686_17391364.jpg


More
by Toruberlin | 2017-08-03 09:55 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)

尾頭付き

c0180686_17595600.jpg
c0180686_18000504.jpg
「なんだって、唐茄子?!てやんでえ、こちとら江戸っ子だい。鰹を半身買ってくださいって言われりゃなー、女房質に入れてでも(あまり良い言い回しじゃないけど)工面するけど唐茄子かい!馬鹿にするねえ!」
古典落語「唐茄子屋政談」の一節です。
古今亭志ん生師匠のが良く、また有名ですが、息子の志ん朝さんのが素晴らしい。カセットテープ時代、80年代にベルリンで覚えるほど(主に車中で)聞いたものです。あれ?それとも早逝したもう一人の息子の金原亭馬生のだったかな?志ん生、馬生、志ん朝、三人の名人の噺は素晴らしい!知らない方は是非!
古典落語は、上方落語ってのもありますが、まあ本場は関東。江戸噺が多く「江戸っ子」自慢、また江戸っ子ぶるのを揶揄してます。
でもね、江戸っ子の僕には「尾頭付き」ってのは特別。鰹を半身買ってくれって言われりゃ、はわかります。僕なら丸ごと買うけれど、昔は冷蔵する方法が今みたいにはなかったからなー。
さて、ベルリンが誇る生鮮市場Lindenbergに久々に行った朝、お目当は鯛茶漬け用の小ぶりな鯛。あとは貝類でもあれば!でした。カニの爪が珍しくあったので求め、鯛は奥からもうちょっと大きいの(もちろん新鮮なのを)見て来てよ!と顔なじみに言いながら、目の前に最初は大きくて何だか認識しなかったけど、尾頭付きのマグロ。訊けば、初めて入った(これから定期的に入れたいそうです)生のマグロ。今までは生でも解体されパックされた5-6キロの塊の量り売りだけでした。マグロは80kg以上の方が(中トロとかは日本に行ってしまうのか?滅多に手に入らないけど)美味しい。でも小振りも獲れてしまうんでしょう、これは11kgでした。
c0180686_17593420.jpg


More
by Toruberlin | 2017-08-02 09:53 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

夏だけど、うどん。

c0180686_17180302.jpg
c0180686_17181343.jpg
手打ちうどん歴は長い、30年くらいか?中華麺もそれに近いはずなんだが、なかなか上手くできなかったこともあり得意になったのは近年、ですがうどんは初期から失敗なしでした。こちらには強力粉や中力粉はどこでも売っていて、しかも安価。塩は昔からシチリアはトラーパニの海の塩をチェントロイタリアのおかげで使ってます。でもいま思うと、80年代は岩塩の方がメインだったな。夏なのに雨が多くて寒い日が続いたのでうどんを打ちました。
まずはこの池波正太郎さんの文章をどうぞ。「日曜日の万年筆」からお借りします。

むかし、、、約五十年前の東京に片隅に暮らす三十前後の女がいた。
この女は夫と離婚しはたらきながら男の子二人と自分の母親の面倒を見ている。
躰は丈夫で一度も病気をしたことがない。まず、はたらきものといってよいだろう。
この女は月に一度だけ、鮨屋へ入り、大好きなマグロや赤貝のヒモなど、鮨を食べる。鮨が大好きな女なのだ。このときは一人きりで食べる。子供たちを連れていくだけの余裕が財布にないからだ。
いかに困っていても、月に一度は、かならず一人きりで鮨を食べる。
これが、他に何のたのしみもなくはたらきつづけてる女の、ただ一つのたのしみ、、、、つまり生き甲斐だった。
このように、鮨の一皿だけでも、二人の子供と老婆を養う活力が出たものらしい。もっとも、五十年前の女の子とではあるが、、、。
こういう女だったが、子供たちへは、たっぷりと食べさせたので、二人とも小学校の校医によって、栄養は「甲」になっている。
この女がわたしの母だ。(続)

時代が違うと言ってはそれまでだが、一ヶ月に一度の好物の鮨で、またひと月頑張れる!今はどうかなー?
お手軽簡単時代で、時短と称して、それが効率良いからと受け入れられ、また出来合いで良しとし、満足もしてしまう。
それで幸せなら良いと思う反面、勿体ないんじゃないかな?と物事の過程を取っ払うことを憂います。
音楽するには、大事なことだから。いや、本当はなんにでも大事。
板前修行は掃除から。
やーさんや噺家の新入りはトイレを磨きあげることから始まる。
昔は芸は盗め、と言われた。Witt先生も「一番はベルリンフィルでの演奏を聴いて、見て勉強することだ!」と仰ってましたからカラヤンとベルリンフィルのコンサートはほぼ全て聴かせてもらいました。もちろん、レッスンではそれについての疑問があれば答えてくださった。今の学生諸君、自分の先生のコンサートに行ってますか?オケ弾きになりたければオケ奏者に(も)師事するのが王道で、それはレッスンだけじゃなく舞台から学ぶことは多い。まさに言い方は悪いけど「盗む」ですね。
第一首席奏者の恩師のレッスンをたっぷり受け、コンサートは同じ演目でも全てと言って良いほど聴かせてもらい、また一緒に(お隣は一度もないけれど)弾かせていただいたのは幸運でした、ありがたい。
それだけお世話になったけれど、その修行にはやはり大事な過程がたくさんあった!と実感しています。
茹でたら食べられるうどんと、そのうどんを粉から自分で打つ過程と、同じじゃないけれど似ている。
魚だって自分で捌くか、捌かれてるのを食すかでどう違うか?経験した後にどうするか決めれば良いわけで、それは捌いたことがなければ知り得ないことです。どれだけ美味しい醤油ラーメンが自分で作れるということも。
知る、それを選別する、試行錯誤して自分の中で昇華させ、自分のものにする。
学ぶは「真似」から来ているそうです。
その真似から知ったものを、どれをどのくらい、どのようにownにするか?
全てのことに共通します。

話が逸れました。
もう一箇所、池波正太郎先生の文章からお借りします。

人間という生きものは、苦悩、悲嘆、絶望の最中にあっても、そこへ、熱い味噌汁が出て来て一口すすみこみ
「あ、うまい」
と、感じるとき、われ知らず微笑が浮かび、生き甲斐をおぼえるようにできている。
大事なのは、人間の躰にそなわった、その感覚を存続させて行くことだと私はおもう。(続)

そう思います。でも、味がわからなかったら、、、、、。(これ、音楽も同じ。わからなかったら?Maßstab=尺度を持っていなかったら?)

幼い頃から今まで、周りに食を大事にする人が揃っていて、ありがたい。
親の影響は大きく、そこで育てられた兄もですし、家内も両親から受け継いだ。
Witt先生ご夫妻もまさにそうで、ベルリンフィルのリハの合間には休憩が3時間以上ありますが、車をすっ飛ばしてお帰りになってました。ドイツの家庭は朝と夜は軽く、昼はしっかりフルコースを毎日なさってました。もちろんお客さんの時にはメインは晩餐になりましたが、結婚してから毎日、奥様はちゃんと料理なさってました。
僕は実は一人だと、外で済ましたり出来合いを食べたり電子レンジを使うことはないけれど(ベルリンには持ってない)かなりシンプルです。でも家内は一人でもちゃんと作るらしい。これにはエネルギーが要るし手間もかかります。普段の晩御飯もほとんどは家内が作ってくれますが、毎日は大変と思います。でもそれが義務行為でなく、喜びを見出しての、そして自然な楽しい行為なら別次元の話だし、幸せですね。
c0180686_17174862.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-28 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

WATAPAS Berlin

c0180686_18544406.jpg
c0180686_18545373.jpg
c0180686_18543584.jpg
ひと月前、WATAPAS開店日に行ってきました。
WATAPAS=和のタパス。小皿料理だから居酒屋、なんですが日本の居酒屋とも違う。
和タパスは新しいジャンルのお店、「呑む」がメインの店です。そういう意味ではまさに居酒屋、でも東京じゃないから〆もここでできるように何か用意したらいいんじゃない?とこの開店日に提案したくらい、メニューに肴がずらっと並んでます。
場所はプレンツラウワーベルク、僕が名付けた表プレンツ、プレンツラウワーベルク区の賑わった西側じゃなく、じわじわオシャレになってる東側(ベルリンの西東じゃなく東西南北の、です)エリア、裏プレンツにあります。
c0180686_18542618.jpg
c0180686_18540507.jpg
居心地良い店内、日本人以外で外の席は埋まってましたがここは中が正解です、せっかくオープンキッチンですし。
c0180686_18541380.jpg
ヒデちゃん、居ました。今までMamechaではこういう姿は見られなかった、良いです。
Mamechaはミッテ区にあるお茶のカフェです。2010年だったか?サッカーのW杯の日本戦をミッテの空き地パブリックビューイングで日本人100人以上で応援して、観戦後に今はロンドンに行ってしまった観戦発起人がRosentahler広場裏のクラブを予約してくれて数十人で盛り上がりました。外のテーブルでワイワイ呑んでたら日の丸掲げて日本代表ユニの一団が左から来て声をかけました。この時の一人がヒデちゃんで「今度、この近所に日本茶カフェオープンするんですよ!」と話してくれました。
数ヶ月後にその煎茶、ほうじ茶、番茶、玄米茶がラインナップの日本にはあまりない「茶カフェ」に伺いました。ランチが美味しいこともあり流行ってましたが、Mamechaという店名、場所は津和野町と姉妹都市のベルリン中央区!
津和野名物まめ茶を彼に紹介し店においてもらいました。ノンカフェインの美味しいまめ茶、流行り、定着してます。
そのヒデちゃんが居酒屋を作ると言うので楽しみにしていたんです。
c0180686_18533465.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-22 23:59 | べルリンの美味い店 | Trackback | Comments(0)

サマートリュフ(黒トリュフ)

c0180686_18010634.jpg
c0180686_17583776.jpg
「初物」江戸っ子は初鰹はじめ「初物」に拘りました。旬の食材、今ではハウス栽培や流通の進歩で世界中から食材が集まるから風情も何もあったもんじゃない!という意見もありますが、旬の食材は美味しいし、やはりありがたいです。
ベルリンだと、東京よりも旬を意識できると感じます。特に市場で買うことが多いからかな?
日本でだって価格の差でも最盛期はわかりますよね。鎌倉の野菜直売店など生産者と近い場所では、普通に感じてる感覚かもしれません。
初鰹は実はあまり美味しいものじゃない、戻り鰹のが美味いですが、ハシリを最初に口にする贅沢!これも縁起良いから賛成です。
ベルリンだと一番感じるのは白アスパラ、あとは苺やキノコ類です。
日本では今は雲丹の最盛期ですね、そして鮎も。日本の真夏に帰国するのは避けていますが「津和野日原で真夏に鮎を食す」これはそう遠くない将来に実現したいし、夏祭りや盆の踊り、ほおづき市などなど、真夏の風情も懐かしいです。
雲丹もですが大好物の鮑も夏が旬です。
c0180686_18005598.jpg
さて、ベルリンのプロ用市場Lindenbergで手にれた、黒トリュフ。白とはまた別物のサマートリュフは価格も段違いにフレンドリーですし、また白とは別の美味しさがありパスタに最高です。
c0180686_17593952.jpg
写真の2つで200g、大きい方で3-4人前のパスタにすると、かなりリッチです。でもこれはリッチに使った方が美味しい!
c0180686_17585573.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-12 10:57 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

暑中見舞い申し上げます

c0180686_17200356.jpg
c0180686_17195465.jpg
日本はそろそろ梅雨明け、東京は明日がお盆の入り、そろそろ夏本番ですね。
「暑中お見舞い申し上げます」
酷暑が続く近年、どうぞご自愛ください。

さて、ベルリンはかなり夏だった6月が過ぎ、このところ雲が多いです。局地的に強い雨もあります。
今朝も、雲が切れて太陽が出ると真夏!
雲が多いせいで、ベルリンにしては蒸し暑いことしばしですが、でも東京とは比べるべくもないと思います。
37年ベルリンに居りますが、夏の帰国は仕事で同じ夏に二回、あとは父の新盆のふた夏だけ、今の時期はヨーロッパに居るようにしています。
今朝は少し開いていた窓から入ってくる冷気で目覚めました。軽井沢の朝、みたいなイメージです。

さて、だから冷やし中華、しばらく食べてません。
鴎外晩餐あと、まだまだ書いてないこと多いですが、これは5月下旬の写真です。
c0180686_17194510.jpg
美しいでしょう?粉の配合から打ち方などなど色々試した現在の完成バージョンです。
c0180686_17193443.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-12 10:16 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

初陣の生酒を呑むために。

c0180686_04050762.jpg
c0180686_04051718.jpg
5月下旬でした、前回の炭火焼。あー、そろそろまた食べたい!
鶏肉は日本の有名地鶏よりも美味しいベルリン、そしてBioの炭も手に入れ(前は備長炭、運んでました)塩は世界で一番美味しい(私感です)トラーパニの海の塩。炭火焼は自分でするしかありません、美味しくて楽しい!
仕込みがかなりの手間ではあります、元気がないとできない。でも、そういう元気や余裕がないときは楽器弾いても大した音は出ないし演奏もたかがしれてます。
丁寧で楽しい日常生活こそ、楽しいし大事です。華やかなのも、それは楽しいけれど、ね。
この自然石の大きな七輪はKBの先輩ゆーちゃんの愛娘Mちゃんが働いてる会社でチョイスして販売していた優れものです。数年前に贈ってくれました。
本来は裸火はアパートでは禁止なのです。屋内で窓を全開か、またはバルコニーか?ご近所迷惑でもあります。
そして、煙の原因はとにかく脂。鶏皮は茹でますが、他の部位も脂は細々とカットして仕込みします。そうじゃないと運が悪ければ消防車が来てしまうかもしれません。
c0180686_04045887.jpg
鶏モモを捌き、考えて切り、串打ちする。手間ではあります、でも楽しい。
東京でも麻布のアパートで毎回行う屋上炭火、200本以上仕込みますが、呑みながら楽しくやれば、それは楽しみになる。もしもそれが生業だとそうもいかないでしょうけれど。
c0180686_04045060.jpg
この時の試みは、生牡蠣。ノブくん来宅の時に食べようかと思いましたが、考えてみればツアー中に生牡蠣は薦めるもんじゃないと止めました。牡蠣って結構長い間、美味しいんです。冷蔵庫で活きてます。
c0180686_04043977.jpg
でも今回は、生で食せる生牡蠣を直火で炙って好きに食べる!をやってみました。このタイプは加熱すると縮んでしまうから、ほんの少し、旨味が増す程度に加熱します。
c0180686_04042876.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-11 20:52 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

日曜の夜も「さーて何を食おうかな?」

c0180686_02021987.jpg
c0180686_02021035.jpg
今回はDSO(ベルリンドイツ交響楽団)でノブくんと共演どころか、リハにも顔を出せませんでした。本番はこの翌日の月曜日、これは聴かせていただきました!もう最高のショパンでした!
さて5/14の日曜日、成澤区長とお別れして帰宅、まずはオックステールは仕込んであったボッリートミストを完成させました。あとは最高に美味しいサルシッチャでパスタ2種類、フランスからのクレヴェッテのパスタを考えてました。
c0180686_02015632.jpg
時間通りに来てくれたお二人、まずはシャンパン、ヴーヴクリコのピンクで乾杯!拙宅に来てもらうのは久方ぶりでした。
c0180686_02013937.jpg
c0180686_02014817.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-10 23:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)