ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59
グルーネヴァルト湖
at 2017-11-29 23:59
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-11-28 23:59
暑気払い、ならぬ「湿気払い」
at 2017-11-27 23:59
ちろり
at 2017-11-26 23:59
ブランチのパスタたち
at 2017-11-25 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:新ポツダム室内管弦楽団 ( 9 ) タグの人気記事

ヨハネ受難曲

c0180686_03273759.jpg
この時期に受難曲というのもめずらしいです。まだアドヴェント前ではありますが、どこの合唱団もJ.S.Bachのクリスマスオラトリオかそれに近い作品を準備してる時期です。ここ8-9年、春は桜を見るために帰国してるので(今年は久々に帰りませんでしたが)イースターは居ないことが多くマタイとヨハネとはご無沙汰でした。昔はどちらも毎春に複数回演奏しましたから、ほぼ覚えてます。
c0180686_03275592.jpg
右のトリノ生まれのDespineで弾こうか?またはクレモナのCavalli?と思ってましたがリハの出がけに時間なくケースに入ってたHawkes-Panormoを持って行きました。ガットコアの弦で弾きたい気持ちはありましたが、リハの様子でスチールで十分と判断、もちろんHawkes-Panormoも素晴らしい五弦コントラバスです。
c0180686_03273021.jpg
この教会、50年代、つまり戦後の建物ですが老朽化に依り大改装が必要だそうです。しかし建築家がまだ存命で、それに賛成しないそうで手を入れられないらしい。結果、壊して建て直すのだそうです。残したい文化財的な建物でもないのでしょうが、しかし建築家が自分の作品とはいっても改築を拒むとはバカな話に聞こえます。それとも余程変な改築プランだったのかな?
なんか壊すのは勿体無い様な気がしました。
c0180686_03272062.jpg


More
by Toruberlin | 2017-11-23 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Joseph Haydn 天地創造

c0180686_22425977.jpg
c0180686_22424893.jpg
キリスト教以外から見れば、身勝手な解釈となるのでしょうが、天地創造。
神が天地を、世界を創造する話です。アダムとイヴが出てくる前(作品の二部で人間を作り、三部に出て来ますが)魑魅魍魎(?)蠢く混沌とした、そうカオスな世界から曲は始まります。
そして前奏曲の間に最初の(もちろん物理的には変です)太陽が昇る。
まずこの前奏曲からしてシビれる作品です。
音楽作品としてすごい曲、ハイドンの代表作の一つに数えられています。
奏者として弾くのも、この上なく楽しい。
キリスト教徒ではないですが、日本の神道、ギリシャ神話、または仏教やアラビアンナイト。世界の、人類に関わる古からの歴史は解釈は多々あれど、その全てを「ひとつの説として」受け入れるのは興味深いです。まして西洋音楽を演奏する奏者ならキリスト教と離れては成り立たない。絵画も音楽も。
それと離れて純粋に音楽を!なんてのは戯言です。
それが一番大事じゃないけれど、背景を知ってと知らぬとでは、その情報や知ったことをどう活かすかは各人の裁量(それをセンス、または才能といいます)としても、大きな違いです。
Witt先生が練習しすぎないで美術館に行け、本を読め!と仰ってましたが、自分の利に結びつくことにばかりにじゃなく、興味の対象を広げて知ることは大事です。人生を豊かにする。
勉強する、じゃなく、だからヨーロッパに暮らすことには西洋音楽を演奏するなら意味があるのです。
c0180686_22423839.jpg
日曜日の本番前、早くに来て最前列に座った父と息子のお二人。
「こんなKBの真ん前じゃ、きっとうるさいですよ」と言うと坊やが「どんなに大きい音で弾いても大丈夫ですよ」(笑)
c0180686_22422528.jpg
「何歳でKBを弾き始めたんですか?」と坊や。14才と告げると父親に満面の笑顔で「まだ7年もある!」
坊やは7才だから小学校一年生。「KB弾きたいの?」と訊けば「Ja !」
「だったらピアノは習ってる?どんな楽器をやるにも基本として良いんだよ」と言うとパパと一緒に嬉しそうに「始めたところなんです!」親にもまずピアノから!と言われてるようでした。
小学一年生がハイドンの天地創造、2時間超の作品を、なんと最後まで聴いていました。終演直後に「よく寝ないで聴いてたねー!」と声をかけると、少し眠そうではありましたが、父上が「私も驚きました」
c0180686_22421629.jpg
c0180686_22420677.jpg
開演直前、このあと小編成の合唱団が入って来てVocaliseというシリーズの開幕ですから少しの挨拶はあるとは思いましたが、一人終わったと思ったら市役所から文化担当の(パリッとして綺麗な女(ひと)で話も上手かったけれど)長い挨拶、そして教会音楽関係のスーパーインテンダントの女性が挨拶に来るはずだったが風邪でダウンしていて代理で原稿を紹介(また、長かった)。数億円出してるスポンサーだってコンサートの前にスピーチなんか普通はしない。ちょっと違うよなー!という考えが顔に出てしまいます、どうしても。
演奏する準備してステージに上がるのだから、挨拶するなら手短に!どうして出来ない人が多いんだろうなー。何かのレセプションに演奏するのとは違い、演奏がメインのコンサートなんですから。
c0180686_22415499.jpg
c0180686_22414579.jpg


More
by Toruberlin | 2017-11-19 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

ポルチーニ茸もですがモンドールもシーズンです

c0180686_07391815.jpg
c0180686_07391429.jpg
ポツダムでのNKOPコンサートの後、聴きに来た母と家内とフランス娘(五弦コントラバス)を乗せてすぐに帰宅しました。外食が最近多い、母にはどうせタクシーで帰ってもらうし終演後の遅い時間の食事でしたが誘いました。
c0180686_07390301.jpg
フリウリの白、BRANKOのフリオラーノ、美味しい!
c0180686_07385862.jpg
まずはイカのアヒージョ。オリーヴ入りのパンもチェントロイタリアで仕入れてました。
c0180686_07385460.jpg
c0180686_07385171.jpg


More
by Toruberlin | 2017-09-29 23:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Havelberger Dom

c0180686_16525113.jpg
おはようございます。昨日は終日、ベルリンから西へ100キロちょっとの古都Havelbergにいました。今日の17時からDomでメンデルスゾーンのPauls、本番です。
c0180686_16524291.jpg
ハーフェルベルク大聖堂は12世紀建立の古刹、いまの姿は18世紀に形作られ、現在は閉鎖されてますが裏は修道院でした。
c0180686_16521302.jpg
c0180686_16522772.jpg
c0180686_16522022.jpg
c0180686_16523436.jpg
アウトバーンは遠回りなので一般道を走ると1時間40分、しかし小さなドイツの街を抜け、森のトンネルをくぐり広大な平地を眺めながらのドライヴは最高です。途中、あのオットーリリエンタールの故郷なのか?小さな村に大きなリリエンタール博物館があり驚きました。
今日も朝から良い天気!13時にGPですが12時前には到着して昨日休憩時間にビール飲んだ川の辺りのレストランで魚料理を食べるつもり、なのでブログはここまでで出発します。(続)
c0180686_16520511.jpg
c0180686_16515722.jpg
おはようございます。快晴の月曜日、朝です。
昨日はHavelbergでパウルスの本番でした。それは後ほど書くことにして、まずは土曜日日記を昨日使わなかった写真を綴り、続けます。
c0180686_16115948.jpg


More
by Toruberlin | 2017-09-17 09:47 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

J.S.Bachのクリスマスオラトリオ

c0180686_19395839.jpg
12/7に白寿ホールでのバッハコンサートを終え、12/8の昼過ぎのANAミュンヘン経由でベルリンに帰って来ました。
翌日12/9は日曜のフィルハーモニーKMSでのクリスマスオラトリオのリハでした。
ティアガルテンの森にある教会を借りてのリハ、15分前に着いて楽器をケースから出してインペクのPと「日本はどうだったい?」なんて話をしてたら「あー!!」とP。そして蹲る。どうした??
ティンパニーをポツダムから運んで来たんですが、我がNKOP (新ポツダム室内管弦楽団)の楽器庫に楽譜一式を忘れてしまったそうです。ちょうど指揮者も来たところ。滅多にない失敗に、さらに「あー!」と嘆くP。
僕が「行こう!」と彼を連れ出発、車内でPが合唱団に連絡し楽譜を持って来てもらい途中のWannsee駅で合流、ブツを受け取り戻りました。通常なら片道(空いていて)50分、だからPは「もうだめだ」と思ってたそうですが、まずは出発して携帯で手配すればなんとかなる!が功をそうしました。ぴったり60分後にリハ会場に戻り、楽譜を持ってたメンバーでアリアやテノールのSeccoをやっていたそうで((僕は居なかったけど)リハも予定より少し早く終わったから、事なきを得ました。
車内で「Toruがすぐに、さあ取りに行こう!」と言ってくれなかったら、まずはしばらくは放心状態だったよ、とP。アウトバーンに乗る頃には楽器庫がある教会でリハしてた合唱団のインペクにも連絡ついて一安心「やっとToruのオールドベンツに乗れた、なかなか良い乗り心地だねー!」と笑顔が出て来てました。
c0180686_19395012.jpg
ティアガルテン地区には森の終わるあたりにル・コルビジェなどの当時の最先端建築の集合住宅が並びます。この教会もその一環か?なかなか素敵なモダンな教会でした。
楽器は数年前にネックが折れて修理の後に格段に良くなったパリ生まれのC.Brugereの五弦。白寿ホールでは苦労しました、やはりBachコンティヌオは五弦で弾くのが正しいです。
c0180686_19394239.jpg


More
by Toruberlin | 2016-12-12 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

NKOP 15周年記念コンサート

c0180686_15412891.jpg
おはようございます、金曜の朝も素敵に晴れました!
今日はベルリンから真南の村の教会に向かいます。昼前から夜までリハして本番は明日の夕方です。
トランペットのヨハンとのコンサート、KEBTはRossiniの弦楽ソナタ2番とチェロとコントラバスのデュエットを弾きます。

昨日はNKOPのコンサートでした。
15周年記念と、15年間名誉職の代表として貢献してくれたDr.Seidelとのお別れの会でもありました。

続きは後ほど、写真だけ載せておきます。

こんばんは!6/5日曜日の夜です。南ブランデンブルクの村の美しい教会で弾いて昨晩帰りました。宿泊は古城ホテル、だったんですがネットがなかった。また全域で3Gも入らずEというもっと遅い通信状態でしたのでBlogは不可能でした。
c0180686_15405487.jpg
NKOPの今シーズン最後の定期はBachとプルチネラの出会い。プルチネラは道化師ですが、作品はバレエ曲です、バッハの管弦楽第一番も舞踏要素が多い作品です。踊りをテーマにプルチネラが二作品を繋ぎました。
c0180686_15402466.jpg
バッハ、これもまたいろんな解釈があり、古楽の弾き方(も様々ですが)現代の弾き方。ロマンティックなバッハは勘弁ですが、バロックを知って今の楽器で弾くバッハは僕は好きなんです。Witt先生もよくおっしゃってましたが初期のMozartまでは指揮は必要ない、と思います。まあ、難しいとこです。
どう音楽するかを纏めるのも指揮者の役目、音楽監督ですな、交通整理じゃなく。
それを室内楽ではある程度奏者の意見交換で行う。
気心知れていて趣味の方向も同じなら、例えばグスティとのデュエットの様にほとんど言葉を交わさなくとも演奏できる。そういうのが理想なんです。そして編成が小さければ小さいほど、それはできるはずなんです。
c0180686_15395204.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-03 08:25 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

Igor Strawinsky "Pulcinella"

c0180686_15153239.jpg
おはようございます。昨日は1615からNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)の今シーズン最後の定期(本日1930開演)のリハ二日目でした。NKOPは15周年を迎えます。僕もほぼ最初からのメンバーでシェーンベルクのKammermusikNr.1&2公演(どちらかが第二回公演でした)から首席コントラバスを務めています。
c0180686_15150340.jpg
このNKOPはドイツ統一後に旧東独で統合や廃止された多くのおオケの一つ、Aオケだったポツダム歌劇場管弦楽団の元団員にベルリン放送響やオペラなどのオケの団員がジョインして作った小編成オケで、このErlöser教会を本拠地に素晴らしい教会専属合唱団と活動してきました。僕も最後の2年くらいポツダム歌劇場管弦楽団には首席ゲストで出演していましたが、そのご縁が続いてもう15年です。
c0180686_15161890.jpg
今回は前半にバッハの管弦楽組曲第1番、後半はストラヴィンスキーのプルチネラ組曲です。
c0180686_15143243.jpg
プルチネッラは劇団との共演で、その名の通りPilcinella(道化師)が四人登場します。指揮者のUd Joffeもその一人。役者が一人出演できなくなり、それで仕方なく、、、とリハで語ってましたが楽しそうに演じてました。
c0180686_15133079.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-02 08:03 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

ベートヴェンとフォーレ、そのあとは。

c0180686_22112536.jpg
フィルハーモニーでのコンサートは16時、18時半には終わり着替えてY嬢とビールを呑み、さーて晩御飯はどうしよう?
家内は聴きに来なかったんですが、家で料理しててくれました。もちろん3人分。
コンサート前に舞台で弓を選びました。オールドホイヤーはフランス娘ブルジェーにピッタリなんですが、少しソリスティックすぎる。フォーレは第一版がヴァイオリン抜きだったからか?ヴィオラが活躍するんですがコントラバスにも出番が多く、たくさんの聴かせどころのピチカート以外にも、何か所か美しいメロディーを弾きます。
c0180686_22111459.jpg


More
by Toruberlin | 2013-11-24 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

フィルハーモニー大ホールにて

c0180686_07040140.jpg
今日は10時にアンペルマンのウンターデンリンデンショップの新装開店でした。13時少し前にフィルハーモニーに移動、14時から明日のコンサートのGPでした。
隣のKammermusiksaalで室内オケ(小編成)で弾くことは多いですが、大ホールではDSO以外では滅多に弾くことはありません。今回はNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)でカメラータ・ヴォカーレという合唱団のコンサートです。
日曜日(11/24)の16時からのコンサート、曲目はベートーヴェンのハ長調ミサ、そしてフォーレのレクイエムです。
c0180686_07033843.jpg
今回もヴァイオリンのY嬢、一緒です。フィルハーモニーの大ホールデビュー!
僕はこのホール、世界最高のホールと思ってます。大編成でも楽しいですが今回の様な65442の弦楽器編成でも良く鳴ってくれます。ここでマタイを弾いたこともありますが、KB1本でも楽しいホールです。
c0180686_07030843.jpg
リハの直前、ハープの場所決めで時間がかかってた隙に撮影しました。
今回の合唱団、50人あまりの編成です。昔から小編成オケでよく一緒にやってるリアス室内合唱団(ドイツでも数少ないプロのコンサート合唱団)やDSOでしばしば共演するベルリン放送合唱団の様な、バリバリのトップ合唱団ではありません。アマチュアの合唱団なのですが(ベルリンには教会の数だけ合唱団があり、またそれ以外にも多いです)歌は身体が楽器。やはり合唱が鳴ると言うか、これは言葉もあるし(本当に言葉を解釈してるかどうか、とか)生まれ育った環境とか要因はいろいろあるのでしょうが、管弦楽以上に、ドイツならでは!を毎回感じます。
今回弾いてるのはパリ生まれのブルジェーです。大修理後に大きなコンサートで弾くのは初めてです。
先日書いた、テールガットの話はこの楽器で再確認したことでした。フィルハーモニーの大ホールでも力強く、そして柔らかく鳴ってくれています。
弓はオールドホイヤーのゴールド弓。ガット弦を張ったBusanやCavalliでは少し力強すぎる弓なのですが、スチール弦を張ってる今のブルジェーには相性良いです。
オケは違いますがWitt先生が長年弾いてらっしゃった場所で演奏するのは、やはり気持ちが良いです。
c0180686_07025682.jpg
c0180686_21254202.jpg

by Toruberlin | 2013-11-23 22:00 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)