ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Die Schöpfung ..
at 2017-11-10 23:59
久しぶりの秋晴れだった金曜日
at 2017-11-09 23:59
A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59
10/18もご馳走続きの佳き..
at 2017-10-29 23:59
10/17はご近所で晩御飯
at 2017-10-28 23:59
麻布の夜
at 2017-10-27 23:59
ベルリンに戻りました!
at 2017-10-26 23:59
10/14 K下邸へ
at 2017-10-25 23:59
10/13 武蔵新田 酒菜亭
at 2017-10-24 23:59
日本で不可思議なこと
at 2017-10-23 23:59
10/8の夜は。
at 2017-10-22 23:45
10/8 T井邸へ M樹カメ..
at 2017-10-21 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50
予約を入れていただきあり..
by 渡辺敏 at 13:36

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:食材 ( 105 ) タグの人気記事

アヒージョ

c0180686_07100175.jpg
c0180686_07090034.jpg
c0180686_08223990.jpg
アヒージョ。スペイン語でニンニク風味という意味だそうですがオリーヴオイルにニンニクたっぷりで煮る料理です。タパスでも出て来ますが、これこそ外で食べる必要は無い料理の代表の様なもの、本当に簡単に美味しくできます。
ニンニクは厳選した大きめの(スペイン産が多い)美味しいのを選べるし、オリーヴオイルは最高のを自宅でなら選べる。材料も自分で選び、下ごしらえするから、楽しいし美味しくできます。
拙宅でも鉄製のスキレットを手に入れてから、鶏のハツや砂肝で時々やっています。やはり前菜に赤ワインを楽しむためにハツか砂肝、そのあとにマッシュルーム。
土曜日の夕方、H君宅でレッスンの後、遠いけれど久しぶりに晩御飯に来るか?で、メインはもともとフランス鴨の腿を捌いて骨で出汁を取り、肉は焼いてから、砂糖と酒を加え、そこに出汁を注いで醤油で仕上げる鴨南蛮と決まってましたが、その前にワインを呑もうと何種類かのアヒージョ料理の準備をしてました。
c0180686_07093251.jpg
まずは海老、これは代表的ですね。実は昨日初めてやってみました。ホワイトタイガーの殻付きを剥くだけ。
オリーヴオイルを熱し、ニンニクを潰してから皮をむいて必要ならカットする。そしてペペロンチーニを3-4個。そこで材料を煮るだけです。
c0180686_07080384.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-19 22:33 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

僕は天才かと(また)思った!

c0180686_05163859.jpg
c0180686_05160877.jpg
水曜の朝、三日ぶりに弾いたKBがとっても良い音がしたから?
抜群に良い天気で前の湖や近所を歩き、撮った写真が物凄く良かったから?
c0180686_05153824.jpg
それにしても気持ち良い日が数日続きました。
c0180686_05150853.jpg
いや、仔牛のタンをさばいて出汁を摂り、オックステールも使って!と思っていたけれど
1.5kgの塊が美味しかった豚バラで作ったボッリートミストが、
これ以上美味しいのは無い!くらい美味しくできたから、です。(長い前置き)
c0180686_05121311.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-17 23:04 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

昼に、さーて何を食おうかな?

c0180686_03383195.jpg
c0180686_03382237.jpg
豊田さんとの日記、続きます。2/10 金曜日です。
佐渡ゆーちゃんも早起きなので、豊田さんのホテルで朝ごはんを三人で?!と夜中に出た案をLINEしましたが豊田さんから朝早くにご返事いただき、9時には取材のアポでホールに向かいます!
今回は叶いませんでしたが、マリオットはベルリン映画祭で満室だったから、僕らがゲストで朝食に加わる余地は、きっと無かったから◎です。
複数の取材、昼ごろまでと聞いてましたが、せっかくの機会だからランチ+ベルリン散歩より拙宅にお連れしたいと準備して、早めに終了した豊田さんにはホテルに一度戻っていただき1時間後にお迎えにあがりました。
天気の良い日でマリオット前には映画祭のシャトルバンがひっきりなしに発着、首からID提げた映画関係者でごった返していました。
豊田さんとまずはLindenbergへ。何があるかを見て、何が食べたいか?を尋ねるのも一興です。
それが功を奏したのは、豊田さんは僕並みの貝好きらしい。けれど奥様はお好きじゃなくて「あまり貝が食卓に並ぶことはないんですよ」
旬のムール貝は外せず、ヴォンゴレもあったけれど、小ぶりのマテ貝が美味しそうだったので仕入れました。豊田さんは買い物中、人の邪魔にならない角で、ずっとメッセージへの返事を書いてました。これが世界的音楽家やトップオケやホールの支配人で、これは返事だけでも大変なんだろうなー!と僕にもメールやメッセージをくださるの、ありがたく思います。
昼だから貝で白ワインの後、パスタと決めて拙宅へ向かいました。サルシッチャと生トマトパスタのためにトマト、そして美味しいフォカッチャも。
c0180686_03375172.jpg
フリウリ出身のSに教えてもらった造り手の白。最初はかなり酸っぱい印象ですが、すぐに落ち着き、ムール貝などにバッチリでした。
c0180686_03374060.jpg
20年を超えるお付き合いですが、初めてご来宅いただきました。
c0180686_03372807.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-14 19:26 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Parisからのチーズとフルボディ。

c0180686_08210216.jpg
今日から常時氷点下がまた始まったベルリン、それでも昨日の夕方、前の湖の氷具合もみながら散歩に出ました。湖畔カフェの裏手、角は佐渡ゆーちゃんも当時、少し考えた(候補にあった)賃貸のアパート。これは元裁判所で、その巨大な建物を高級レジデンスに改造したそうで、いくつかある表側の大広間はメゾネットにしてもどちらも十分な天井高があるように見えます。
この裁判所、僕がベルリンに来た頃は裁判所として機能していて、真冬の明け方呑んで歩いて帰って来て、そろそろ酒が冷めて寒さがきつくなる頃、角を曲がったら人が立っていて危うくぶつかりそうになったことがありました。
きっと24時間の警備、夜中は二人、サブマシンガンを体の前に掛けた警官が必ずご苦労様なことに立っていました。
そのころは真っ黒で、ナチ時代には反ナチの活動家が多く裁判にかけられた場所でもあり、重い雰囲気でした。
今は綺麗になり、その左隣にかなりボロい(失礼)戦後建てられた養老院があり、その隣は、これはまた立派なアパートで、当時はかなり朽ちてましたが10年くらい前か?大改造して立派になりました。
その間の戦後の建物がさらに目立ってたのですが解体され、前面がほぼ全面ガラスのアパートが出来上がりました。目の前は湖、奥には西ベルリンのテレビ塔。なかなかの景色と思います。まだ4-5フラット名前が入ってないけれど、いくらベルリンでもきっと億ションだろうなー!
なんて散歩を寒い中したのは、フランスパンを欲しかったからです。そしてパンはあまり好んで食さないのに、なぜ寒いのに買いに出たかといえば(天気もそんな良くなかったのに)
c0180686_08205456.jpg
ヴァイオリンのAK嬢がパリからチーズを買って来てくれたからです。
c0180686_08204572.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-07 23:08 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

お菓子教室。

c0180686_05193334.jpg
c0180686_05182553.jpg
家内が定期的に開催してるお菓子教室、2/2木曜日でした。今回は皆勤賞のY嬢が初めての欠席でした。
前回は僕が帰国中の開催で違いましたが、それ以外はケーキを焼いてから食事(僕が担当)+デザートの組み合わせです。
今回は人数が多い、総勢8人だったので、その場で作るパスタは難しい。依ってragoûtを前日に仕込みました。牛挽肉、トマト、ニンニク、ペペロンチーニ、ドライトマト、ポロネギはいつも通りですが、今回はプロシュートの元の部分、皮や脂も用意しました。そしてチェントロイタリアの美味しいサルシッチャも加えたスペシャルラグーです。
もう一皿ボッリートミスト。内臓以外のいろんな肉と野菜を煮込むのですが、今回は仔牛のタン、2本の上タン仕込んだ大量な残りを使いました。
人参、ジャガイモ、玉ねぎ、パセリの根、ポロネギ、トマト、キャベツ。
ニンニクももちろん入れて、あとはパンチェッタも加えました。
これの作り方は、次回にオックステールも加えてもう一度作るつもりですので、その時に!
c0180686_05181756.jpg
仕込みはどっちの鍋も前日に行いましたから、この朝はテーブルセットだけでした。
c0180686_05180601.jpg
c0180686_05175213.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-05 09:10 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(2)

レシピブログ「サルシッチャと胡桃」

c0180686_04435636.jpg
Vermicelli Salsiccia e Noce
サルシッチャ、豚の生ソーセージです。僕の行きつけ(1982年から)チェントロイタリアのサルシッチャは素敵に美味しい。イタリアでも充分トップクラスと思います。フィノッキオーナ(茴香)入りのスタンダードが◎です。これを焼いてそのまま食べるのも美味しいですが(たまーにやります)やはりパスタが美味しい。
拙宅では生トマトと合わせることが多いですが、今日は胡桃と合わせて生クリーム仕立てがとっても美味しいのでご紹介します。
c0180686_04434667.jpg
こういう朝の日、拙宅は朝ごはんは無いのでブランチが第1食ですが、楽器を弾いたりデスクワークした後に、しっかり(手間かけたり凝ったことしなくても)美味しいパスタを作るのは幸せです。
さて、美味しいサルシッチャを用意して、これをフライパンでコンガリ焼きます。
表面が良い感じに焼ければ◎。パスタは沸騰した鍋に、もう入れて良いタイミングです。
そのフライパンからサルシッチャを取り出し、少量のオリーヴオイルで(強火は避けて)潰したニンニクと(これは良いモノを!大事です)ペペロンチーニを好きな量入れます。パスタ250gに大きめのニンニク2-3が僕の好みです。
ここで一番大事なのは、焦がさないこと。
で、サルシッチャをカットして(中はかなり赤い)そのフライパンに戻します。
ヘラで細かくしても良い。
c0180686_04433825.jpg
で、すでに炒ってある胡桃を加えます。馴染ませて、サルシッチャにも火が通ったら
c0180686_04433042.jpg
生クリームを投入、一気に沸騰させます。これでもう、出来上がり!簡単です。
パスタが茹で上がったら、皿を温めつつ笊にあげて水分を切る。
それをフライパンに加え、火を止めます。ここで黒胡椒を挽く。
c0180686_04432325.jpg
混ぜて皿に盛ってからも僕は飾りに黒胡椒をひと挽き。
パスタの茹で汁で皿を熱すのは、欠かしてはダメな一手間です。
なぜか冬に食べたくなる、少し濃厚なパスタSalsiccia e Noce、お試しください。
c0180686_04431475.jpg





by Toruberlin | 2017-02-04 20:42 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(4)

味噌とワインと白しめじ

c0180686_22081445.jpg
前夜は郡山のウイスキーYamasakuraでしたが、この夜は赤ワイン。一人で飲むにはちょっと贅沢なBIRBA、モンタルチーノのLA GERLAは今年初めて知った造り手です。一番安価なRosso di Montalcinoは手に入らず、サンジョヴェーゼとこれ、そしてBrunelloを揃えました。
コルクを抜いてから厨房に行くと、きゅうりと味噌。帰国の際にお土産も含めて12.5kg買って来た佐野味噌は我が家に欠かせませんが、別に頂いた味噌がありました。
c0180686_22080288.jpg
12月の初め、アンペルマンコンサートが終わってから伺ったお邸で、味噌汁があまりに美味しく、味噌を頂戴して来ました。
寛仁親王妃信子殿下、「思い出の先にはいつも家庭料理」は料理本としてもお薦めの妃殿下の著書ですが、毎日の家庭料理にずっと手をかけて大切になさっておいでです。その妃殿下がなんと味噌までご自分で研究なさりお作りになりました。
麻布でも我慢してベルリンに持ち帰り、この夜初めて開けたのですが、美味しいです。
驚きの深い味、塩梅も素晴らしい。ドイツのきゅうりは水っぽいのが普通ですが、最近は細めのが出回っています。これが(僕は日本のきゅうり好きですが)きゅうりが苦手の人にはきっと喜ばれる、きゅうり臭さが抑えられた軽めのきゅうりで、この味噌には更に合いました!味噌汁には勿体無くて使えない、さて、他にはどうやって楽しもうか?!
c0180686_22075137.jpg
ワインですが、このBIRBA、美味しいのですが格別じゃない。ブルネロの半分以上の価格ですから、失格です。どうもビオワインと詠ったワインとは相性が良くない?前CX支局長夫人の持って来てくれた濃い色の白ワインは美味しかったなー!でもそれ以外、ビオワインとはあまり良い縁がありません。
c0180686_22074412.jpg
でも、半分以上飲んだから、美味しくはあるのですが、、、。
すでに数本買ったここのBrunello、美味しいと良いなー!近日、試します。

エノキ茸は手に入るけれど、しめじは無かったベルリン。アジアショップに白しめじがあったそうで、パスタにしてみました。タラコしめじは定番だけど、美味しいパンチェッタと。
c0180686_22072397.jpg
ブナシメジの色に慣れてるから?ですが、焼き色が入ると良い感じです。そして麻布で時々食べたしめじよりも美味しい!
これも椎茸のようにヨーロッパで栽培を始めたんだろうな。
80年代初めに比べたら、食生活は本当に便利になったベルリンです。
c0180686_22071479.jpg





by Toruberlin | 2017-01-24 23:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

グルメ?!って表現は嫌い。活きるために、戴いてるんです。

c0180686_04270270.jpg
命を。
いただきます、ごちそうさまです!は感謝を込めて口にするけれど、毎回、他の生物を殺めて!とは考えない。
でもね。クジラとかイルカとか(昨日の続き、ね)は高等だからダメで、白人が食べて来た動物は良くて、ベジタリアンが食べる植物は殺しても何も考える必要なくって、そして写真の海産物も(なじみ薄いし、下等だから?)別にどうでも良い!ってのは、おかしい。
人は生きて行くなら、他の命を戴いて行くしか道はないのです。サプリと合成食料で生きて行くようなSF映画、いや、あまり命命って言うと、心優しい少女たちは本当に何も食べられなくなってしまう。ベルリンの友人たちの心配の多くを占めてます。
野菜中心、肉や魚介は少なめで必要なだけ!なら良いんですが、やはり野菜だけでは、バランスが難しい。豆腐もあるけどね。
もちろん、肉だけでもダメなんでしょうが、でもそれで健康な人も居ないことはない。
僕は食にこだわります。それは、毎回毎回、そう思いながらではないけれど自分が生きて行くのに他の命に役立っていただくのだから、せっかくだから美味しくいただくべき!という考えに基づいてます。
だから、下手な料理人に壊されるのは我慢できないし、勿体無い使い方や、注文したけど「こんなに食べられない!」とか「思ったのと違う」とかで可愛い女の子に大説教とか喧嘩して、機会を逃したこと、過去にかなりあります。
c0180686_04263577.jpg
生きるってことは、弱肉強食とまではいかなくても、そういうことです。
そして、美味しいものが世界には溢れている。
自分にはこれを食する価値があるか?と時々は考えてみるのも良い。
でも、もちろんその価値はあります。食べて、成長して、人を幸せにすれば良い。
c0180686_04264819.jpg
こんな光景、昔はあまりベルリンでは見られなかった!30数年お世話になってるプロ用市場Firschparadiseです。
そういえば、今年に入って1度も行ってない。なんか、地味でした新年の食生活。
でも、それも良い。いつも贅沢ばかりしてられないし、それじゃつまらない。
昨日は鴨の丸焼きのガラで素晴らしいスープを作ったし、プロシュートの固い皮をハサミでカットして加えて、ニンニクと牛肉と素敵に美味しいイタリアントマトでragoûtをじっくり作りました。
幸せな時間です、丁寧に料理するのは。これも、贅沢です。
c0180686_04264276.jpg
そろそろクリスマスと年末で乱獲された牡蠣も、普通になる頃かな?他にも海産物、揃ってる様子です。
大人数で美味しいもの、食したいな。
感謝の気持ちを忘れずに、今年も「さーて何を食おうかな?」です。
c0180686_04265521.jpg









by Toruberlin | 2017-01-18 20:25 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

鴨の丸焼き、クリスマスじゃなくても。

c0180686_03404877.jpg
c0180686_03402209.jpg
冬らしい毎日のベルリンです。日本も寒波で寒いようですね。
ベルリンはまた氷点下の毎日が今日から始まりました。マイナス1-2℃の最高気温、最低もマイナス一桁ですから極寒でもなく、そして中途半端なプラスでもなくて湿度も低く、寒くないわけではないですが散歩も晴れ間の時間には楽しいくらいの、そう、冬を楽しめる日々です。
c0180686_03383033.jpg
先日、鴨が近所の店で1000円ちょっとで売っていたそうです。?、安すぎないか?2.5kg。内臓も首も入ってるとはいえ、重さもクリスマスに焼いた鴨に近い。JungeEnte、若鳥ならぬ若鴨?少し小さめですが、でも十分に大きい。
c0180686_03382336.jpg
いつもの手順で焼いてみました。これは冷凍の鴨で冷凍のままなら2018年のクリスマスまでOKらしいです。
c0180686_03381619.jpg
オーブンでジュージュー言ってるのと、漂う香りは良いですな。
冷凍だから?それとも若いからか?いつもの鴨の方が美味しいか?!とも思いますが三分の一以下の価格、これはまた手にはいれば焼きます。
c0180686_03380910.jpg
焼き加減はエクセレント!中はジューシー、皮はパリパリにできました。腿と胸肉を半身、モンタルチーノの軽めのワインとともに楽しみました。
滴った脂、その量には毎回驚きますが、それとバルサミコ酢を合わせたソースでも美味しいけれど、焼き加減が良い鴨は塩だけでも楽しめますね。
c0180686_03375613.jpg




by Toruberlin | 2017-01-15 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

Rosso di Montalcinoと白トリュフ

c0180686_17535115.jpg
c0180686_17534028.jpg
St.Hedwigsでのコンサート翌日です。
Y嬢と打ち上げして就寝は3時頃、僕も寝坊しましたが、それでも二人よりはかなり早く起床しました。
c0180686_17533083.jpg
25日に焼いた鴨、BIOの鴨2kg強でしたが、内臓が袋に入れられて中に入ってました。心臓、レバー、砂肝。
さっそくハツと砂肝をオリーヴオイルと塩でソテーして、赤ワインと。
鶏に似てはいますが、歯ごたえさらにあり味も濃い!
c0180686_17532082.jpg
レバーはちょっと焼きすぎた、、、。もっと生だったらさらに美味しかっただろうなー。
Y嬢は起き抜けでしかもレバーは嫌い(フォアグラは大好物なのに!)、家内も朝から(昼だけど)はパスとのことで、独り赤ワインと厨房で楽しみました。
c0180686_17531018.jpg
そしてブランチは、やっとやりたかった白トリュフ。
c0180686_17530114.jpg


More
by Toruberlin | 2016-12-28 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)