ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:AMPELMANN ( 109 ) タグの人気記事

東京公演 AMPELMANN Duett 2016

c0180686_19241331.jpg
11/29(火曜日)文京区にあるサロンコンサートホール「ラ リール」で第一回東京公演でした。
第二回は今週の土曜日、12/3に同じ会場とプログラムで1830開演です!
c0180686_14101721.jpg
c0180686_14100916.jpg
c0180686_19240697.jpg
ちょっとばかりトラブルが開演100分前にありました。
それで開演時間にホールに到着、10数分みなさんをお待たせしてしまいました。
c0180686_19235718.jpg


More
by Toruberlin | 2016-12-01 23:55 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN Duett in Date

c0180686_13435873.jpg
c0180686_13435261.jpg
トラットリアLaWasabiとのコラボ「休日の愉しみ方、イタリア流」今年も認定こども園上保原をお借りし実行委員会の皆さん、LaWasabiのスタッフの皆さんのご協力で大成功でした。
c0180686_13434526.jpg
イタリアがテーマですのでメインはGiovanni Bottesini。間に話を入れて5曲ですが、結局45分近いコンサート第一部でした。
c0180686_13433942.jpg
c0180686_13432954.jpg
c0180686_13431232.jpg
c0180686_13430588.jpg


More
by Toruberlin | 2016-11-30 23:59 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN Duett Photos by Yoichi Aoyagi

c0180686_11153464.jpg
おはようございます。11/29火曜日の朝です。
日曜日は伊達保原でコンサートでした。仁志田伊達市長はじめ伊達の重鎮のみなさまにも喜んでいただきました「休日の愉しみ方、イタリア流」40分くらいの演奏の後、ワインと食事を楽しんでいただき、最後はグラス片手に聴いていただく伊達保原のイタリアレストランTrattoria La Wasabiとのコラボコンサート、今年もおかげさまで大盛況でした。
本日は1845から文京区のサロンコンサートホールで東京公演です。ワインと食事はありません。伊達はボッテジー二メインでしたが、今夜はチェルニー作品も6曲、聴いていただきます。
なのでブログを書いてる場合じゃありませんが、夜中に御大メールで戴いた写真をご紹介します。47枚(プロ中のプロが)撮影したなかからの2枚です。上は演奏直後。ライカMにノクトンそして特殊な自作フィルターを着けてらっしゃいました。
c0180686_11153823.jpg
ありがたい。
伊達保原公演日記は後日に。
今夜は50を越すご予約を戴いてます!ありがとうございます。
土曜日はまだ20席以上、空いておりますればご予定の調整がつく方は聴きに来てください。

Ein Kontrabaß spielt selten allein.
恩師Witt先生のコンサートタイトルをいただきました。
c0180686_11150763.jpg
c0180686_11150323.jpg





by Toruberlin | 2016-11-29 11:26 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(2)

福島伊達保原へ!

c0180686_10571626.jpg
日曜日、15時から伊達市上保原の「認定こども園上保原」をお借りしてトラットリアLaWasabiオーナーシェフの末永俊一朗氏とのコラボコンサート「休日の愉しみ方、イタリア流」でAMPELMANN Duett Berlin、演奏してきました。
c0180686_10570234.jpg
東京駅で待ち合わせて、大宮しか止まらない速い新幹線で。僕は楽器があるのでチケットを買いMちゃんには早い昼ごはんを調達してもらいました。天むす、柿の葉寿司、牛肉お稲荷さん。さすがに本番前なのでビールはお預け。
c0180686_10565890.jpg
前日、広小路で「みはし」に立ち寄り買っておいたところてんとあんみつ。
c0180686_10565452.jpg
これでMちゃん、ハイテンションに!
c0180686_10564965.jpg
80分ちょっとで福島着!
c0180686_10571056.jpg


More
by Toruberlin | 2016-11-28 23:54 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(0)

日曜日は伊達保原、火曜と土曜は東京文京区です。

c0180686_08025260.jpg
この秋のアンペルマン室内楽は「コントラバスもたまには独りで弾きます」と題しピアノとのデュエットです。
日曜日の午後は伊達市上保原の認定こども園上保原をお借りしてイタリアレストランTrattoria La Wasabiとのコラボコンサートを行います。
月曜の朝は飯坂温泉の朝湯が楽しみです。
そして火曜日と土曜日は文京区大塚、地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅そばのサロンコンサートホール ラ リールで演奏します。
c0180686_08023402.jpg
ありがたいことにご予約を多く戴いてます。
今回はプログラムB&C、ボッテジーニとチェルニーの作品を聴いていただきます。
ピアノはベルリン仲間の井村理子さんです。
c0180686_08023977.jpg
今回の楽器はフィレンツェで1851年に生まれたBracciです。
まずは伊達保原、満席をいただいてます。楽しんできます!
c0180686_08125287.jpg





by Toruberlin | 2016-11-26 23:55 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(0)

昨日も「星空ロック」@ザムザ阿佐ヶ谷

c0180686_17125968.jpg
金曜日の公演、拝見しました。昨日もやはり、涙しました。悲しい話じゃなく、嬉しいところで。
那須田淳原作・脚本の東京とベルリンを結ぶ素敵な物語、そのお芝居にコメンディアンハーモニスツの「世界のどこかで」レオ役の山岸竜之介作詞作曲の「星空」まずはこのバラードがとっても良いのです。竜之介くん扮するレオと新垣里沙ちゃんのリサのデュエット。
c0180686_17125340.jpg
音楽プロデューサー大垣氏の作品で最後まで音いっぱいで物語は進みます。
「夢の欠片」「空の彼方に」どちらもリサの力強く艶のある歌声で、聴衆を魅了してくれます。
c0180686_17130597.jpg
c0180686_17142957.jpg
平牧仁くん扮するユリアン、良い男、いい奴を(きっと)素で演じています。彼の「夢の欠片」バラードも「世界のどこかで」もじっくりと沁み渡らせてくれます。
c0180686_17080822.jpg
マリちゃん役は昨日から関谷春子さん。僕が気がつくと口ずさんでる歌「恋するベルリン」彼女のも良かったー!
昨日と一昨日の日記に舞台の感想を書きました。
これ以上は、もう生を観て、感じてもらうしかない!

さて、もう明日の二公演しかありませんよー!昨日も満席でしたが、詰めればまだなんとかなる!(か?)
c0180686_17091206.jpg
上は音楽リハ風景です。
c0180686_17093832.jpg
c0180686_17090167.jpg
c0180686_17072247.jpg
劇場スタッフもAMPLELMANNを着てくれてます。左ははるちゃん、生まれたときから知ってます。そう、彼女はベルリン生まれなんです。
c0180686_17073536.jpg
淳ちゃんの大学の生徒さんたちと。
c0180686_17071542.jpg
レオ君も加わってくれました。
c0180686_17065723.jpg
淳ちゃんとユリアン!
c0180686_17065029.jpg
関谷さんと、もう一枚。
そしてたくさんの人と話してるうちにリサちゃんは帰ってしまったあとでしたが演者の皆さんとの一枚。ベアカイ、アーリーのドイツ語台詞も立派でした。
c0180686_17070375.jpg
淳ちゃん、やっと声が出るようになり彼の旧友Sさんと三人で、またスペイン料理やへ。Sさんも昔、ベルリンの拙宅に来たことがあるのです。
c0180686_17062995.jpg
c0180686_17063903.jpg
カキフライ!
c0180686_17062389.jpg
イイダコとジャガイモのアヒージョ。
c0180686_17061942.jpg
秋刀魚のアヒージョに鶏のグリル。
c0180686_17061593.jpg
c0180686_17063399.jpg
アンペルマンデュエットin東京もよろしくお願いします。
c0180686_17061179.jpg
鮭の白子。ビールとウイスキーで楽しい夜でした。
c0180686_17060646.jpg
今日は行かれないけれど、明日もまた「星空ロック」楽しみだなー!
c0180686_17054215.jpg







by Toruberlin | 2016-11-19 17:36 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

昨日、木曜日も最高!でした。

c0180686_10395948.jpg
東京を二日離れてて木曜の夜に「星空ロック」観て来ました。
原作者の那須田淳ちゃんから春の帰国中に連絡をもらい、ベルリンでの物語「星空ロック」へのAMPELMANNの協賛話を頂きました。原作を読んですぐに決定し、劇場でも手に入る、このためにベルリン本社デザインチームが作成した(ベルリンのアンペルマンでは手に入らない)コラボステッカーを作りました。その淳ちゃんと久々に会ったのは渋谷の焼き鳥屋さんでしたが、そこで演出の杉山恵さん、音楽プロデューサーの大垣知哉さんとも「初めまして!」でした。
もう一人知り合ったのが女優の安藤有希ちゃん、彼女はこの舞台では裏方さんの要を夏公演も秋公演も担ってますが、僕が今回帰国してリハを拝見しに王子に行ってから、出役さん変更となり昨日の17日公演のマリちゃん役は彼女でした。
c0180686_09535254.jpg
僕が伺える日で、良かった!GPとプレミエは加茂智里さんと天野朋子さん、中嶋百合子さんのマリちゃんもリハでは拝見してるので今日の公演からの関谷春子さんを日曜に拝見したら「星空ロック」の全登場人物を観ることができます、贅沢!
このマリちゃん役、他にも二役担う、フェスで舞台に上る5人にプラスした大事な役です。
で、演技もそれぞれ違い(個性が出るものです)楽しいのですが、何と言っても圧巻は「恋するベルリン」。この歌、最初に聞いた時から好きになりました。歌の間奏に踊ったりキーボードだったり笛だったり、皆さん違うアドリブです。昨日の有希ちゃんはピアニカ、それを運転席に上って吹くのも格好良かった!
c0180686_11025678.jpg
この二枚はスタジオでのリハです。
c0180686_11032305.jpg
今日からは、夏公演でユリアンを演じた関谷春子さんです。どんなマリちゃんかなー?楽しみですね!
c0180686_10394778.jpg
文章では書きましたが、写真は初めて!新垣里沙さん演じるハンナさんです。ティーンエージャーと70年後を演じます。可愛いリサも里沙ちゃんはお得意なはず、でも圧巻はおばあちゃんのハンナさんでした。
c0180686_10394390.jpg
これは絶対にご自分で観ないと、その良さがわかりません。演技も、歌も。
頼れる兄貴、とっても良い奴のユリアンと同い年だけど子供っぽい、しかし純粋で可愛い東京からの少年レオの掛け合いも。もちろんユリアンの義理の妹リサとのからみも。

今日の夜、そして土日は各二公演の、あとたった5回のチャンスですよ!
c0180686_10374189.jpg
c0180686_10393851.jpg
このハンナおばあちゃんのシーン、僕は毎回、涙がでてきます。
少しがっかりして、そしてこみ上げる「嬉しさ」
楽しいフェスの舞台も、力強い歌も◎ですが、温かい気持ちになれる舞台です。
c0180686_10393202.jpg
c0180686_10392332.jpg
長年ベルリンに暮らしています。住み心地が良いからこんなに長くいるのですが、僕も国籍は日本。ドイツでのステータスは移民です。いや、外国人なのに嫌な思いをして悩んだとか、そんなことはありがたいことにないのですが、それでも日々「よそ者感」は、デカイ顔して暮らしていますが、そして書いたようにベルリンっ子が優しいから愉しく暮らしていますが、やはりあります。
ベースのベアカイはトルコ移民、ドラムのアーリーはアフリカ移民。彼らの表情、フェス以外の表情も、移民の悲しみも表れていて感じ入ります。
そして優しいベルリンっ子、アーリーを養子にしたハンナおばあちゃん、実際に僕の周りにいます。
SKIという移民にドイツ語を教えるボランティア団体に参加していて、その為にもフェスを「どうしてもせいこうさせたいの!」という優しいリサ。
c0180686_10363104.jpg
c0180686_10362013.jpg
100万人を越した移民を抱えるドイツ。これは近年の緊急移民の話で、実際はその数倍。
それには「優しい」だけでは片付けられない問題が多く、ドイツの人々が葛藤してる、今ドイツで一番の難問です。
そういう背景もラヴストーリーに盛り込んだ原作者の淳ちゃん、脚本から演者達を導いた演出の恵ちゃん、素敵な曲を作ってくれた音楽プロデューサーの大垣ちゃん。舞台に出てない関係者に拍手を贈ります!
c0180686_10361029.jpg
このブログに掲載してる舞台写真は全てプレス用ゲネプロでの撮影です。劇場での撮影はどうぞご遠慮ください。
また、このブログからの無断転載も、ご遠慮ください。ここにいつでも見に来てください。
c0180686_09525789.jpg
ザムさ阿佐ヶ谷の入り口ではアンペルマンが信号機とともにお出迎えしてます。
c0180686_09533675.jpg
こんな感じにここでの記念撮影は大歓迎です、周りの方の迷惑にならないようにお願いします。
c0180686_09532424.jpg
「星空ロック」これを動画でもし撮っても、劇場での感動は伝わりません。
可能であるならば、ベルリンファン、アンペルマンファンのみなさま。阿佐ヶ谷までお越しください!
c0180686_09513108.jpg
c0180686_09513777.jpg
淳ちゃんの原作(まだの方は必読です、舞台を観てからでも◎!)拙書アンペルマンブックも、また特別制作ステッカーもよろしくお願いいたします!
c0180686_09515097.jpg
終演後に有希ちゃんと!(那須田淳、撮影)

アンペルマン室内楽コンサートのご案内、昨日刷りあがりました(笑、遅い!)
11/19&12/3 文京区のラ リールです。こちらも、よろしくお願いいたします!
c0180686_09504017.jpg
c0180686_09503505.jpg







by Toruberlin | 2016-11-18 11:31 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

舞台「星空ロック」素晴らしかった!

c0180686_11543955.jpg
c0180686_11470952.jpg
星空ロック、11/14のゲネプロ、そしてプレミエを続けて観ました!
舞台写真はすべてプレス公開ゲネプロ、または関係者のみのリハでの撮影です。公演中の撮影はご遠慮いただいております。どうぞよろしくお願いします。
c0180686_11550255.jpg
ザムザ阿佐ヶ谷の入り口ではAMPELMANNと本物の信号機もお出迎えしてます。こちらの写真撮影は大歓迎!です(笑)SNSなどでどんどん拡散してください。ベルリン生まれのアンペルマンは「星空ロック」を応援しています。
c0180686_11560878.jpg
c0180686_11555748.jpg
こちらはリハーサルでのショット。劇場入りする前にも毎日のリハーサル、どんどん作品にメンバーが溶け込み、育っていきました。そしてゲネプロ。臨場感あふれる小規模の小屋ならではの贅沢な公演です。これだけ近いと迫力抜群!
c0180686_11555060.jpg
この写真は昨日Twitterから借りた劇場リハ写真ですが、5-6列目からでもこんな臨場感でフェスを楽しめます。リハなのでリサちゃん、AMPELMANN Tシャツを着てくれてます!
GPの舞台写真、もう少しご覧に入れます。
本日と明日18日は19時開演です!週末は混雑が予想されますから、今日と明日は当日券、狙い目ですよー!
c0180686_11500121.jpg
マリちゃん役が「恋するベルリン」を歌うレオたちのベルリン到着シーン。
今夜(11/17)は安藤有希さん、明日から3日間は関谷春子さんが演じます。
c0180686_11495565.jpg
c0180686_11493298.jpg
c0180686_11492856.jpg
c0180686_11475198.jpg
c0180686_11473894.jpg
c0180686_11472798.jpg
写真だけでも素晴らしい舞台の感じ、伝わるでしょう?
せっかくの生演奏に生歌。Keep Music live! はクラシック音楽だけの話ではありません。
この作品はまるでオペラと同じ。素敵な東京とベルリン、70年前と今の恋物語、大切な仲間との大事な時間のお話です。
そこに散りばめられた、素敵な音楽。最後のフェスシーン!
もしmovieを撮ったとしても、それでは数分の一しか伝わらない。
東京付近にいて時間の都合をつけられるなら、オススメします!!!
アンペルマンファン、ベルリンファンのみなさん、あと6回しか観る機会ありません!
c0180686_11472288.jpg
レオ「僕の音、僕の音楽。」
これは36年ベルリンに住んで、音楽の勉強をし音楽家として生きてる僕にも通ずるものがあるというか、まさに同じ思い!です。
c0180686_11471518.jpg
レオとユリアン。同い年だけど全く違うキャラの二人の友情。可愛いレオ君にお兄さん風なユリアン!
c0180686_11470465.jpg
c0180686_11465900.jpg
6人しか登場しない舞台です。いや、登場人物はずっと多いのですが役者さんは6人。廻り舞台もないのに東京とベルリン、シーンがどんどん移ります。
たーくさん良いシーンがある中で、涙が出てしまうのは新垣里沙さんが演じるハンナさん。可愛いリサが可愛いハンナおばあちゃんに!
今日も楽しみです!

ザムザ阿佐ヶ谷で日曜日までです。週末しか時間が取れない方は是非HPからご予約ください!
c0180686_11463645.jpg
星空ロック!
お帰り時には会場入り口で「星空ロック」原作本(那須田淳)とAMPELMANNブック日本版(高橋徹)もアンペルマン記念ステッカーとともにどうぞ!
c0180686_12270731.jpg








by Toruberlin | 2016-11-17 12:40 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

「星空ロック」

c0180686_09051649.jpg
東京とベルリンが舞台、那須田淳原作の「星空ロック」は本日がプレミエ、これから毎日20日まで10回公演です!
春に原作者であり旧友の淳ちゃんに、僕が帰国中に連絡をもらいました。東京とベルリンを繋ぐ素敵な原作を拝読し、僕らが住んでるベルリンが舞台の公演にAMPELMANN Berlinで関わって欲しいとの淳ちゃんのお申し出にすぐに大賛成しました、だって素敵な話なんです。
c0180686_09051227.jpg
夏の公演は逃しましたが、秋公演はリハーサルを拝見すべく帰国を早めました。
そして、まだ稽古を始めて数日の通し稽古を拝見しましたが、その素晴らしいこと!
映画も舞台も大好きなんですが、演出家が音楽監督が、そして演者のみなさんが「考え、感じ、創ってく様」を体感するのは、僕らクラシックの音楽家が曲を作っていくのと同じ。一人での準備、各々のやりたいこと、そしてそれを皆で合わせ、それが意にそぐわないことあるし、また気づかせてくれて新しいアイデアが生まれ、大変だけれども「相乗効果」で作品が出来上がって行きます。
c0180686_09045713.jpg
音楽リハもそう。レオが弾くギター、ユリアンの鍵盤、ベアカイのベースにアーリーのドラム、どれも素晴らしい!
マリちゃん(レオの従姉妹)役は毎回変わります。3人の演技と歌を拝聴しましたが、これも素敵。「恋するベルリン!」気がつくと口ずさんでます。
リサは新垣里沙さん。通し稽古、後日の音楽リハ、そして土曜の劇場での音楽リハで聴かせてもらいましたが(春までは名前しか知らなかったし淳ちゃんと焼肉をご一緒したくらいで、歌は初めて)驚きました。いや、驚いては失礼かもしれないけれど、素晴らしい!テーマもレオが作った曲でのデュエットも。原作で読んだリサそのもの、そして歌が良い。
レオも17歳とは思えない演技、そしてはまり役。ピアニストのユリアンも、ちょっと頼りなくかわいいレオの兄貴役が、仁くんの人柄が加味して、実にはまっている。
朝から今日のプレミエが楽しみです!
c0180686_09045115.jpg
今日は完売ですが、明日からはまだチャンスがあるそうで、一番上のリンクから「星空ロック」ページで情報をご覧になって、ぜひ阿佐ヶ谷へ!
なかなかこんな素晴らしい舞台を観る機会は、たとえ大都市東京でもないと思います。
週末はきっと好評判もあり混み合うと思いますが、火曜から木曜あたりは、まだチケット取れるはずです。
ベルリンからこの為に早く帰って来た(コンサートいくつか代役立てて)のは正解でした、
愉しいだけじゃなく、暖かく優しい気持ちになれる舞台です。
c0180686_09062818.jpg
9月にベルリンの拙宅で淳ちゃんと。
テーブルのアンペルマンブック日本版(郁文堂)も劇場で販売してます。

「星空ロック」どうぞ、お見逃しなく!
c0180686_09043654.jpg



by Toruberlin | 2016-11-14 09:34 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN室内楽2016 in 東京

c0180686_07374576.jpg
"Ein Kontrabaß spielt selten allein“ 「コントラバスもたまには独りで弾きます!」

2016年のアンペルマン室内楽はデュエット、ピアノとコントラバスです。
プログラムはB&Cと題した、イタリアのGiovanni BottesiniとチェコのFrantisek Cernyの作品を演奏します。ボッテジー二は1821年生まれで89年没、今回演奏する楽器は同じイタリアのフィレンツェで1861年生まれ、同じ時代の空気を吸っていたことになります。
チェコの作曲家チェルニーはWitt先生から教えていただきました。ベルリンフィルのお仲間が持っていた古い楽譜を貰ったそうで、その楽譜にはGolzとサインがあります。戦前の歌劇場の奏者と聞いてます。
戴いたのは三曲、そのあとに数曲手に入れ、今回は滅多に演奏されないチェルニーの作品を5曲聴いていただきます。

東京公演の開催ご案内が遅くなってしまいました。
文京区の素晴らしいサロンコンサートホール「ラリール」で
11月29日火曜日の1845から と 12月3日土曜日の1830を予約しました。
12/3の土曜日がベストなのですが、すでに予定が入ってる方も多いはずで、また平日の方が嬉しい!という意見も以前戴いたので2013年のヴァイオリンとのデュエットと同じく2回行う方向で考えています。
近日決定しますが、「この日なら行ける!」とのご希望がありましたらコメント欄に書いてくださると幸いです。

Witt先生の元、オーケストラ奏者として薫陶を受け、コンティヌオや室内オーケストラを活動のメインにしていますが、コントラバスが主役の曲も、もちろんずっと弾いて来ました。
デュエットにもヴァイオリンとやチェロと、いろんな形態がありますが、今回はピアノの力を借りてG.G.作成のガット弦を張った写真のGiovanni Bracci (1861)で聴いていただきます。
c0180686_08095017.jpg
ピアノはベルリン仲間の井村理子さん。東京には戻って来ましたがベルリン藝大のKonzertexamenに在籍してます。
c0180686_07562337.jpg
出演 AMPELMANN Duett Berlin
コントラバス  高橋 徹
ピアノ     井村理子

プログラム
F.チェルニー    素敵なワルツ
G.ボッテジー二 白昼夢
F.チェルニー    白日夢
         ノクターンとインテルメッツォ
G.ボッテジー二  パイジェロ作曲「うつろな心」主題による変奏曲

F.チェルニー    マズルカ
G.ボッテジー二   エレジー
F.チェルニー    サテュレスの踊り
G.ボッテジー二   ベリー二作曲「夢遊病の女」ファンタジア


森鴎外の縁でベルリン中央区とも繋がる東京都文京区、鴎外が30余年を過ごした終の地ですが、その文京区大塚にある素敵なサロンコンサートホール「ラ リール」で行います。
地下鉄丸ノ内線の茗荷谷駅から徒歩5-6分、下の説明を読んで出かけましたら迷わず着けました。

ラ リール
〒112-0012 東京都文京区大塚3-21-14

茗荷谷駅から徒歩約6分。
茗荷谷駅前の交差点を渡り、筑波大学に向かって歩きます。
筑波大学正面入口の前を通り過ぎ、道なりに教育の森公園の中の遊歩道へ進んでください。
文京スポーツセンターが右手に現れたら、遊歩道から出るようにまっすぐ坂を下ってください。
公園の木々を抜けた正面に、ラ リールが見えてきます。
c0180686_07363733.jpg


アンペルマン室内楽に毎年おいでの皆様、時間を作っておいでいただければ幸いです!

昨日はベルリンの壁が崩壊した11/9でした。
アメリカでは新大統領が決まりました。時は止まらず動き、いろんな方向に勢いを増すことがあり、驚くことしばしです。

大きなホールで舞台の上からではなく、50人規模のサロンで聴いていただくコンサート。帰りにワインか美味しいお茶とケーキか、忙しい毎日で、少しでも寛げる時間を過ごしていただけたら幸いです。
12/3開催か、+11/29か。
週末までには決定し、ご案内いたします!
ご予定の調整、よろしくお願いします。

c0180686_08100557.jpg







by Toruberlin | 2016-11-10 08:24 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(6)