ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:AMPELMANN ( 109 ) タグの人気記事

ベルリンのKiez、馴染みの街。

c0180686_19361789.jpg
AMPELMANN BerlinのKIEZコレクション。
Kiezとはベルリン独特の言葉で私の解釈では「おらが街」です。
生まれ育った街、故郷、またはいま愛してる街。いわゆる「故郷」と違うのは、これがベルリンという大都会の一部を表す言い回しだから。
ベルリンの27あった地区(現在は合併して12区になりました)すべてをKIEZコレクションTシャツにしました。まだまだどの区にも昔のKiezの面影が残っています。ベルリン内で越したことがない僕は珍しく、ベルリン生まれでも今は別の場所に住んでることが多い。Kiezは生まれ育った街?それとも今の住処?これは解釈が分かれますが、それで二枚買う方も多いようです。
Kiezというベルリン語の日記はこちらをどうぞ!
c0180686_19352500.jpg
写真はKIEZコレクションのステッカー。僕のKiezシャルロッテンブルグです。
閉鎖的とはほど遠いドイツ、植民地はほとんど持たなかったから英仏などどは違い外国人の割合は元々少なく、単一民族では戦後に労働力として歓迎されたトルコ人が圧倒的に多い。また政治亡命は基本的に受け入れ、ご存知の通り多くの難民も受け入れてる国です。
ナチズムとは別に、でもHeimat(故郷)を大事にしていて元々は出自にこだわる国でもあります。愛国者が多い国でもある。これは当然であり大事なことで、国家や国旗の話になると「右翼?」なんて発想が存在する日本とは、根本はかなり似てるのに今は違うところも多い。そりゃ、多かれ少なかれ排他的な要素はどこでもありますが、外国人を受け入れられるのは自国への愛国心がしっかりしてるからじゃないか?と義理の父(ドイツ人、元ベルリン市警警視正)が今こそ「自分のHeimatを意識し大事にするのが肝要だ」と話していて思いました。経済的理由と並んで、それがブレていたら寛容に受け入れる余裕などありません。
目先の計算をしてドイツ人になるか?または祖国にいずれ戻るために生きるか?シリアからの人々、様々でしょうがどう思ってるかなー?
c0180686_19360641.jpg
アンペルマン倉庫の帰り、このステッカーをKiezに貼って撮影しようと向かいました。
c0180686_19360041.jpg


More
by Toruberlin | 2016-10-15 23:55 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

MeinKiez unserBerlin!

c0180686_07492448.jpg

AMPELMANNは1961年10月13日生まれ、今日で55歳です。
廃棄された信号機を使いランプを作り、アンペルマンを信号機として復活させたアンペルマン社社長のマルコスも61年生まれ!ただの偶然とも思えません。
写真はKiezコレクションのステッカー。Tシャツの様に全種類ではありせんが、人気の11 Kiezです。
これも非売品、の予定だったのですがAlexaとUDL(ウンターデンリンデン)ショップで販売を始めます。

Kiezってなんのこと?という方は








by Toruberlin | 2016-10-13 00:29 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELFRAU

c0180686_19320189.jpg

enanzipiete Frauen

直訳すれば自由な女性だが、ウーマンリブというか、女性人権運動戦士という意味合いで使われる。

女性に人権が無かったころから運動のお陰で、今は当たり前なたくさん権利が女性に獲得された。

まだまだという意見はあるし、実際まだなのかもしれない。


この自己権利の主張は、自分からするのは、賢いまともな日本人なら難しさがわかるが、なかなかに難しい。

人の権利を明らかに認めてることを表す行為は日本人は下手な人が多いが、ヨーロッパ人は比較的得意である。

そうせざるを得ないからかもしれないが、利点である。

若い人には、上手く自分の権利を主張してほしい。上手にしないと目を背けたくなる場面を長く生きてれば頻繁に目にしているからだ。


さて、ドイツのウーマンリブだがドイツ語を解す人なら解るし、やはり?と感じたことがきっとある。

名詞に性があることである。例えば

Die Geige Der Kontrabaß

そしてそれの奏者は

Der Geiger Die Geigerin

Der Kontrabassist Die Kontrabassistin

たいていは、上手くいくが

某民放の現地職員の前でKameramanという言葉を発したら、真っ赤な顔で怒られた。Nというこの若い女性がいうには

女性カメラマンはKamerafrau しかあり得ない!そうだ。

まあ、言いたいことはわかるが

Photographerなら性別なし、

カメラマンも、マンを人と理解すれば違和感ないが、許せないらしい。

Kamerafrau とカメラを操る人を表する方に、僕は違和感を感じます。


パレルモからチューリッヒへのフライト、飛びたつとこでこの文章を書きました。

25分くらい荷物積むのに手間取って遅れてますがコクピットから挨拶がドイツ、イタリア、英語でありました。

Kapitain って、元々カメラマンと同じように圧倒的男性職ですが、いま考えてましたが、女性型はない。

言い様がない。

男女を超越してる。船の女性船長はめずらしいし、そういえば海上自衛隊に女性艦長が誕生したんでしたっけ?


待ってるあいだコクピットの扉は開いていて

若く美しい女性が三人立って言葉を交わしてましたが、ひとりが肩章からわかりましたがキャプテンでした。

美しく格好良かった。

きっと、まだかなり希少な女性キャプテン、その格好良いスイス人であろう彼女は、女性名詞が自分の職にないことを気にも止めないし問題にしないんだろうな。

カメラマン、カメラフラウの拘りとは大違い。

格好良い。

ベルリンTXLに着いて降りる時、お客さんを見送ってました。

c0180686_19325961.jpg
アンペルマンの女性デザイン。今はこれですが何か別のをと考えると難しいです。

なぜなら、凝ったデザインは信号機では難しく、スカートとおさげ、またはポニーテール。そう、現在あるアンペルフラウのデザインは「女性」にするのに解りやすい方法です。でもしかし、アンペルマンほどの良さがなく、そして古い。

c0180686_19324503.jpg
そんなことをマルコスと前から話してました。

先日のデザインチーム3人とのMTGでは、もっとモダンな女性ヴァージョンができないか?でした。

私の提案で、アンペルマンが帽子だから、エレガントな女性用帽子で女性を表現できないか?も含めてやってくれてるはずです。

もちろん、今のこのデザインも良いのですが、、、。


月曜日、今日も早くからずっと良い天気です!

c0180686_19330946.jpg




by Toruberlin | 2016-09-26 14:29 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANNとMacBook

c0180686_16140448.jpg
昨日は14時に本社デザインルームで3人のデザイナーとMTG、その後に新店舗ALEXAでMTGしてるマルコスとレストランで遅めのランチの約束をしてました。もちろんMTGはどうなるかわからないし、他にもアポは入りますからアバウトな約束です。
初秋の気持ち良い太陽を浴びて博物館島を眺めればアンペルマンのヴェロタクシーが通りました。6台に増えたので特に街の中心部では見かけることが多くなりました。
c0180686_16133485.jpg
マネージャーが「マルコスとでしょう?」とまずは僕の好きな瓶ビールを取りに行ってくれ
c0180686_16120023.jpg
厨房から見える席にいたからか、パンとピザ専門のコックが(彼ももう10年近くいる仲間です)「待ってる間に」と一皿持ってきてくれました。朝早くはパンを焼き、昼頃からはずっとピザを焼いてるプロ、口数少なく挨拶くらいしかしたことないんですが嬉しい心遣いでした。彼が焼いたパンを軽くトーストしたブルスケッタとサラダ。
c0180686_16113012.jpg
アンペルマンも付いてます。このロケーションで美味しブルスケッタは◎でした。もともと1時間しかなく、いろいろiPhoneでやってるうちにマルコスも来ないので、結局ブランチはこれだけになりましたが、でもこれで足りるものです。食べるのは楽しみでもありますが、普段は飽食、食べ過ぎなんだよなー。
1530には本社に戻り、車でレストランULAでのMTGに向かいました。
帰りはまだ道が混んでる中途半端な時間で(ブランデンブルク門の前、また長期通行止めです)ULAの傍にはベルナウ通り、そしてパウワーパークがあるので写真撮りがてら散歩しました。
c0180686_16110143.jpg
本社でのMTG終わりに気がついて、アレキサンドラに(やっと)貼ってもらいました。素敵でしょう?
試作品で非売品ですが、デザインを変えての発売予定はあります。
僕が春に帰国した直後に出来上がり、広島のホテルでマルコスが開いたMacBookで初めてみたステッカー、半年後にやっと!
貼るのが難しそうで彼女にやってもらって正解でした!
c0180686_16351840.jpg











by Toruberlin | 2016-09-23 08:09 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANNベルリン8店舗目@Alexa

c0180686_20363917.jpg
c0180686_20361024.jpg
c0180686_20371097.jpg
ベルリンにAMPELMANNショップ8号店がオープンしました。
場所はALEX、アレキサンダープラッツのモールALEXAの地上階です。
12日にMTGも兼ねてマルコスと行ってきました。
c0180686_20343036.jpg
ベルリンで一番大きいモール(Leipzigerplatzのとほぼ同じですが、たぶんALEXAの方が売り場面積は広い)が、まだ壁があった頃に若いデザイナーのマルコスが初めてアンペルマンに出会った場所に造られるとは、東西ドイツが存在していた時代を知る僕らには予想することもなかった未来でした。
c0180686_20340180.jpg
広場から道を渡ったこの入り口を入り、左側の通路を進むと右手にあります。
c0180686_20331322.jpg
僕がシチリアに行ってる間にオープンしたんですが、まだ店舗は完成していません。今までとは別の建築家/デザイナーと本社デザインルームのコラボで、雰囲気はもっとクールな感じです。
c0180686_20253723.jpg


More
by Toruberlin | 2016-09-20 15:31 | AMPELMANN | Trackback | Comments(8)

AMPELMANN 早朝撮影

c0180686_19275356.jpg
毎日曇りか雨のベルリン、今日もすでに雲が広がってますが5時半頃には青空が広く見え、そしてMitteの予報も8時頃までは雲が少なかった。4時前にベットに入ったんですがメールがちょうど来て、それを読んでいろいろ考えてたら寝そびれて、起きることにしました。トランクに機材は準備してあるし、シャワー浴びて6時前にはブランデンブルク門に着いていました。
土曜の早朝、ほとんど車がいない。
観光客で賑わうベルリンで一番有名な場所も、こんな時間はフランス大使館前とアメリカ大使館前に数人の警官が立ってる以外は、人影なし。
c0180686_19424566.jpg
まだ門には全く陽が当たっていないので、急ぐことなく準備できました。
c0180686_19451560.jpg
テレビ塔の方角から陽が昇ります。
c0180686_19452581.jpg
最初の観光客、お嬢さんたちは南米か?スペイン語でした。もちろん二人で撮ってあげました。
カメラケースには早速、星空ロックのステッカー、貼ってます!昨日からだけど。
AMPELMANNが応援してる舞台、那須田淳原作脚本、杉山恵演出の「星空ロック」夏公演は大成功に終わり、次回は11月です。コラボ記念に製作した写真のステッカーは3000枚限定、アンペルマン白金高輪、出張アンペルマン、Webショップ、そしてもちろん「星空ロック」の秋公演で劇場でも手に入ります!
人気のステッカー、限定製作にはアンペルマン日本大使の私が全てに関わっていますが、今回のは特に気に入ってます!
c0180686_19500068.jpg

今朝の作品、まだ全部整理してませんが二枚だけご覧にいれます。
c0180686_19254014.jpg
c0180686_19261924.jpg
人がたくさんいる写真も良いですが、一度撮りたかった朝の風景。背景の青空は数分で消えてしまいました。
戦勝記念塔は夕陽とが良いんですが、帰りにMINI写真を逆光で。
c0180686_19331777.jpg
c0180686_19353434.jpg
8時過ぎに帰宅、11時前まで寝ました。
さて、明日は早朝出発でLeipzig日帰り。買い出しして仕込んで今晩は焼き鳥!と思ってましたが、延期かなー?多分、今夜は早寝です。
c0180686_19333271.jpg










by Toruberlin | 2016-08-06 12:21 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

舞台「星空ロック」

c0180686_08024635.jpg
那須田淳原作の「星空ロック」
東京とベルリンが舞台の素敵な物語です。
この週末,東京は阿佐ヶ谷のザムザ阿佐ヶ谷で6公演、舞台化されています。
今日の日曜日は12時半と16時開演、上演時間は約90分で
どちらも当日券が用意されています。
土曜日公演の集合写真が先ほど日本から届きました!
c0180686_07583687.jpg
那須田淳 原作/脚本
杉山恵 演出
c0180686_07580765.jpg
11月には別の視点での舞台公演が同じザムザ阿佐ヶ谷で、そして来年へと続きます。
アンペルマン室内楽も来年はコラボする予定です。

AMPELMANN Berlinは東京からベルリンにまたがる「星空ロック」の舞台化にあたり特別協賛しています。舞台の上で,またスタッフのみなさんはアンペルマンTシャツを着用してくれています。
そしてコラボグッズ第一弾はステッカー!
c0180686_08021626.jpg
こちらは東京の街並み、赤はベルリンの街並みがお洒落でしょう?
アンペルマンベルリン本社デザインルームの自信作です!
ベルリンのアンペルマンショップでも手に入らない「星空ロック」限定ステッカーはザムザ阿佐ヶ谷で金曜日にお目見えしました!まだ私も実物は手にしていません。プログラムとステッカー2枚セットで500円で販売されてます。

当日券にも限りがあるかと思いますが,選挙の後に是非,阿佐ヶ谷までおでかけください!

c0180686_08000854.jpg

#星空ロック #AMPELMANN #アンペルマン











by Toruberlin | 2016-07-30 23:54 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(2)

Berlin-Mitte ベルリン中央区

c0180686_00155666.jpg
アンペルマン社は水曜日、7/27に20周年を迎えました。
ベルリンのシンボルとなってるAMPELMANN、キャラとしても、また東独生まれで今も信号機として活きてるアンペルマンは、20年前にマルコスが廃棄された信号機のガラスでランプを製作し、生みの親カールと「救え運動」もそうですがアンペルマン製品を開発することでメディアに注目され、今に至っています。
アンペルマンの本拠地はベルリンミッテ(中央区)。ハンケ区長は以前からアンペルマンに興味お持ちで、火曜日に時間をいただき訪問が実現しました。
c0180686_18292808.jpg
まずは本社でプレス担当のMやデザインルームの仲間たちとMTGしてから、マルコスと軽くランチ。
c0180686_18292126.jpg


More
by Toruberlin | 2016-07-28 23:50 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN社20周年記念!

c0180686_22111426.jpg
7/27水曜日、アンペルマン社は20周年を迎えました!

記念としてベルリンのオンラインショップ限定で、本日のみ20%オフで販売します。
シーズンごとのバーゲンや値下げを定期的にしないアンペルマン社では滅多にない、20%オフです。
本日限定ですが日本時間なら28日の早朝まで時差の関係で可能なはずです。
どうぞ、ご利用ください!

Liebe AMPELMANN Freunde,

Wir würden gerne unser Jubiläum mit euch feiern und euch auf ein Stück Kuchen einladen! :) Nur geht das über Facebook nicht, deshalb gibt es eine andere Überraschung: heute bekommt jeder 20% Rabatt im AMPELMANN Onlineshop!

🎉

www.bit.ly/AMPELMANNWebshop



c0180686_22052220.jpg





by Toruberlin | 2016-07-27 15:00 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN KIEZ Tシャツ

c0180686_15464961.jpg
c0180686_15461928.jpg
KIEZはベルリン独特の言葉です。和訳はDudenでも「地域」と記されてますが私なりの見解を先日ブログに書きました、まだの方はご覧ください。
AMPELMANNはご存知の通り、東ベルリン生まれで若きデザイナーマルコス・ヘックハウゼンが愛らしいデザインの信号機が廃棄されていたのを貰い受け、ランプを製作し、製品化することによりメディアに注目され生みの親のペグラウ博士と一緒に東独生まれの歩行者信号機を、新生ドイツの首都ベルリン州の正式信号に制定されることを実現し、東独生まれの(東独人馴染みの)デザインが他にはほぼ皆無なことから、統一の、復活のシンボル、ベルリンのシンボルとしてお陰様で有名になりベルリンミッテ(中央区)に6店舗とレストラン、壁のど真ん中であったポツダム広場、西ベルリンの目抜き通り、ベルリン銀座クーダム、そしてKaDeWeとWertheiimという二大デパート、またデパートチェーンKaufhof各店にも売り場が設けられるほど、ベルリンの顔になってきました。
アンペルマン社創立20周年にあたり、その顔はそのままに、東独生まれの歩行者信号機のキャラクターではあるけれど「ベルリンっ子の一人としてのアンペルマン」世界中から人々が集まってくる国際都市ベルリン生まれのアンペルマンの信号機の緑と赤だけじゃない魅力を打ち出していきます。
c0180686_15454920.jpg
その一つがKIEZ、ベルリンおらが街のTシャツ制作です。
正式には今日の創立記念パーティーでメディアにも発表されますが、27のベルリンKIEZ、各KIEZのTシャツを20枚づつプレゼントします。おらが街KIEZ自慢をしてください!という企画で、もちろん販売も数は限定ですが近日予定しています。
でもベルリンKIEZ自慢ですから、ベルリン関係者が対象となりますね。でも昔住んでいたとか留学してたとか、ベルリン生まれで日本在住!歓迎します。
生まれ育った、または思い出のベルリンKIEZ、写真で自慢してください。
c0180686_15444929.jpg
僕のKIEZはもちろんシャルロッテンブルグです。日本人でありながら、人生で一度しか住所が変わってない僕は、今の建物に住んでもうすぐ36年、シャルロッテンブルクが「おらが街」です。
c0180686_15452051.jpg
c0180686_15432830.jpg
アンペルマンのKIEZ、中央区はこんな感じです。
27デザイン全て、表にはKIEZ名だけ、背中の上部にアンペルマンと各KIEZの「特別」が入っています。
間違いなく、超レア物Tとなります!
c0180686_15425947.jpg




by Toruberlin | 2016-07-26 23:50 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)