ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59
グルーネヴァルト湖
at 2017-11-29 23:59
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-11-28 23:59
暑気払い、ならぬ「湿気払い」
at 2017-11-27 23:59
ちろり
at 2017-11-26 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio ( 23 ) タグの人気記事

拍子とアウフタクト

c0180686_09095513.jpg
四拍子、三拍子、二拍子
様々あります。
分母が二分音符、四分音符、八分音符etc.

4分の4も8分の12も、四拍子です。
8分の6は二拍子。
この12/8が6/8二つに、つまり四拍子が二拍子になってしまうことが
多々あります。
c0180686_09102243.jpg
譜面に書いてあることを、まずは音型を音程よく、書いてある通りに弾くことが大事とばかりに
音楽の流れ、方向が疎かになることが、プロの世界でも多い。
フレーズ、音楽の流れに大きく関わるのが拍子です。
強拍と弱拍があるから、流れができ、それを大きくもできる。

もちろん音程も、書いてある音符が全て鮮やかに弾けることも、大事です。
c0180686_09101405.jpg
そして言うまでもなく、その大前提には柔らかく美しい音が肝要です。

クラシック音楽は、様式美の音楽です。
バロックはまだ比較的自由ですが、クラシックからロマンティックは様式から外れたら成り立たない。
「新しいこと」を求めるとの大義を掲げて「なんでもあり」と思った時点で
成り立たなくなります。
もちろん、各人の感性と音楽性で「自由に」音楽をすることは大事。
だから、勉強が肝要なんです。
大事なことは、知らないといけない。

c0180686_09103823.jpg
拍子に加えて、アウフタクトも同じです。
アウフタクトを強調する奏法があります、でもそれは裏技。隠し味。
お汁粉の隠し味である塩が砂糖に勝ったら本末転倒のように
大事なのはアウフタクトよりもフォルタクト、つまり拍子の頭(強拍)です。
これも、勘違いしてる人が実に多い。

で、その勘違いは頻繁に、四拍子なのに(はっきりちゃんと弾かなくちゃ!との思いからか?)二拍子になってることから起こり得ます。

二拍子と四拍子は、例えば指揮者がいたら、自分の出番を逃さないように数える為に存在するんじゃない、音楽的な意味があるのです。

c0180686_09141747.jpg
ダメな指揮者が振る、という寂しい話は置いておいて
指揮者が居れば(その音楽が良いか悪いかは別ですが、指揮者=音楽監督に従うのが大前提なので)音楽の流れをどう作るかは任せなければいけないし、任せられるのです。
素晴らしい指揮者なら、それに呼応して一緒に音楽するのをわかってくれるし
それによって更に高みに行かれるかもしれない。

指揮者がいない室内楽、室内アンサンブルは
だから「何を」より「どう?」より「誰と」が大事。
ちゃんと弾けて、勉強もしていて、感性もあり、そして柔軟で周りが見える(聴こえる)ことが肝要なんです。音楽の勉強はそのために、するのです。
c0180686_09141077.jpg
どんな美しい音で、書いてある音楽を歌い上げるか?
その単旋律たちを重ねていって作曲家が書いた作品(音楽)を表せられるか?
聴いてくれる人に、届けられるか?言い方を変えれば、
僕らが紡いだ音が沁み入っていくのを楽しんでもらえるか?
この音楽家の目的のために、どうするか?
そのためにリハがあり一人での練習があり、楽器の扱い方(演奏仕方)の勉強がある。

様式があり、決まり事がある。それを分かった上で
自分のテイストを、
色の豊かな音で、音色と響きの融合を楽しみながら調整することで
加えた「自分の演奏」をするのが、音楽家の仕事であり
だから楽しいのです。

ときどき、いや常に、
自分を俯瞰してコントロールすることは、今だしてる音程が合ってるか?とか
リズムは?とか音合ってる?とかダイナミックは?
と常に気にしてるのと
同じように気を配分しなければならない大事なことなのです。

とっても単純な(え、そんなこと指摘するの?!って顔される)
二拍子と四拍子の違いを意識しないことが
どれだけ問題を生んでいるか?
c0180686_09195594.jpg
音楽は物語。なんかを定義して、それが紆余曲折しても答えがなければいけない。
いや、無しで終わることもありかもしれないが、物語としては結末はどうあれ終わらなければすっきりしない。
そのためにフレーズがある。緩急があり強弱があり
また調性がある。
シンプルから、複雑に重なり合ってはまた離れる、ハーモニーがある。

考えてばかりでもダメだけれど、何事にも最重要なのはバランス。
「譜面を弾けること」を目標にして反復練習ばかりしていると
疎かになることが実に多いことは、知っていなければなりません。
c0180686_09082622.jpg












by Toruberlin | 2017-12-06 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

BAR im Hotel

c0180686_03110124.jpg
c0180686_03095364.jpg
c0180686_03094577.jpg
アフターコンサートはグルーネヴァルトのお屋敷街にある元伯爵邸のホテルへ。愛器Busanを家に置いてTAXIで向かいました。
このホテル、カール・ラガーフェルトが任されて大改築しVierJahreszeiten(四季)としてオープンしてから、リッツ・カールトンやリージェントなどが経営、そのあとはロシア系資本になり、その頃はあんまり、、、でした、雰囲気が。少し前から僕もクーダムの店で昔スーツやジャケットなどを購入して愛用したP.Hermannが経営してます。
ヴィスコンティの映画か?!と第一印象だった赤い壁紙こそ変わりましたが、いまの金色もなかなか素敵です。
c0180686_03093343.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-05 23:04 | 趣味の話 | Trackback | Comments(2)

(続)室内楽コンサート

c0180686_04290632.jpg
c0180686_04291512.jpg
c0180686_04282836.jpg
土曜日のAdventskonzert@テニスクラブの続きです。
演奏した後は晩餐編、クラブハウスのさらに上に個室があります。ここ数年はそこが僕らの席となってます。
c0180686_04275583.jpg
c0180686_04274677.jpg
c0180686_04273947.jpg
c0180686_04273122.jpg
c0180686_04270856.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-04 20:14 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Adventskonzert mit KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio

c0180686_22415745.jpg
c0180686_22393330.jpg
c0180686_22395198.jpg
今年のアドヴェント室内楽はピアノとヴァイオリン2本+KB編成の2作品と弦楽トリオを選びました。
MozartがJ.Ch.Bachのピアノソナタをコンチェルトに編曲した3曲のひとつですが、これがMozartに聴こえるからハーモニーの妙か?!だってクリスチャン・バッハの曲ですから。伴奏が三声でKBを低音にしてくれたのはありがたいです。
ヴィヴァルディのトリオは原曲の低音はチェロ+チェンバロですが、津和野と東京、伊達保原で優芽ちゃんと何度も演奏したVivaldiのOp.1と同じようにバイオリン二人が歌うのをKBだけで支えるのは可能、かつ楽しいです。
ハイドンはたくさんの作品を残してることで有名ですが、弦楽トリオも多いです。まだまだコントラバスで可能な作品も多いと思いますが、今回はヴァイオリン2本とKBのために編曲された3作品からG-durを選びました。
c0180686_22390031.jpg
楽器はやはり4弦、ノーマルチューニングの室内楽にはやはりヴェニス生まれのDominicus Busanを選びました。
五弦楽器も、例えばトリノ生まれのDespineはかなりソリスティックなことも出来ますが、五弦は押し並べて鳴りが暗めなのと音よりも響きに長けてますから、もう少し大きいアンサンブル向きです。
12/9にCorelliKammerorchesterでBritz城で行うクリスマスコンサートではVivaldiの2本のヴァイオリンと2本のチェロの為のコンチェルトを弾きますが僕がKBで2番チェロです。その五絃のDespineを持って行くつもりです。
c0180686_22380968.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-03 23:34 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio @ Rot-Weiss Berlin

c0180686_23091672.jpg
c0180686_23070421.jpg
Adventskonzert 2017
Programm

Antonio Vivaldi
"Sonata da Camera a tre"
Sonata Nr.6 für zwei Violinen und Kontrabaß
PRELUDIO - CORENTE - Adagio - ALLEMANDA

W.A.Mozart ( nach J.Ch,Bach )
Klavierkonzert NR.2 KV 107
mit zwei Violinen und Kontrabaß
Allegro - Allegretto mit vier Variationen

Joseph Haydn
Divertiment G-dur für zwei Violinen und Kotrabaß
Moderato - Menuetto - Presto

Pietro Domenico Paradies
Concerto für Klavier, zwei Violinen und Kotrabaß in B-dur
Vivace e staccato - Allegro - Adagio - Allegretto

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio
Klavier Reiko Takahashi
Violinen Yume Sato Amane Horie
Kontrabaß Toru Takahashi



今夜のコンサート、1830からクラブハウスでゼクトを楽しんでいただいてから階下のグランドスラムで1915開演です。
10時から会場でGPでした。
c0180686_23074580.jpg
c0180686_23073652.jpg
c0180686_23072960.jpg
c0180686_23072040.jpg
c0180686_23071269.jpg
今夜、おいでになれる方は、どうぞお楽しみに!
春に、これに似たプログラムでの日本公演を考えています。
c0180686_23064995.jpg








by Toruberlin | 2017-12-02 15:04 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

室内楽リハとムール貝

c0180686_20562255.jpg
c0180686_20555211.jpg
12/2の室内楽 Adventskonzert LTTC Rot-Weis 2017の会場はクラブハウス階下のサロンです。名前はテニスクラブらしくグランドスラム、僕が会員になった頃はまだ同名のフレンチレストラン(1つ星)でした。ここに小振りのグランドピアノがあります。
c0180686_20560164.jpg
クラブハウスって感じ、しますよね。
c0180686_20554318.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-01 23:53 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio @テニスクラブRot-Weiss

c0180686_13553322.jpg
BPたちとの晩餐の翌日、ブランチは仕入れてあったヴォンゴレでした。アドリア海から飛んできたヴォンゴレルピーノ、大きめの貝殻で(何度か中は小さかったこともありましたが)身も大きく、何よりとっても美味しいヴォンゴレでした。
c0180686_13551875.jpg
リハの準備は調理前に。18世紀にヴェニスで作られた名器D.Busanで弾きます。
c0180686_13552508.jpg
c0180686_13550926.jpg
c0180686_13550212.jpg


More
by Toruberlin | 2017-11-28 23:59 | 音楽の話 | Trackback

12/2 室内楽コンサートへのお誘い in Berlin

c0180686_02052901.jpg
ベルリンの老舗テニスクラブRoß-Weissのアドヴェント室内楽コンサートへのお誘いです。
一昨年まで長年CorelliKammerorchetserとして開催しましたが、昨年はシューベルトのピアノ五重奏「鱒」を演奏し大好評をいただき、今年もクラブレストラン階下のグランドスラムでピアノとの室内楽を行います。
モーツァルトが幼少期にJ.ch.Bachのピアノソナタを編曲したピアノの協奏曲から2番、これはオリジナルがヴァイオリン2本とコントラバスの伴奏です。
ヴィヴァルディの有名なトリオ、これはチェロパートをKBで弾きます。
ハイドンのディヴェルティメント、オリジナルは管楽トリオですがヴァイオリンとコントラバスでも楽しいです。
メインはイタリアの作曲家P.D.Paradiesのピアノ、ヴァイオリン二声とコントラバスの為のコンチェルト。
恩師Witt先生のライヴラリーから楽譜を頂戴しました。
クラブ会員のためのコンサートでコース料理付きで45ユーロと低めの価格設定です。我がクラブレストランの食事は美味しいです!
滅多に演奏されない室内楽をベルリンにおいでの方はどうぞお誘い合わせて聴きに来てください。
席のご予約はメッセージで私宛にしていただくのが確実です。
クラブ会員用と書きましたが10席は枠を確保しております。

メニュー予定
1.細切りクレープ入りの牛のコンソメ
2.鱸のソテー、赤ビーツリゾットパルメザンチーズ添え
または
2.ローストビーフ、インゲンと人参とジャガイモ添え、赤ワインソース
3.アーモンドヌガートクロカントパフェ

メインを肉か魚かお選びいただきます。
肉と魚を使わない(vegetarisch )メニューも、もちろん可能です。ご予約時にお知らせください。

Adventskonzert 2017@LTTC Rot-Weiss
2.12.2017
1830 Sektempfang
1915 Konzert im Grandslam
Nach dem Konzert Adventsmenü im Clubrestaurant

Antonio Vivaldi
"Sonata da Camera a tre"
Sonata für zwei Violinen und Kontrabaß

W.A.Mozert (nach J.Ch,Bach)
Klavierkonzert
mit zwei Violinen und Kontrabaß Nr.2 G-dur KV 107

Joseph Hydon
Divertiment G-dur
für zwei Violinen und Kotrabaß

Pietro Domenico Paradies
Concerto für Klavier,zwei Violinen und Kotrabaß in B-dur

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio
Klavier Reiko Takahashi
Violinen Yume Sato Amane Horie
Kontrabaß Toru Takahashi
c0180686_02104977.jpg







by Toruberlin | 2017-11-16 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

湖畔のお邸でプライベートコンサートの贅沢。

c0180686_18391402.jpg
c0180686_18345240.jpg
c0180686_18384358.jpg
12月18日、テニスクラブRotWeissでシューベルトの鱒を演奏した翌日はベルリンとポツダムの間にあるグリープニッツ湖畔のお邸でコンサートでした。
僕がテニスクラブに入会した時の会長Mさんの誕生日、以前から「いつか我が家で演奏してほしい!」と仰ってくださっていたのが実現しました。
11月初めに帰国する前にお邸にお招きいただき、焼きたてのアプフェルシュトルーデルを美味しい紅茶と戴きながらコンセプトを説明しました。30分ちょっとと短い時間でよかったのでコントラバスが入るとなればRossiniの弦楽ソナタがベストなので以前のコンサート動画をご覧に入れたら一発で決まり、Rossiniを二曲、そして最後に高橋幸代ちゃん作曲のBERLIN 1920'sと決めました。BERLIN 1920'sはお聴かせしませんでしたが気にいるのは間違い無く、また依頼した時にお願いした「ベルリンが一番華やかだった1920年代のイメージ」にM邸のパーティーはピッタリと確信していたからです。
同作品を初演したY嬢を誘いましたが、彼女はハンブルクのオケと契約中で夏までは予定が読めない。それでも替わりを確保しつつY嬢と弾くことにしていましたが(前日は鱒で一緒ですし)結局不可能となりイタリア人のSに加わってもらいました。チェロは、これもいろいろ声をかけたのですがみなさん先約があったりベルリンに居なかったりで、でも早朝にリハをするという工夫でDSOのLに弾いてもらいました。イタリア人とフランス人に日本人二人。KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioはベルリン所縁の仲間の集まりですから、こういう編成もアリです。ドイツ人が居ないのも偶然です、本来は鱒を一緒に弾いた長年の友Vが弾く予定でした。
c0180686_18383348.jpg
M邸は三階建の大きな築100年くらいのお邸で、ベルリン界隈屈指のお邸街のG湖畔でも目立つ立派な威容です。もともと各階で住人が分かれ、M邸がある二階は二軒だったのをMさんが一つにまとめました。それで入り口を一つ取って壁にした階段上の踊り場が演奏するのに最適なスペースになっています(3階へは全く別の入り口があります)。最初は階下の玄関ホールで演奏する案でしたが、僕が拝見して上階を提案しました。真ん前に10席、階段に20数人、階下に20数人という案で、音響は(日本から帰ってすぐにお邸にKB持って伺い、試奏しました)どこもエクセレントだそうで、実際天井高く、弾く僕らも気持ち良いステージでした。
c0180686_18382184.jpg
c0180686_18381384.jpg
Rossiniのソナタ1&2番、簡単な曲じゃありません。ヴァイオリンの二人は何度もリハを二人で重ねて来てくれたので1時間半の早朝リハで3曲通し、当日も1時間ちょっとの会場リハで楽しい演奏になりました。
「何を」より「どう」弾くか、そして「誰と弾くか」が肝要と頻繁に書いてますが、その通りなんです。
A嬢はY嬢が一番好きなパートナー。Y嬢は僕が最も信頼するヴァイオリン奏者ですが、今回のSもとっても良かった。比べるのは意味がないことですからしませんが、僕にも新鮮な(この作品、いろんな奏者と何度弾いたか数えきれない)音楽の造り方はやはりイタリア人だからか?フランス人のチェロLはDSOで長年知ってますが室内楽を一緒に弾くのは初めて!ご機嫌でした。
c0180686_18375815.jpg


More
by Toruberlin | 2017-01-10 13:25 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

26日のコンサート

c0180686_18315090.jpg
ウンター・デン・リンデンの国立歌劇場、その隣のBebel広場に面したSt.Hedwigs(聖ヘドヴィヒ教会)で26日の20時からトランペットのヨハンとのコンサートでした。Ensemble L'estroArmonico Berlinはヨハンとバロック音楽を演奏するときの名前ですが、もともとはコントラバスが加わった室内楽を演奏するKAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioです。結局は自分が演奏したい仲間を(ジャンルが変わると、それも少し変わりますが)自分で企画するときは集めますから、アンペルマン室内楽も(大きな仲間の輪ではありますが)自然と同じメンバーになります。
もともと日本人と決めているわけではありません。アンペルマン室内楽は第一回は日本人は僕だけ、2回目以降はグスティ以外は日本人となってますが、これは予算だけに起因した結果です。
このヨハンとやるコンサートはL.'estoroArmonicoが僕と若い日本人のアンサンブルと詠っているので、そうなっています。一昨年は大きい音楽祭に招待されましたが、その「日本人のアンサンブル」っていうのがヨハンの目論見だったセールスポイントになってるかは微妙ではあります。だから多分、これがマストには今後なりません。
日本人で固まる必要は全くありません。ありませんが第二回のアンペルマン室内楽in津和野で若いメンバーとやった室内楽、これは30数年こちらで活動してきた僕の経験(というか室内楽のアプローチ、弾き方)を若い人たちと活かせれば!と思った試みでした。それは大成功し、Y嬢とのデュエットで続き、またこれからも続けていくつもりですが、レッスンではなく一緒に室内楽を演奏して「伝えたいもの」を渡せれば!と思っています。
c0180686_18462876.jpg
26日、第二クリスマスの祝日の朝は統一後すぐの当時の音楽監督Witt氏とのご縁からSt.Hedwigsのミサで始まります。演奏するのはAumannのミサ曲。メルセデス(駐禁だけど)の場所も同じ写真を今までも何度か載せています。ヴィオラ二本、ホルン二本、オルガンとKBにソロ歌手四人と合唱団。
c0180686_18461538.jpg


More
by Toruberlin | 2016-12-29 23:55 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)