人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

7月13日、59歳になりました。
at 2019-07-13 23:03
なんとWifi不具合
at 2019-07-11 23:50
全部て5本届いた、弓の話。
at 2019-07-10 09:43
ベルリンでの夏の昼ごはん。
at 2019-07-09 12:55
稀に新鮮な鯵が入った時は。
at 2019-07-08 23:20
来年3月、Paris-Tok..
at 2019-07-07 04:45
マイボトル
at 2019-07-06 14:45
クラシックカー好きですよ、も..
at 2019-07-05 23:01
新鮮な鰯とTボーン
at 2019-07-04 09:51
夏の普段ご飯。
at 2019-07-03 09:35
クロイツベルクにて 6/28
at 2019-07-02 14:40
日曜朝に届いた弓たちの試奏は..
at 2019-07-01 08:57
1年振りに。
at 2019-06-30 01:13
1993年から乗ってるMin..
at 2019-06-29 08:08
冷やし饂飩、シュパーゲル、T..
at 2019-06-28 08:08
また、声優仕事の帰りに。
at 2019-06-27 10:36
ボルンホルム橋駅で途中下車し..
at 2019-06-26 13:49
夏らしいベルリン、楽しまなきゃ!
at 2019-06-25 08:08
加仁湯仕込み!「岩魚が呼んだ」
at 2019-06-24 08:36
「岩魚が呼んだ」レビューを書..
at 2019-06-23 06:14

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19
喜んで頂けて何よりです。..
by Zeiss_Mania at 14:49
お、ラーメン仕込みますか..
by Toruberlin at 03:30
パスタとラーメン、とても..
by Zeiss_Mania at 01:18
おはようございます。公園..
by Toruberlin at 14:24
レンズ到着したら、MIN..
by Zeiss_Mania at 06:48
自分から入ることはまずな..
by Toruberlin at 15:34
令和になった、改元した日..
by Toruberlin at 15:25
私もたまにサイゼリアに行..
by みさ at 07:56
小岩に行かれて私も嬉しい..
by みさ at 07:51
ブログの花の写真、拝見し..
by Toruberlin at 22:55

検索

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

7月13日、59歳になりました。

c0180686_14501819.jpg
c0180686_14500831.jpg
c0180686_14482225.jpg
c0180686_14481564.jpg
59際の誕生日はアドリア海に近い古代ローマ時代から栄えた、美しいモザイクで有名な古都ラヴェンナで迎えました。
Wifi不調はホテルの話でした。ベルリンのアパート、セキュリティは万全ですが、それでも不在を宣伝する必要もないですから旅行中はタイムリーに日記を書きません。BLOGは万人に発信できて素晴らしいですが、悪用する人も居ないわけではないですから。
写真はたくさんありますし、書くことも普段に増して多くありますから、ベルリンに戻ってから楽しみに書きます。
c0180686_14494277.jpg
c0180686_14495015.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-07-13 23:03 | 日常の出来事 | Comments(2)

なんとWifi不具合

c0180686_08031232.jpeg
Wifiが不調です。
iPhoneは通じますからメールやメッセージは問題ないですがブログは、iPhoneで書けないことはないんですが、写真挿入は時間かかりますし、チマチマ作業は疲れます。4-5日で復旧するか?
しばらく休憩します。

2週間レンタルしたメルセデスのカブリオレ、快適でっす。
c0180686_07591978.jpeg










# by Toruberlin | 2019-07-11 23:50 | 最近のべルリン写真 | Comments(0)

全部て5本届いた、弓の話。

c0180686_17511051.jpg
c0180686_17505328.jpg
コレクターから届いた弓、まず一人からがニュルンベルガー2本とP.シューベルトです。
ニュルンベルガーは19世紀終わりから20世紀初頭のドイツの名工です。Bausch,Rau,Weidhaas ,初代のH.R.P.と並んでドイツ式奏法用の弓の最高峰です。
なんで4本並んでるか?は、右端は春に手に入れた、120年前のニュルンベルガー、未使用でした。
春のアンペルマン室内楽「コントラバスもたまには一人で弾きます」は「ドラゴネッティの12のワルツ」をドラゴネッティ弓で弾いた以外は、全4公演をこの弓で演奏しました。120年前に造られて未使用はかなり稀、そして素晴らしい弓です。
c0180686_17504280.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-07-10 09:43 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

ベルリンでの夏の昼ごはん。

c0180686_16584692.jpg
夏ってことは、お休み中な訳です。雰囲気は楽しいけれど野外コンサートは音響は良くはない。グルーネヴァルト城は特別です。だからオーケストラで夏の野外コンサートの仕事が来れば別だけど、室内楽などを企画することはありません。
個人の邸宅では、クラブのお仲間に少なからず大邸宅をお持ち方々がいるので話はあるのですが、やはりヴァカンス時期はベルリンにいないことが多い、ご本人もお客さん達も。なので、比較的に暇です。
更に少し前までのように暑いと楽器なんか弾いてられませんし(天気の良い外が気になって)ね。
たまたま仕入れられたもの、または食べたい!ものを作ります。昨日の鯵が、その良い一例です。
c0180686_16583445.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-07-09 12:55 | ご馳走/料理 | Comments(0)

稀に新鮮な鯵が入った時は。

c0180686_07281620.jpg
c0180686_07253921.jpg
ごく稀にですが、ベルリンでも鯵が手に入ります。Frischparadiesには、まず入らない。ヨーロッパに無いわけではないので(以前カディスやリスボンの市場、リグーリア海の朝市にも並んでました。
少し色が薄いですが、味はエクセレント!新鮮な魚、ありがたい!
c0180686_07252919.jpg
かなり小振りでした。捌くのが面倒なんですが、家内がやってくれました。
c0180686_07251313.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-07-08 23:20 | ご馳走/料理 | Comments(0)

来年3月、Paris-Tokio 263ユーロ!

c0180686_12482488.jpeg
何でも高くなった!よく聞くセリフです。
レンタカーは工夫とタイミングもあるが、安くなった、安い!と思うこと、しばしです。
イタリアまで飛んで、大好きな500とかランチャイプシロンが一週間で2万円とか、お世話になってます。
でもカブリオレはあまりなく、ゲットできても、かなり高い!
この夏はベルリンで2週間カブリオレを借りました、タイミング良く10万円以下。新車価格の1パーセント以下で1週間楽しめる、ありがたい!
しかし3万3千円で往復⁈
アエロフロートで所要時間も14時間とか、マトモ。パリ滞在してから帰国、とか、あらかじめパリ往復を安く、フライト、バス、電車を手配しといたら、不可能じゃないかも。帰国、または日本訪問の良い機会となりますね。

1983年の初一時帰国、JALで当時の、今のベルリンの住処と同じ建物内の2部屋60平米アパートの20カ月分家賃と同じだったのを思い出す。
家賃が飛び切り安かったとしても、そして今でも同じ部屋は600ユーロくらいだそうで相場的には安いそうだが、その20倍!だったと考えると恐ろしい。
通信費と飛行機賃が何でも高くなった現代、安くなった典型か?
両親にはお世話になりました。

安くなったから、せっかく留学したのに頻繁に日本に帰っていて勿体なくない?
一所懸命という言葉がよぎりますが、どんな時代、環境でも条件を活かすかどうかは本人次第。
自由だから責任がある。
とても高価で数年に一度帰れたら御の字だった時代の方が幸せだったのかもしれないが、せっかくの良い情報ですからご紹介しました。

2週間借りたカブリオレ、ご機嫌な走りです。
c0180686_13113233.jpeg















# by Toruberlin | 2019-07-07 04:45 | これはおすすめ! | Comments(0)

マイボトル

c0180686_22461123.jpg
ペットボトル依存は日本の比じゃあないけれど、でも軽くて便利なペットボトル。日常にあります。
どう使うかが問題なんだけど、でもゴミになるかもしれないなら、できるだけ使わない方が良い。
暑い時に自動販売機、ありがたいですけどねー!
でもあれって、最近はWifi基地としての利用もされてるようだけど、エネルギー食う冷蔵庫であります。出てくる熱気をクーラーでまた冷やす。矛盾あり。
ありがたいからお世話になっちゃうんですが、1Lで考えれば500円とか?
人を複数1Lあれば時速100km/hで10数km運べるガソリンが高い!と言われてもその半分以下ですから、如何にペットボトルが高価かがわかります。もちろん、設備と維持費など込みだけど。
僕は販売機使うなら、良い店があったら入ります。
c0180686_22454985.jpg
できるだけ使わないようにするにはマイボトル。給水サービスが盛んになりそうでもありますね。
イタリアでも昨年見かけました。自宅から持ってくことが僕は多いけど、SIGGでは小さい。またSIGGは可愛いんですが、太いからかさ張りやすい。こういうの探してました、ステンレス製。
とってもシンプル、通販で2本で20ユーロしなかった。
トップの木製部分にはオリーヴオイルを塗り込みました。
これに冷やした「まめ茶」とか麦茶、炭酸水も抜けないから良いです、昨日試しました。
まあ、ペットボトルを販売機で買うのが、楽なんですけどねー。
こんなボトルなら、毎日のお供にバックに入っていても邪魔にはならない=販売機使用頻度激減、な気がしてます。東京にも持って行こう!
ベルリンの水道水は地下水、ミネラルウオーター。気になるなら一度沸かせば完璧です。
便利なプラスティック、大問題でもありますが、完璧なリサイクルシステムができるまでは、出来るだけゴミを出さない工夫がマストですよね。
アンペルマン社もですが、好きな服のブランドも紙メインとなってます。
プラスティック関連業の方には気の毒ですが、必要なことですね。

あー、早くトランクをぐるぐる巻いて保護するサービス、禁止にして欲しい!
c0180686_22455811.jpg














# by Toruberlin | 2019-07-06 14:45 | これはおすすめ! | Comments(0)

クラシックカー好きですよ、もちろん。

c0180686_16024820.jpg
でも、最新型も、悪くない。
ときどきイマドキに乗ることはありますから驚きませんが、安全に目的地まで運転する、この大事な点では優秀です。疲れも格段に少ないでしょう。燃費もきっと良いんだろうな。
携帯は簡単な操作で同期するし、スティックを使えば良いのだけど(だから、か)CDが入らないのは、今は普通か?
志ん朝全集、スティックに入れるかな。
アパートは万全なセキュリティですが、でもわざわざ不在を宣伝することもないのでブログは更新しても暫定的に非公開にします。または限定公開か。一週間後には戻りますから公開に変えます。
Tボーンステーキ、残った部分と骨の周りを丁寧に外し、翌日のブランチは久々のご飯。納豆、卵、漬物、味噌汁に加えて、その肉とキャベツ、ポロ葱を炒めました。出汁なんて、もちろん加えず塩だけ。インドネシアからのお土産の塩、かなり旨味が多くて調理には適さない、あまり。しかし肉を焼いて食べるときにかけると最高!この塩を野菜炒めに振りかけました。
あんまり作らない野菜炒め、ドイツの固いキャベツだからこそ美味しい!
c0180686_16023784.jpg















# by Toruberlin | 2019-07-05 23:01 | 趣味の話 | Comments(0)

新鮮な鰯とTボーン

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
# by Toruberlin | 2019-07-04 09:51 | 美味しい楽しい話

夏の普段ご飯。

c0180686_01143947.jpg
c0180686_01142943.jpg
c0180686_01142099.jpg
おはようございます、水曜日。雲が多いベルリンの夏らしい日々ですが、気温は低いのに湿度が高くなったから、昨夜は暑かった!
少し前に書き始めた日記に、昨日の続きを書き加えます。
「鷗外の縁」で津和野町、文京区と繋がるミッテ区役所でMTGでした。昨年の春に来日したKさん、メールや電話では幾度もでしたが、会ったのは文京区で別れて以来でした。時の経つのは速くて、時に恐ろしい。
午前中にはいろいろやったし、14時過ぎだから区役所裏の、ベルリンに数少なく残ってるマークトハレでビールでも!と思い向かいましたが、やはり一人ではその気にならず。屋外だったら、飲んだかもしれないけれど、、、。
c0180686_01135941.jpg
c0180686_01135036.jpg
c0180686_01134206.jpg
c0180686_01133564.jpg
美しい!ピルスナー・ウアクエルが入ってました。でも、まだ営業前。
このビール、とっても美味しいけれど、これを飲むなら、やはりいつもの店でだなー。
c0180686_01132722.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-07-03 09:35 | 日常の出来事 | Comments(0)

クロイツベルクにて 6/28

c0180686_17564764.jpg
c0180686_17570138.jpg
シュプレー川沿いのスタジオで録音、映画の吹き替えの日本語指導でした。女性数役のあと、ご高齢の男性、御歳90くらいか?俳優さんです。声も覚えてるし見たこともある。誰だったかなー?公開になれば役で名前はわかります。スタジオ内は撮影厳禁だから残念でした。運転手さん付きでした。
仕事終わりが17時、NEX6にSummicron 90mmを装着、撮影散歩しました。
c0180686_17571538.jpg
c0180686_17572751.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-07-02 14:40 | 最近のべルリン写真 | Comments(0)

日曜朝に届いた弓たちの試奏はフィルハーモニーでの本番で。

c0180686_17011046.jpg
この写真はGP前、ちょうど楽器をケースから出してるところですね。後ろにはソロバスのJも来ています。
39℃の最高気温予報が出てた昨日、1430からAP(直前リハ)だったので1350着、日曜日はこのエリアは路駐無料なんですが、夏休みに合わせてさらに工事だらけのフィルハーモニー周辺、楽器担いで長く炎天下を歩くのも大変なので、カラヤンが使っていた裏口にある駐車場に駐めました。楽器博物館側、ベルリンフィルアーカイヴの前です。
c0180686_17010189.jpg
ここは今では誰でも駐車できるんですが、もしかしたら初めて、でした。BMWと並ぶとMINIがどれだけ小さいか、再確認となります。
c0180686_17004479.jpg
そのリハの最後、団からのお礼の言葉などがありました。
本番はGPとは比べられないくらい良い出来でした。やはり、このホールで滅多に弾かないと、戸惑うのか?
ホルンはプロ並み、あとは特にファーストヴァイオリンが良かったな。いや、セカンドも。ヴァイオリンが良くて目立つというのはドイツでは面白い傾向です。まあ、ヴィオラはあまりに少なかった。チェロが12本でKBは6本、ヴィオラも少なく7本でした。トラを入れないオケだから(僕は例外、あとは指導者兼ねたコンサートマスター+ふたりのOB)でしょう。
気になることはたくさんありますが、アマチュアさんだから、請われなければアドヴァイスはしない方が良い。まず、アドヴァイスを理解するかどうかも、少しは知り合わないとできないし、自分を肯定してもらうことに喜びを感じることが多いから、自分で納得でき楽しめるようにするのが指導者の目標なんだろうが、それにはどっぷりと浸らないと出来ません。
趣味で適当に混ざっていたい人も居れば、化学者で首席のJのように、かなりマジに音楽活動してる人、後ろで楽しげだった内務省勤務のAは、きっと上達できる。隣で弾いてたG君は、まだまだ準備が足りないけれど、頑張って付いてきてました。
終演後に「ありがとうございました!」からJが「次回は幻想なんですが、コントラバスセクションのレッスンをお願いできませんか!」時間が合えば喜んで!と伝えました。もらう報酬分のセクションレッスン、なんてしたくないから、何時間を何回か?でやるか決めます。1-2回じゃ応急処置だけになる。3-4回なら、やる意味があるかなー?
日本のアマオケにもそれは進言したんだけれど、なかなかに難しいみたい。望まない人も多いのかもしれない。段階踏んで、は良いけれど、やるならマジ、だから僕はあまり指導者には向いていないと思っています。
「やってらんない」が先に出てきちゃう。他に貴重な時間の使い道はたくさんありますから。
でもJBSOのように、アマとプロの隔てなく、というか稚拙でも音楽を演奏したい!ならお手伝いは惜しまないし、関わっていきたい。プロのように変な縄張り意識持つ必要もない筈だし。それとも、やはりあるのかな?
これだけハイアマチュアが多い日本、でもマチュアだけで演奏するのが目的じゃないはず。この夏のWienLinzは参加者多数でコントラバスだけプロ4人+となりますが、ベルリン公演は二回とも20人くらいのプロが加わっての演奏でした。そこには特別な意味があったと僕は思ってるんです。メンバーも間違いなく楽しい筈。もちろん仕事屋トラじゃなく、僕が選んだマトモな仲間たちです。
日本での企画の提案はしてますが、さて、どうなりますか。

さて話が逸れました。若いエネルギーが演奏に喜びをもって注がれる。そうたくさんと話せなかったけれど、みんな演奏できる喜びに溢れている。これがアマチュアの強みです。
c0180686_17005254.jpg
そういうキラキラ輝いた、真剣で楽しそうな顔を眺めながら、僕も楽しかったコンサートでした。
楽しみの要因は、それに加えて弓。
G.W.Renzの稀少な名弓2本、この日の朝に届いたのを、自分のRenz2本は楽器ケースから出して、持って行きました。
どちらもヤニは全く載ってないけどAPで落ち着きました。
初期の長めのと後期のこれぞRenzという弓。後者はパーフェクト、硬めの感触、でも音は柔らかい。完璧な弓です。
もう一本はAPの間中弾いてましたが、理解するのに少し時間がかかりました。
が、結局本番全て、こちらで弾きました。オケには最上の一本です。ブラームスも良いけれどブルックナーも良いだろうな。
さて、今まで持ったことがない、Wienでは、その人の弓の最上ランクは2-3本続けて超高値で取引されたらしい。前回のはあまり関心しませんでしたが、今回のは買わないわけにはいかないくらい良いかも。昨日、日曜日なのに家でアルペジオーネなどを少しだけスカランペラで弾きましたが、別次元に良い!
あとは未使用の(また!でも、出所が同じだから、、、)1930年頃のニュルンベルガー2本。
こちらは今日、後で初めて音を出してみます。

終演後のビール乾杯!をセクションで約束してたんですが、長蛇の列!バックステージは演奏者以外は遠慮するのが礼儀なんだけど、10数人の列に並ぶ気はありません。
そう言えば2時間後も公演がありバックステージは混雑してましたが、リハ前から終演後までアカデミーかわからないが学生達がテーブルに陣取ってたむろしてました。フィルハーモニーは貸しホール、いくら毎日自分たちが練習させてもらってるからって自宅じゃない。混んでるのにずっと占拠してるのはどういう頭の構造なんだろう?いまのフィルハーモニカーはそういう教育はしないのかな?
気を使えない、気づかない、は音楽家にとって致命的欠点です。

終演直後、Jがお客さんと(ご両親だそう)話してたので携帯で撮ってあげようか?と言うとiPhoneは控え室に置いてきたそうで、僕ので記念写真。素敵な笑顔、あとで彼に送ります。
c0180686_17003341.jpg













# by Toruberlin | 2019-07-01 08:57 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

1年振りに。

c0180686_02423780.jpeg
日曜日の16時からのコンサート@フィルハーモニーはブラームスの1番がメインで、前半はラフマニノフの「死の島」とB.ブリテンのオペラ「ピーター・グライムス」から組曲、指揮者のミヒャエルから応援要請がありました。
このJungesEnsembleBerlinは音大生といっても音楽教育専攻の音大生がメインです。こう書くと日本の感覚だと「ああ、副科」と思う人が多いと思いますが、まずは私大がないドイツ、音楽教育もUDKなど国立の音大生で、入試も簡単ではない。音楽を音楽学校や教育の場で教える、いわゆる「教職」過程は、日本の様に片手間では出来ません。教える専門の科があり国家試験がある。入試時期から教育を選択する人は多いです。音楽を志しても「教えたい」人、またはオケに入ったり演奏で生計を立てるのは難しい、と判断して「教える」道を最初から選択する学生は少なくないです。音大での大きな差は、こちらにドイツ人が多いことか?
秋に日本に連れて行ったチェロのティル君も教育科からチェロ専攻に変わりました。
80年代にリアスで一緒だった仲間のJちゃんは、ケルンのWDR放送交響楽団というドイツの名門に教育科から受かりました。お兄さんは現在のベルリンフィル・セカンドトップ、そういう環境でも教育科を選択する学生はいる、そんな位置付けです。


1年前、あまりに上手くて(良いところが多くて)驚きました。

教育専攻の現役学生がメインで、そのOBも多く入ってるオーケストラです。何人かは40代も居るから、僕が入っても「一人だけおじさん」状態にはなってません(笑)
コントラバスは僕以外は5人、教育専攻の学生が二人、一人はアマチュアのおじさんです。指揮者とセクションが相談して、中心のセカンドプルトに座りました。
あとの二人は、やはりアマチュアなんだけど音楽以外の専攻、いわゆる一般大学オケ出身者です。化学者と内務省勤務の法律家、とっても良い男たちで木曜夜の(僕にとっては)初リハで知り合いました。
音楽は「感じる」ことが大事って言うし、それは正解だけど、まずは頭なんだよなー。なんでもバランスですが、ね。
ティル君とも、彼は自分の企画(ダンサーとのシリーズとか)で忙しいらしく、会ったのは東京浅草散歩の夕方、別れて以来でした。もちろん、メッセージでは連絡取り合ってましたが、会ったのは8ヶ月振り!時間経つのが速く、驚きます。

土曜の10時からゲネプロでした。フィルハーモニーは素晴らしいホールで音響は素晴らしく楽しいけれど、残念ながらアラも目立つ。良いところを伸ばし、楽しく!と行きたいが、音程があまりに合わないと厳しいものがあります。

「アマチュアは上達しない」と言う人がいて、そのセリフを最近聞いて驚きました。
もちろん、プロと同じを要求はしない。
が、プロもアマも、譜面に書いてある通りに弾ける準備はリハに臨むまでの各自のマストto Do.
そこからやっとアンサンブルとか音楽が始まります。
アクセントが書いてあるか無いか、その曲は何拍子なのか?
今ソロパートを受け持ってる仲間はどう演奏してる?
などなどに気を配れるのも、自分のパートが弾けるからこそ。
自信がなければ暗譜するくらい練習する、
をしたら、もっと楽しくなっていくこと間違いないですね。
ゴルフコースに出る前にコツコツ練習するのと同じです。

コンサートマスターはベルリン放送響の顔見知り。イタリア人のE。
ゲネプロ前に挨拶に来てくれました。どこかで一緒に弾いた覚えはありました。
「音楽をしたい!という、このオケのエネルギー」が好きで指導を兼ねて引き受けたそうです。
そう、多くのプロオケに演奏技術で叶わなくても、優るかもしれないのは、この大事なことです。
1年前のショスタコは、やはり曲が少し簡単だった+ホールも味方してくれたか?
やはり王道ブラームスは簡単ではありませぬ。
が、きっと明日の本番は今日のリハを活かして、ガラッと変わることでしょう。

フランス史上最高の45.9℃が記録されたそうですが、ベルリンも明日は39℃になるらしい。
でも来週は最高気温21℃と、またグッと下がります。
昨日と一昨日も、陽が陰ると涼しいを通り越して寒くも感じました。
明日で、この真夏の日々も終わりかなー?
c0180686_08184689.jpg






























# by Toruberlin | 2019-06-30 01:13 | 音楽の話 | Comments(0)