ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

パスタ、新作。
at 2018-11-18 14:26
メンデルスゾーンのパウルス
at 2018-11-17 23:06
独り谷根千 10/26
at 2018-11-16 23:59
横須賀から金谷港、ドライヴの..
at 2018-11-15 23:58
銀座で乾杯 10/24
at 2018-11-14 23:55
九段仲間たちと神楽坂で 10..
at 2018-11-13 23:57
新橋ダイヤ菊 10/22
at 2018-11-12 23:54
成田から京成電車、なら柴又!..
at 2018-11-11 23:55
最後の夜は麻布十番で 10/21
at 2018-11-10 23:50
伊達から東京へ
at 2018-11-09 23:51
伊達の宴 10/20
at 2018-11-08 23:51
(続)戻り鮎の炭火焼
at 2018-11-07 23:52
戻り鮎の炭火塩焼き
at 2018-11-06 23:52
10/19の夜、伊達へ。
at 2018-11-05 23:55
根津界隈 10/18
at 2018-11-04 23:52
麻布にて
at 2018-11-03 23:55
江ノ島から腰越、根津から谷中..
at 2018-11-02 23:52
西麻布でフレンチ 10/15
at 2018-11-01 23:58
谷中に墓参、のんびりやから乃..
at 2018-10-31 23:36
銀座から麻布十番 10/13
at 2018-10-30 23:50

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁

最新のコメント

Sさん、はじめまして! ..
by Toruberlin at 03:01
> ルガーノさん 愛さ..
by Toruberlin at 14:21
徹さん、ナイスセレクショ..
by ルガーノ at 17:34
植木さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 03:32
10月3日 楽しい演奏会..
by 植木信勝 at 01:13
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24
懐かしい(#^.^#) ..
by 材木屋茶人 at 16:57
柳沼くん、こちらこそあり..
by Toruberlin at 22:26
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 15:09
ああそうだったね、思い出..
by Toruberlin at 02:17
10月は全く身動き出来な..
by Yusuke at 00:23
ブログコメント禁止にして..
by Toruberlin at 16:46
同感です…体育会系出身者..
by Yusuke at 03:00
yuさま、おはようござい..
by Toruberlin at 16:40
徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44

検索

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

パスタ、新作。

c0180686_19280560.jpg
素敵に美味しい新しいパスタは、通販で購入した食材が思ってたのと違ったから出来ました。
c0180686_19275829.jpg
さーて何でしょう?aglio e olio に加えただけのを、まずは作ってみました。

お正月、御節に欠かせない数の子、今年は手に入りませんでした。いや、なんちゃってなら吉池にもあったんですが贈答用のが11月に入ると出回る、毎年それを持ち帰っていたんです。でも今年は11/3のフライト、直前に寄ったのですが「今年はまだなんです」でした。
ベルリンに来た頃(1980年11月)プロ専門の市場リンデンベルクを除けばKaDeWeデパートが唯一の「刺身」が手に入る場所でした、西ベルリンでは。脂を嫌う国民ですから(ひき肉も脂多めは安価で売ってる)大トロは赤身と同価格、いや、何度か鮪を買ったら「白いとこ持ってく?」ってオマケにくれたもんです。この時代は僕も知ってます。
噂では訳知り顔の(アホな)日本人がKaDeWeの売り子に「日本では白いとこの方が高級で高価なんだよ」と言ったそうで、販売となり高めになり、今では赤身以外は流通もしなくなりました、滅多に。日本に輸出した方が儲かるからなんでしょう。リンデンベルクでも注文入れないと中トロ以上は手に入りませぬ。もちろん、かなり高価。
同じ様な話でニシン。ニシンは今でもたくさん獲れる魚です、こちらでは。酢漬けが大好物のドイツ、数の子は要らない。
これは僕は経験してないんですが、来た頃に聞いたのはオランダ人の屋台(マークトの)で「日本人はこれ好きなんだよね?」ってバケツに入ったのを「持って行って良いよ!」だったそうです。
今は無いレストラン京都でも、時期にニシンの塩焼き(大きいのでした)を頼むと数の子が入ってることしばしで、幸せでした。数の子はハラコで焼いても美味しい!これは今でも日本でも稀に食べられますね。
さて、数の子を「持ってっていいよ」どころか売ってるのも見ないドイツです。調べたら数の子使ってキャビアもどきが作られてるらしい(着色して)ですが、それも多分ごく一部。ほとんどは日本行きか?
でも、あるならこちらでも注文で買えるはずではあります。
調べたらトン単位ならある、6000ドルくらい。キロ6ドルだから安価ですが、でも1000kgは要りません。
試しに買ってみたのは瓶詰め。サイトでは大きさがわからず、もしかしたら?と手に入れました。
そう、もしかしたら丸い容器に数の子がぎっしり並んでるか?!と期待しましたが
c0180686_19284101.jpg
こんなんでした。
たぶん崩れた、輸出できなかったのをバラしての塩漬けです。かなり塩がきつめ。ブルスケッタにして食べるらしい、美味しそう!
さーて、どうしよう?
c0180686_19283235.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-18 14:26 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

メンデルスゾーンのパウルス

c0180686_20262837.jpg
c0180686_20262055.jpg
11/4日曜日にベルリン着、木曜からリハが始まった最初のコンサートは土曜日、メンデルスゾーンのオラトリオ「パウルス」でした。今回の帰国ではオケの仕事は入れなかったんですが、自分のイタリアンを家で弾いた時と同じように教会で自分の五弦を弾いた瞬間、その響きからまた「帰ってきた感」は増します。いや、日本に不満があるわけではない、弾いた2本も自分のイタリアンオールドだし、ただ「違い」を感じるのです。これを意識しつつバランス摂って生きてゆくのが正解なんでしょう。
熟練した奏者の多くに仕事で不満が募るのは、行われてる事象が自分の考えと違うから。浅はかな指揮者に音楽の船頭をして欲しくない。しかし、ほんの一握りの若い船頭が「光る」仕事をする。また、船頭なしではオケは成り立たないから、みなさんバランス取りながら自分を磨いて進んでいる。なら指揮者になれば?!ってのは誰でも考える。でも、それで上手くいかないのは(交通整理なら方法を知り技を磨けば不可能じゃないが、そんなことをしたくて指揮者になるわけじゃない、熟練の音楽家は)多くの例を見れば明らかです。振れないのは論外、ですがトッププロオケなら交通整理できなくても支障ないのも事実。数多くのマエストロと演奏経験がありますが交通整理できない大マエストロも居る。「それじゃあわかんねーよ」と誰も口にできないくらい音楽が伝われば!
これもまたバランスなんですね。オケを操る術ばかりじゃあ、たくさんいる若い指揮者の平均値。でも、音楽への理解をどう深めて、またそれでどう大人数のオケを纏めて音楽をするか?自分で音を出さない分、大変なのかもしれません。
僕ら演奏家のまず大事は弾けること、譜面があり、その時代の決まりの中でやる音楽と認識した上でどう弾きたいか?を持つこと。なんでもあり、ってのは自由につながると勘違いが多いが(漫画の悪影響ですね)新しいこと、斬新なことが正解じゃない。
目新しいだけ。超高速のMozartやL.v.Bなんて最低です。クラシックは古いから「新しい風を!」音楽を商売に繋げたがる輩の賞賛しそうなことですが「古臭い」ってことは悪じゃない=伝統でもある。音楽をどう理解して、それをどう自分が奏でるか?ってのが大事です。それを周りに示し共感してもらうと、言い換えればそういう考えを持ってる人が集まると室内楽もオケも楽しい時間となりますね。ギャラだけ考えて、今をなんとか凌いで、ってのは各自自由だから否定はしませんが、つまらないし時間の無駄で勿体無い。自分が愉しめる様に持っていくのがリハーサル。まあ、一人じゃないから難しいです。
オーケストラは大好き、でも自分は指揮者じゃないからできることは限られる(できるだけやるけれど!)それで2011年から始めた室内楽シリーズが好きだし、人生の柱の一つになっています。
c0180686_20261142.jpg
さて、最初から長くなりました。本番前日のリハの後、12/8に恒例のテニスクラブで行うコンサートの楽譜(鱒とBERLIN1920s)をヴィオラのあーちゃんが取りに寄りました。リハが22時まででしたから遅いんですが家内がおでんを作ってたので誘いました。
c0180686_20255534.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-17 23:06 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

独り谷根千 10/26

c0180686_03102386.jpg
c0180686_03101454.jpg
c0180686_03100674.jpg
10/26は亡父の誕生日です。命日よりも誕生日、これは誰のでも大事にしています。
c0180686_03094971.jpg
朝から、乾杯。献杯ではありません、誕生日ですから。
c0180686_03094072.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-16 23:59 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

横須賀から金谷港、ドライヴの一日 10/25

c0180686_07024538.jpg
c0180686_07021541.jpg
c0180686_07020505.jpg
c0180686_07025423.jpg
10/25は車でどっかへ?とUNO君から夏のベルリンで誘われていた日でした。UNO夫妻の共通OFF日が25と29でした。いろんな案があったんですが多摩川駅で待ち合わせて三浦半島を南下、オススメのフェリーで千葉入りとなりました。
c0180686_07015517.jpg
服装なら誰が見てもこっちが夫婦(笑)って感じでした。
c0180686_07013858.jpg
この日も、日の出とともに目覚めました。アパートからの眺め、どの時間も素晴らしいです。
昔は木更津行きのフェリーがあった、今はその代わりに海ほたるとアクアラインがあります。森田県知事になってから通行料も下がり、時間的には早いから人気のアクアラインですが、それでも金谷と横須賀を結ぶフェリーは健在、それを行きに使い帰りはアクアラインのドライヴでした。
c0180686_07011679.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-15 23:58 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

銀座で乾杯 10/24

c0180686_16301116.jpg
c0180686_16494517.jpg
c0180686_16294391.jpg
ノブ君はマエストロ・アシュケナージとアイスランドで今回も会えなかったけれど、母上のいっちゃん、ベルリンでノブ君コンサートで知り合った文京区のSさんとは銀座で待ち合わせ、松屋裏のSさんの行きつけおでん屋に連れてっていただきました。
c0180686_16295914.jpg
ビールでお久しぶりの乾杯、オススメのお刺身と。
c0180686_16295218.jpg
おでんと言えば燗酒。この薬罐で大将がお燗してくれるのよ!とSさん。
c0180686_16293507.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-14 23:55 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

九段仲間たちと神楽坂で 10/23

c0180686_00484526.jpg
c0180686_00485569.jpg
母が帰国した翌日は神楽坂に1830集合、九段中仲間8人で(それ以上だと結局話せないから人選は幹事のSちゃんにお任せ)晩餐でした。選択肢はたくさん、鳥茶屋もまだ行ったことなし。神楽坂なら一番行きたかった鳥栄、樽平etc.は3-4人じゃないと難しいからまたの機会に!となり「ふぐ」に決めました。玄品はチェーン店ですがオススメだそう、楽しみでした。
c0180686_00483056.jpg
昼寝して目覚めたら、もう夕暮れ時。真ん中の暗がりは増上寺さんです。手前は芝のうかい亭。
c0180686_00482135.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-13 23:57 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

新橋ダイヤ菊 10/22

c0180686_20232720.jpg
c0180686_20231878.jpg
一升瓶が似合う首席チェロ奏者Yさんの写真で始めます、JBSO(日本ブルックナー交響楽団)の有志飲み会in新橋です。
もともとYさんご贔屓の店で、ベルリンで意気投合し日本で!となった時、マエストロ長野とここを選んでくれました。今回4回目か5回目です。ダイヤ菊は信州のお酒、小津安二郎監督が撮影で信州に長逗留なさった時にお気に召し、毎日一升瓶を並べたお酒だそうです。たしかに、一升瓶と冷や(冷酒じゃなくて常温ね)が似合う酒です。でもそう言えば冬に行ったことないが燗酒でもきっと美味いだろうな、ダイヤ菊。
c0180686_20225930.jpg
おすすめ刺身、ここもいつも美味い!
c0180686_20225081.jpg
c0180686_20224164.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-12 23:54 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

成田から京成電車、なら柴又! 10/22

c0180686_20400308.jpg
c0180686_20395242.jpg
もう最後!と帰国したのが6年前で、そのあとに尋ねても「もっとヨーロッパを知りたいし日本は最後と決めたから!良いわ」でした。今年になって春に僕らが帰国、患った一番近しい弟、親しい友人の誘いもあり秋に帰国した母、新ためて住む場所はベルリンと、本拠地はベルリンと、もしかしたら僕よりも強く感じたようです。だからまたの帰国も選択肢に入り、きっと秋にはまた日本、津和野を訪れるのがメインとなるか?!
僕は東麻布慣れてますが、母にとってはホテルよりは良いけれど、と仮住まい。疲れたはずです。
ベルリンに戻り、若返ったように感じます。
さて、成田から羽田行きに乗れば大門乗り換えですが、日暮里、または手前で降りるか?と京成本線に乗りました。
c0180686_20392322.jpg
c0180686_20373157.jpg
c0180686_20353411.jpg
c0180686_20303133.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-11 23:55 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

最後の夜は麻布十番で 10/21

c0180686_18113248.jpg
午後に東京着(しかし日曜の早い時間でなんであんなに新幹線混んでたんだろう?、夕方ならわかるけれど)アパートに戻り母はすでに荷造りを終えてました。
夕方、さてどうしよう?浅草も銀座も行ったし、鮨も鰻も、他にも食べたいものは網羅したし特にご希望なし。
「たこ八」さんが僕の候補でしたが、母は乗ってこない。さすが江戸っ子、粉文化とは縁遠い。だから僕もたこ焼きとかお好み焼きを食べたのはベルリンに来てからだったんだな。饂飩より蕎麦、それが当たり前でした(今でもだけど)。でも饂飩は好き、これからの季節、鶏鍋は手打ちうどんを食べたいからするようなもんです。お好み焼きは今だにどうでも良いんだけど「たこ八」さんにはもう一度行きたかったなー!結局、機会を逸しました。
焼肉って感じじゃないし、また(美味しいけど)飯倉の中華ってのも日本最後の夜には(母の)適さない。まずはいつものカフェテラスで美味しいビール飲んで(いつもハイボールだけど、ビールも美味い!こと知りました)蕎麦屋はずらっとあるが、美味しくない有名店。気になってる魚のうまそうな店はあるが、、、。
c0180686_18105859.jpg
で「くろさわ」さんを思いつきました。
DSOのツアーでグレゴアたちと六本木に向かう時に見つけたお洒落な佇まい、おでんが美味しいうどん屋さんです。
c0180686_18104480.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-10 23:50 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

伊達から東京へ

c0180686_17380767.jpg
c0180686_17375608.jpg
宴の翌日は東京組が泊まってる花工房に朝早くから押しかけて、そこから桜華楼に流れる、が定着してます。M本さんと私は御大邸にいつも泊めていただきますが、歯医者さん二人と写真家二人はLaWasabiに花工房からお迎えが来てくれるのです。
c0180686_17373697.jpg
良い天気の朝、花工房は月舘にありますが、ここのロケーションは最高です!
c0180686_17372719.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-09 23:51 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

伊達の宴 10/20

c0180686_19061080.jpg
c0180686_19055631.jpg
c0180686_19054653.jpg
伊達市保原のトラットリアLaWasabi、美味しい人気のイタリアンレストランです。
店名は「わさび」それはオーナーシェフの俊が仙台で5年、寿司職人として働いてからイタリアンに転向したことを表しています。イタリアンの料理人はイタリアン一筋の必要は全くない、経験と技を活かせるから他のジャンルの見識があることは◎です。
数年前に「いつか俊の握った寿司も食べたいですね!」と御大に言ったんですが、それが春に実現しました。
久々に20数人分を握った俊、その数日前にはリハもしたそうですが、その時の魚担当がM本さんが鯵、高輪の歯医者さんS先生が鯛でした。
え、鯛?!難しい魚です。でもS先生は家業を継がなければ鯛釣漁師になりたかったほどのお方、名人です。
御大とのお付き合いは長く、御大が大先輩写真家と釣り宿にいたらパンツ一枚で走り回ってる男がいて「青柳くん、あれなんとかしなさい!」と言われ声をかけてから意気投合、長年のお付き合いになってるそうです。
しかし春は続けての大時化で、そうなったら名人でも釣れない、船が出なければ。
その時に「秋は必ず!」の一言から「山葵寿司」が特別開店となりました。
鯛は小振りの形の良いのを16枚の釣果、流石です。
その鯛、押味先生から御大に贈られた釧路の魚市場からのトキシラズ、飯坂温泉のYさんの戻り鮎(昼間僕らが焼いた鮎)そして俊の仕入れたネタでの寿司中心の宴が催されました。
c0180686_17463654.jpg
c0180686_17451623.jpg
ワサビに行く途中、車二台でT城先生の診療所へ。ここの御大写真ギャラリーを拝見しました。
僕も大好きなアグネス・ラムが有名になる前に御大が撮った一枚、Fちゃん先生もお気に入り!お互いに写真撮ってました、その写真の前で。
c0180686_19052832.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-08 23:51 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

(続)戻り鮎の炭火焼

c0180686_04515309.jpg
c0180686_04550175.jpg
c0180686_04545273.jpg
c0180686_04544329.jpg
焼きは腹から。斜めに火にかざして腹の側から焼きます。焼きに関しては僕も少しは心得がありますから、きれいに並べてじっくりと。遠火だから焦げる心配はない、1-2時間は触りません。
c0180686_04543501.jpg
c0180686_04542667.jpg
ひれが焦げないように飾り塩。
c0180686_04541823.jpg
c0180686_04540908.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-07 23:52 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

戻り鮎の炭火塩焼き

c0180686_04592924.jpg
c0180686_04591966.jpg
c0180686_17223578.jpg
c0180686_04590677.jpg
c0180686_04582123.jpg
c0180686_04580879.jpg
伊達の青柳御大邸にはLaWasabiに迎えに来てくださったM本さんと23時頃に到着しました。
御大は18時には就寝、1時か2時に起床です。僕も4時頃に目覚め
c0180686_04575443.jpg
お、フジ、おはよう。
c0180686_04574778.jpg
M本さん、トオルと朝風呂@飯坂温泉。湯船は42と45℃、最近40では温くて入ってられず42も物足りない。45℃にもすんなり入れるようになったのは、なぜだろう?
春は温泉三昧でしたが、この秋は飯坂と箱根のたった2回だけ。春にはまた乳頭温泉鶴乃湯に行かねば!
c0180686_04573036.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-11-06 23:52 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)