人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

逃して、ちょっと惜しかったなー!
at 2020-01-29 01:33
原価率
at 2020-01-28 23:59
正月三日。
at 2020-01-27 10:31
数の子と海老or蛸と数の子
at 2020-01-26 21:13
旧正月の謹賀新年!
at 2020-01-25 13:07
旧正月
at 2020-01-24 23:02
新年初めての外食。
at 2020-01-23 23:59
新年独り晩酌。
at 2020-01-22 23:59
アラン島のフィッシャーマンセ..
at 2020-01-21 20:40
地球温暖化?氷河期に?
at 2020-01-20 23:59
ベルリンと東京 2つのタワー..
at 2020-01-19 23:59
ベルリンでふぐのヒレ酒。
at 2020-01-18 23:59
Auguste Rauの超長..
at 2020-01-17 23:59
仕事始め、1/16
at 2020-01-16 23:45
1月15日、松が明けます。
at 2020-01-15 23:59
12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

北京2日目の夜。

北京2日目の夜。_c0180686_17331628.jpg

ツアー中の個人行動のパターンはなかなか面白い。みんなの動向を見てる訳ではないけれどカップルじゃなくても必ず一緒に行動してるパターンや、一人が多い人。楽器によってはいつもセクションで動いてたり、気に入った相手と前日からとかその日の雰囲気で行動を供にするとか、まあいろいろ。
僕もGregorが居ると基本は彼と一緒の事が今までのツアーで多かったけれど今回彼は前日キャンセル。ツアーの時に一緒に動く事が多いもう一人の相手は首席のペーター。今回は基本はそのペーターとマティアスとウリ−のKB4人でが多かった。マティアスと2人だけのことがあったりウリーが抜けたり、ペーターがホテルのジムで過ごしたりジョギングに出たりといつもべったりじゃないのが良い。
僕も香港は一人が多かったし東京ではNと3時間歩いた以外はオケ以外の知り合いと過ごしました。
どんな感じ?何する予定?と訊いてきてくれたりホテルのロビーで出会ったり、朝食の場でその日の行動を決めたりと自由にできるのが気楽です。Gregorとウリーは行動を供にすることはないので今回のツアーではウリ−とより知合えたのは良かった。
Nがやたら懐いてきてくれたけれどふたりで出かけたのは表参道だけ、いつもの男グループにNが加わっての北京はまた違って楽しかった。

さて、万里の長城から戻り昼食時に隣だったペーターと旧市街に散歩に行く事が決定。時間が惜しいので直ぐに出かけることにしました。バスの中で昨夜ウイスキー飲んだ店のある道に今夜もまた行く事を告げると一緒に行きたいとのことで、ペーター、ナターシャのこれまためずらしい3人で出かけました。彼女は学生、ペーターは教授。でも馴れ馴れしくないけれど世代を越えた友達感覚。
タクシーがホテルの前に居なかったので大通りでつかまえようと試みたけれど、たくさん来るのだけれど待ってる中国人のビジネスマン風も多く、諦めて地下鉄へ。タクシーなら昨夜の場所に迷わず行ける自信はあったけど、地下鉄に乗ってみるのもまた楽し。
北京2日目の夜。_c0180686_17484371.jpg

前夜にバスセクションで地下鉄使って街に繰り出したペーターにすべておまかせ。
北京2日目の夜。_c0180686_1750356.jpg

券売機も最新型で車両もお洒落。どの駅でも荷物検査があるのと、物凄い人が乗換駅の通路に溢れてるのには驚きました。そして何回か乗ってみて気がついた事一つ。高齢者が一人も乗っていないこと。シルバーシートなんて必要ないくらい60以上どころか50代も見当たらない。ペーターが車両中最高齢者?かと思うほど。あまりの進歩に新しいものには高齢者がついて行けてない現状なんじゃないか?とはペーターの推測でした。
北京2日目の夜。_c0180686_17544369.jpg

駅の階段を上るとかなりの繁華街。前日の旧市街との位置関係がはっきりしなかったけれど直ぐにも入ってしまいたくなるような飲茶の小さな店があった。少しつまんでビール?と思ったけれどペーターは数年前から酒は一切飲まない(それでマラソン出場と合わせて30数キロ減量しました)し、いくら何でもまだ早いと却下されました。
天津甘栗が物凄く美味しそうで一袋購入。イタリアのマローネは知ってるふたりですが石焼は初めて。
北京2日目の夜。_c0180686_1811570.jpg

親指で切れ目を入れて左右から押して殻を外す方法を教えて食べながら散歩続行。これは本当に美味しかった。直火じゃないからマローネのように焦げてない(ペーター)、甘くて美味しい(ナターシャ)とお気に入り。ずっしり重かったから500グラム以上あったのかなー?ほとんど食べ終わったあたりで湖に到着。故宮の北西に位置する湖なのですが昨夜とは反対側の様子。その界隈の裏道は更に地元感が強く英語も見当たらないし外国人も皆無でした。
北京2日目の夜。_c0180686_1851499.jpg

裏道に入るとすぐにガラス戸に刀削麺の文字。これは捏ねたタネを小脇にかかえて文字通り刃物で削って湯の中に落としていって茹で上げる麺で中国独特の名物!と説明したらその様子から僕の勘を感じ取ったペーター(28年の付き合いですから)、じゃあ入ろう!と引き戸を開けると中でテレビ見てた親父が戸口まで来て何やら大声で尋ねてくるけど、僕にはもちろん解らなかった。
北京2日目の夜。_c0180686_18114182.jpg

僕らが店内に入りテーブルを指差すと客と認識したのか女将さんらしき人が笑顔で手招き。テーブルの上には各種刀削麺のメニュー。オーソドックスな牛肉入りを注文して、北京名物、昨夜食した官保鶏の文字もあったので注文しました。
北京2日目の夜。_c0180686_18134815.jpg

しかしあとで訊けば信じられないような安価で高級店とかホテルのレストランで豪華な食事を皆さんしたそうですが(コンマスのH氏、ホテルの傍の料理店が気に入って毎晩行ってたそうです)僕は連日このような場末の食堂。ナターシャも少し気の毒ですが、しかしここも美味しかった!
北京2日目の夜。_c0180686_1942989.jpg

かなりこってりしたコクのあるスープ、しかし味はしつこくない。上に少し油が浮いていて麺はシコシコのうどんという感じ。なかなか美味しゅうございました。
官保鶏は前夜に劣らない美味しさ、初めてのペーター、感動してました。
北京2日目の夜。_c0180686_1820472.jpg

ここも4品で約300円でした。
北京2日目の夜。_c0180686_18224727.jpg

外国人が来る事はきっとほとんどないのでしょう、ひっきりなしに入ってくる近所の常連らしき人々、一様にペーターたちを見て驚きの表情をするのが面白かった。
北京2日目の夜。_c0180686_18244153.jpg

暖まったので暗くなったけれど裏道散歩を楽しみ、前夜に訪れた湖の橋に到着。やっと位置関係が把握できました。
北京2日目の夜。_c0180686_18263050.jpg

前夜食事したお店をペーターに見せて、お目当てのお洒落小道に別の道を通って向かいましたがその途中の道がまたまた当り、生活感タップリの商店街でレストランも多く、眺めながら歩きました。ウインドー越しに店内をのぞくと、たいてい中に座ってる若者たちが笑顔で手を振ってくれるのが印象的でした。
場所の把握さえすれば地図を見なくてもお洒落小道を発見できた僕、その長い道を前夜とは反対の入り口から攻めました。お茶屋さんでめずらしいお茶をご馳走になり、いろんな店を素見してから中国の古い家を改造したカフェバーを発見。店の横の短い路地を入っていく造りで、中は天井高く良い雰囲気。席あるかなー?などと3人で話してたらドアがパッと開いて「3人ですか?」とそれは流暢なドイツ語。20代のその若者、席を作ってくれて注文をとったあとに尋ねました。「どうしてそんなにドイツ語上手いの?」といったら彼が僕に「あなたはどうしてそんなにうまいの?」
それにペーターが大笑い。中国人と日本人が北京のカフェバ−でドイツ語で会話するの図、でした。
北京2日目の夜。_c0180686_18352022.jpg

彼は父上がドイツに留学中に天安門事件がありドイツにそのまま亡命。今でもベルリン在住で彼は西ベルリン生まれ、つい最近まで僕の家から車で10分とかからないところに住んでいたそうで、祖国で暮らしたいと北京の大学で今は勉強してるそうです。多分またベルリンに戻ってくるそうで、また面白い繋がりができました。
北京2日目の夜。_c0180686_18382011.jpg

暗くて解りずらいですが、とても良い雰囲気の店でした。僕が食事を払ったからとペーターのおごりでウイスキーを2杯戴きました。シングルしか頼んでないのでトリプル以上の大サービス、Nも2杯飲んでました、結構強い!
北京2日目の夜。_c0180686_18432093.jpg

その店の看板前にて。16時過ぎにはホテル出たのに2時近くまで遊んでしまいましたが楽しい夜でした。翌朝はいつものみんなで故宮に朝一の予定、しかし折角なので夜景を見ながらバスタブに浸ってから就寝しました。

昨日の〆鯖の出来はエクセレント。結局4時ころにベットに入り、しかし今朝も7時半には起床。晴天だと思ったら雪が降り、今また(10時半)力強い陽射しが部屋を照らしています。
今日は日本行きのフライト決定したいなー!
僕の楽器ケース、楽器込みだと50キロで、荷物重量制限がこのところかなり厳しくなって現在打診中です。アコード製のコントラバスケースをレンタルする事も考えてます。10キロちょっと軽いらしい。ビジネスクラスのチケットを購入できるくらい甲斐性があればいいんですけどねー!
ま,そんなこと言っても仕方ないので持参する荷物を極力減らして+軽めのケースレンタルで落ち着きそうです。
あとは、DSOツアーで楽器の横板に穴があいてしまったのでそれの修理の手続きをしなくてはなりません。ま,やらなきゃならないことはさっさと片付けて、今日は少しBusanやScarampellaと過ごしたいなー!

メールが続いて入りその返事を書いてる間に真っ暗になりました。雪から雹になり、空は黒雲がびっしり。直ぐに止むでしょうが、外では「ひゃー!」という悲鳴が聞こえています。急に降りだしたからねー、雹は結構痛いですですからそれででしょう。
次回はいよいよ故宮、そしてコンサート当日、です。

by toruberlin | 2009-03-24 08:31 | 旅行 | Comments(0)