人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09
ドイツ、7/1から年内、半年..
at 2020-06-25 08:16
もちろん、使ってこそ輝いてく..
at 2020-06-24 07:45
食洗機御法度です、アンティー..
at 2020-06-23 15:37
昔のグラス、好きです。
at 2020-06-23 12:52
鶏腿焼き、作り方ブログ。
at 2020-06-22 07:27
親友グスティとベルリン最高の..
at 2020-06-21 15:37
久しぶりの。
at 2020-06-20 07:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21
さやかさん、公営ギャンブ..
by Toruberlin at 06:33
パチンコや競馬、競輪は公..
by 紗耶香 at 20:45
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 18:45
貴重な映像をありがとうご..
by 植木信勝 at 23:19
玉鈴さん絡み、コメントを..
by Toruberlin at 17:55
東京は夕刻、かなり人出が..
by 広瀬宏之 at 17:03
おはようございます。SN..
by Toruberlin at 15:52
Toru様 真摯な..
by 広瀬宏之 at 12:33
広瀬宏之さま、コメントあ..
by Toruberlin at 23:27
日本に毎日暮らしていると..
by 広瀬宏之 at 22:12

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

BusanとBusan

BusanとBusan_c0180686_5342550.jpg

Domenico Busan(1720-80) Tarvisio生まれ、1736年から没年までヴェニスで弦楽器を製作したマイスターです。弦楽器の文献に依ればヴァイオリンからコントラバスまで製作したけれど彼の最高作品はコントラバスと記されています。私の手元に1995年にParisで行われた楽器展覧会「ヴェニスの楽器たち」の写真集があります。Goffriller,Montagnana,Busan,Sepafin,
Tononi,Pietro Guarneriusなどヴェニスの弦楽器製作の名工の作品が並んでいます。COE(ヨーロッパ室内オーケストラ)の友人DRが僕がBusanを手に入れたと電話で話したらCOEのツアーでパリに行った時に発見して買って来てくれた本です。Busanはヴィオラとヴェニスの音楽学校所有のコントラバスが載っています。本数は少ないですがBusanはKBと並んでチェロも有名です、友人のチェロ奏者V.WがBusanのチェロを購入したのが一昨年、サンスーシ宮殿の夏の音楽祭の野外ステージで数千人のお客さんを前にMozartとRossiniのデュオを演奏した時はBusanはソロ調弦にしてあったのでScarampellaで弾きました、12月にデュオを弾くことになり初めてのBusanDuoが実現します。
BusanとBusan_c0180686_5581356.jpg

昨日のリハは16:30から拙宅で。写真はピアノの置いてある拙宅でいちばん大きい部屋です。水曜は家内が音大でレッスンの日なので迷わずこの部屋でやりました。
BusanとBusan_c0180686_604132.jpg

フォルクマーとはポツダムのNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)で知合いました。小編成の室内楽に近い機動性を持った演奏をしたいとNKOPをRSB(べルリン放送響)などの若い団員が集まって作ったその中心人物のひとり。RSBの首席奏者がオケを退団してライプチヒの教授になったのでNKOPにも参加出来なくなり2回目のコンサートから僕が加わりました。だからフォルクマーとは10年以上の付き合いでクリスマスオラトリオなどのコンティヌオも数多く一緒に演奏した仲間です。
拙宅で珈琲カップ片手に30分くらい話してから12月のコンサートのリハ、Rossiniを弾くのは決まってますが他の可能性を探る為にクープランのデュオ(オリジナルはガンバデュオ)を弾いてみて、これもいつか使える事を確認しました。アンコール用にテレマンのAria、これも良い。そしてひさしぶりにRossiniを通しました。細かいところはリハが必要ですがあと1回で良いかな、弾きながら楽しいのは響きが心地よく合う事、同じ作者の楽器という事が大きな理由のひとつであることは間違いないと思います。
BusanとBusan_c0180686_6173290.jpg

引退したオケの先輩(元RSBの首席)から手に入れたこのBusan、1960年代にワイマールの弦楽器工房の棚の上に寝かされていたこのチェロ、壊れていたそうですがその奏者が気に入って弾ける状態にしてもらったそうです。十数年前に引退した首席がフォルクマーを気に入って話をしてくれたそうで東独時代に戦前から壊れたまま放置されていたと思われるチェロ、かなりフレンドリーな代価で譲ってもらったそうです。僕のBusanはオリジナルのままですがこのチェロは残念ながらドイツでニスを上塗りされていますが、新しい評価はBusan製作のチェロとされたそうです。響きの相性からもそれは間違いないと思われます。
BusanとBusan_c0180686_630647.jpg

コンサートは僕の所属しているテニスクラブRotWeissのクリスマスコンサート、V.Wとデュエットだけという最初の依頼でしたが予算に余裕があったのでデュオ+ヴァイオリン2、チェロ、KBのカルテットも加えてEnsemble L'estroArmonicoBerlin(僕が主宰する室内楽アンサンブル)のコンサートにしました。
18時にMK嬢とYS嬢が加わりRossiniの弦楽ソナタ、Nr.1&2を弾きました。MK嬢はよく一緒に弾いてる僕がいちばん好きなヴァイオリニストのひとり、近頃また音に磨きがかかりました。YS嬢はDSOや室内オケではお馴染みですが室内楽は初めてでした。4人でRossini2曲を90分くらい弾きました、楽しい本番になりそうです。
フォルクマーは家で彼女が待ってるので今後のリハ予定を相談して直ぐに帰宅、両嬢はいつも通り残って晩御飯を供にしました。YS嬢がメールで「そろそろ貝の美味しい季節ですか?」と書いて来たので昼間コピーの帰りにLindenbergで仕入れ、まずはムール貝。
BusanとBusan_c0180686_6471739.jpg
BusanとBusan_c0180686_648180.jpg

まずはムール貝2回、リハの後家内が音大から帰ってくるまで「お腹空きました!」と交互に言ってた両嬢。
BusanとBusan_c0180686_650988.jpg

カメラ向けても気がつかない(貝に夢中な)MK嬢。
BusanとBusan_c0180686_65116100.jpg

そしてワタリガニ、茹でるよりも旨いので蒸篭で蒸しました。
BusanとBusan_c0180686_6522915.jpg

美味しくて笑顔の可愛いふたり。
BusanとBusan_c0180686_654369.jpg
BusanとBusan_c0180686_6545092.jpg

これ載せたら怒られるかな?でも可愛いから。
BusanとBusan_c0180686_657041.jpg

そしてさすが蟹、真剣なふたり。ミソだけじゃなく身も美味しい蟹でした。
BusanとBusan_c0180686_6593487.jpg

ムール貝、ワタリガニの前菜と白ワインの後はスパゲティヴォンゴレ。
BusanとBusan_c0180686_714487.jpg

多分ふたりとも一流オケにそう遠くない将来就職するのだろうけれど、室内楽は一緒に続けていきたい娘たちです。
BusanとBusan_c0180686_744280.jpg

Ensemble L'estroArmonicoBerlin、来年はべルリンだけじゃなく東京でも企画したいと思ってます。そのときは是非聴きに来てくださいね!
BusanとBusan_c0180686_7534355.jpg

by Toruberlin | 2009-11-19 21:32 | 楽器と弓の話 | Comments(2)
Commented by K.I at 2009-11-20 22:18 x
f字孔とボディとのバランスなどどこと無く似ていますね。
ニスが塗りなおされているとの事で色が違っているいるように見えるのはそのせいでしょうか?
同じマイスターが産み出した楽器の共演は楽しみですね~。
是非日本でも!
Commented by Toruberlin at 2009-11-21 08:56
K.Iさん、写真だと余計解りにくいですが僕のKBのオレンジが強いニスの色はかなり特別ですがBusanの特徴であり、また彼は黄色いニスも使っていた様です。このチェロは茶色のニスを上から塗ったのかと思われます。
楽器が大事と僕はここでよく書いていますが、もちろん大事なのは奏者、楽器の音というのは楽器自体が良いことに加えて、奏者それぞれの音がするものです。それを高める努力をするのは前提の話ですが、そこで良い楽器と縁があるともっと楽しいことになる。それにも増して、一緒に弾いて楽しい相手+同じ作者の楽器
日本でもやりたいですねー。
楽器の作者は違うけれどヴァイオリンの両嬢を加えてのカルテットもそれは楽しかったんです。Rossiniは来年は6曲全部やるつもりでいます。