ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

初陣しぼりたてとふぐひれ酒
at 2018-02-23 00:00
AMPELMANN室内楽 初..
at 2018-02-22 14:57
日曜日の晩餐
at 2018-02-22 11:45
土曜日、夕方は御近所散歩でワ..
at 2018-02-21 14:20
旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

楽器との幸せな時間/Busanに究極の弦?の巻

c0180686_20133886.jpg
c0180686_20145278.jpg

昨日は楽器のことで2つの幸せなことがあったのです。1つは昨夜書いたCavalliのこと。もうひとつはBusanです。
最初から一目惚れで価格も尋ねずにコレクターから購入したイタリアはヴェニスのDominicusBusan作のコントラバス、張ってあったスチール弦はすぐに外してガット弦を含むスチール弦以外をいろいろ試しました。スチール製の弦は張力、つまり表板にかかる圧力が高いのでオールド楽器にはマイナスになることが多いのです。他にも響き方とか、まあ色々なポイントがあってイタリアン4弦には僕は好みません。
現在CavalliとHillの5弦(ノーマル/オーケストラチューニング)、ScarampellaとBusanの4弦には英国製の弦を張っていますが、この弦のコンセプトがオールド楽器に過度な圧力を加えない為に開発された弦で、コア(弦の中心素材)は明らかにされていませんが、ガットの廉価版の石油製(ナイロン等)ではなく天然素材の集合体だそうです。HillとCavalliの5弦にはこれがバッチリ相性良く(最低音H弦はピラストロのオイドクサを張っていますが)満足しています。ソロチューニングのScarampellaもしかり。Busanにも同じ英国製のソロ弦を張ってあり、室内楽で使うことが多いので、そのソロ弦を2度下げて使ってます。今まで試した中では一番の選択でした。そしてソロチューニングに上げることも(KBはソロの曲を弾く時に2度、つまり1音チューニングを高くすることがあります)容易に出来、そしてやはりその為に作られた弦なので音の輝きは増します。
しかしオイドクサの(ピラストロ社のガット弦の銀巻、一番一般的なガット弦で最高級弦です)ノーマルチューニングよりは英国製の方が良く、この1年張っています、既に2セット目です。
少し前まではバロックでしか(半音低いA=415Hz調弦)使われなかったいわゆる裸ガット、僕もピリオド楽器アンサンブル(古楽アンサンブル)で弾いているので、そのガット弦の良さは知っていますし、今も弾くのは好きなのですが、普段の演奏にそれを使うのは僕には適しませんでした。響きは抜群なんですが、、、太くなってしまうし、ちょっと違う。
c0180686_20483164.jpg

ベルリンに手作りの弦製作者が居ると聞いたのが昨年、かなり高価だけれどとても良いらしい。コアはガット弦でスチール巻き(金巻もあるらしい)、コントラバスを持って行くとそれにあわせて(長さだけじゃなく)作ってくれるらしい。興味はあったのにアクションを起こしてなかったのですが昨日試奏用が手に入りました。今ポツダムで一緒に弾いてるJはコントラバスフェスティバルの事務局長もしていて、そこで知り合ったのだそうです。サイトを尋ねたら存在しないようで、それどころか店も持っていない。注文は充分あるので宣伝の必要はないんだそうです。
c0180686_2113264.jpg

昨日のリハから帰宅し早速張り替えました。弦はかなり細い(これもオーダーメイドだから相談できるらしい)、確かにコアはガットでした。
張り替えてすぐには期待できないのは常ですが、良い感じです。G線(一番細い弦)になかったヴォルフが出てしまいました。このヴォルフ、オオカミの鳴き声の様に雑音がするのですが、これも鳴りが良くなる兆しでもあります。そして何度かチューニングして(当然すぐに音程が下がる)21時ころまで弾きましたが、なかなか良いです。ヴォルフもかなり消えました。
そして今日、昼過ぎに仕事から戻り弾いてみましたが、まだ半音近く下がります。これはまだ安定していない証拠ですが、鳴りはご機嫌!ひと月は試した方が良いと貸してくれたので(新品を!)まだ結論を出す必要はないのですが、このまま行けば注文することになりそうです。
楽器を持って行って全く別の4本を作ってもらうか?あまり変わらなければヴォルフのことも考慮してもらい現在借りてるセット+上の2本だけ作ってもらうか?
スチール巻で600ユーロ、金は1000を越えるそうですが、その価値はありそうです。
c0180686_2113255.jpg


今日は朝から晴天、10時から映画の吹き替えの仕事でノイケルンのスタジオへ。今日は面白い監督や声優で朝から大笑いでした。
帰宅してすぐにバミューダに履き替えヴァルコニーへ。初夏のような日差しで花やサボテンも喜んでいます。
16時からGPなのでもう少しだけゆっくりできます。
明日も予報は晴天、8時からアンペルマン仲間とテニス、午後はひとつ打ち合わせがあり夕方はクラブのメンバーとテニス。一日に2回になってしまいますが、これも久々の晴天だから仕方ありません。
by Toruberlin | 2010-06-03 13:11 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://toruberlin.exblog.jp/tb/14515034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ake at 2010-06-03 22:49 x
4弦と5弦があるんですね~G線の意味も初めて知りました、「G線上のアリア」好きなんですけど・・・曲の背景を知るのも面白いのでしょうね。なかなか難しいお話でした
Commented by Toruberlin at 2010-06-04 07:30
そうだよね、今日はかなりマニアックな話だね。
G線上のアリア、これはヴァイオリンのG線だからヴァイオリンでは一番低い弦です。KBは弦楽器では唯一5度調弦で他の弦楽器は4度調弦。難しいかもしれないけど
ヴァイオリンは上かがE/A/D/GでKBは4弦の場合上からG/D/A/Eで5弦はもう一本低いH線というのが加わります。
先日のサントリーホールで僕が弾いてたのも5弦です。
?な話だよねー!
Commented by Toruberlin at 2010-06-11 18:29
誤解無きように。
ピラストロ社のオイドクサは素晴らしい弦です。Busanに最高に合う訳じゃないという話です。G線はあまり良いとは思いませんが5弦のイタリアンDespineには張ってあり、もちろん満足しています。
価格の高いものですからねー!この試してる弦で4本で約7万円
良ければ高くはない、弦でもかなり変わりますから。
今のところ、これから良くなるという期待を加味すれば、買いです!