人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

書斎/練習室、ほぼ終了。
at 2020-07-12 06:41
Stayhomeな日々に
at 2020-07-11 07:03
牛肉饂飩
at 2020-07-10 16:43
フランス娘 C.Bruger..
at 2020-07-10 07:13
弓の話、まだ続きます。
at 2020-07-09 09:00
強火で焼きなさんな、じゃない..
at 2020-07-08 23:00
A.Nürnberger
at 2020-07-08 14:47
弓って面白い!Hoyer編
at 2020-07-08 07:52
パーフェクトな虹
at 2020-07-07 11:11
そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

こんにちは!いただいたコ..
by Toruberlin at 17:05
はじめまして! ..
by 菅野陽一 at 16:03
こんばんは、はじめまして..
by Toruberlin at 23:11
はじめまして、こんば..
by 菅野陽一 at 22:29
日本食屋には必ずある枝豆..
by Toruberlin at 22:03
おー、そういう話か⁉️あ..
by Toruberlin at 21:58
う〜んと久しぶりにフォイ..
by charlie1030 at 21:49
そうでしたか、あの屋台で..
by Puku at 21:37
あーちゃん、まさにそのポ..
by Toruberlin at 11:01
徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)

PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_1403726.jpg

「ショパンが愛したピアノ」PLEYEL。パリのプレイエルを調べると必ずこの「 」が付いてきます。
兄の恩師であった元ベルリンフィルのソロオーボエ奏者L.Koch氏の長女Juttaのコンサートを聴きに行ったとき、演奏には使われませんでしたがPLEYELのグランドピアノをミュージアムではなく初めて見ました。そう、現行の楽器じゃなく19世紀のプレイエルの話です。そのコンサートはアンティークの美しいピアノ専門の(プレイエル中心)工房で行われました。もちろん販売もしていて、裏にはハンマークラヴィアも修復前のが立てかけてありましたが、コンサートは歌とピアノ(Juttaはソプラノ歌手、大晦日には佐渡裕氏の指揮で歌います)、ウイーンの楽器で演奏されましたが、横に2台並んでいたプレイエルのその見目麗しさ、そしてコンサートの後に聴くことができたエレガントな色彩豊かな音は格別でした。
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14125740.jpg

友人から先日、相談の電話がありました。90歳をいくつか超えた母上、お元気で少し前まではお一人で外出していたのですが、ベルリン銀座クーダムから少し入ったところの豪華なアパートのひとり暮らしは難しくなり、介護付きの施設に引っ越しました。彼の父上はフルトヴェングラー/カラヤン時代のベルリンフィルの団員で、彼が小さい頃はオリンピックスタジアム傍の邸に、子供達が大きくなって家を出てからは現在のアパートに越したそうですが、ユーゲントシュティルの家具がたくさんあります、これを近日手放さなければならない。
家具はさすがに価値のあるものが多く、フランスはミュラーの釣り灯とか鏡や様々な家具類はベルリンで最大手のオークションハウスSが興味を示してる様で、僕が昨日そのアパートを訪れた時にS氏と一緒になりましたが、かなりの数、しかも目標価格も(オークション落札の)かなり高く評価していました。
電話をもらった時に僕が気になったのはプレイエルのアップライトピアノとベルリンの工房製のターフェルクラヴィア、テーブルのようなピアノです。
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14223884.jpg
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14221096.jpg

プレイエル、さすがに美しい!
調律を最後にしたのは僕の友人が音大に入学して家を出る前=40年近く前です。だから今は相当狂っていますが、湿気もない良い場所にあったので痛んではいないはず。僕も欲しいのですが、現在は場所がない+弾ける様にするにはそれなりにお金がかかるので、グランドなら考えますがアップライトだからなー、、、。
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_1426367.jpg

外観はご覧の通り綺麗で音は狂っていますが、やはり響きは素晴らしい。
このピアノの価値からすれば日本に運ぶのも充分意味のある事、ピアノ工房の方からでも、個人の方でも興味のある方はご連絡ください。
Takahashiberlin@aol.com
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14291937.jpg

友人の家に置き場所はあるのですが、新しい家で床暖房、それで持っていくのを諦めたのだそうです。前述したプレイエルを扱っているベルリンのピアノ工房にも話をするつもりですが、その店も基本はグランドピアノ、アップライトは日本にファンが多い。それでここに書き込んでみました。
もし、個人の方で興味がありましたらベルリンの知り合いにフルレストアの見積もりを出してもらうこともできます。
友人は手放して得るお金よりも、このピアノを弾ける状態に修理して受け継がれていく事をより希望しています。
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14335271.jpg
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14344332.jpg


こちらはオークションハウスSが引き受けたいと言いかなりの高額査定で驚いた1802年にベルリンで製作されたターフェルクラヴィア、こちらはまだ音階が認識できました。上のプレイエルは現役楽器、こちらはアンティーク家具の範疇だそうです。
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_14382764.jpg

僕もその通りと思います(ターフェルクラヴィアも良い音していましたが)プレイエルは普通にピアノとして弾ける状態に戻して、使われるべき楽器です。美しい楽器、とてもお洒落です。
PLEYEL(ロマンティカのオリジナル)_c0180686_17582510.jpg

3週間後には現在のこのアパートは改装に入るそうです。それまでにすべての家具を外に出さなければならない。プレイエルの状態の良いアップライトピアノを探している方、ご連絡はお早めに!
復刻版ロマンティカのこれはオリジナルです!
by Toruberlin | 2010-06-29 06:58 | 楽器と弓の話 | Comments(10)
Commented by のぶりん at 2010-06-29 17:00 x
プレイエルのピアノ弾けるように修理して弾いてくれる人がいるといいですねー。
もしグランドだったらほしくなってしまったかもしれません。でも実際に弾いてみないとどんな音かわからないしそれに置く場所がないので当分は新しいピアノを買うのは無理です。
将来はどこかに別荘をたてて新しいピアノを買いたいなーと思っています。
Commented by yucoooo at 2010-06-29 17:30
うおー!
なんて美しいピアノ。
なんだか、手放すお話し、涙が出そうです。

でも、このピアノ、きっと素敵な場所に落ち着く気がします。
いつかこのピアノの奏でる音を聴いてみたいです。
Commented by ikuko07 at 2010-06-29 17:41
バイエルで終わった私のピアノ・・・
こんな素敵なピアノを弾けたらきっと楽しいでしょうね!!(^^)

手放されるのは寂しいのですが、
新しい持ち主さんが、手入れをして弾いてもらえたら、
そこから始まる、新たなピアノ人生のスタート。
きっと素敵な出会いがあるはずです。
Commented by Toruberlin at 2010-06-29 18:10
ノブ君、グランド、書いた様にベルリンの工房で音を聴いたことがあるのだけど、素晴らしい。あれでノブ君がショパンのノクターン弾いたの聴いてみたいなー!いつか、買っておきます!
そうだねー、別荘にピアノ、温泉が出るところ。僕も遊びに行くよー!
日本も暑いだろうけれど、ベルリンは5月の初めからは想像できないくらいの夏日が続いてます。でも吹く風は心地よいから過ごしやすい。今、最高の季節です。
Commented by Toruberlin at 2010-06-29 18:12
yucoさん、美しいものは中身がある、いや、中身があるから美しいくも見えるのか?
この時代、家具も楽器も本当に手をかけて作られてます、美を競う様に。そしてこのプレイエルのピアノの後は、本当に美しいんです。お嬢さんの為に買っちゃいますか?
Commented by Toruberlin at 2010-06-29 18:18
ikukoさん、でも弾いた事あるんですね。
150年以上経ってるピアノ、友人の父上が手に入れたのが60年前だそうです。ベルリンフィルのヴィオラ奏者の邸のサロンに置いてあって、これで仲間と室内楽を楽しんだのでしょう。
修理代を入れても100万円くらいじゃないかなー、どこか良い景色のところに収まって(ホテルやレストラン、ジャズクラブ?)
奏でられ続けると良いですね。
こういう楽器は、yucoさんやあなたがお書きの様に、きっとしかるべくところに収まると思い、そのきっかけの為に日記にしました。
Commented at 2010-11-17 16:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2010-11-17 17:09
ヴァントイユさん、ピアノ工房の倉庫に保管中です。
ご興味がおありならTakahashiberlin@aol.comまでメールでご連絡ください。
オリジナルで状態はかなり良いです。
Commented at 2010-11-18 12:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2010-11-18 18:51
ヴァントイユさん、
興味津々だけど場所がないということですね。
プレイエルのパリの工房に送ってフエルトは交換、残りはベルリンの工房で調整する予定です。工房の倉庫に今はありますが、3月頃、暖房が必要なくなる頃に出来上がる予定です。
置き場所は、レストラン。そこに置かなければならない訳ではないので、状況が変わりましたらメールでご連絡ください。
こんなに程度の良いのは希少です。
欲しい!という方はご連絡ください。