人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09
ドイツ、7/1から年内、半年..
at 2020-06-25 08:16
もちろん、使ってこそ輝いてく..
at 2020-06-24 07:45
食洗機御法度です、アンティー..
at 2020-06-23 15:37
昔のグラス、好きです。
at 2020-06-23 12:52
鶏腿焼き、作り方ブログ。
at 2020-06-22 07:27
親友グスティとベルリン最高の..
at 2020-06-21 15:37

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21
さやかさん、公営ギャンブ..
by Toruberlin at 06:33
パチンコや競馬、競輪は公..
by 紗耶香 at 20:45
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 18:45
貴重な映像をありがとうご..
by 植木信勝 at 23:19
玉鈴さん絡み、コメントを..
by Toruberlin at 17:55
東京は夕刻、かなり人出が..
by 広瀬宏之 at 17:03
おはようございます。SN..
by Toruberlin at 15:52
Toru様 真摯な..
by 広瀬宏之 at 12:33
広瀬宏之さま、コメントあ..
by Toruberlin at 23:27

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ナイフ貝(=マテ貝)

ナイフ貝(=マテ貝)_c0180686_11923.jpg

ナイフと言っても床屋さんが使うひげ剃りナイフの様な形,名前はその形状から付けられたのでしょう。日本ではマテ貝、西日本で多く食されてるそうです。
夕方,鮭を仕入れにいったら、かなり活発に動いているマテ貝を発見。訊けば少し前に入荷したらしい。
バルセロナからフランスに向かって130キロくらい行ったところ、コスタブラバにある村ペラタラーダ。この村に長期滞在して室内楽をたくさん弾いた夏がありました。まだ結婚する前だったかなー?
そこで,友人のヨットで沖にでて昼ご飯に寄った港のレストランで炭火焼していたこのマテ貝を食した時は衝撃的でした。ただ焼いたのをレモンを搾って食したのですが,船酔い気味だったのに大皿に山盛り,ひとりで食したのを覚えています。
ベルリンでも時々手に入るので,生で食したり,フライパンで焼いて醤油とかオーブンレンジで焼いたりしてましたが、昨日のは本当に元気だった。迷わず購入、帰宅してすぐ、鮭を捌く前に焼いてみました。
ナイフ貝(=マテ貝)_c0180686_1205134.jpg

まずは軽く焼いて醤油で。しっかりした身が美味しい!
ナイフ貝(=マテ貝)_c0180686_1195652.jpg

夜はカタリーナも一緒だったので,試しにオリーヴオイルでニンニクとペペロンで焼いてみました。仕上げにオリーヴオイルをかけて。この食べ方もなかなか◎でした。
ナイフ貝(=マテ貝)_c0180686_129395.jpg

熱を加えると縦長の貝殻がパカッ!と開きます。開いてすぐだと中がまだ冷たくてつるっと美味しい。これはわさび醤油が旨いかなー?
そして,もう少し加熱しての夜バージョンも美味しゅうございました。

さて,今晩はグレゴアの家でバーベキューの予定でしたが延期になり,昼はずっとAMPELMANNの社長夫妻と打ち合わせ。彼らは基本的にはヴァカンス中,3日間しか居ないので忙しい。夜は雨の予報でしたがどうにかまだ保ちそうなので、社長のマルコスは来られるかわかりませんがAMPELMANNテニスに行ってきます。
あと2時間、雨よ降るな!


19時からアレキサンダーとティムの3人で。ヴァカンス中のマルコス,車を置きに帰って来て3日間だけの滞在、会社に行けば大人気だし(いろいろ仕事が溜まってる!)結局20時に仕事は終わったようだけれどキャンセルでした。
後半は2対1のゲーム,ふたりともかなり上手くなりました。僕の方はシングルコートでの1セットマッチ、あっという間に0-4、前回まではラヴゲームに近い状態で僕が勝ってましたから,昨日はふたりとも「初勝利?!」と盛り上がってました。その後もなかなか楽しいプレーが続き,僕も少し勝負方向のプレーして、4-4の直前にサービスゲームを落とし3-5、しかしそれから突き進んで7-5で勝利。なかなか面白いゲームでした。これでマルコスが入れば楽しいダブルスになります。彼らは明日から2週間海の向こう、8月中旬には実現するかなー?
by Toruberlin | 2010-07-22 18:18 | ご馳走/料理 | Comments(4)
Commented by Cecilia at 2010-07-23 15:47 x
マテ貝!
大阪にいた時、夫の上司のお宅でいただいたことがあります。どんな味か忘れてしまいましたが、美味しかったことは覚えています。
こちらで見かけないと思ったら、西日本の方で食べられるものなのですね。ベルリンでも食べられるとは!!!
Commented by Toruberlin at 2010-07-23 19:40
Celiliaさん、たまにですが,手に入ります。
なかなかしっかりした身で美味しいんですよ!火をほとんど入れないと柔らかく,多めに入れれば歯ごたえよし。
九州では味噌汁に入れたりするらしいです。

でもきっと、炭火の直火で焼いて,開いたところに(火が強いから中は生っぽくても外は少し焦げてる)塩とレモンがスペインでは美味しかった!きっと醤油を少しかけたのも旨い!
ぜひ,次回手に入ったらどこかで炭火熾して,やってみようと思ってます。刺身のサザエは大好物だけど,焼いた状態ではこっちの方が好きです。
Commented by t-lifestyle at 2010-07-26 23:37
実物をみたことも、食べたこともありませんが美味しいのでしょうねー。
私は、ちょこっとお醤油で頂いてみたいです。
イタリアは、多分小さなものまで採ってしまうから一般には捕獲が禁止なはず(EUの規則だったかも・・・)
レストランでメニューにはないけど、これがあると言われれば
それは、密猟されたもの。
というようなことを以前テレビでやっていました。
それにしてもさすがに大都市、手に入らないものは無い?!

Commented by Toruberlin at 2010-07-27 03:24
イタリアにはない?スペインでは前述した通り、ありました。
北海沿岸でも穫れるらしいです。
昔はイタリアでも食べていたという事かー?!火を通しすぎると固くなるので,ほぼ生でも美味しいけれど,ある程度熱を加えて味が広がり歯ごたえも出て来た辺りが旨いです。
うん、ベルリンは大都会の御蔭で,どこにでもある訳じゃないけれど、あるところにはいろいろあります。この日は,雲丹も並んでました。
僕が来た頃は数の子なんかもバケツ単位で安価で売ってたんだけどなー!今はみんな日本行きになってしまいましたねー。
これ,イタリアで食べられないなら,いつかぜひベルリンで!