ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

日曜日の晩餐
at 2018-02-22 11:45
土曜日、夕方は御近所散歩でワ..
at 2018-02-21 14:20
旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23
P.ブーレーズホールでオール..
at 2018-02-10 14:26
九段中の仲間たちと 秋の帰国..
at 2018-02-09 23:16

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Giuseppe Bracci Firenze

c0180686_16502356.jpg

フィレンツェで製作されたコントラバス G.Bracci。友人に預かってもらってるのですが先日久しぶりに弾きました、しかも長時間。



c0180686_2329296.jpg

ボディは前から見ると小さいのだけど(だから弦長も長くなく弾きやすい)写真の様に厚みがものすごくある楽器。ボリューム的にはかなり大きいKBです。
それで、チェロ的というかソリスティックな音のするG.ガダニーニよりも(室内楽をメインとする)日本で僕が使う楽器としてはふさわしい。2年前の帰国時にやはり数日じっくり弾くことができて、この楽器の持ってる音を引き出すことができて、ガダニーニの行き先が決ったら購入を考えるつもりでしたが持ち主と相談の上、手に入れました。半分だけ支払済で残りは、さーて、何時になるかなー?
しかし、コレクターからこの楽器とE.Ceruttiを同時に預かり、後者は僕の薦めですぐに日本の友人が手に入れ、Bracciは日本に運んで既に5年?価格を下げることを嫌った持ち主がいつまででも良いと言ってくれたので置きっぱなしでした。そしてときどきですが手にするうちに好きになり、自分で弾きこなしたいと思ってしまいました。
c0180686_23283043.jpg

1年振りの対面ですが、今回も最初は固い印象でしたが弾いているうちにどんどん鳴ってきてくれて、音色もとってもイタリアン。19世紀半ばの作で比較的新しく、コレクターの楽器だったので(この楽器、たぶん誰もまだ長い間は弾いた事無いんじゃないか?と思うくらい無傷です)健康状態はエクセレント。ソロも室内楽も、室内オケでも弾ける楽器です。
本当は、秋の室内楽はBusanで弾きたいのですが、DSOのツアーでは5弦を弾くし、その楽器はオケとドイツに戻らなければならない。それで今回、このBracciの状態を知りたかったのです。オクテットはもちろん、チェロとのデュオも何曲か弾くことになるので大事なポイントでした。
O西さんが所有の使ってないというタングステン/真鍮エンドピンに替えたらとっても良くなりました。ピラストロの使い込んだフレクソコアが張ってありますが、ベルカントに替えようかと思っています。
本当は夏頃にもう一度帰国して、弦を交換したり、エンドピンやテールピース。魂柱を調整してからこの楽器をじっくり弾いてもっと知り合いたいのですが、さーてどうなるかなー?
c0180686_16574413.jpg
c0180686_16571732.jpg

左のガエターノ・ガダニーニは普通のプロポーションの楽器です。右のBracciが如何に横板が厚いかが判ります。
前者はバリバリのソロ楽器。エレガントなコントラバスらしからぬ(というのも変な表現だけど)楽器です。次の弾き手を神奈川県で待っています。
c0180686_1723889.jpg

ヴィヴァルディのヴァイオリンコンチェルトのKB編曲版やヘンデルのコンチェルトを弦楽アンサンブルと、また10年ほど前に何度か行ったリサイタルで使用した楽器です。
手にしてみて気に入ってくださったら、支払い方法はかなり柔軟に出来ますのでご連絡ください。友人に弾いてもらってますが、彼も自分の楽器がある。ステディが居ないのはやはり楽器として可哀想です。
Takahashiberlin@aol.com
c0180686_1732513.jpg

Bracciも日本に置いてはありますが、遠距離恋愛ということで。もし手放すことになるとしても、もうっと自分のものにしてからにするつもりです。この楽器、かなりの可能性を持っていると思っています。
by Toruberlin | 2011-04-30 16:28 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toruberlin.exblog.jp/tb/16264239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]