人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09
ドイツ、7/1から年内、半年..
at 2020-06-25 08:16
もちろん、使ってこそ輝いてく..
at 2020-06-24 07:45
食洗機御法度です、アンティー..
at 2020-06-23 15:37
昔のグラス、好きです。
at 2020-06-23 12:52
鶏腿焼き、作り方ブログ。
at 2020-06-22 07:27
親友グスティとベルリン最高の..
at 2020-06-21 15:37
久しぶりの。
at 2020-06-20 07:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21
さやかさん、公営ギャンブ..
by Toruberlin at 06:33
パチンコや競馬、競輪は公..
by 紗耶香 at 20:45
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 18:45
貴重な映像をありがとうご..
by 植木信勝 at 23:19
玉鈴さん絡み、コメントを..
by Toruberlin at 17:55
東京は夕刻、かなり人出が..
by 広瀬宏之 at 17:03
おはようございます。SN..
by Toruberlin at 15:52
Toru様 真摯な..
by 広瀬宏之 at 12:33
広瀬宏之さま、コメントあ..
by Toruberlin at 23:27
日本に毎日暮らしていると..
by 広瀬宏之 at 22:12

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

オペレーション・ワルキューレ

オペレーション・ワルキューレ_c0180686_7123874.jpg

映画「ワルキューレ」ワグナーのオペラと同名のこの映画、ヒットラー暗殺計画「ワルキューレ作戦」を描いた作品です。誕生日の夜にふさわしいかは?ですが、前から観たかったので。
祖国ドイツの為、ヨーロッパの為、非武装市民が、そしてまたドイツの将兵が無駄死にしないために立ち上がった人々の話です。作戦は失敗し600人余が関与したとされ処刑、更に7000人近い反体制(この場合は反ナチ)の人々が殺されました。
作戦の中心人物がシュタウフェンベルク大佐、貴族(伯爵)の家系です。
80年代半ば、僕の学生時代はベルリンフィルやハンブルク響などのプロのオケで弾かせてもらう他に、ドイツの若手の集まり,最高峰と評価され、マゼールやデュトア、ベルティーニとツアーをし、不運にも実現しませんでしたがカラヤン、バーンスタインともコンサートツアーの予定があったユンゲドイチェフィルで弾くことが中心でした。
ベルリンのリアス放送ユースオケとか、当時から西ベルリン中の教会でも演奏していましたが、7年間に13回ツアーに参加した(たしか同じKBのMKと並び参加回数記録保持者の筈です)ユンゲドイチェはオケで弾くことも(ロマンスはほとんどなかったけれど)仲間との集いも,掛け替えの無い経験でした。
どこかに汽車で移動中だったか、その話を聞き、後にホテルの部屋で夜に呑んだ時に詳しく聞いたのですが、僕はその当時、反ナチ闘争で失敗し逮捕され処刑されたシュタウフェンベルクという名は知らなかった。
その話というのは、ケルン放送のホルン吹きになった友人と当時の彼の彼女とコンパートメントに3人でツアー中に移動のときでした。彼女(ヴァイオリン)のおじいさんがシュタウフェンベルク大佐と聞いたのは。その後、その暗殺計画を調べ、その勇気ある行動と名前はしっかりと覚えました。
彼が作戦の実務的中心人物ですが、作戦行動の最高責任者は陸軍のヴィッツレーベン元帥。作戦失敗後に軍事法廷で死刑を宣告され、凄惨な見せしめの処刑を行われたのですが、最後まで高潔なドイツ軍人の姿は語られ、今に残っています。
拙宅の最寄り駅はMesseNord、メッセ会場が近いので近年に改名されましたが、昔の駅名もまだ残っています。ヴィッツレーベン駅、ヴィッツレーベン元帥の名は他にも道や学校に残っています。
駅の名を目にする度に、英雄ヴィッツレーベン元帥のことも思い出します。
オペレーション・ワルキューレ_c0180686_7123010.jpg





歴史上にはたくさんの出来事があります。運不運に左右され、理不尽や想定外の損害、思いがけない成功、いろいろです。
かなり突飛で、しかも比べられるものではないんですが、映画の途中から矢鱈と今の日本の原発問題とダブってしまいました。
特に、大きな流れに逆らわず無関心で居る多くの国民=ナチ政権時代にも大っぴらに反抗して処分された人々以外に、これでいいのか?と感じていた人はきっと多かった筈。怖くて行動に出られなかったか?なる様になるんだからと、大勢に任せていたのか?その信じるものを(行われた教育の結果)最高と信じて疑わなかったか?
比べるのはかなり乱暴と思います。命をかけて原発反対するべきとも思わない。
しかし国の命がかかってる問題であることは確かです。
残念ながら、今すぐに止めること/廃止することは難しいかもしれない。
そして、今現在は以前よりもずっと安全運転されてることでしょう。
しかし、核廃棄物はどんどん増えるし、今のうちに将来の国のエネルギー政策を考えることは、世が世ならクーデターが起きるくらい大事なことであると考えます。
オペレーション・ワルキューレ_c0180686_84338.jpg

もうひとつの前から抱いてる懸念は、全く別のこと。
とにかく原発に反対することで、英雄視されることがある現実。原発反対してれば良い政治家、良い国民、原発報道すれば良いメディア、反対意見を唱えれば良い識者でそれを広めれば良いジャーナリスト。
これは違います。大きな目的の為には手段を選ばないとすれば、それでは非合法の手段と同じ。
この点、前から気になっています。次の解散総選挙で,今のまま原発の状態が変わらないと、原発反対だけで票が集まることも考えられます。
オペレーション・ワルキューレ_c0180686_7124882.jpg

誕生日の終わりに、あんまり普段は書かない堅い内容となりました。

丁寧に、真摯に生きるって、僕は毎日笑って暮らせて、そしてお天道様に胸を張っていられることと思うのです。自分の為、周りの為にやるべきことをする。そういう日常を根底から破壊してしまうかもしれない事柄には注意し、しっかりと自分の意見を持ち行動しなければならないと思います。

今日は残念な天気でした。そしてこの後も数日、最高気温は20℃以下!
しかしがっかりしていても仕方ない、天気が悪い分、家でいろいろできる。夏なのに楽器をたくさん弾く、本を読むetc. イタリア語を勉強したいのだけど、これはなかなか始められません。
by Toruberlin | 2012-07-13 23:58 | Movie 映画 | Comments(0)