人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09
ドイツ、7/1から年内、半年..
at 2020-06-25 08:16
もちろん、使ってこそ輝いてく..
at 2020-06-24 07:45
食洗機御法度です、アンティー..
at 2020-06-23 15:37
昔のグラス、好きです。
at 2020-06-23 12:52
鶏腿焼き、作り方ブログ。
at 2020-06-22 07:27
親友グスティとベルリン最高の..
at 2020-06-21 15:37
久しぶりの。
at 2020-06-20 07:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21
さやかさん、公営ギャンブ..
by Toruberlin at 06:33
パチンコや競馬、競輪は公..
by 紗耶香 at 20:45
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 18:45
貴重な映像をありがとうご..
by 植木信勝 at 23:19
玉鈴さん絡み、コメントを..
by Toruberlin at 17:55
東京は夕刻、かなり人出が..
by 広瀬宏之 at 17:03
おはようございます。SN..
by Toruberlin at 15:52
Toru様 真摯な..
by 広瀬宏之 at 12:33
広瀬宏之さま、コメントあ..
by Toruberlin at 23:27
日本に毎日暮らしていると..
by 広瀬宏之 at 22:12

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Cucina de la Casa/中央市場

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13281697.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13285916.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13293530.jpg

木曜日の朝、アントネッロと千穂さんの山の家に伺う前に待望の中央市場に4人で向かいました。ヨーロッパの大都市にはどこにでもある昔からの市場、大概は(移転してなければ)街の中心部にあります。
水曜日、挙式の翌日は一日視察。マッキャベリとブローリオ,2つのワインメーカーを尋ねました。どちらも時間をかけてご案内戴いたので、8時半に出発して12時間以上の長い一日でした。
晩御飯はS君たちが持って来てくれた福島の田舎生蕎麦、そして青柳御大が持たせてくれた饂飩。乾麺じゃない蕎麦と饂飩をフィレンツェのアパートで食す!これも、なかなかできない贅沢です。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13355419.jpg








僕は早起きの毎日です。今日は5時過ぎでしたが昨日は4時でした。それで、誰も居ない一人の時間を利用してブログを書いてます。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1336501.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13374421.jpg

アパートの内部、そういえばまだちゃんと写真撮ってないなー!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13383887.jpg

みなさん、遅めに起床。千穂さんの家に伺う時間が迫ってましたが、やはり今回の大事な予定のひとつ、中央市場には行きたい!と意見が一致し(僕はいつでも行きたい)料理教室は少し遅めの開始としてもらって向かいました、中央市場まで徒歩5分です。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13412484.jpg

駆け込むように入り口へ、S永シェフ。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1638964.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13424646.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13432789.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1344174.jpg

予想通りの充実度。入り口すぐ横の店から日本語で「おはようございます!」と元気な声。もう一軒にも可愛いお嬢さんが居ましたがワーホリなのかなー?日本人が如何に多いかが判りますが、気持ちのよい笑顔で嬉しいものです。
それに比べ残念だったのは宅急便の幟を掲げてるワインのお店。いや、対応が悪い訳じゃないけれど、価格が高い。日本語サービスが付帯してるからの理由なんでしょうけれど、、、。サービスはサービスのままにしておいてくれたら良いのになー!特別なワインがあると声をかけられ、1997年の、そのワインセラーが自分たちの為に造って、たった一箱しか買えなかったというブルネッロ。うん、美味しいかもしれないけれど、価格を尋ねたら250ユーロ!もしかしたら、それは法外じゃないのかもしれないけれど、棚に立てかけてあるそのワインのラベルに、そういうオーラはなかったなー!似非ワイン通で、珍しいものは買うと思われたか?ちょっと朝から残念でした。
おー、残念と言えば。
昨日の夕方、千穂さんの素晴らしい料理教室を終えて渋滞の中近所のガレージに車をとめてアパートに向かう途中にフィレンツェが本店の革製品の店に寄りました。
S君もSちゃんも大ファンのお店。10年以上、そう、この仕事に(イタリア料理)に入った頃から財布を愛用し、バックなどを仙台や東京に行く度にお店に寄って手に入れるのを楽しみにしているブランドの本店、アパートから徒歩数分のところにありますが、昨日やっと、閉店45分くらい前に入りました。表参道のお店は僕も行ったことがありますが、S曰く、品物もそうですがスタッフのみなさんが暖かく嬉しい対応で、そのブランドを買うだけじゃなく、愛用することすべてに幸せを感じる、ファンの二人の本店訪問でした。
店はかなり良い感じです。
しかし、まずイタリア人の若い定員が指差して家内の持っていたペットボトルを入り口脇の傘の横の床に置けと指示、これには驚きました。そして日本人が3人だったか?スタッフが居るのですが、客がきて買うことが当たり前に慣れているのか?(日本の半額近いですからね)挨拶はするけれど、」買うんなら早く決めろ!」的な態度が見える。
Sたちが楽しみにしていた買い物だから白けさせるのはまずいと、僕は奥のソファに座ってました。そうじゃなければ「ちょっと待てよ!」と口にせずにはいられない対応でした。
矢鱈と、他のお客さんにも日本の値段を提示して「折角本店にきていて、こんなに日本より安く、しかも免税になることを強調する」新しいモデル、人気のモデルとは口にするけど、自社製品の良い点は語らない。
外は雨、僕らのアンペルマンバックにも水滴が着いている。確かに革製品の店で気をつけたいのは判るけれど、さきほどのイタリア人の若い女性スタッフが指摘し、日本人が「濡れているので気をつけてください!」と一人は丁寧に、一人は「濡れたバックで店にくるんじゃねーよ」風な口調。
声を掛ける労力を使うなら、そこそこの価格で販売してる一流店(?)なんだから、雨が降ったらタオルか何かを用意すれば良いのに!「濡れてます,お使いください!」と渡せば、全く別の時間がその後に来るのになー。
年配のご婦人,店長らしき人(僕はレジが見えるソファに座っていたので)に期待しましたが、やはり日本人がたくさん来てウンザリしてるようにも見えてしまう。彼女がSが鞄を5つ買って支払うときに笑顔を見せてくれたのはせめてもの救いでした。
僕には全く関係ないブランド、どうなろうと知ったことはないですが、折角良い品を造り,販売している。日本にもこれだけたくさんのファンを持ち(安いからもあるかもしれないけれど)フィレンツェの本店に来てくれる。それへの喜びや、ブランドへの誇りが感じられないスタッフの対応は残念でした。
レストランとして人気が出て、美味しい料理をシェフが作って、それをサーヴする給仕が皿を乱暴に置く様なもの,と店を眺めながら思ってました。アパートに帰り、少ししてからS君が「白けると思って言わないつもりだったんですけど、がっかりでした」から始まり、僕と全く同じこと感じてました、4人とも。
そして、Sは日本の同ブランドのどこの店に行っても若いスタッフたちが素晴らしいことを話し、だから残念だと。そして、考えさせられました、と。
日本人がたくさん来て、忙しくてウンザリしてるのかなー?来る客はブランドのファンだから,どうせ買って行くから!なのか。
もし僕があのブランドに関わる人間だったら、大改革を考えます。
製品はとっても良い、さて、オーナーや上層部は知っているのか居ないのか?
はは、長くなりました。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14155257.jpg

ビステッカ・フィオレンティーナ。自分で焼くよりもil Latiniに行きたい!今晩か日曜か?
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1417784.jpg

元々、野菜に興味を持っていたSシェフ、リボリータを作ることに決め材料調達です。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14181265.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14184244.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14191014.jpg

ここの野菜、美味かった!そして親父さんたちが最高!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14201328.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14205517.jpg

ポルチーニ茸、山のようにあります。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14211392.jpg

Sちゃんもニコニコ。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14221144.jpg

バールでひと休み、カプチーノ。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_142345.jpg

鯵も、美味そうだったなー!
でも、今回は和は時間が無いのでパス。ムール貝とヴォンゴレ!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13263124.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13261783.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1326228.jpg

秋ですねー!
アントネッロと千穂さんの料理教室、これは素晴らしかった!
料理を教わることも、そして想像を超える、自然な美味しい家庭料理!それについては後ほど詳しく!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_14255361.jpg

さて、19時過ぎに帰宅。Sシェフは早速リボリータの仕込みです。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13251079.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13243365.jpg

ワインはバロン・リカゾーリの白、トリチェーラ。◎!!!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1324203.jpg

朝手に入れた、パルメザン。レッジャーノのクラシコ、3年熟成を1.2キロ。これは美味しい!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13233552.jpg

そして、野菜のスープリボリータ。滋味溢れる素晴らしい味でした!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13232130.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1323720.jpg

そしてヴォンゴレ。これは僕が担当しました。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13252612.jpg

イタリアのヴォンゴレを初めて見るSシェフ。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1322545.jpg

パスタはSシェフに茹でてもらい、僕はフライパン担当。
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13223672.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13222135.jpg

Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_1322745.jpg

白ワインはほんの少し、美味しゅうございました!
Cucina de la Casa/中央市場_c0180686_13215335.jpg


さて、今日はどんなお天気かなー?
バルサミコ酢、パルマのプロシュートのメーカーを今日は尋ねます。
昼は軽くして、夜はビステッカの予定です。
by Toruberlin | 2012-09-28 05:21 | 旅行 | Comments(8)
Commented by テレーサ at 2012-09-29 13:26 x
市場を紹介していただき、すごく嬉しいです。
Firenzeには、観光で1度だけ訪れましたが、ゆっくり市場へ行かれませんでした。素敵な画像で紹介していただけて、行った気分にさせていただいています。
私も、必ず「訪れた土地の市場」へ足を運ぶことが大好きです。
ありがとうございます♪
※某ブランド店のお話…心悲しくなります。日本人への偏見~であってほしくないですが、海外で悲しく感じる「扱い」をされたことは、ありますね。
※お忙しいのに、早朝(深夜?)のアップに感謝しながら、Chihoさん家での「楽しいお話」楽しみにしています。
以前~カメラの三脚でお世話になったテレーサです。娘は、Chihoさんの後輩にあたり、今大学で美術油絵専攻中です。
Commented by Toruberlin at 2012-09-29 14:15
テレーサさん、おはようございます。
市場は素晴らしいですね。書きましたが、最初の可愛い日本人の娘の「お早うございます!」から始まり、バールや各店で働く人たちの気持ちの良い笑顔、そしてこちらのつたないイタリア語に付き合ってくれる、そして品物も良い!そのすべてが楽しいですね。
某ブランド、売れてるから問題無く、売れれば良い的なのが、働いてる人たちのプラスにならないどころかマイナス、ブランドにもマイナスと思うのですが、、、。それに積極的に対応しないのは、マーケティングは上手くても(でもこれは、日本の同社か、、)残念です。どんな仕事も、その場で工夫して楽しくすれば良いのになー!と思いますが、ま、もう忘れました。
お嬢さん、三脚は気に入ってくれましたか?
最高のワインセラーマキャベリ+千穂さんのお宅での料理教室編はじっくり書きたいので@ベルリン編になります。
Commented by lacasamia3 at 2012-09-29 20:04
徹さん、お写真沢山で凄い~。アパートで楽しんで下さっている様子が拝見できて嬉しいです。わわわ、ボンゴレパスタも美味しそう。
Commented by Toruberlin at 2012-09-30 07:19
千穂さん、こんばんは!
御蔭様で最高の滞在です!
今日はIlLatiniでビステッカでした。美味しかったけれど、毎日自分でも料理出来る環境は最高です!
そして千穂さん、素晴らしい通訳/アテンド、ありがとうございました!
Commented by ゆうこ at 2012-10-01 22:28 x
Toruさん、ご無沙汰しております! フィレンツェの旅、すてきですね!シェフが作られたリボリータ、本当に滋味あふれんばかり、というのが伝わってきます。それに本場パルメジャンレッジャーノも美しい!市場も本当にキョロキョロしちゃいそうで楽しそうです。 しかし、そのお店の対応には何だか失望しますね。。せっかく海外(日本)ではスタッフががんばっているのに、本店どうした、コラ!!残念ながら、いわゆるブランドと呼ばれるお店には、こんな光景がよく見られる気がします。 うんざりする気持ちもわからなくはないですが、高級の看板張るなら、とことん高級であってほしいものですよね。
Commented by Toruberlin at 2012-10-02 15:46
ゆうこさん、このリボリータ、11月からは福島はLaWasabiで食せるそうです。カーボロネロを農家に頼んでるのがその頃から入るそうで、もしお近くにおいでの際には是非!
そうだよね。ブランドの誇りが感じられないと。あと、どんな仕事をするにも楽しんでやらないとなー。それが自分の為にもなり喜びとなる筈なのに、、、。
パルメザン、ベルリンに買って帰りますが、これは美味かった!
クラシコは3年熟成だそうです。
Commented by ゆうこ at 2012-10-02 20:46 x
カーボロネロとは何か黒い野菜ですよね? 福島に行く機会はありますので、その時にはお店を訪ねたいです!で、やはりチーズも熟成ものが美味しいのですね。
Commented by Toruberlin at 2012-10-03 06:33
ゆうこさん、カーボロネロは黒キャベツというそうです。僕も初めて食べました。
福島、保原のLaWasabiです。
パルメザン、これも用途に依っていろいろと思うんですが、このクラシコは美味かった!1キロ、持ち帰りました。