人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56
日曜日、Perlebergか..
at 2019-12-17 17:35
贅沢な悩み
at 2019-12-16 23:20
東独デザイン、まだまだ残って..
at 2019-12-15 22:21
第3アドヴェントのコンサート..
at 2019-12-14 23:47
A. Rau 作の弓
at 2019-12-13 17:17
かなり久々になっております。
at 2019-12-12 14:18
有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59
10/11 金曜日、東麻布に..
at 2019-10-15 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Gerhard Walter Renz

Gerhard Walter Renz_c0180686_17112752.jpg

G.W.Renz,1896年生まれで1960年没。1911-14年、僕も以前1本持っていたPenzelの元で修行、戦前にほとんどの作品を作った弓造り職人です。
ドイツの弓職人、コントラバスの弓を作ってくれた職人は数多くPfredzschnerやDölling,Nürnberger,Hoyerなど大所帯の有名な家系は少なくありませんが、一代限りで、作品はその本人のしかなく、しかも極上なのはAuguste RauとこのG.W.Renzと思っています。あ、Weidhaasもそうですね。しかし彼はフランスのフェティックで多くのバイオリンやチェロの弓を残しているので,かなりのビックネーム、有名と言えます。
もっと古いところならKnopfやBauschがありますが、もっと古い形の弓が多いです。今、僕らが使ってるジャーマン弓の渋い作者というとRauとRenzです。どちらも19世紀生まれ、1900年代始めに製作していました。
Gerhard Walter Renz_c0180686_17111785.jpg




Rauはドイチェオーパーの友人が一本持ってる以外は見たことがありません。僕はジャーマンとフレンチを所有していますがヴァイオリンなどの弓のコレクターから手に入れました。
Renzには特別な縁を感じます。僕以外に使っているのを見たのはベルリンフィルでWatzelさんの隣で弾いたときに触らせてくれたのが初めてです。昨年の日本ツアーでも持って来ていましたが、彼のは一度折れてしまったそうで、残念です。
それは多分1910年代の弓、イタリアンのBusanなどを手に入れる為に日本に住んでる友人に手放した2本のRenz、それらと酷似しています。初期のレンツ、あれ以来みかけていません。
そして昨年だったか一昨年だったか?写真の下から2番目のリング付きのRenzが手元に来て、その後に上の2本が順番に。3本とも1930年代の作か?少し短めになり(標準の長さ)よりエレガント+コンパクトになってます。形は同じなのだけど材料が違うから音が違う、3本とも素晴らしいです。
Gerhard Walter Renz_c0180686_17105994.jpg

そして日本から戻って来て携帯の留守電に楽器商から「Renzが手にはいったから買っておいた!」との伝言があり、郵送してもらいました。昨日着いたのが一番下の1本。
Gerhard Walter Renz_c0180686_17102350.jpg

これもなかなか◎です!もちろん、手に入れます(まだ価格知らないけれど、、、)
しかし同じ職人さんが作った80年前の弓が僕のところに4本も来るとは!(昔のを入れたら6本)それも絶対本数の少ない作家の弓が、不思議です。
Gerhard Walter Renz_c0180686_17101375.jpg

まるでサインの様にカットの軌跡が同じ、しかし前述しました様に、どれも抜群の材料だけど固体差があるから音が違う。面白いですね。

さて、今夜はULAベルリンでSAKEイベントです。アンペルフラウのラベルが可愛い発泡日本酒プリンセスフラウのデビューです。
その前に東の奥地で一仕事。さーて、昼過ぎまでは楽器と過ごします。
ULAベルリンのイベント、風邪などでキャンセルが数名出たので5-6席の余裕があります。
参加希望の方はULAベルリンにご連絡ください。
by Toruberlin | 2012-11-28 08:07 | 楽器と弓の話 | Comments(0)