人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56
日曜日、Perlebergか..
at 2019-12-17 17:35
贅沢な悩み
at 2019-12-16 23:20
東独デザイン、まだまだ残って..
at 2019-12-15 22:21
第3アドヴェントのコンサート..
at 2019-12-14 23:47
A. Rau 作の弓
at 2019-12-13 17:17
かなり久々になっております。
at 2019-12-12 14:18
有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59
10/11 金曜日、東麻布に..
at 2019-10-15 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

1月31日 Witt先生の誕生日

1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09280690.jpg
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09270437.jpg
1930年の今日、Bochumで先生は誕生なさいました。ご存命なら88歳、米寿の祝いでした。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09263926.jpg
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09262847.jpg




21年前、グルーネヴァルトのSchloßホテルにて。赤い筒の中身は弓、初代H.R.Pfredtzschner作のWilhelmy、ベルリンフィルでずっと使ってらした弓を拝領しました。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09262045.jpg
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09245131.jpg
いつだったか90年代の誕生日。ヘンリーコットンのシェットランドセーターとマフラー、お揃いです。
このセーター、まだ現役です。そういえば最近、着てないけれど。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09250677.jpg
ベルリンフィルを引退なさってからは、旧東だった郊外に車で菜の花畑を探しに行ったり長い運河の土手を歩いたり、ポツダムの宮殿に散歩とか。歩きながらいろんな話を伺うことができました。毎週、散歩してた時期もありました。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09233830.jpg
これはブランチ、夏ですね。10年ちょっと前までは拙宅にもよくお出かけになってました。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09235609.jpg
家内にアドヴァイス。退団後は毎日ピアノを弾いてらっしゃいました。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09222133.jpg
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09223982.jpg
家内の両親が来伯したとき、90年代です。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09231533.jpg
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09241291.jpg
家内が焼いたケーキを食後に。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09225116.jpg
僕の誕生日に先生が贈ってくださった「幸せな日々」もちろん先生の作品です。裏一面に先生の文章があります。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09212527.jpg
先生の目の前にあるのは僕が贈った約200年前のグラス、これでよくアルマニャックをご一緒しました。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09211600.jpg
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09210568.jpg
音楽はもちろん哲学、歴史、芸術に造詣が深かった先生。
レッスンを受け始めたころ練習時間を尋ねられ、3-4時間と少ないと思いながらも答えたら「多い!」
たしかに、練習時間を多くとることは自己満足にはなる、けれど弾かない方が良いこともある。間違った演奏を重ねても、マイナスになるかもしれない。楽器を操る術は大事、でも操る人間の中身はもっとずっと大事!

美味しいものを食べ、旨い酒を飲み、無駄な時間を使わない。無駄なことも、無駄にしなければ活きることは多々あるけれど、そして近道が必ずしもベストじゃないから、無駄な年月も否定はしないが、そこには根底に「何か」がないと無のままで終わるかもしれない。その何かは魂とも音楽とも、言葉で表すのは難しい。
その本道を進み、得るために、修行のような勉強がある。エチュード練習するってことじゃない。(もちろん、弾けないなら練習はマストだけど)
知識に貧欲であれ、多くのことを理解する力をつけ、しかも柔軟であること。
先生は、練習する時間は多くは要らないから、散歩に行け!美術館に行ったりオペラを観たり、恋をしろ。本を読み、理解する為の礎を積み重ねろ、と教えてくれた。
それが最も大事なバランス、良い趣味を持つこと、Maßstab(基準)を持つことに繋がるから!

気をつけながら客観的に見てるが、オーケストラで弾くことは先生のご期待に添えると思う。世界中のどんなオケのどんなポジションでも全うすることはできると思う。それがFriedrich Witt先生の弟子としての僕の矜持である。人に言うことじゃないけれど、思い上がってるわけじゃなく、そう思います。もちろん、今が終わりじゃないけれど、オケ奏者としては出来ている。
室内楽は面白く、いまやっとこの歳になって好きに弾けるようになり、これから極め続けていくものと思ってるし、それが僕が生きてる意味と思ってます。これはずっと考えてなかったピアノとのデュエットも含めて。
デュエットからオクテット、もっと大きな編成まで、コントラバスの僕が主導で作り上げる(もちろん、ヴァイオリンはじめ全てのメンバーの力を借りて)室内楽は可能なら米寿になっても活動していきたい。
晩成という言葉があります。永島先生も周りが器用に上手くなるなか「君は時間がかかるかもしれないけれど、それで良いんです」と10代の時からおっしゃってくださってました。
Witt先生も僕の弟子は2年か12年、モノなるのは(先生の経験で)そのどちらかの時間がかかる!とおしゃってました。僕はもちろん12年、出来なくて辛いことはもちろんあった。でも、それのお陰で(試練ともいう)持ってなかったモノを得たかもしれない。ここ数年でやっと、コントラバスが主役の曲を楽しく取り組めるようになってきました。
バッハの無伴奏組曲を真面目に弾こうと思うなんて、今までは考えられなかった。
それを考えると、周りのたくさんの方々の御陰様はもちろんですがWitt先生という師を得て、入団試験も受なかったけれどベルリンフィル始めいろんなトップオケ、室内オケなどで長年演奏させてもらい、オケ奏者としてはたっぷりの自信を持たせてもらったことが大きかった。そうじゃなければ、室内楽を続けていけるような今はなかったと思います。
80年代には「君の目的だったベルリンフィルには入れない、オケに入りたいなら日本に帰ることも考えたら?」とオケが弾けるようになってきてから真面目に言われました。ユンゲドイチェフィルの同年代のドイツ人の仲間と親しくなればなるほど、外国人がオケに入ることはドイツ人の席を奪うことだ、というのも考えるようになってた頃でした。実際、Tuttiのオーディションに招待されることはなかった。
壁が開く前、戦後に入団した人たちが大挙して定年になるずっと前の西ドイツ中で空席が無い時もあったくらい少なかった時代です。
大きなオケに入らずに、でもベルリンフィルに加えてDSOでは25年以上も弾かせてもらってますし、その都度に面白い団体で演奏してきました。
「たられば」を言っても仕方ありませんが先生は随分とご心配くださいました。Toruはちゃんと生きていけるのか?と。
そのうち、音楽以外の仕事で「世間を広める」ことを行ってると知ってくださり、また室内楽や室内オケにお誘いすれば全てを聴きにきてくださってました。コンサートごとにアドヴァイスをくださいました。チェロとのデュエットは最高だ!と喜んでくださりもしました。
Witt邸以外でのコンサートは2011年のアンペルマンオクテット、ミッテ区にある素晴らしいホールVillaElisabethでDSOの素晴らしい仲間たちとの演奏、ドヴォルザークのクインテットとシューベルトのオクテットを聴いてくださったのが最後でした。あれはベルリンも日本も素晴らしく楽しい時間で、先生にもお褒めの言葉を多く戴きました。

シューベルトのオクテット、ベルリンでの録音を聴いてました。
あとでアルペジオーネソナタも弾きます。
Witt先生の誕生日はF.シューベルトの誕生日でもあるのです。

なんでこの日の先生との写真がないのかが不思議かつ残念です。

今の僕の進んでる道が先生からご覧になったら正しいのか?はわかりません。
正しいと信じ、また俯瞰もしながら魂を込めて歩んでいくつもりです。
僕は先生より30歳年下、焦りはしてないけれど、有り余った時間などない。
悠々として急ぎます。
1月31日 Witt先生の誕生日_c0180686_09271480.jpg
ベルリンフィル100周年記念コンサート1982年4月30日のEroica、英雄たちの奏でるベートーヴェンがYouTubeで聴ける、観られますがカラヤンの好むアングルのおかげで多くの動画にWitt先生が多く映ってます。
最高のベートーヴェン!
人の好みだなんだありますが、最高です!
付け加えれば、これを否定する人がもしいるとしたら、音楽が解るとは認めません。
















by Toruberlin | 2018-01-31 08:08 | 音楽の話 | Comments(0)