ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

CorelliKammero..
at 2018-05-20 23:49
Messa di Glori..
at 2018-05-19 23:56
母の日
at 2018-05-18 23:55
東京での初リハの夜は有楽町「..
at 2018-05-17 23:55
春のAMPELMANN室内楽..
at 2018-05-16 23:55
根津の鷹匠さんへ
at 2018-05-15 23:54
そして丸幸さんへ
at 2018-05-14 23:22
小岩駅前地蔵通り「阿波屋」
at 2018-05-13 23:52
憧れ、で終わる夢か?!
at 2018-05-12 23:43
たこ八にKagodon連れて..
at 2018-05-11 23:55
白寿ホールにて
at 2018-05-10 23:45
飯田橋で花見ランチ 帰国日記..
at 2018-05-09 23:31
一番最近の「さーて何を食おう..
at 2018-05-08 23:55
チェロのMちゃん、来伯
at 2018-05-07 23:54
ベルリンでさーて何を食おうかな?
at 2018-05-06 23:49
商社マンTちゃんの壮行会
at 2018-05-05 23:55
T邸出張料理訪問編 帰国日記..
at 2018-05-04 23:55
T邸でお久しぶり!と初めまして!
at 2018-05-03 23:55
新橋駅前「ダイヤ菊」
at 2018-05-02 23:31
土屋さん撮影のWitt先生。
at 2018-05-01 23:55

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

みさちゃん、塩焼きそばも..
by Toruberlin at 16:47
丸い幸せの丸幸、最高です..
by みさ at 10:29
S野ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:42
TORU さん 素..
by S野 at 09:45
R子ちゃん、早速コメント..
by Toruberlin at 22:24
徹さん、あの時はお忙しい..
by r子 at 17:28
S野ちゃん、それは災難。..
by Toruberlin at 16:14
ricaちゃん、ありがと..
by Toruberlin at 16:06
おはようございます。木曜..
by Toruberlin at 16:01
TORUさん 帰国..
by S野 at 10:22
お忙しそうで、やはりお会..
by rica at 10:04
こんばんは!コメントあり..
by Toruberlin at 02:44
習慣で先にFBへコメント..
by S野 でございます at 14:04
Kazukoさん、ありが..
by Toruberlin at 18:40
こんにちは。お疲れのこと..
by Kazuko at 11:38
中野信也さま、ありがとう..
by Toruberlin at 02:39
4月6日のコンサート遅い..
by 中野信也 at 00:29
Hさま、ありがとうござい..
by Toruberlin at 09:58
U木さま、奥様と! あ..
by Toruberlin at 09:49
16時に1枚、承知しまし..
by Toruberlin at 13:24

検索

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

伊達の御大、写真展へ

c0180686_20344896.jpg
c0180686_20344191.jpg
c0180686_20343179.jpg
明け方は星空だったのに、雲が多い土曜日の昼です(5/12 )。
日記は春の帰国、3/25の続きです。

郡山で義父と家内と極上の蕎麦のあと、ひとり新幹線で福島へ。
阿武急に揺られること10数分、伊達保原駅前に御大の三菱パジェロ青柳号が待っていてくれました。
御大邸で預かっていただいてるフィレンツェ生まれの愛器GiuseppeBracciの弦を張り替え

夕方は御大邸に来てまだ数日の子猫と過ごしました。

タイムリーに記した日記をご覧ください。
午後は全日本写真連盟伊達支部のみなさんの展覧会を御大が訪れるました。もちろん私もご一緒しました。
c0180686_20340729.jpg




c0180686_20335946.jpg
c0180686_20335028.jpg
会員のお一人、前から御大に話を伺ってた、日本の田舎に惚れて梁川にお住いのDさん。
c0180686_20334078.jpg
c0180686_20331729.jpg
c0180686_20330807.jpg
ご覧になり、撮影した方に感想を渡す御大。「いいねー!」
「あなたも長く撮ってるよねー」「これ、何時間粘ったの?素晴らしいね」
「いや、良い写真ですよ」etc.
c0180686_20330049.jpg
c0180686_20325237.jpg
c0180686_20324392.jpg
お金になるか、お金にするか?だけがプロとアマの違いではないけれど、お金を得る得ないで作品の価値が変わるのではない。極めたかどうか、が肝である。

写真機の発達に伴い、その瞬間を切り取るチャンスは増えました。誰でもが可能になった。
作品としては、銀塩写真の時代を知ってるか?その時の、今は必要なくプロでも知らないような当時の工夫、試行錯誤や技術は、無くても良いと思ってるプロも多いのかもしれない。
それは、演奏を極めるプロセスを近道せずに来た、その過程が大事なことを知ってる音楽家と「道」としては似ているが、写真は道具が賢く上達してるので、アマチュアさんには良い写真を撮るのが簡単になってるのか?
はたまた、プロセスが抜けてるからどう工夫しても壁は超えられないのか?
もちろん個人差、ケースバイケースではあります。
工夫しないと写真にもならなければ、もっと勉強するか?
いや、スタートレベルが高いのだから、その利を利用して極められるのか?

今の賢いカメラくらい、楽器を手にしてすぐに演奏できるとしたら、それで満足して楽しむか?満足できずに悩むか?
何にでも「過程」が大事なのは間違いありません、それが味になり、また自信にも繋がるから。
楽器の進歩で「楽」を得たからといって、利になりはしないと思ってます。

写真という趣味は、楽器と比べれば格段に入りやすく極めやすい愉しみと思います。
実際、作品として「素晴らしい」を数えるより、ダメだな、ってのが無い。
青柳陽一写真塾が実現したら、極める道が拓ける機会が増えますね。
c0180686_20323550.jpg
c0180686_20322777.jpg
c0180686_20321933.jpg
c0180686_20320956.jpg
c0180686_20315740.jpg
「教わる」ってなんだろう?
出来ないこと、どうしたらできるか?を教わることがメインと思ってる人が多い。
もちろん、出来ないことができる様になるのは素晴らしいんですが、出来ない時こそチャンス、いろいろ考え工夫する、
教える側は、そこで特効薬を与えるタイミングを誤ってはならない。
調理の世界で、料理の仕方を教えるまえに皿洗いの修行があるのは、これは「イジメ」ではない。噺家の修行も同じ。
修行時代をどう過ごすか?は大事なのです。
何を教わるのか?
それはWitt先生が仰ってらした「自分の尺度(Maßstab)を確立させること」が軸です。
それが、好き嫌いだけにならない。
写真はまた違うけど、音楽で言えば僕らの世界には「自由になんでもあり」は少なくとも近現代までは存在しない。
制約があるのが西洋音楽。それは調性であったり様式であったり。作曲家の意図することから外れすぎては成立しない。
それを無視しては、または無知ゆえに知らなければ
「なんでもあり」で、「革新的」であるかのような勘違いした頓珍漢演奏が生まれる。
そして市場経済の常で、それがなんかの理由が重なり大衆ウケすると、まるで正しいかの様になる。
ただfffで大音量で終わるのが「迫力」ならば、そんな薄いのが例えば「伝統のベルリン」として正統となるならば、それを時代と諦めることなく「そうじゃない!」を示していくしかない。何でもありではないから。
自分が信じる道、それを見つけることが修行時代の一番大切なことです。

そう考えると、写真にはそういう様式としての制約はない。
いや、本当はあるから、スタイルを守った作品には惹かれる、ってこともあるだろうな。
僕みたいな素人が考えただけでも、可能性は無限にあるから写真は面白い。
そして難しいのかもしれないけれど、僕の専門の音楽よりは、自由度が高い気がします。
良し悪しじゃない。自由度が高ければ簡単なわけでもない。
でも、アマチュアには、極めやすいと思っています。
c0180686_20314894.jpg
c0180686_20313930.jpg
c0180686_20312944.jpg
c0180686_20312016.jpg
写真家兼本玲二さん、兼ちゃんとも初対面、やっと会えました。
c0180686_20311351.jpg
このあと、上記ブログの子猫との戯れに続き
c0180686_20292223.jpg
夕方にトラットリアLaWasabiへ。
c0180686_20290287.jpg
c0180686_20285591.jpg
全日本写真連盟伊達支部代表のみなさんと、前伊達署長、中野病院院長のSちゃん先生、兼本さんで宴でした。
c0180686_20284486.jpg
c0180686_20283595.jpg
c0180686_20282699.jpg
c0180686_20281852.jpg
どれも美味いけど、チンギアーレ(イノシシ)のラグー、好きです。
c0180686_20281073.jpg
c0180686_20280259.jpg
c0180686_20275566.jpg
c0180686_20274764.jpg
俊シェフ、渾身の肉。
c0180686_20273434.jpg
c0180686_20272762.jpg
c0180686_20271977.jpg
c0180686_20271288.jpg
311の直後もウイスキー片手にどっしり構えてた伊達重鎮のおふたり。
c0180686_20270482.jpg
c0180686_20265461.jpg
c0180686_20263951.jpg
c0180686_20263148.jpg
c0180686_20262459.jpg
記念写真のアングル決め。Sちゃん先生、僕のカバン持ってアンペルマンも一緒に写真に収めようとしてくださってます。
c0180686_20261621.jpg
新幹線のおかげで日帰りでも充実の、福島の1日でした。
c0180686_20260869.jpg
















by Toruberlin | 2018-04-23 23:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toruberlin.exblog.jp/tb/29490495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]