人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

逃して、ちょっと惜しかったなー!
at 2020-01-29 01:33
原価率
at 2020-01-28 23:59
正月三日。
at 2020-01-27 10:31
数の子と海老or蛸と数の子
at 2020-01-26 21:13
旧正月の謹賀新年!
at 2020-01-25 13:07
旧正月
at 2020-01-24 23:02
新年初めての外食。
at 2020-01-23 23:59
新年独り晩酌。
at 2020-01-22 23:59
アラン島のフィッシャーマンセ..
at 2020-01-21 20:40
地球温暖化?氷河期に?
at 2020-01-20 23:59
ベルリンと東京 2つのタワー..
at 2020-01-19 23:59
ベルリンでふぐのヒレ酒。
at 2020-01-18 23:59
Auguste Rauの超長..
at 2020-01-17 23:59
仕事始め、1/16
at 2020-01-16 23:45
1月15日、松が明けます。
at 2020-01-15 23:59
12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ロンドンからの友人と。

ロンドンからの友人と。_c0180686_20122060.jpg
ロンドンからの友人と。_c0180686_20121047.jpg
木曜日の夜、ロンドン在住のジャーナリストの友人(某新聞のヨーロッパ総局長)が来伯、晩餐を共にしました。音響デザイナーの豊田さんを介して知り合い、ホテルで深夜までモルトウイスキーを片手に語ったのも一年以上前になります。
今回はベルリンでインタビューのためにおいでになりました。
春も一時帰国中で鴎外記念館での「鴎外の縁で繋がる日独3自治体の友好交流」記念コンサートにご家族で聴きにきてくださったんですが、夜にドイツ大使館関係者との会食に誘っていただくも先約あり(ミッテ区代表団と最後の夜でした)東京で一献は叶わずだったのがベルリンで実現しました。
水曜朝のこの買い出しは、この木曜晩餐の為と、週末バッテラ作りの為でした。






ロンドンからですから和と決めたのは、32kgリミットのトランク二つが空港で測ったら70kg超えてた、その原因の日本酒が揃っていたからです。もう4本は美味しく呑んでしまいましたが、まだあります。そして鹿児島からの検定酒一升瓶、ジンと焼酎etc.おかげさまでしばらくリッチです。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20120242.jpg
生牡蠣、2週間以上冷蔵庫で忘れられてました。一つだけ開いていましたが(もちろん、ゴメンなさいしました)あとは大丈夫、でも生では人には出せません。で、蒸し牡蠣をトライしましたが、やはりノルマンディーのは生に限る。火を通すとダメです。
なのでこれは翌日に開けて、生でも一つ食べましたが、家内の好きな食べ方にしました。
今回はピーナツオイルが切れてたので菜種油とごま油でニンニクとネギを熱し、フライパンを熱くして並べた牡蠣に熱々のその油をかけまわしてジュってところで数十秒。火は回るが中は冷たいくらい、この加減は難しいが上手くいきました。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20115466.jpg
酒は福島の摺上川と徳島は繭玉の純吟、どちらも純米吟醸です。
摺上川は福島の料亭「ますふじ」の若旦那夫妻に伊達保原コンサートで、繭玉純吟は東麻布の「たこ八」で頂戴しました。
ありがたい。
まずは摺上川、スッキリで芳醇。御大とロケハンしたときに見た、太古に流れてきた巨石に年月かけて美しく育った苔の姿が浮かびました。甘すぎず、軽すぎずで爽やか。だけど深みがある。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20114529.jpg
料理はカツオのタタキとしめ鯖から始めました。
献立
刺身 鰹、シメサバ
蒸し牡蠣 ⇦書きましたように失敗して中止
焼き物  キノコとシュパーゲル
     豆腐ステーキ
酒肴 鯖の卵 煮付け二種
茹で豚 (予定してましたが、合わないから省略)
鯖の塩焼き
筍ご飯と鰹だしの味噌汁

ロンドンからの友人と。_c0180686_20113876.jpg
酒を味わうのにはベストな「我が盃」
知ったのは成澤文京区長にお土産で頂戴したからです。姿もですが呑み心地が◎です。
戴いたのに失礼ですが、驚くほど安価!文京区観光協会が販売してます。ネットで検索してください。
プレゼントにとっても良いと思います。我輩は、、から来てるのは容易に想像できます。そう、森鴎外だけじゃなく夏目漱石も文京区在住でした。文の京、文人に多くの所縁があります。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20112278.jpg
しめ鯖は大量の卵が入ってたから予想できましたが、少し脂が少ない。あっさり系でした。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20113048.jpg
カツオは小振りでも、ちゃんとカツオなのが素晴らしい。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20111553.jpg
白アスパラは茹でて、キノコもサッとソテー。写真なし。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20110716.jpg
これは僕の皿だから少し崩れてます、豆腐ステーキ。何度も書いてますがベルリンには美味しい木綿豆腐があります。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20105967.jpg
鯖の卵の煮付け、右は食べちゃってますが、煮付けした汁で湯がいた内臓を少し辛め+生姜多めで煮ました。「酒盗」になりました。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20105166.jpg
この徳島の酒はガラッと変わり男前!かなり辛口でした。順番は正解(選んだのはお客さん)でした。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20104469.jpg
辛口だけど、旨味がある。日本全国、美味しい酒はたくさんあると知ってますが、改めて感心します。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20103757.jpg
「共感」の握手。肴、酒からアナログのSP、最後にはカラヤンの初期のベートヴェン全集話からLPレコードまで。共感の理由は世代が同じ、だからだけではないと思います。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20102977.jpg
鯖の塩焼きは脂が多い切り身で。最後にご飯と合わせました。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20102279.jpg
筍ご飯。鹿児島に帰ってたKagodonが筍を大量に(ジップロック大に3つ)冷凍で麻布に持ってきてくれました。ベルリンに持ち帰ったら「こんな細かかったら筍ご飯にしか使えないか?!」というくらい細かかった。
しかし冷凍の筍は難しい、前回自分でやった冷凍分は上手くいかなかった。彼は砂糖加えて工夫してくれました。他の料理(例えばオリーヴオイルで塩で焼くとか)は無理ですが、逆に言えば筍ご飯は5-6回はできる!Kagodonも次回の筍ご飯には誘わなきゃなー。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20101599.jpg
ロンドンからの友人と。_c0180686_20100820.jpg
カツオのアラで丁寧に摂った出汁に長ネギのお吸い物と。
合間に「初めて!」とおっしゃるのでSP盤でイタリアオペラから最後はサッチモを楽しみ食後は、話題に上った最高のベートーヴェン全集が見つからず同じ頃のブラームス全集から2番を一緒に聴きました。
やはり60年代始めのカラヤンとベルリンフィルは最高!です。

出来る出来ないの差は大きい。もっと大きいのは判るかどうか?または知っているか知らないか?
知識欲を満たすだけじゃなく、経験の記憶は自分のMaßstab(基準)確立の大事です。
体験、経験は宝物と思うこと、しばしです。
ロンドンからの友人と。_c0180686_20100227.jpg












by Toruberlin | 2018-05-29 01:09 | 美味しい楽しい話 | Comments(0)