ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

友人たちと横浜のMちゃん家で..
at 2018-09-25 09:04
色が変わった反射板Steher
at 2018-09-24 16:01
淡路町シシニイク→飯田橋太田福
at 2018-09-23 15:33
CPN-NRT 9/22
at 2018-09-22 15:58
NRT-CPN 5/3
at 2018-09-21 14:53
麻布「たこ八」 5/2
at 2018-09-21 14:37
料亭千鳥にて 5/2
at 2018-09-21 12:06
The Glory of C..
at 2018-09-20 03:37
神楽坂で 5/1
at 2018-09-19 02:34
RIKIフィルの皆さんと 4..
at 2018-09-18 23:16
お久しぶりのK君と 4/30
at 2018-09-17 23:59
東京タワーとビール飲んで、麻..
at 2018-09-16 01:46
東麻布の極上鮨屋 4/27
at 2018-09-15 23:05
東京でもアイロンかけ
at 2018-09-14 22:04
武蔵新田酒菜亭 4/23
at 2018-09-14 21:50
横浜のMちゃんちへ 4/22
at 2018-09-14 19:29
AMPELMAN室内楽リハi..
at 2018-09-13 19:34
ヴィオラのカタリーナ
at 2018-09-12 09:08
御大邸の子猫フジ。
at 2018-09-11 00:47
日曜日、花工房から桜華楼、そ..
at 2018-09-10 00:48

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24
懐かしい(#^.^#) ..
by 材木屋茶人 at 16:57
柳沼くん、こちらこそあり..
by Toruberlin at 22:26
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 15:09
ああそうだったね、思い出..
by Toruberlin at 02:17
10月は全く身動き出来な..
by Yusuke at 00:23
ブログコメント禁止にして..
by Toruberlin at 16:46
同感です…体育会系出身者..
by Yusuke at 03:00
yuさま、おはようござい..
by Toruberlin at 16:40
徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56

検索

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

プレミエ前にシャリーノオペラ、観ました。

c0180686_17474943.jpg
7/7プレミエのシャリーノオペラ、ミラノ・スカラ座に続いてのドイツ初演です。同日にEnsamble L'estroArmonicoBerlinでフランケンのホーエンローエ音楽祭でコンサートがありシュターツカペレ初出演は受けられなかったんですが、リハには5日参加してました。これはコンサートマスターもそうですが、カペレの団員も数人は交代してリハに出ています。小編成でスタンダード作品じゃないから、もしもの時の代役としても(その為かは知りませんが)少なくとも僕は2回目公演からはスタンバイできます、今のところ。
昨日はステージリハ二日目、6月初旬の初めてのオケリハで弾いた、ステージ上(横、ロジェ席で)の小編成パートでした。初回は初のシュターツカペレですしどちらの楽譜も研究していきましたから弾くのは問題なし。昨日は第二幕でしたが、弾かない箇所も多いので近くで舞台を観られました。演出はかなり面白い!プレミエ以降、出演はなくとも一度は観にいきたいと思ってます。
c0180686_17482955.jpg
オケピットの真上、バックステージからヴァイオリンやチェロは入れますがKBを持っては難しい。非常階段を使い客席ゾーンを通り、このロジェ扉から入ります。
c0180686_17475786.jpg




今回はずっと18世紀ロンドン生まれ、初代J.Hill作で弾いてました。
プレミエ前ですし、基本的にNGですから美しい舞台の写真を載せられないのが残念です。
c0180686_17482009.jpg
楽器は劇場楽器庫に置いていたので毎日身軽な電車通勤。拙宅からは環状線で左回り一駅で乗り換えフリードリヒ通りまで乗って歩く、または一駅地下鉄に乗る。または拙宅最寄りの地下鉄で乗り換えなし、しかし少し歩きます(景色がないからつまらない)。または環状線を右回りでWeddingから地下鉄という手があります。
昨日は3つ目のバージョンでいきました、たまたまそちらが先に来たので。
Wedding駅もかなり旧い、戦前の雰囲気を残してます。
待ってる間iPhoneを見ていたら「おはよー」顔を上げたらチェロの彼女でした。
リハで挨拶をしたことはあったけれど、ちゃんと話すのは初めてで名前も知らなかった。Lです、と自己紹介してくれて英語で話しましたが、フランスの娘でした。コンテンポラリーメインで活動していて、ベルリンドイツオペラの演奏は6人のオペラプロジェクトで4月末から来ていて、今回のシャリーノも+でオファーされたそうです。すでに家が恋しい(リールだそうです)と話してました。写真の通り可愛いお嬢さん。地下鉄からオケピットまで、自分でもこれだけ英語で話せるとは驚きました。
彼女はピット、僕は昨日はステージでしたからこの写真があるんですが、ソロチェロが病欠。で結局Lちゃんは僕の隣で弾きました。そういうことあるから、特にソロアンサンブルは複数が経験しているのは良いことかもしれません。

が、今回は異例の国立歌劇場とベルリンオペララボの共同プロジェクト。現代曲に慣れたメンバー、多分半分くらいはシュターツカペレじゃないんだと思います。オペララボは歌手と奏者の団体らしいですが、コアメンバーはわずか。ヨーロッパ中からプリーの奏者が集められたようです。そこで問題なのが、他の仕事で抜ける、こと。
コンサートマスターはカペレでも交代は有り得る。またヴァイオリンとヴィオラは、一人くらいは予備要員が居るのか?実際に弾くメンバーよりもリハは多い。問題になったのはヴァイオリン、そしてコントラバス。
そう、僕は途中1日抜けるからオファーを断りました。KBは全員で4人、カペレの団員はA.S.一人だけ。ソロバスの1回ならまだ目立たないかもしれないが、ステージ上担当は最低でも2回。僕の代わりに弾くtuttiは3回抜ける。これには、カペレのメンバーは「こんなこと、許されるわけない!」と見えた・聞こえただけでも複数回だから、きっとかなりの問題になってるのでしょう。ヴァイオリンはひとり、すでにキャンセルされた様です。
これ、カペレのメンバーが「?」となるのは当たり前。真面目に毎回仕事してるなら、本番出るからとリハに来ないのは、たとえそう打ち合わせてオーダーされても、周りの仲間に失礼なことを認識しないとならない。
NKOPでも、頻繁にあります。弱小オケだし報酬も少ない。でも弾けない人よりも、リハに来なくても弾けた方が良い!これもマネージメントの仕方なしの選択でしょう。でも、奏者自身は、そうオファーされても、それで良いと思ってはならない。
今回の様にたくさんリハがあって、最初に出て、初期に1-2回抜けるのはまだOKなことがあるかもしれないが、メインのリハに出ないのは有りえない。最初からダブルキャスト制がオケにもあったら、僕も7/7は降りて、って出来たけど、問題はダブルキャストでもリハには全員出るのが基本なのに!ってところです。

シュターツカペレで許されないことが他の仕事ではOKと思うのは、自分がそこで弾く以上、ない筈です。
確かに僕も、CorelliKammerorchesterでは、あまりにヴァイオリンセクションの方がリハすること多いし、DSOなどと重なったら、そして他のメンバーの都合で僕ができない日がリハになってしまったら、そこはヴィイオリンリハメインにしてもらいます。←頻繁に、そうかもしれないけれど。

OKと話がついたら、上手くいった!じゃない筈です。どの仕事でも同じ。
今回、どのくらいの問題に発展するかわからないけれど、カペレのメンバーは、特に弦楽器の数人は、かなり憤ってます。だって、自分たちはリハしてるのに、よそ者が抜けるんですから。バカにされてると思うのは理解できます。
それは、どこでも同じ。
ベルリンフィルでもDSOでも、できない日があれば、弾けない。
そしてだから、と先に受けてる仕事を断るのも、また道に外れてる。
そういうのは、自分の将来のために良くないこと、覚えていた方が良いです。
その仕事、もう来なくても仕方ない(別に良いし)じゃなく、利で動くのは「薄い」人間になってしまうことを、知らなければなりませんね。
c0180686_17481243.jpg
たまたま押してしまった写真、僕の位置からピットはこんな位置関係でした。


武士は食わねど高楊枝
この言葉、前にも触れましたが、これにはいろんな解釈があります。
貧乏で食べられなくて空腹なのに、食べてると見せる為に楊枝咥えてる=みっともない見栄っ張り
という解釈じゃなく、たとえ食わなくても、武士たるもの、恥ずかしいことをして(人斬りでも、いくらでも矜持を無くせば利を得る手はあったでしょう)安穏に暮らすより、仕官という目標に向かって進み、精進を続ける。
「人事を尽くして天命を待つ」
でも自分の為に恥ずかしい事はしない。
見栄を張る。周りが自分をどう見るかを気にするじゃなく、自分のためにする。
僕はそういう意味に解釈します。

細々と立ち回り、工夫して仕事を掛け持ち、その場を事故なく終える。
仕事を受けたら、その仕事は報酬の大小関係なく、プロとしてやるべきで
他の仕事が来ても、余程のことがない限り、交渉してリハを休んだりするのは自分の矜持に反すると思わねばならない。
その時に出す音を、その全てを大事と思って演奏しているなら。
「お金の為に」と演奏するのは(それを否定しないし法にも触れてなけど)本道からは外れてる。
そうしなければダメなら、他を節約する。本道に報酬も付いて来てくれる様に精進しながら。
だって稼げるときに稼がなければ!それはそうなんです。目的じゃないけど、なければ困るのがお金。
でも、違うんです。
お金を稼ぐための楽隊屋稼業なら、そう思って生きてるなら、それもその人のチョイス
違法でも何でもないから大手を振ってOKでしょうが、考えなければならないことと思います。

話があって、全てに出る為には自分の集めた仕事を降りねばならない。報酬は10倍、しかもシュターツカペレ。
でも、それをしなかったのは当然ですし、誤った判断をしなくて良かった!と思います。
c0180686_19110956.jpg


タイトルが少し離れてるので僕も昨日見つけるのに時間かかりましたこの日記も、合わせてどうぞ。






















by Toruberlin | 2018-07-01 09:49 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toruberlin.exblog.jp/tb/29608634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]