人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09
ドイツ、7/1から年内、半年..
at 2020-06-25 08:16
もちろん、使ってこそ輝いてく..
at 2020-06-24 07:45
食洗機御法度です、アンティー..
at 2020-06-23 15:37
昔のグラス、好きです。
at 2020-06-23 12:52
鶏腿焼き、作り方ブログ。
at 2020-06-22 07:27
親友グスティとベルリン最高の..
at 2020-06-21 15:37
久しぶりの。
at 2020-06-20 07:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21
さやかさん、公営ギャンブ..
by Toruberlin at 06:33
パチンコや競馬、競輪は公..
by 紗耶香 at 20:45
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 18:45
貴重な映像をありがとうご..
by 植木信勝 at 23:19
玉鈴さん絡み、コメントを..
by Toruberlin at 17:55
東京は夕刻、かなり人出が..
by 広瀬宏之 at 17:03
おはようございます。SN..
by Toruberlin at 15:52
Toru様 真摯な..
by 広瀬宏之 at 12:33
広瀬宏之さま、コメントあ..
by Toruberlin at 23:27
日本に毎日暮らしていると..
by 広瀬宏之 at 22:12

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8

津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17271422.jpg
春の帰国、津和野二日目は鷲原八幡宮の流鏑馬神事を拝観しました。
2010年に初めて津和野を訪れた時、場所として特に感じ入ったのが鴎外の菩提寺永明寺と鷲原八幡宮でした。
1000年の歴史ある神社、社殿は14世紀に木曽野から移築、鶴ケ岡八幡宮の馬場を模して作られたこの馬場、今は鎌倉にも存在しない馬場は日本最古で唯一だそうです。社殿の裏手には樹齢千年の大杉が聳えてます。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17272542.jpg
老舗旅館明月のいつもの朝食。普段は昼過ぎが第1食の生活ですが旅の間は別。明月の朝食はちょうど良い量で(ときにはご飯3回お替りしますが)美味しい。海外在住の納豆好きには無いのが寂しいですが、それも良し。宿敵ホウレンソウ以外は(もし、出たらですが)残さず楽しめる美味しさと量です。
流鏑馬神事、文京区の皆さんは早めにバスでご出発だそうですが古橋さんに送っていただくので神事が終わり馬場で始まる時間を目指しました。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17274757.jpg
照れ屋さんだけど、パパとお揃いのサッカーTシャツ、どっちが好き?には答えてくれました。
古橋さんはお仕事あるから文京区からのU床さんと僕を鷲原神宮まで送ってくれました。津和野に行くと、津和野の町内、または日原以外は車もないから行きません。鷲原神宮も8年ぶり2回目、帰りに古橋さんと待ち合わせた温泉施設は初めてでした。
日記に続きますが、吉賀町も今回初めて、元副町長の隠れ家にお邪魔して訪れました。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17273844.jpg
流鏑馬は神事。まずは鷲原神宮参拝で始まります。その様子も拝見したかったんですが写真ステージとは反対側、出発側のベストポジションが取れたので動けませんでした。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17270596.jpg
社殿から馬場に回り、奉行を先頭にひとまわり。奉行役は下森津和野町長です。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17265690.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17264504.jpg




津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17261510.jpg

津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17260592.jpg
緊張なさってるのか?と思いましたが、なんと奥で落馬なさったそうで、お怪我なくてよかった。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17255681.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17254753.jpg
馬場の横を往復します。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17253708.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17250392.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17245055.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17243064.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17243064.jpg
この馬場は上に書いたように日本最古。鎌倉の鶴ケ岡八幡の流鏑馬は有名ですが、馬場はもう存在してません。この時代の馬場が現存するのは、ここ津和野の鷲宮神宮が唯一だそうです。長く忘れられていた、から残っていたのを保存会が発足され流鏑馬神事を復活させて守っていく!素晴らしいです。4月の第二日曜日、来年は桜はどうかなー?今から旅の予定を立てるのも手ですよ!
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17241989.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17240797.jpg
そして射手が馬場を進みます。
この日初めて知ったのは、馬は九州から前日到着、射手と馬は一見同士だということ。てっきり、ずっとパートナーで行うと思ってました。あとは馬場は昔から同じだけれどサラブレッド系は足が速いから、同じ間隔の的を射るのに素早い準備が必要なこと。
実戦と違い的を射るタイミングを逸したら、その矢を次の的には使えないこと。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17235809.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17234760.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17233718.jpg
本番前。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17232843.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17231980.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17231072.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17230053.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17225082.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17224014.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17223235.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17222120.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17221133.jpg
両端で扇で安全確認をします。
撮影はデジカメですがレンズはアナログレンズですからマニュアルフォーカスです。ノヴォフレックスはピストルグリップで合わせやすくはありますが、一直線に進む、または向かってくる被写体には工夫が必要でした。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17220431.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17215537.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17214693.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17213863.jpg
午前と午後、二回の神事があります。各回、間に休憩が入ります。文京区御一行様席にどうぞ!と言っていただいてたんですが、とても探せるものじゃない。みなさん一列目でしょうが、そこにたどり着けない。
ので反対側の報道関係特設ステージに、紛れ込ませてもらいました。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17211740.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17210521.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17205419.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17202493.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17201278.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17200406.jpg
向かってくるのも、迫力です。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17195645.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17194689.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17170676.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17165374.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17164143.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17162539.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17161057.jpg
ノヴォフレックスでピントはトリガーで微調整で連写しました。周りはモータドライヴオートフォーカスの長玉付きニコンとキャノンばかり。何人かご年配のカメラマンが「おー、すごいの着けてますねー!」と合間に寄ってきました。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17141517.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17140648.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17135648.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17134733.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17133886.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17095764.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17094735.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17093976.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17093011.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17091466.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17090031.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17085147.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17084237.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17083268.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17082141.jpg
一連の動作の、美しいこと!
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17081265.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17080268.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17065859.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17064802.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17064036.jpg
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17063170.jpg
午前の流鏑馬、終了しました。
古橋さんもお嬢さんとおいでになったはずですが、元副町長がごボランティアでおいでで話し込んで文京区御一行とも会えず。元々せっかくだから鷲原神宮に終わるまで居るつもりでした。
参拝して、昼ごはんは次に続きます。
津和野流鏑馬 帰国日記@ベルリン4/8_c0180686_17062179.jpg











by Toruberlin | 2018-07-21 08:19 | AMPELMANN Japan 2018 | Comments(0)