人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09
ドイツ、7/1から年内、半年..
at 2020-06-25 08:16
もちろん、使ってこそ輝いてく..
at 2020-06-24 07:45
食洗機御法度です、アンティー..
at 2020-06-23 15:37
昔のグラス、好きです。
at 2020-06-23 12:52
鶏腿焼き、作り方ブログ。
at 2020-06-22 07:27
親友グスティとベルリン最高の..
at 2020-06-21 15:37
久しぶりの。
at 2020-06-20 07:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21
さやかさん、公営ギャンブ..
by Toruberlin at 06:33
パチンコや競馬、競輪は公..
by 紗耶香 at 20:45
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 18:45
貴重な映像をありがとうご..
by 植木信勝 at 23:19
玉鈴さん絡み、コメントを..
by Toruberlin at 17:55
東京は夕刻、かなり人出が..
by 広瀬宏之 at 17:03
おはようございます。SN..
by Toruberlin at 15:52
Toru様 真摯な..
by 広瀬宏之 at 12:33
広瀬宏之さま、コメントあ..
by Toruberlin at 23:27
日本に毎日暮らしていると..
by 広瀬宏之 at 22:12

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Mozart 歌の伴奏は楽しい。

Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22503793.jpg
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22501786.jpg
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_23000614.jpg
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22502817.jpg
歌の伴奏くらい楽しいことはない、と書いても良いくらい。
これは素晴らしい合唱と一緒も楽しいけれど、ソリストとはもっと楽しい。
パウルス、エリアス、ブラームスのレクイエム2回、ストラヴィンスキーの詩篇交響曲、MozartのレクイエムにH.C.Petitの交響楽的カンタータ(1966) 、毎週末2回本番は続いています、今週末はサンサーンスのクリスマスオラトリオを2回です。
H.C.Petitはポツダムで活躍した合唱指揮者で作品は世界的には無名といって過言じゃないですが、佳作でした。アルトソロと合唱のカンタータですがアルトのレギーネが素晴らしい。彼女は前日のMozartでも一緒でした。
ストラヴィンスキーの詩篇交響曲は名作です!ストラヴィンスキーは大好きで、オーケストラ初舞台に火の鳥、少し後にプルチネラ組曲をソロバスで弾く機会がありましたが(トロンボーンはW.アーント、後のベルリンフィルソロ)詩篇交響曲はリアス室内合唱団という世界トップクラスの合唱団との初共演の作品でした。
今回の合唱団には少し荷が重すぎて残念でしたが、、、。
合唱団はポツダムの2つが良かった、特にパウルス。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_23002087.jpg




写真はポツダムとベルリンの(どちらも偶然)Erlöser教会のが混ざっています。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_23001347.jpg
ポツダムのコンサートは、合唱指揮の作曲者の作品が特に印象でした。しかし指揮者のアイデア、間髪入れずにブラームスのレクイエムを続けて、レクイエムの2番の後と5番の後に短い休憩を入れるってのは、良くなかったなー!
maestroケント・ナガノも日本ツアーの時にブラームスのレクイエムの曲間にW.リームの作品を挿入した。ポピュラーな作品に目新しいアイデア、思いつきは判らなくもないが作曲したブラームスはそんなことは全く想定していない。ブラームスのレクイエムだけ、一つの曲としてやるべき!と思いますが、音楽監督の裁量範疇だからどうにもなりません。
書いた様に1966年に書かれたこの曲は、素晴らしかった。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22595867.jpg
さて、その前日のベルリンでのコンサートです。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_23002823.jpg
プレンツラウワーベルクにあるゲッセマネ教会。ベルリン壁崩壊前、反体制派の活動拠点のひとつ、というか活動家を匿い、人々が集まり教会の周りを埋め尽くした、ライプチヒに始まった大規模デモと並んで壁崩壊へのエネルギーを発した場所です。
ストラヴィンスキーから始まりMozart、時代的には順番逆ですが作品的には正解。
合唱のことはすでに書きました、頑張っていたけれども、、、ストラヴィンスキーは難しい。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22500875.jpg
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22493476.jpg
歌の伴奏って楽しい!
ベルリン室内歌劇場で弾いていた数年間、コンティヌオ奏者としての長年の経験で知ってることですが、今回のMozartのように素晴らしソリストだと緻密な室内楽のように楽しい一瞬の連続です。
オルガン奏者も良かった。あまり見ない顔で古楽をやってるかと思ったらモダン楽器とのバロックがほとんどのチェンバロ奏者でした。ぴったり合う、一緒に動く、ご機嫌でした。
ご機嫌といえばストラヴィンスキーの本番だけに来た大太鼓奏者はなんとも可愛い金髪のお嬢さん。Mozartも聴いてたそうで終演後に楽屋で話しましたが、打楽器じゃなく教会音楽を専攻し卒業して2年。ポツダムの北の教会音楽職になったそうで、まだまだ合唱団を作ってる最中だそうですが、きっとまた会えそうです。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22492743.jpg
歌の伴奏が楽しい!
指揮者や周りの音(通常はヴァイオリンばかり)に合わせて歌う、というか(こちらが合わせるんだけど)一緒に音楽をするのに邪魔な要素がないから、合う。男性陣は◎なことが多いけれど、前述のレギーナ(彼女はかなり有名人)もですがソプラノが素晴らしかった!
太くない声、可憐なんだけどちゃんと筋は通っていて、決して押さない。あくまでも柔らかく、華麗に響く。音程を当てに行かない。フレーズが長く、音楽的でした。
Mozartのレクイエムはこれだけ良い歌手が揃ってたらご機嫌に楽しいですが、特にソプラノに合わせるのが至福でした。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22485003.jpg
誰も聴きに来なかったから(知り合いが)写真がありません、残念ながら。
僕がこれだけ楽しかったからか?終演後に感想を言いに来てくれる方がおいでなのは稀じゃないんですが、この時は立て続けに5人、会いに来てくれてご感想をいただきました。
「あなたが音楽を、オケも歌も全てを導いていたね」
もちろん指揮者からソリスト、合唱、オケ仲間と一緒に!なんですが、アンサンブルは細かいことはメロディに任せても大きな動きは低音が主導する、という考えを(理想を)感じてくれたのか?と嬉しかった。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22484037.jpg
大教会、満席でした。
終演後MINIに楽器を積んでから数人とビール飲みに寄りました。ファゴット二人、トランペット、バストロ、ヴァイオリンで。
みんなそれぞれいろんなことを真面目に考えてるんだなー、とたまに帰りに飲むのも良いです。
そういえば教会の出口でテノールソリストとばったり、「素晴らしかった!」と告げると『あなたこそ素晴らしかった』『ずっと一緒でしたね』「伴奏するのが楽しかった」と告げると『伴奏してもらえる喜びを噛み締めて歌ってました、ヴラヴォー』
と嬉しい感想でした。
どう歌うか(これは器楽の歌うも同じ)予想し、瞬時に反応もし、justだけれど柔らかい音で一緒に進む。それを目指すから、それができたならばアンサンブルは楽しい。
楽器とも楽しいけれど、歌とはまた格別楽しい。
そう感じられる機会が、もっと多いと嬉しいな。
Mozart 歌の伴奏は楽しい。_c0180686_22490108.jpg

















by Toruberlin | 2018-11-28 23:51 | 音楽の話 | Comments(0)