人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

1982年夏、トスカーナのM..
at 2020-07-14 23:30
誕生日イヴ晩餐
at 2020-07-13 15:13
7月13日、昭和35年生まれ..
at 2020-07-13 08:00
書斎/練習室、ほぼ終了。
at 2020-07-12 06:41
Stayhomeな日々に
at 2020-07-11 07:03
牛肉饂飩
at 2020-07-10 16:43
フランス娘 C.Bruger..
at 2020-07-10 07:13
弓の話、まだ続きます。
at 2020-07-09 09:00
強火で焼きなさんな、じゃない..
at 2020-07-08 23:00
A.Nürnberger
at 2020-07-08 14:47
弓って面白い!Hoyer編
at 2020-07-08 07:52
パーフェクトな虹
at 2020-07-07 11:11
そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

Kagodonありがとう..
by Toruberlin at 22:59
お誕生日おめでとうござい..
by M.O at 21:37
こんにちは!いただいたコ..
by Toruberlin at 17:05
はじめまして! ..
by 菅野陽一 at 16:03
こんばんは、はじめまして..
by Toruberlin at 23:11
はじめまして、こんば..
by 菅野陽一 at 22:29
日本食屋には必ずある枝豆..
by Toruberlin at 22:03
おー、そういう話か⁉️あ..
by Toruberlin at 21:58
う〜んと久しぶりにフォイ..
by charlie1030 at 21:49
そうでしたか、あの屋台で..
by Puku at 21:37
あーちゃん、まさにそのポ..
by Toruberlin at 11:01
徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

世界最高峰

世界最高峰_c0180686_01464195.jpg
世界最高峰_c0180686_01460791.jpg
世界最高峰_c0180686_01463353.jpg
美しいSilver Shadow、ベルリンのClassic Remiseにあります。1973年型。
ジャガー、ベントレー、アストンマーティン、RRには手を出すもんじゃない、と言われてます。クラシックカーの話。
まともに走り続けない、とか工場に在る時間の方がずっと長いとか。
確かに日本車と比べるまでもなくドイツ車に比べても故障は、新車の時でも多かったのでしょう。
ここ10数年の車たちは、きっとそんなことはない。前世紀に製造された、雰囲気ある(乗りたい)車たちが、そう言われる対象の様です。
確かにベルリンでも特にRRのSSは(中古車価格は日本の方がずっとずっと低いのに)ひところ数十万で美車が手に入るなんてこともありました。日本でもそうですが個人が手放す時、そのあと車として(置きもんじゃないから)使える様にするには数十万円は壊れてなくても各種調整でかかるらしいですから、そういうことも起こるみたいです。
特にRRは、いやAMもベントレーもジャガーも、部品もですが調整に費用がかかるのです。
これ、数千万円の車を買う人には、比較すれば当たり前のメンテ費用とも言えます。
車両価格が10数倍違うんですから、維持にもかかるのは、当たり前とも考えられます。また、そういうシステムで最初から来ているのでしょう。最高を追求しているんだと思います。
もし車両価格の数%で中古車を手に入れたら(友人が悩んだSSは確か30万円、見た目は完璧、新車なら3000万としたら1%です)世界最高の自動車を自分で日々走るのに、たとえ維持に数年間で500万円かかったとしても、それは許容範囲(払えるなら)かもしれません。今の500万円の新車と比べて、どっちに魅力があるかは、僕には明白です。
さて、世界最高峰の自動車と書きましたが、その世界最高峰が果たして本当にそんなに故障するんでしょうか?
まともに走ったって話、聞きません。と耳にしますが(中古車と思います)それは新車の時代からちゃんと必要なメンテをしたり手をかけてないか?もう大修理の時期の車を安く手に入れて、しばらくだましだまし乗ってる、その時の話なのか。またはRRなんか乗ってると嫉妬もやっかみも激しいから、そう言い訳するのか?
このSSはものすごく状態は良いらしい、新車同様では全くないけれど。愛用されてきたのが見てわかります。現状は◎と書いてありますが、自分で詳しくないと手は出せません。売りに出してるのは英国車専門の修理工場、こういう工場主か職人と知り合って、信頼関係ができないと不可能です。昔MINIを見てもらってたガレージは英国車専門でRRやジャガーの極上車が並んでました。その道のプロだと思いますが、独りでやっていてかなりご高齢でした。ここは5-6人はスタッフがいる工場。信頼関係と言ったけれど、車の修理ほど信頼できないと疑う余地が多いのも身近にありません。弦楽器は嬉しいことに車よりはずっと理解してますから見れば判るのですが、車は人より知ってる方とは思いますが、でも全く自信がないのです。
世界最高峰_c0180686_01453816.jpg




コーニッシュも入ってました。白は流石に、かなり派手ですね。マジョルカ島にヴァカンス用に置いてあった車だそうで、走行距離がかなり少なかった。これの渋い色でヨーロッパを走り回るなんて、良いですねー!
現行のドーンは世界一静かなカブリオレだそうですが、このコーニッシュもロングクルージングが可能な筈です。アウトバーン以外ではフルオープンで景色とドライヴ自体を楽しむ。やりたいなー。
世界最高峰_c0180686_01444596.jpg
世界最高峰_c0180686_01452980.jpg
少しだけ現実的なのはこちらです。いや、メルセデスがHナンバーになったばかり+ガレージもない現在ですから実現は全く視野にありませんがRRと生活することも可能なんじゃないか?との考察です。
世界最高峰_c0180686_01452251.jpg
無くなって?なモノの最たるひとつ、三角窓も付いてます。1973だから今年46歳、御大のジムニー並みだ。
世界最高峰_c0180686_01441999.jpg
かなりオーソドックスではあるけれど、エクセレントなデザインです。
世界最高峰_c0180686_01433369.jpg
世界最高峰_c0180686_01432686.jpg
美しい!の一言です。
世界最高峰_c0180686_01430333.jpg
世界最高峰_c0180686_01434856.jpg
白いコーニッシュ、これを見ると思い出します。1982年に初めて行ったトスカーナのモンテプルチアーノ音楽祭、その時はマーラーの2番とマノン・レスコーでした。その次は84年だったかな?B.ブリテンの戦争レクイエム、僕はカンマーオケで弾いたんですが指揮者は巨匠ジョージ・マルコム。その曲以外もMozartメインの室内オケコンサートを街の中の宮殿でご一緒したと覚えてますが(僕が24歳の時)戦争レクイエムのリハで「ベンが、ベンが」を繰り返す。そう、作曲者のブリテンのことでした。友人であるブリテンはこう言ってた!と話してくれる幸せなリハ、調べたらその時70歳手前くらいでしたが、ロンドンから白いコーニッシュでおいでになってました、格好良いなー!が第一印象。だって本番の大聖堂の前や、モンテプルチアーノという素晴らしい古都を奥様さまを隣にオープンで走り抜けるんですよ。ずっと路駐でオープンのままでしたが流石最高のワインでずっと裕福な街(戦争にも一度も負けてない、進軍中でもここを避けて通ったと記録されてます。裕福だから強力な傭兵部隊を抱えていたそうです)僕らも、最初は心配でしたが、練習場所の教会や宮殿、誰でも入ってこようと思えば可能な場所に楽器も弓も置きっぱなしでも、何も問題ありませんでした。そんな幸せな1984年、35年前を思い出しました。
ありがたい。
世界最高峰_c0180686_01431003.jpg












by Toruberlin | 2019-01-16 23:47 | 趣味の話 | Comments(0)