人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56
日曜日、Perlebergか..
at 2019-12-17 17:35
贅沢な悩み
at 2019-12-16 23:20
東独デザイン、まだまだ残って..
at 2019-12-15 22:21
第3アドヴェントのコンサート..
at 2019-12-14 23:47
A. Rau 作の弓
at 2019-12-13 17:17
かなり久々になっております。
at 2019-12-12 14:18
有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59
10/11 金曜日、東麻布に..
at 2019-10-15 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

現代曲 Ensemble United Berlin

現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08393631.jpg
現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08404135.jpg
3/20にKonzerthausのカンマーザールで行われるコンサートのリハが2/14にありました。この初合わせは弦だけでした。
Brexitって言葉は日本では一般的じゃない?BrittenとExitをかけた3月末に予定されてる英国のEU離脱に合わせたBrexit、本当に起こるの?コンサート。全て英国の作曲家の現代作品です。
DSOなどの現代曲シリーズでずっと初演も含む現代曲は弾いてきましたが、現代曲アンサンブルは久方ぶりです。
避けてきたわけでもないんですが、80年代半ばくらいから10年くらいは実に頻繁に出演してました。壁崩壊後にKammerensembleNeueMusikBerlinも盛んだったし、BerlinerKammeroperや固定アンサンブル以外でも多くの出番がありました。グスティと1年以上RiviniusQuintettで演奏したF.Hummelの「青髭」も初演でした。
DSOやKammerphilharmonieが忙しくなって仕事を受けなくなって自然消滅+僕の興味も薄れたのも、その理由と思いますが途中ピリオド楽器アンサンブルもやったし、20年以上ご無沙汰でした。
ベルリン国立歌劇場/シュターツカペレの昨シーズン最後のオペラTiVedoに出演した時に隣で弾いたマティアス、彼とは20年以上前にB.A.Zimmermannのコントラバス4本のソロ曲で共演してたのが判明しましたが、その時はそれ以来の再会でした。
現代曲一筋で、逆にMozartなどとは無縁の彼、夏以降に頻繁に仕事に誘ってくれました。かなり活躍してる彼、世界中を飛び回ってます。日本滞在中で2回続けて受けられなかったんですが3/20のUnitedBerlinは出演することにしました。
楽譜はそこまで難解じゃないけれど、最初のリハはドキドキでした。曲を知らない+誰が一緒に弾くか知らない。
現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08392602.jpg




ヴィバルディホールという練習ホールが中央駅の傍にあります。名前はバロックですが現代曲アンサンブル専用ホール、無料で使用できます。リハは14日の10ー13時でした。
数日前にオリジナル楽譜が欲しくてアンサンブルの中心人物Aに会いに行ったら、彼はオペラ座で少し前まで弾いてたそうですが、そこでじゃなく現代曲の仕事で一緒になったことがあるヴァイオリン弾きでした。ヴィオラもアンサンブルの固定メンバーですがチェロともう一人のヴァイオリンは僕と同じく初参加。チェロは大学院に通う可愛いお嬢さん。しかし、実にちゃんと弾ける。オケにはあんまり興味なく現代曲アンサンブルの勉強をしてるという26歳。ヴァイオリンは会った途端に「会ったことあるよね?」とセリフが被った女性。DSOで弾いてるよね、Toruでしょ?とよく覚えてくれてました。僕が何で覚えてたかと思ったら彼女はCOEのメンバーでした、92年から。ヨーロッパチェンバーオーケストラ。僕の五弦(HawkesPanormo)はCOEの楽器だったのを譲り受けたんです。その頃に接点があったのだと思いますが、かーなり久しぶりでした。
現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08391734.jpg
現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08390322.jpg
現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08385596.jpg
ここは打楽器も鍵盤も揃っていて、ご覧の様に譜面台も。現代曲アンサンブル「モザイク」はこの建物に住んでいて、州政府からの援助で練習所としてあるんですが、いつも使うわけじゃない。空いてる時間は他の現代曲活動に解放されています。

久々の現代曲アンサンブル。どうだったかというと
とっても楽しかったんです。
データ便で楽譜ファイルと共に来た録音も聴いてましたが、実に面白い曲揃い。いい曲、とか究めたい!とまでは思わないんですが、書かれてることを具現化する面白さ。もたらされる効果の面白さ。
そして何よりも初リハでちゃんと曲が通るメンバーの良さ。自分のパートは弾けるし、アンサンブルも出来る。
何を、より「どう」が大事な音楽。もっと大事なのは「誰と」
クラシックも現代曲も同じです。

現代曲を専門にやってる多くの演奏家がいます。コントラバスのマティアスもそうですが、ソロパート多くアンサンブルが(運良ければ)面白いから、活躍できるから続けてるんだろうな。
バロック、クラシック、ロマンティックの音楽の作り方とは違うと書くと語弊がありますが、まず弾けないといけないのはどのジャンルも同じ。音楽を感じ、音に魂を込めるのも同じ。そこだけで終わることはどれでもないんだけど、現代曲の方が明確か?単純で簡単と言ってはいけないのだけれど、そしてそうとも限らないけれど、そして究めたいのはロマン派までではあるけれど、「面白い!」と楽しいですし、良い作品orメンバーなら続けていきたいと思ってます。
まずは3/20の本番に向けてのリハが楽しみです。
興味がある方はコンチェルトハウスへどうぞ!その本番後に帰国します。
4月にはコントラバスの為のソロ組曲、高橋幸代さんの「ベルリン小景」Die Szenen aus Berlinを小石川傳通院ご本堂で初演します。
現代曲 Ensemble United Berlin_c0180686_08382824.jpg












by Toruberlin | 2019-02-17 23:57 | 音楽の話 | Comments(0)