人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59
10/11 金曜日、東麻布に..
at 2019-10-15 23:59
金曜日の室内楽コンサートには..
at 2019-10-14 23:59
DSO@サントリーホール
at 2019-10-13 23:59
TOKYO BLUES
at 2019-10-12 23:59
DSO ベルリンドイツ響日本公演
at 2019-10-11 23:59
成田から日暮里、まず2泊はい..
at 2019-10-10 23:59
秋の帰国はLOTポーランド航空で
at 2019-10-09 23:59
室内楽コンサート2019秋
at 2019-09-02 23:59
鴨の丸焼きを初めて作った日i..
at 2019-09-01 23:59
難しいけれど、大事なポイント!
at 2019-08-31 23:59
Made in Japan ..
at 2019-08-30 23:59
もののあわれ
at 2019-08-29 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

土曜日のフランス大聖堂コンサート

c0180686_02521795.jpg
c0180686_02484801.jpg
c0180686_02481578.jpg
c0180686_02480255.jpg
毎年恒例のブリッツ城昇天祭コンサートに合わせて前日の土曜日にMitte区にあるジャンダルマン広場のフランス大聖堂でCorelli Kammerorchester Berlinのコンサートでした。
先日も少し書きましたがA.ストラディバリとガルネリ・デル・ジェスが究極まで到達させたヴァイオリンという楽器、その頃は弦楽器による器楽の最初の代表的作曲家(ヴァイオリン奏者)と言えるA.Corelliが活躍した時代と重なります。そのあとにヴィヴァルディ、タルティーニ、パガニーニと続く訳ですが、ヴァイオリンという楽器(今の)を発明したのはA.アマティと言われてますが(同時期にガスパロ・ダ・サロやマジー二も造っています)16世紀半ばには、もう完成していた。これがまず驚くべきことなんですが、その楽器ができたときには、当然、今は当たり前にある作品たちはなかったのです。100年とまでは言わないけれど、70年くらいはヴァイオリンが完成してからコレルリの作品を待つことになります。でも、その時からパガニーニに至るまで、16世紀に発明され完成された(その後、進化してない、その時点で基本は完成していた)楽器が、そのままで要求に応えることができたんです。これは凄いことはもちろんですが、不思議でもあります。なぜ16世紀には完成され、史上最高の楽器が1700年代前半に揃い、後には続かなかったのか?
ヴァイオリンの発明により、いま皆さんが思う弦楽器(あとはヴィオラ、チェロ、コントラバス)が生まれたわけですが、それまでの弦楽器との大きな差はフレットです。フレットが無くなったことで、音楽的欲求が向上できることになった。
音程で遊べない(微妙な差の話です)フレットがある楽器は、大きな制約付きと同じです。それしか知らなかった時代ならいざ知らず、また、それしか知らなかった時代を再現するアンサンブルなら、その制約はマストですが、ヴァイオリンの発明の前と後での大きな違いはこれです。
その後の差といえば、弓の発達と弦の発達となるわけですが、これはあまりにいろんな流派があるので、なんとも書けないし、また書く必要がない。各人が「良い」を究めるしかありません。
バロック作品を生まれた時代のことも奏法とともに知り、イタリアンオールドで現代のセッティングで演奏するのが、僕にはベストです。
c0180686_02482623.jpg
c0180686_02475498.jpg
よく晴れた土曜日、フランス大聖堂。
c0180686_02474482.jpg




c0180686_02483616.jpg
コンサート直前。この週はフランス大聖堂だけに(笑)パリ娘C.Brugereの5弦で弾きました。弦はすべてGG作。そして見附さんの最新作カルテットと僕の考案したエンドピンゴムの組み合わせです。柔らかく力強く、倍音豊か。反応は速いし最高の状態と思います。
ここは何度か経験ありますが、あまり音響良くなかったので興味は薄かったんです。しかし、全体に絨毯が敷かれたからなのか?現在は実に良い響きになってました。
c0180686_02471807.jpg
コレルリの6の4番から始めました。トリオ・ソナタで名を馳せたコレルリ、素晴らしい作品をたくさん残してくれました。今では作曲された曲を演奏家が弾くのが当たり前になってますが、彼の時代、もっと後のヴィヴァルディもそうですが、シンガーソングライターの様に自作自演が普通で、人の曲を演奏することは少なかったそうです。
それに比べれば今は数多な名作からプログラムを選べ、その選曲が奏者の得手不得手も踏まえてコンセプトあるプログラムになるんですから幸せです。
でもコレルリやヴィヴァルディの時代、自作だけを演奏するってのも聴いてみたかったなー。だから、様々な編成でいろんな作品があるのも頷けます。
c0180686_02470105.jpg
c0180686_02464248.jpg
ヴィオラのあーちゃんとBPのドッペルコンチェルトは原曲はチェロと。クリスマスに続き、良い演奏でした。
c0180686_02463425.jpg
c0180686_02462515.jpg
c0180686_02461638.jpg
c0180686_02460401.jpg
チェンバロとチェロは70年代からのメンバーです。僕は80年代半ばから。
満席だと500近く入るのかな?350くらいだったと思います。扇型に椅子が並んでるので横にもお客さん多いです。
c0180686_02454835.jpg
c0180686_02453352.jpg
学生時代にベースを弾いてた御仁、素晴らしかった!と休憩時と終演時にも言いに来てくれました。
この日は、終演後に声をかけてくれた方々、多かった。全く別の客層、場所柄旅行者が多いかと思いましたが、大部分は違う。音楽をご存知の方が多い、良い客層でした。
c0180686_02432450.jpg
これは後半直前に僕がiPhoneで。
c0180686_02452346.jpg
c0180686_02450564.jpg
前回から新メンバーのCちゃん、素晴らしいです。
c0180686_02445764.jpg
c0180686_02443792.jpg
c0180686_02442813.jpg
J.S.Bachのドッペルコンチェルト。BPは前回も書きましたが恩師Witt先生が「絶滅品種」と形容した、今は聴くことができない「昔の音」を出せる奏者です。僕は今まで生で聴いた誰よりも素晴らしいと思ってます。それだから、数多な問題があったアンサンブルですが、彼と弾くために今でも欠かさず弾いています。来年は彼と日本!と考えてましたが、北海道の話が無くなったので実現は遠のきました。
c0180686_02465147.jpg
チェロのAが弾いてる楽器、東独時代からのですが、とんでもない名器です。
c0180686_02441613.jpg
c0180686_02440640.jpg
c0180686_02435680.jpg
c0180686_02434780.jpg
バッハの後に、嬉しそうな師弟。素晴らしいバッハでした。
c0180686_02430226.jpg
c0180686_02424843.jpg
c0180686_02420500.jpg
c0180686_02415246.jpg
c0180686_02414487.jpg
ヴィヴァルディでプログラムを終え、アンコールは別のヴィヴァルディの2楽章とヘンデルでした。
このアンサンブル、次はクリスマス前です。
どうぞ、お楽しみに!
c0180686_02413361.jpg



























by Toruberlin | 2019-06-10 23:43 | 音楽の話 | Comments(0)