ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日、夕方は御近所散歩でワ..
at 2018-02-21 14:20
旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23
P.ブーレーズホールでオール..
at 2018-02-10 14:26
九段中の仲間たちと 秋の帰国..
at 2018-02-09 23:16
氷点下の日々ですが、天気良く..
at 2018-02-08 23:30

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2016年 06月 24日 ( 1 )

修行は続く。

c0180686_10105842.jpg
c0180686_10104829.jpg
金曜日の早朝、3時過ぎです。天気予報通り木曜は真夏日、金曜も晴れで最高気温は34℃となるそうです。
23時過ぎに就寝して早起き!の予定でしたが(で、デスクワーク片付けてかなり昼前から太陽と過ごす計画)夜風があまりに心地よく、空は綺麗でベットに行けないでいます。寝るのがもったいないという感じ。1時間半くらいで夜が明けるから、もうこのまま起きていようか?
さて、今日の写真はNEX6にHexanon28mmF3.5です。昼にミッテに出たんですが撮った写真は次の一枚だけ。
c0180686_10103874.jpg
ランチは北京焼鴨店で摂り、その傍で。なんてことない景色ですが、この味は小西六のHexanon独特、良いレンズです。
夕方帰宅して、少し昼寝。今日は暑かった。
c0180686_10102624.jpg
そして20時過ぎ、ヴァイオリンのA嬢から贈られた焼酎をバルコニーで。
c0180686_10102150.jpg
晩御飯は鮪の握りを前菜に、ヅケ鮪と山芋でした。日本からの大和芋を擦り、あえて出汁を加えずに卵だけ。それに鮪を合わせた丼飯です。赤身の鮪をヅケというのは江戸前寿しのすべて仕事をしてあった握り時代の名残です。冷凍庫も冷蔵庫もなかった時代は生魚を保存する工夫がなされました。
いまヅケ鮪っていうと、僕もそうすることがありますが残った鮪を翌日食べるために!てな扱いです。
ネットで調べるとヅケは湯通ししたり、酒と醤油で煮切り作って云々、とあります。醤油だけじゃ塩辛いとかなんとかも書いてありますが、僕が好きなのは鮪の塊(今回は600g)から刺身でも握り用ネタでも取ると、端がどうしてもできる。それを適当に切って長くても1-2時間醤油を馴染ませると、とっても美味しくなります。確かに塩辛いからご飯のオカズ二なる。大和芋と合わせるのには◎でした。しかし、あの湯通しして煮切りにつけるヅケって美味しいのかなー?
コシヒカリを丁寧に炊き、今晩ももちろん酢メシです。握りの練習が第一目的ですから。
そう楽しい修行は続くのです。しかし大きなことを言えば、かなり美味しく握れるようになりました!
c0180686_10101563.jpg
もう最後なので長くは取れませんでしたが、程よい厚さのネタで美しく握れました。
やはり何と言っても兄が持たせてくれた美味しい米が強み、人肌の温度で口中でほろっと崩れるけど米ひとつひとつはしっかりしていて旨い!鮪とうまく合います。
考えてみたらヒラメも手に入るから、海老も妃殿下の料理本の「ひな祭りのちらし寿司」をマルコスの娘たちと作った時みたいに仕込めば良いし、鮪と鮭、しめ鯖に鰯、イカとタコにヒラメが加われば、握り寿司の体裁はまあできるか?イクラと雲丹も運が良ければ手に入る。
問題は仕入れと仕込み、そして美味しい寿司飯を作れば晩餐の締めの握り寿司は出来そうだなー。

さて、3:39もう鳥が啼き始めました。
眠くない、です。
c0180686_10100989.jpg







by Toruberlin | 2016-06-24 03:08 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)