ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23
P.ブーレーズホールでオール..
at 2018-02-10 14:26
九段中の仲間たちと 秋の帰国..
at 2018-02-09 23:16
氷点下の日々ですが、天気良く..
at 2018-02-08 23:30
続10/23 谷中から根津 ..
at 2018-02-07 15:20

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2018年 02月 01日 ( 3 )

懐かしの弓ケース

c0180686_20320441.jpeg
昨日、携帯に着信、知らない番号でした。名乗られても誰だかわからなかった、けれど明るい良い声。
Nさんでした。神奈フィルのYちゃんに紹介してもらった(彼が留学時じゃなくて、遊びに来た時、90年代初めか?)NさんはYちゃんの先生とコラボで打楽器のバチを製作してます(今でも)。SMACKとうブランドです。もともと木の専門家で西ベルリンの南端、リヒテンラーデの家に伺った時には大量の木材ストックを見せてくれました。
そこで思いついたのが「コントラバスの弓のケース、作ってください!」でした。
黒檀や紫檀、マホガニーのストックを見た後、自然に出た言葉でした。MINIのダッシュボードの様な(ベントレーやRRもですが)ウオールナットは薄い木を貼るのだから美しいけれど箱にはあまり適さない。ので美しいことを条件に木はお任せしました。
c0180686_20303847.jpeg
出来上がったのが右のケース、マホガニーの無垢です。しっかりしていて美しいけれど、重い!1993年に10年ぶりに帰国して、それから数年、ほぼ毎年帰るたびに都響さんにゲスト出演させていただきましたが、当時の首席のA葉さんが「徹くん、これは流石のケース、誰も持ってない!でも美しいけどゴツいねー。日本で満員電車に持って乗ったら喧嘩になりますよ!」(笑)
確かに重い。安全に運ぶには◎ですが家に飾ってあります。
Nさんにもう一本、軽めのをお願いしたまま、そのあとにLAに革製のお洒落なケースをオーダーして二本手に入れ、楽器が一緒の時には弓袋に入れてネックに結びますからもうケースはどうしても必要じゃなかった。革ケースオーダー前に一度連絡したら、軽めのを何で作るか検討してるから待って!と言われ、もう一度は数年後に偶然ご子息と一緒に拙宅そばで出会った、その時も「ケース返さなきゃ!」で終わってました。
c0180686_20295841.jpeg
作って戴いたケースには、小さく名前も入れてくれてます。
c0180686_20324257.jpeg
このダブルケースは高校生の時に文京楽器で購入して(まだ山本も高崎もなかった、もちろんJ&Cも)ずっと使ってました。Nさんが弓ケースの見本を!と仰ったので預けて、そのままだったんです。
ユンゲドイチェフィルと壁崩壊でベルリン市立になる予定が無くなった幻のベルリン室内歌劇場のステッカーが懐かしい。
東京にいるIDEちゃん、藝大オケのティンパニ奏者ですが、彼がヴァイオリン弾いてた8歳の頃から知っていて(東独ツアーで一緒でした)20数年後に彼の留学で再会しアンペルマン室内楽には昨秋も来てくれましたが、彼がベルリンでNさんを訪れた時に僕の話をしたそうです、ケースのことも。で、連絡先も渡してくれた。(IDEちゃん、ありがとう)
Nさんが昨日の電話で、ケースを探しても出てこなくて、昨年ケースが出て来たと思ったら連絡先のメモが見当たらない。で、探してんだけど出てこなくて、今日、両方が目の前にあるから電話しました!
思いがけずで、ありがとうございますと礼を言い、彼が俳句に凝ってること、会わなかった10数年の間に日本も訪れたことなどを話してくれました。で、もしかしたら明日、郊外に用事があるから帰りに寄ります、約束はできないけれど!で電話を終わりました。
c0180686_20353109.jpeg
良い天気で湖畔散歩の帰りにスーパーで豚バラの塊を包んでもらってたら(4.5キロ超の塊、買いました)着信あり。家の前に車でおいでだという、今年中には!なんて昨日の電話を終えましたが、今日懐かしの弓ケースが戻って来ました。
もう結構なお歳のはず、コラボしてた打楽器のSさんは数年前に他界なさいました。
バチの製作は今もなさってるそうです、SMACKで検索してもサイトは無い様ですが、きっと打楽器奏者の間では知られてますね?!もし必要なら連絡はできますからNさんに繋ぐことはできます。
Nさん、わざわざ届けてくださり、ありがとうございました。どうぞ、お元気で!
c0180686_20333774.jpeg












by Toruberlin | 2018-02-01 15:00 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

今年で25歳、MINI Cooper

c0180686_18192274.jpg
c0180686_18190739.jpg
愛しのRoverMINI Cooper 93年型、今年で25年一緒にいることになります。
とっても元気に走ってくれてます、オイルとか水とか空気圧くらいしかケアしてないのに(後は2年毎の車検時にいつもの工場で)。こちらは凍結防止に塩を撒く、古いアパートには地下ガレージがないからメルセデスもミニも塩水をモロに浴びるので錆がいちばんの問題なんです。修理のほとんどは、ボディです。でも遠くにガレージを借りるのもせっかく家の前に駐車できるんだから、ねー。
c0180686_18183876.jpg
今も、2-3箇所、次回にはやらねばならない気になってるところがあります。写真には写らない程度の小さい規模です。
c0180686_18185887.jpg
街を走ってると、特にミッテ区ではカメラを向けられること、しばしです。
土曜日はインタビューとセットの撮影でブランデンブルク門に行きましたが、置いておくと記念撮影大会となります。
c0180686_18185108.jpg
尋ねたらアルゼンチンからのお嬢さんたちでした。一人はすでにアンペルマンの自転車ヘルメットを(ドイツでは確か完売、東京にはまだありますよ!)愛用してくれてるそうです。ジャケットのポケットに用意してたI love Berlin アンペルマンステッカーをプレゼントしました。
c0180686_18182812.jpg
c0180686_18365069.jpg
場所を変えて、撮影は続きます。
c0180686_18181697.jpg
ベルリンの冬らしい空。季節がら仕方ない。

木曜日、今日は良い天気です!
転移を優先してブランチ前に散歩に出るか?
まずはBachで1日を始めます。
c0180686_18180693.jpg








by Toruberlin | 2018-02-01 09:17 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

カジュアルコンサート

c0180686_05190407.jpg
c0180686_05185805.jpg
月曜日はDSOが10年前に始めたカジュアルコンサートでした。
全席自由で20ユーロ(10ユーロ)前日の定期プログラムから1-2曲を演奏します。
カジュアルだからステージの上はリハーサルのような感じです。燕尾服を着ないでの演奏、しかし客席は満席という不思議な状態です。
僕は楽器をあまり寝かさないで高めに構えます。エンドピンをかなり出し、椅子も右足をまっすぐに伸ばして床に届く高さまで上げます。こうすると椅子なしと同じ姿勢で弾けるので好きなのですが、本番はエナメル靴、底はゴムが貼ってあり滑りません。
靴はその日の服装に合わせ+気分で選んで履くのですが、この夜はオールデンのコードバンでした。茶色い靴を本番で履くのもまた稀な経験です。これも何足かはゴム底を貼ってあるんですが革ソールのままのをこの夜は履いたら、滑る(笑)。座っていながらも右足で立つ(=グリップする)ものなんです。滑って落ち着かない。
右足もバス椅子の足置き(一番低くしてあります、いつも)に載せて弾くことで、対応しました。カジュアル、見た目だけじゃなくそんな違いもあります。
c0180686_05185016.jpg
c0180686_05182608.jpg
c0180686_05165328.jpg
いつもは休憩なしで1時間余り(今回も予定はそうでした)ですがメッツマッハーは話好き、なんと前夜よりも一曲少ない上に休憩なしで130分かかった長いコンサートでした。
c0180686_05181109.jpg


More
by Toruberlin | 2018-02-01 02:21 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)