ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

AM DB2/4
at 2019-01-15 04:46
なんで古いアルファは右ハンドル?
at 2019-01-14 01:13
日曜日の午後に思う
at 2019-01-13 17:43
休むことも大事、なのだけれど..
at 2019-01-12 23:26
薪ストーヴのもたらすもの
at 2019-01-11 23:11
夏のイタリア日記 Vol.10
at 2019-01-10 23:15
BERLIN の写真をMac..
at 2019-01-09 19:47
2006年の8月
at 2019-01-08 23:32
夏のイタリア日記 Vol.9
at 2019-01-07 20:01
故き佳き西ベルリンの名残
at 2019-01-07 15:04
夏のイタリア日記 Vol.8
at 2019-01-06 23:01
夏のイタリア日記 Vol.7
at 2019-01-05 23:59
新年会2019
at 2019-01-04 23:27
アール・デコのテーブル
at 2019-01-03 23:22
正月元日 御節と初陣
at 2019-01-02 06:57
新年あけましておめでとうござ..
at 2019-01-01 01:23
クリスマス後の昼ごはん
at 2018-12-31 11:23
カトリックのクリスマスミサ
at 2018-12-30 19:45
壊れた冷蔵庫の様な近頃のベルリン
at 2018-12-30 13:05
ゲンゼを食す(続)クリスマス晩餐
at 2018-12-29 16:16

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁

最新のコメント

コメントありがとう!書い..
by Toruberlin at 09:03
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 16:10
楽器が全てじゃなく大事な..
by Toruberlin at 00:44
楽器と深く関わると言うこ..
by 植木信勝 at 22:53
謹賀新年、今年も健康で楽..
by Toruberlin at 21:43
明けましておめでとうござ..
by 古橋貴正 at 09:19
yuさん、こんばんは。コ..
by Toruberlin at 02:41
徹さん、滞在中は色々とお..
by yu at 21:38
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 17:41
美食三昧の1週間でした(..
by 古橋貴正 at 23:08
午後に成田着、羽田に移動..
by Toruberlin at 17:33
今回は短いご滞在でしたが..
by Toruberlin at 17:29
ウエルカムビール、格別な..
by 古橋貴正 at 08:33
昨日遅くに津和野に帰って..
by 古橋貴正 at 08:30
そう思ったら、こんなに書..
by Toruberlin at 00:32
ただの棒ですよね。
by Riki at 21:53
古橋さん、ウエルカム!で..
by Toruberlin at 22:49
今回もお世話になります!..
by 古橋貴正 at 23:36
Sさん、はじめまして! ..
by Toruberlin at 03:01
> ルガーノさん 愛さ..
by Toruberlin at 14:21

検索

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2019年 01月 03日 ( 1 )

アール・デコのテーブル

c0180686_21263644.jpg
アール・デコ、20世紀初頭のスタイルでパリが有名ですがドイツも含めたヨーロッパ全土に影響は広がり、また名残があります。
1980年からWitt先生に弟子入りしコントラバスの教えを戴いたのですが、同時にヨーロッパの音楽とは切り離せない宗教、美術、歴史etc.の薫陶も受けました。いまの住処に引っ越したのが97年初め(もう22年か?!)でしたが、その時に思い切ってほぼ全ての家具を学生に渡したり処分して、新居は寝室はIKEAにもお世話になり2mの大クローゼット(100年前のもの)2つも寝室に置き、他の部屋の家具は新たに揃えました。もちろん現在持ってる半分くらいを一度に揃え、あとは順に手に入れましたが様式はヴィーダーマイヤーとアール・デコに統一しました。引越し時にはWitt先生に絨毯屋にお付き合い戴いて、音響の為にも大きい絨毯を5-6枚揃えました。カーテンは母が縫ってくれました。家具調度選びに先生の教えが大きく影響したのは間違いありませんが、統一後に西ベルリンの周りを隈なくドライヴするのが楽しみでしたが、その際に知り合ったマリオ、骨董屋に座っていて話が弾んだ彼は骨董家具修復職人で、彼との信頼関係から引っ越したらずらっと揃える!と結婚の機会に思い切りました。

ベルリンに来た1980年から97年までは今と同じ建物の中庭に面した地上階に住んでいました。60平米のアパート、壁崩壊前に隣のアパートが空いた機会に、オリジナルは一軒だったのを戦後2つに分けられたと管理人さんから聞いて義父Wに相談し(一昨年他界した義父は警察官、警部の3つ上の階級なので日本で言えば警視正の上、警視長か警視監にあたりますが父親も警官で反発した時期もあったらしく職人の修行を経て警官になりました)レンガで壁を造られていた部分を抜いて120平米のフラットにして住んでいました。キッチン2つにお風呂も2つ。その壁を抜いた面には並びにもう一面塞いだ後がありましたから玄関から2-3mの廊下の先に大広間があり、寝室が左奥に1つ+バスルーム、右奥には寝室と部屋が繋がった2間続きの部屋だったようで、オリジナルに戻していたらかなりお洒落なフラットだっただろうと思い返しています。
Witt先生の家具調度はバロックから初期のヴィーダーマイヤーでコレクションの絵画とも合っていて素敵でした。クリスマスにも書きましたが毎日アンティークマイセンを使いカトラリーも時代が合ったのが揃ってました。建物は比較的モダン、それがまたピッタリでした。
さて、学生ながらも自分なりに気に入ったモノを集め揃えていきました。タイプライター、カメラ、真空管ステレオや蓄音機などのアール・デコとも時代が重なる機械モノに嵌った時期で、今でも愛用してる古い教会のベンチとか戸棚やテーブルなども蚤の市や骨董屋で手に入れてました。
将来がどうなるか?は全く分からず、また不動産というのに興味はあまりなかったので、結果的には今も同じ建物の表側に住んでいます。いや、一軒家に興味がないわけではなかったですが、それより先に弓や楽器に目が向いて、だから車も新車を買ったことは一度もなく、持ち家もなく今に至ってます。
当時の管理人さんはとても良くしてくれて(車をケアしてくれてるKの母上です)彼女の故郷、ベルリン北部の村に壁があったころにヴィザを取って遊びに連れてってくれたこともありました、82-3年だったかな?
今もアパート争奪は大変な様ですが、昔はもっと大変だった。インターネットは無かったから日曜版新聞の住居欄がベスト、土曜の夜に買いに行って公衆電話で片っ端から!なんて話も聞きましたが、隣もそうですが当時に表側に移る?って尋ねてくれたこともありました。中庭に面した2軒分よりも、もっと高かったんだろうなー?80年代にはお断りしたんですが、いま住んでる表のフラットが82年だったか空いた時に、そこにあったテーブルを買わない?と当時の住人に言われて350マルク(175ユーロだけど、当時のレートで5万円くらいでした。今の感覚なら10万くらいか?)で大きなテーブルと椅子を6脚手に入れました。
しっかりした楕円のテーブルで中に2つの延長用板が入ってる優れもの、ドイツの古いテーブルでもよく見るシステムですがさすがドイツ、きちっと造られてます。
c0180686_21262666.jpg
これは最大の状態、8人なら余裕あり、詰めれば10人もいけます。
c0180686_21261842.jpg
c0180686_21260781.jpg


More
by Toruberlin | 2019-01-03 23:22 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)