人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56
日曜日、Perlebergか..
at 2019-12-17 17:35
贅沢な悩み
at 2019-12-16 23:20
東独デザイン、まだまだ残って..
at 2019-12-15 22:21
第3アドヴェントのコンサート..
at 2019-12-14 23:47
A. Rau 作の弓
at 2019-12-13 17:17
かなり久々になっております。
at 2019-12-12 14:18
有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59
10/11 金曜日、東麻布に..
at 2019-10-15 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2019年 05月 08日 ( 3 )

ベルリン、まだ寒いけれど、良い。

ベルリン、まだ寒いけれど、良い。_c0180686_00124486.jpg
ベルリン、まだ寒いけれど、良い。_c0180686_00152679.jpg
昨日はまずは前の湖畔に散歩と車で買い物。そして昼は前夜に仕込んだragoûtでした。
そう、18時過ぎに帰宅して、お茶の後、家内はご飯炊いて、、、と考えててくれたみたいですが「パスタ作ろうか?」と言ったら大賛成。挽肉も準備してあったので久しぶりに自宅キッチンでじっくりとragoûtを作りました。
ニンニク、ポロネギ、ペペロンチーニ、パンチェッタと1kgの挽肉。あとはオリーヴオイルと塩。
我ながらとっても美味しく出来ました。
ベルリン、まだ寒いけれど、良い。_c0180686_00150384.jpg
朝は良い天気で、空気が冷たくても陽光が輝けば寒くはない。
ベルリン、まだ寒いけれど、良い。_c0180686_00144564.jpg
梱包材を中庭のゴミ箱に捨てて、空を見上げる。東京とは別の空です。
ベルリン、まだ寒いけれど、良い。_c0180686_00143729.jpg


More
by Toruberlin | 2019-05-08 17:56 | 日常の出来事 | Comments(0)

お土産もすべて無事に着きました。

お土産もすべて無事に着きました。_c0180686_00190581.jpg
「ぼくのわたしの」横浜山手にある雑貨屋さんのお洒落まな板と菜箸。ヴァイオリンのR子ちゃん邸に伺った時に贈ってくれました。彼女らしい素敵な贈り物、ありがとう!
今回もコンサートで美味しいものを中心にたくさん頂戴しました。1つ1つ列挙はしませんが、ありがとうございます。考えてくださった様々な美味しいもの、ありがたいです。
静岡の和菓子詰め合わせはアパートで翌日に開け、お客様にもですが僕が結構食べました。チョコやクッキー、煎餅に酒などの長持ち系はほぼすべて持ち帰りました。日本酒もアパートではUNO君からの一升瓶魔王があったので、結局は一本も開けずでした。幸代ちゃんの父上からは雪の茅舎(いつも日本酒をくださいます)に加えてフランスの赤ワイン、これも持ち帰りました。
今回のLOTはmax.32kgトランクを3つ預けられるのが◎。行きは大きい方の手荷物は預け、帰りは大量の瓶類と味噌や米を運ぶのにトランクを1つ買いました。30,29,32kgを預け2つを機内持ち込み。我ながらよく運びます。
写真は載せませんが初陣、妃殿下から賜った黒糖焼酎、初陣以外の日本酒etc.と二桁の数のボトルに加えて、今回は美味しい味噌を頂戴し、醤油もたくさん!ありがたい。
お土産もすべて無事に着きました。_c0180686_00174923.jpg
相馬の日本一に連続輝いてる醤油、伊達の御大が用意しててくれました。きっと美味しい!
お土産もすべて無事に着きました。_c0180686_00174065.jpg
これは成澤邸に伺った時に見かけた白いボトルを「何ですか?」と尋ねたら、頂戴してしまいました。
お土産もすべて無事に着きました。_c0180686_00173237.jpg


More
by Toruberlin | 2019-05-08 17:36 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

クラクションは何のためにある?

クラクションは何のためにある?_c0180686_20505509.jpg
日本でまた痛ましい事故が起こりました、子供の列に突っ込んだ車。前方不注意?強引な右折?当てられた直進車が歩道に突っ込んだが50km/h以内で走ってたら、ブレーキ効かない?+ハンドルさばきで歩行者に突っ込むのは避けられなかった?と咄嗟の出来事だし「たられば」言っても仕方ないですが?は感じます。
ご老人が間違えて?の相次いでの歩行者被害。
オートマだからそういうことが起こる、老人はマニュアル限定にして、それができないなら運転させない、ってのはどうだろ?
いや、都会で高齢者が運転する必要はないが、多くの田舎では車は必需品で死活問題に繋がるから、でも、運転能力がないならすべきではなく、難しいですよね。
歩行者も青信号だから、とか安全な場所にいたら絶対安全?を疑いながら暮らさないとダメってことですね。
伊達の御大の家で点いてたテレビでアオリ運転があまりに多いからなのか?朝のワイドショーで特集してました。その映像は高速でウインカー無しの(もちろん)車線変更から急ブレーキ+物を後ろに投げつける行為。後日談で、ずっと追い越し車線を走ってた自分も悪かったのか?と後ろのドライバーが証言してますが、確かに悪い。追越車線は走行車線ではありません。でもね、あれだけの行為が録画されてるのに、危険運転で罰金刑?ありえないでしょう!危険行為で逮捕、免許剥奪が妥当じゃないですか?
車は走る凶器になり得るから、危険行為には厳しい姿勢が必要です。高速道路で車を、追い越し車線で停車させたアホも、そう言えばいましたね。

車の運転は免許があれば、それを許される。
けれど、
信号のない横断歩道では、車に優先権がないことを知らないんじゃないか?な人が少なくない。

歩道を走って良いとされていても、歩道は歩行者が優先と知らないかの様な自転車
車道で権利があるからと車を縫って疾走するアホな自転車野郎
東京で何度もあったけれど、裏道でも歩道でも、後ろから間を突っ走ってすり抜ける自転車。何も起こらないのが奇跡で、もし数センチずれて手に当たられたら、たまったもんじゃありません。
同じ様な運転者もいる。

大阪の天神橋商店街でこれは歩行者だけど、傘の真ん中持って腕を大きく振って走り出したオバハンの傘の柄が右手の甲に当たった時は、かなり痛かった。ま、怒鳴らなかったけれど、?は多々あります。

さて、今日のタイトル。クラクションは何のためにある?
ドイツ語でWarnhupe、日本語で警笛。そう、危ない時に使うんです、事故回避のために。
上の危険行為者じゃないが、ドケ!って使ってはならない。これ、日本じゃ違うの?
ドイツでは、危険回避以外に使ったら罰金刑です。結婚式パレード、大晦日だけが例外だけど、本当は違反行為。
千駄木のホテルのテラス(地上階)でMacBook前にビール飲みながら、お向かいの児童遊園の子供の嬉しそうな声が聞こえ、道は、まだ昼前だからパラパラの人。ご老人も多い界隈です。
クラクションがその雰囲気を突如壊しました。すぐに左を見れば若造の運転で、親らしい家族も乗ってる車がテラスに座ってる僕の真横にいて、前を歩いてるご老人に「どけ!」と鳴らしたらしい。そのまま気づいてくれるまで待てないのか?!せいぜい10mで、その細い道は終わります。あまりの音に「うるさい、鳴らすなよ!」と注意したら、窓は開いてたんですが3人ともものすごく変な顔をこちらに向けました。チンピラとかヤクザ風にじゃなく、困った感じ。即座にわかったのは、裏道で家が密集していて、前に人が歩いてるのをクラクションでどかすのは正当な行為と信じてる、たぶん彼らは常識的な世間一般の家族、と自分達を思ってることでした。
これが、怖い。
うちのじいちゃんは、歳とってるがボケてないから車はまだ(!)大丈夫。
こんな良い車なんだから、俺様を抜かす車なんかあって良いわけがない。抜かされたら舐められたことになるetc.
勘違いほど怖いものはない。

被害者になれば、人生を終えるか、または先の人生に困難を背負うことになる。
加害者になれば、一生後悔することになるかもしれない。
オートマなのにPじゃなくNにしてハンドブレーキをかけない、なんて普通なら有り得ないミスが身近にありましたが、全ては勘違いと不注意から起こります。防げるのは運転者本人だけであることが多い。

気を配って、気をつけて、いろいろ考えて生きれば安全度は増すし楽しくもなると思っています。
気をつけましょう、みなさん!
クラクションは何のためにある?_c0180686_20510455.jpg













by Toruberlin | 2019-05-08 16:03 | 非日常の出来事 | Comments(2)