ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日、誕生日晩餐
at 2018-07-15 18:13
誕生日の夜はStaatsop..
at 2018-07-14 23:51
7月13日、58歳になりました。
at 2018-07-13 13:13
(続)ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 10:21
ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 09:39
手軽だから、安易ではいけない。
at 2018-07-11 10:22
Salvatore Scia..
at 2018-07-10 19:43
Hohenlohe 音楽祭
at 2018-07-09 23:46
立派な桐の箱
at 2018-07-08 23:35
7/6 義父の誕生日
at 2018-07-07 23:45
続ちょい呑み。
at 2018-07-06 23:57
ちょい呑み、おやつ代わり。
at 2018-07-05 23:38
この秋のAMPELMANN室..
at 2018-07-04 09:02
WM vs.ベルギー
at 2018-07-03 20:20
ラグーの仕込み
at 2018-07-02 17:52
プレミエ前にシャリーノオペラ..
at 2018-07-01 09:49
カラヤン指揮でバイエルン国立..
at 2018-06-30 17:05
土曜日、10時からですin文京区
at 2018-06-29 23:16
Ensemble L'est..
at 2018-06-28 23:05
シュターツカペレ
at 2018-06-27 23:44

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56
ありがとうございます!L..
by Toruberlin at 23:25
yuさん、コメントありが..
by Toruberlin at 17:18
お、コメントありがとう!..
by Toruberlin at 21:00
激しく同感だったわ(#^..
by 材木屋茶人 at 02:16
みさちゃん、塩焼きそばも..
by Toruberlin at 16:47
丸い幸せの丸幸、最高です..
by みさ at 10:29
S野ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:42
TORU さん 素..
by S野 at 09:45
R子ちゃん、早速コメント..
by Toruberlin at 22:24
徹さん、あの時はお忙しい..
by r子 at 17:28
S野ちゃん、それは災難。..
by Toruberlin at 16:14
ricaちゃん、ありがと..
by Toruberlin at 16:06
おはようございます。木曜..
by Toruberlin at 16:01
TORUさん 帰国..
by S野 at 10:22

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

土曜日、誕生日晩餐

c0180686_23302648.jpg
c0180686_23300572.jpg
c0180686_23301446.jpg
誕生日の夜はオペラで本番だったので、翌日に拙宅晩餐としました。天気もやっとまた夏らしいから16時からのサッカー3位決定戦を観がてらビール?とベルギーに日本が惜しくも負けてしまった試合を一緒に応援した九州男児の二人と表プレンツに向かいました。
ブランデンブルク門前のファンマイレ、または森の中の湖畔スクリーンも良いのですが、前回の元ビール工場も良い。
c0180686_23295571.jpg
土曜日だから、まずは楽器と過ごしました。イタリアンオールドで響も色も豊富で良くて、しかもクリアな5弦ってのは稀です。このトリノ生まれのDespine、奥の4弦がどちらもソロ弦なので室内楽の練習はもっぱらこの5弦で弾いてます。
c0180686_23294348.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-15 18:13 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

誕生日の夜はStaatsoperで公演でした。

c0180686_18552135.jpg
c0180686_18545518.jpg
楽器はオペラに置いてあるので電車通勤、30分ちょっとです。1時間前には着いてるようにしてます。
Friedrich通り駅から歩いても10分ちょっとですが、地下鉄で一駅乗ることが多いです。待っても2-3分で次が来ます。
そう言えば前回の日記に壁があった時代に1日ヴィザでオペラを観に来てマイスタージンガーは23時を回っての終演で24時に検問所を通ってなければならないシンデレラ状態だったから、一番近いチャーリーに暗い道を歩いて向かった(ネオンや発光する看板はなかったから暗い街灯のみでした、街の灯りは)のを思い出しました。で、Firedrich通り駅の検問所のが近いくらいだったのになんでオペラの後はチャーリーだったんだろう?と自問しました。24時までに国境を超えて西に戻るのがマスト。検問所を超えるから地下鉄U6のFriedrich通り駅に入れば、そこは東ベルリンだけれどすでに「西ベルリン」だったのですが、もう終電か、または終電間際だったのか?と一駅先がチャーリーで、そこで乗り換えなければならなかった+車をチャーリーの傍に置いていたからなんだろうなー?とオペラ座に歩きながら気づきました。
c0180686_18550415.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-14 23:51 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

7月13日、58歳になりました。

c0180686_21445981.jpg
メールを最初にくれたのはノブ君、FBでは名古屋のY介ちゃんetc.メッセージやLINEなどなどで、ありがとうございます。
ベルリンに暮らして38年、今日で58歳になりました。
音楽家として活動しておりますが、オーケストラもオペラも宗教音楽も素晴らしい!どれも好きですが、特にここ数年の関心は室内楽に集中しています。お誘いいただいて一緒に弾くのも嬉しいですが、素敵な仲間を集めて自分で企画する室内楽、KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio、バッロク音楽のL'estroArmonicoBerlin、そしてAMPELMANN室内楽を活動のメインにしています。
この秋は初めての道東は鶴居村で9/29、東京では文京シビックホールの小ホールで10/3と10/4の連夜、19時開演で行います。
まだFBイベントやSNSでご案内を始めてません。リーフレットデータも鶴居村は完成、東京版はほぼ完成で今日は誕生日のご挨拶に載せましたが、まだ細部の変更と補足を経て、来週には印刷に入る予定です。データが完成しましたらブログや各SNSに表裏両面を載せますので、シェアなどでどうぞ情報を広めてください。コンサートはみなさんに聴きにきていただかないと成立しません。どうぞよろしくお願いいたします!
アンペルマンコンサートに来てくださったことがある方はきっと東京では延べ1000人くらいか?と考えますが、今回は370席あるホールで連夜ですから700超、皆さんに「誰かと」おいでいただきたいです。
前売券(事務局へのメールでの予約券)は5000円、この一枚で2名さままでご入場いただける形にしました。まず手に入れて誰かご一緒の方を後で探すもよし、最初からご夫婦、カップル、ご友人でご利用ください。
シビックホール(文京シビックセンター2階)のシビックチケット(10時から19時)で8/6から前売券(各公演)100枚を発売します。
メールでのご予約で当日お支払い(各公演50枚)は事務局 ampelmannkammermusik@gmail.com へ今すぐメールで!
どうぞ、お誘い合わせてお出かけください!
c0180686_21451886.jpg
c0180686_21444289.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-13 13:13 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(4)

(続)ベルリン生まれのH、帰省。

c0180686_23430956.jpg
Bernauer通りから表プレンツへ移動しました。そうなったら行くところはいつものCafe Lieblingです。
c0180686_23424081.jpg
c0180686_23422511.jpg
僕の好きなバイロイトのビールで乾杯!
この前に仕事だったので(パワーランチ)昼は別ね!とメッセージしたのだけど見てなかったらしく、何と二人は昼ごはんまだだった!カフェだからしっかりご飯はないが、ホットサンドを作ってもらいました。
c0180686_23420622.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-12 10:21 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(2)

ベルリン生まれのH、帰省。

c0180686_23473577.jpg
c0180686_17363087.jpg
c0180686_23472497.jpg
ひと月前になります。ベルリンで歌を勉強したOKBさんの長女Hちゃんが遊びに来ました。一昨日誕生日だった長男のRくんは商社マン時代から散々考えて、昨年から南ドイツで生活しています。兄と妹、二人ともベルリン生まれ。Rは中学に上がる前、Hちゃんは10歳くらいまで居ました。
Rは商社マンだったしデュッセルドルフ勤務もあったので何度か来てましたがHちゃんは20年振りのベルリンでした。
昼過ぎにピックアップして晩御飯前まで、リクエストはアンペルマンとドライヴ(観光)。一緒に来たのはボーイフレンドのMくん、彼は初来伯でした。
c0180686_23471283.jpg
となれば、まずは壁を見せて、カフェでビールからアンペルマン!としました。
c0180686_23470056.jpg
生まれたときには壁がまだあって、2歳くらいで開いたはずです。そして20年振りだから、二人に壁の説明を短時間でまとめて話しながら散歩しました。
c0180686_23464488.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-12 09:39 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

手軽だから、安易ではいけない。

c0180686_18453359.jpg
災害時、自分に出来ることを何かしよう!とヒステリックになる人が多い。
善意からでも❌なこと、知らないとダメです。

例えばこの活動、タオルを送って!がたくさんシェアされました。

元は以下の活動(業者)
災害支援リサイクルとは、ご家庭に眠っている不用品を、全国の提携リサイクル業者への販売やネット販売等で現金化し、その収益金の一部を震災・災害で苦しんでいる地域の皆様へ還元していくプロジェクトです。 引越しや遺品整理で不要になった物、使用していない洋服や贈答品、ゲームソフトやDVD、骨董や陶器類まで、一部の例外を除き、どんなものでもお引き受け致します。

賛同して不要品販売してもらうなら、良い。自由です。でもこれ、いま被災して救援物資の流通が 優先の時に、拡散することかなー?
度合いは公開されてませんが、一部を寄付、です。運営経費を引いて全額寄付ならそう書かないんじゃないかな?
今までの寄付、と額も出てましたが期間が書いてない。まさかこの数日ではあり得ない。
眠ってる不用品を役立てる、悪い活動とは思いませんが、、、。
しかも郵便局止め指定。流通が大変な時に営業?と、感じてしまいます。
延命の為の救援物資も自治体などが「待って!」と言ってるなら、二の次な要請に思えませんか、タオル?
どうせ不要品だからと寄付するのは良いが、募集してるところに利が出るなら商売。無料買い付けで送料も寄付者負担での商売の勧誘を助けていることになります、シェアすると。非常時に「自分ができることしなきゃ!」を利用してるとも思えます。
平時に賛同して寄付するなら各人の自由ですが被災直後です、今は。




デマの拡散、何が面白いんだろ?と思いますが、虚構新聞やフェイクニュースなんてのを喜ぶ人は意外に多くて驚きます。確認無しのシェアはデマ拡散に加担してるかもしれない。

探してます!をシェアして拡散も、人の場合や犬猫の場合がありますが、無条件にシェアしてる人がいます。暴力団やDV被害から逃れてるかもしれない。人探し手段になり得ますから気をつけないといけない。
だから、他人の投稿をシェアするときは、無条件じゃなく調べる必要がある。
面倒?緊急時にそんな余裕ない!
って人はSNSは使わない方が良い。その自己満足的善意が邪魔したり、人を傷つけるかもしれないから。

助けて!も確かに本当のSOSもあるでしょう。それこそFBやツイッターの強み。
だから、デマまで拡散したら混乱する。
これ本物?と思ったらシェアして拡散じゃなく通報です。確実に助ける道を取るべき、とりあえずシェアじゃなくて。
だから緊急時や人命に関わることのシェアは、しない方が良いことが多い。
平時でも、する前に調べないとダメです。
ストーカーやDVなどから逃れてる人を探す手助けをしてしまうことになるかもしれません。

ヒステリックに騒いで何か為になることをしたつもりになっても、それは自己満足です。
平時もですが緊急時にこそ、落ち着かなければダメなのに、なかなかできない人が多い。
肝に命じてください。




追記
緊急時に解放されるありがたいfive ZERO Japan

また、現在、岡山県・広島県・愛媛県内の全域を対象に、災害時無料Wi-Fi「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」が無料開放されているが、こちらも利用に注意が必要だ。

「00000JAPAN」は携帯電話・スマートフォンやタブレット、パソコンなどのWi-Fi設定をONにし、ネットワーク選択場面で「00000JAPAN」のSSIDを選択するだけで使える一方、緊急時の利便性を優先としているため、通信が暗号化されていないという。
また、「00000JAPAN」という名称は固有のものではなく、単なる名前という扱いのため、誰でも同名のアクセスポイントを公開することができる。
そのため、盗聴や、同名だが正規の「00000JAPAN」ではない"偽のアクセスポイント"に接続してしまい、情報を奪取される危険性があると、内閣府が注意をよびかけている。

↑だったら、暗号化する安全なWifi提供を実現してください!

とは言っても、今すぐは無理。

内閣サイバーセキュリティセンターは公式Twitterアカウントで「00000JAPAN」を利用した通信について、
・緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用する
・IDやパスワード・個人情報の入力が必要なサービスは極力利用しない
・お金が関係するサービスは極力利用しない
ことを呼びかけている。

「00000JAPAN」を利用できる公衆Wi-Fiや、充電設備を設置している避難所等の情報は、各キャリアのHPにて公表されている。
正規「00000JAPAN」の利用エリア内で偽の同名アクセスポイントが作られてしまうと、正規のものと見分けるのは難しくなってしまうため、使おうとしている「00000JAPAN」が正規エリアで発信されているものであることを確認することと併せて、以上3点を守って利用してほしい。

そうです。

こちらもどうぞ!































# by Toruberlin | 2018-07-11 10:22 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

Salvatore Sciarrino TI VEDO

c0180686_02483439.jpg
Berliner Staatsoper (ベルリン国立歌劇場)ウンター・デン・リンデンにあるオペラハウスで現在上演してるシャリーノのオペラ TI VEDO TI SENTO MI PERDO に出演しています。壁があった時代はテオ・アダムのハンス・ザックス目当てに1日ヴィザで東ベルリンにチャーリー検問所から徒歩で入り(24時に西に戻らないとならないから、ここがオペラから一番近かった)マイスタージンガーを聴いたオペラハウスに月曜日、初出演しました。オペラは大好きですから、感慨深いです。
そう言えば何故チャーリーだったんだろう?フリードリヒ通りまで出て、右(北)に進めばフリードリヒ通り駅、左に行けばチャーリーでしたが、距離的には右のほうが近いくらいだったか?駅の北側の、今も当時の様子を知らせるために保存してある別名「涙の宮殿」で検問を抜け地下鉄に乗る手があったけれど、何か理由があったのかな?
c0180686_02481476.jpg
この作品の無料パンフレット、色彩を大事に=音の色にこだわってます。その色は、僕がよくブログに書いてる色とは違う、作曲家によって指定され、誰が弾いても(まあ少し乱暴な表現だけど方向的にはそう)オケ全体の響きは作曲家の意図の様に出る様書かれてる。ここ、良し悪しじゃなく、今の音楽の特徴と思います。だって(正しい、を論じ始めると大変だが)バッハからロマン派まで、いやシェーンベルクでさえも、奏者の腕で色が全く変わる。
シャリーノを始め、現代曲は、その領域までも指定されてます。もちろん、単純な四分音符、ピチカートのクオリティの差は、当然出ます。首席のMが(昨日は隣で弾きましたが)Toruが戻って来てくれてよかった!何を弾いてるか聴こえないのは困る!と二人きりの時にこぼしてました。現代曲の世界は、まだまだ「え?」という奏者に仕事が多いこと、確かにあります。
Mは「僕には(あまりに現代ばかりやってるからか)クラシックのオファーは来ない」と断言してましたが、初演を始め超現代ではヨーロッパ中で引っ張りだこの様です。彼は僕と同世代、なんと80年に生まれ故郷から移動したのも同じ。僕は東京から西ベルリンへ、彼は東ベルリンからリヨンへ。ドイツは西でも嫌だったそうです。フランスの後はケルン、そして20年前からベルリン。奥様はイタリア人。ベルリンに戻ったのは旧東?と問えば西(南)だそうで、でもそれにはあんまりこだわりはなかった様子でした。
c0180686_02480562.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-10 19:43 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Hohenlohe 音楽祭

c0180686_01160149.jpg
ホーエンローヘ音楽祭に参加しました。Weikersheimの中央広場に面した大教会で土曜日の1830開演でした。
ベルリンをY子ちゃんの車で7時半に出発、電気自動車なので二回充電がてら休憩して14時過ぎに到着しました。他のメンバーは9人乗りのMBで来ましたが僕らよりも少し早く到着はしてましたが休憩はほとんどなし、ランチを教会横のイタリアンで摂ってました。なので譜面台準備したりして設営、30分くらいは教会でリハ前に弾けました。これは◎でした。
僕らは充電中に塩じゃけ焼いて家内が握ったおにぎりと焙じ茶、お弁当は大正解でした。
c0180686_01154071.jpg
テスラを入り口前に横付け。結局、本番後までこのままでしたが問題なかった。おおらか、です。
c0180686_01155073.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-09 23:46 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

立派な桐の箱

c0180686_00370591.jpg
春の帰国で友人のFちゃんが「徹さん、いつも頂き物してますから」と笑顔でくださった包みはずっしり重かった。ベルリンで包みを開ければ桐の箱。
c0180686_00365210.jpg
上の写真のように菊の御門の入った重い蓋。「朱肉です」あ、でもドイツでは印鑑使いませんか?とFちゃん。
頂戴して来て包んであった布を外したら、この姿。桐箱の蓋を閉めてデスクに置きました。こちらで印鑑は婚姻届(日本大使館に提出)に押したくらいか?実印も認印ももってはいます。
c0180686_00363346.jpg
この美しい朱肉、でも使いました。この秋のコンサートに文京区後援を申請するのに、申請書に必要でした。プリントアウトして押印、そしてスキャンして提出しました。押印に気が引き締まります。
デスクを整理整頓して、モンブランのペンをずらっと並べたペン皿のお隣に飾るようにしよう。
またいつ、押印する機会があるかは判らないけれど。
c0180686_00364107.jpg












# by Toruberlin | 2018-07-08 23:35 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

7/6 義父の誕生日

c0180686_23462578.jpg
命日は独り思う日。実の父、祖父母、恩師、早逝した後輩たち、同期生。ブログは私的なものでも、人との別れや命日に何か書くことは滅多にありません。
すでに鬼籍に入っていても誕生日を祝うのは好きです。著名な作曲家の周年も没後記念よりも生誕祭の方がしっくり来ます。
さて7/6は昨年他界した義父Wの誕生日、命日や水葬日は企画はしたけれど(一周忌でしたから)ドイツにはそういう習慣はないのと招いた方の予定が合わず、7/6も思い出の店で!と早くから声をかけていたみたいですが皆さんお忙しい。
なので母には拙宅に来てもらい、郊外の湖畔レストラン?とも思ってましたが車は二台とも工場入りしてるので、まずは前の湖畔の店に電話しました。人気店です。「もう今夜はこれ以上予約はお受けできません」のあとに独り言のように「お客様が外に座るか?この雲行きだから中に座るか判らないから」ということは席的には余裕あるけど予約は満杯ってこと。「じゃあ、後で寄ってみます、多分大丈夫ですね?」と言えば「どうぞ、お待ちしてます、多分ですが、、、」
c0180686_23461595.jpg
拙宅で結局は1時間以上お茶飲んで、歩いて行ってみました。Engelbecken。
この晴天だからみなさん想像通り外の席に座ってる。中に入りオーナーにさっき電話したこと告げると、相席のテーブルと、サッカー観戦付きで良ければ奥へどうぞ!サッカー、ベルギー対ブラジル、結局は食べながら時々観られる良い席で良かった!然も流石、みなさんが食べ終わるまでは音は消してました。
c0180686_23455484.jpg
ここは高級ドイツ料理の部類に入ります、ラフじゃないけどカジュアルシック。量も控えめだし美味しい!サービスは抜群で◎です。まずは乾杯!
c0180686_23460466.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-07 23:45 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

続ちょい呑み。

c0180686_20583036.jpg
ちょい呑みはたいてい白ワイン、夏ですから。少し涼しければ赤ワインがやはり美味しい!今は豊富な(鹿児島天文館グルメ通りのイタリアンIl Cipressoのオーナー夫妻、Kagodonのおかげで)焼酎が最近はメインか?
ふとキッチンで梅酒小瓶と目が合いました。これは鎌倉由来の酒の詰め合わせを湘南の友人がコンサートの時に贈ってくれたんですが、日本酒は麻布で飲んだけれど、これだけ持ち帰りました。で、これをロックで。
呑みに行くと梅酒ロックを注文する女友達は多い、それも判る!特にこの梅酒は濃くて美味しかったけれどロックが美味しい、堪能しました。
c0180686_20573850.jpg
西郷どん!観ながら梅酒、昔のベルリンではまずできなかった贅沢です。
c0180686_20571330.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-06 23:57 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

ちょい呑み、おやつ代わり。

c0180686_23385952.jpg
c0180686_20394582.jpg
VinoNobile di Montepulciano、僕が初めてイタリアで訪れた街、トスカーナのモンテプルチアーノのワイン。いろんな銘柄がありますが価格も15-40くらい、20以下で美味しいのが手に入る代表格です。
下は一人呑みではなく大好物@ブランチ。やはりモンテプルチアーノ音楽祭の楽員食堂で初めて本物を食し感動し「アンコーラ!」と騒ぎ、俺のジェノヴェーゼが美味しいからお代わりって騒いでる日本人はどいつだ?!と厨房から見に来た(笑)。週に一回の予定もなかっただろうに2-3回作ってくれました。3週間のゆったりした音楽祭、マーラーの2番をロンドンフィルやバーゼルシンフォニエッタetc.にベルリンからの弦で大教会で演奏し(裕福な街で大教会が街の外にあります)美しいオペラハウスでプッチーニのオペラを、そして音楽祭の父H.W.Henze作曲の「星の王子さま」もそのテアトロで演奏しました。このワインとジェノヴェーゼ、1982年の夏にタイムスリップさせてくれます。
c0180686_20393594.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-07-05 23:38 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

この秋のAMPELMANN室内楽 in Japan!

c0180686_00054984.jpg
今朝のベルリンも雲ひとつない朝、昼間は暑くなりそうです。
燦々と照らして4時間は経ってる9時現在も
窓から入ってくる風は冷たいくらいで、夏のベルリンは快適です。

この秋のアンペルマン室内楽はピアノ五重奏と弦楽トリオです。
まずはメインコンサートをご案内します。
9/29 (土曜日)1400 鶴居村総合センターホール
10/3 (水曜日)1900 文京シビック小ホール
10/4 (木曜日)1900 文京シビック小ホール

鶴居村は釧路の北、たんちょう釧路空港から車で30分くらいです。実行委員長の押味和夫先生は伊達のご出身で、伊達の御大こと写真家の青柳陽一先生にご紹介いただきました。東京から新幹線で福島、そこから阿武隈急行に乗り換えて伊達保原に行くのと、時間的には羽田から鶴居村は同じくらいです。
ウイルダネスロッジヒッコリーウインドに宿泊してリハーサル、土曜にコンサート、日曜日は釧路湿原の大自然を堪能する予定です。
シビックホールでの開催は「鴎外の縁、、、」から共催をいただきました。
ここ数年はサロンコンサート形式で120-150人のお客様に聴いていただきました。今回は東京公演2回で740席あります。
平日の19時からですが、お誘い合わせてご来場くだされば幸甚です。
シビック小ホールでは前売り券として5000円券を用意しました。一枚で2名様までご入場いただけます。詳しくはポスターデータができましたらご案内いたします。

プログラム
G.ロッシーニ    弦楽ソナタ2番
R.グリエール    ヴィオラとKBのための5つの小品
G.ロッシーニ    デュエット
    -----------------------------------------------------
F.シューベルト    ピアノ五重奏曲「鱒」
高橋幸代       Berlin1920’s



今回のメンバーは
c0180686_00213380.jpg
ピアノ 高橋 礼子
c0180686_00211921.jpg
ヴァイオリン 星野・ナイダム 羊子
写真、昨日僕が撮りましたが、どちらにするか迷ってます。
c0180686_00210960.jpg
ヴィオラは、一緒の訪日がやっと実現するカタリーナ・ラオフォ
c0180686_00035098.jpg
チェロはベルリンの若手 ティル・ミュンクラー
c0180686_00032618.jpg
写真が新しく来ました。プロカメラマンの友人の作、なかなか良い!
c0180686_20355261.jpg
ですが、
c0180686_20353403.jpg
僕が撮ったこっちの方が彼らしい?または↓。
c0180686_20354301.jpg
コントラバスは私です。
c0180686_00030216.jpg
写真、たくさんある中から何枚か(まあ、大した差はないんですが)選んでます。
c0180686_00031242.jpg
今回は室内楽の代表的名曲、シューベルトのピアノ五重奏「鱒」
アンペルマン室内楽の為に作曲してもらった高橋幸代のBerlin1920's(鶴居村でピアノ五重奏版の初演です)
前半はロッシーニの弦楽ソナタ2番、ヴァイオリン2本じゃなく、4本の違う弦楽器での演奏です。
チェロとのロッシーニはミシャやグスティともアンペルマン室内楽ですでに演奏してますが、今回はティル君と。楽器は千葉のTさん所有のイタリアンオールドを今回もお借りします。ミシャ、グスティが絶賛した楽器、ティルはテストーレを試奏したときに居合わせオールドイタリアン楽器の音をちゃんと出せるので今回の参加をお願いしました。楽しみです!
僕にとって新曲はヴィオラのカタリーナとのデュエットです。R.グリエールのオリジナルはヴァイオリンとチェロのデュエットの編曲版、素晴らしい曲でとっても楽しみです!
もちろん後半の鱒、Berlin1920'sも!
皆で音を出すのはベルリンで9月の予定ですが夏休みに準備は万端で臨みます。カタリーナとの打ち合わせも兼ねて(笑)リグーリア海のクリスチャンとカタリーナの別荘を夏に訪れるのも楽しみです

サロンコンサートの良さ、これも大事にしていきます。
でも楽器には広いホールでこそ可能な「鳴り」があります。この秋は是非、それを聴きに来てください!

サロンコンサートは鶴居村で(予定)、また10/6の11時と17時に(ランチ・ディナーとセットで)伊達のイタリアン・トラットリアLaWasabiでヴィオラ、チェロ、コントラバスの弦楽トリオで行う予定です。
こちらも上記のデュエット2曲に加えてトリオ3曲、60分くらいの楽しいサロンコンサートになります。
10/5がまだ空いています。もしサロンコンサート(個人邸でも)のご用命がありましたら非公開コメントでどうぞ!

ベルリンに1980年に留学してオーケストラを中心に勉強し、様々なオーケストラ、室内楽etc.の場で演奏してきましたが、音楽を共有したい仲間との室内楽公演が様々な楽しいステージの中でも活動のメインと考えています。
これからも続けてまいります、どうぞよろしくお願いいたします!
c0180686_00033673.jpg



















# by Toruberlin | 2018-07-04 09:02 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(4)