ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アンペルマンブック日本版、ま..
at 2018-04-02 23:55
春のアンペルマンコンサートは..
at 2018-04-01 10:18
麻布十番手前の昔ながらの豆腐..
at 2018-03-31 23:55
芝公園の夜桜
at 2018-03-30 23:48
28日夜、いつもの麻布に入り..
at 2018-03-29 23:50
可愛い子猫
at 2018-03-28 03:04
伊達保原で準備OK!
at 2018-03-27 23:41
東京で土屋さんと一献!
at 2018-03-26 23:55
東京の櫻
at 2018-03-25 08:11
釧路から鶴居村へ
at 2018-03-24 08:23
勝鬨橋と築地場外
at 2018-03-23 15:44
土曜日はオフ。
at 2018-03-23 14:42
さんさき坂カフェ
at 2018-03-22 23:55
初めての上大岡、そしてホテル..
at 2018-03-21 23:55
根津「鷹匠」で朝蕎麦
at 2018-03-20 23:55
(続)神楽坂の夜
at 2018-03-19 23:55
神楽坂「鳥栄」さん
at 2018-03-18 23:55
鴎外記念館と肥後細川庭園
at 2018-03-17 23:50
まずは文京区千駄木に4拍しま..
at 2018-03-16 23:55
文京区本郷のそば切「森の」
at 2018-03-15 22:45

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

Kazukoさん、ありが..
by Toruberlin at 18:40
こんにちは。お疲れのこと..
by Kazuko at 11:38
中野信也さま、ありがとう..
by Toruberlin at 02:39
4月6日のコンサート遅い..
by 中野信也 at 00:29
Hさま、ありがとうござい..
by Toruberlin at 09:58
U木さま、奥様と! あ..
by Toruberlin at 09:49
16時に1枚、承知しまし..
by Toruberlin at 13:24
K子ちゃん、ありがとう!..
by Toruberlin at 23:27
あいきちゃん、ありがとう..
by Toruberlin at 09:26
ひとみちゃん、ありがとう..
by Toruberlin at 09:24
とーるさん 私と親松の..
by みつぎひとみ at 23:35
Hさん、ありがとうござい..
by Toruberlin at 18:55
Tちゃん、ありがとう! ..
by Toruberlin at 18:54
T川さま、ご無沙汰してお..
by Toruberlin at 02:32
小林さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:05
4月6日16時開演に、2..
by 小林豊 at 16:44
それは嬉しい!ありがとう..
by Toruberlin at 11:29
おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23

検索

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

アンペルマンブック日本版、まだ手に入ります!

c0180686_08061823.jpg
AMPELMANNブック日本版、アマゾンでも在庫なしの状態でせっかく探してくださったのにがっかりさせてしまってること、ありました。
3/31に白金高輪ショップとWebショップをはじめ今までの日本でのアンペルマン販売は終了しました。
もちろん、日本での活動が終わったわけではなく、近々に新しい形をご覧いただきますが国内でのアンペルマングッズ公式販売は津和野地酒初陣の古橋酒造のみと現在はなっています。

ベルリンWebショップもご利用ください!
手に取ることはできませんが既にご存知のアンペルマン製品、送料も量によりますが三千円くらいでご利用いただけます。


アンペルマンは1961年生まれ、そうベルリンの壁構築と同じ年に生まれました。今年で57歳です。
来年は壁崩壊30周年、ベルリンの歴史を知るのに最適な一つが拙書「アンペルマン」です。出版元の郁文堂HPから送料無料でお買い求めいただけるようになりました。
郁文堂の担当編集者Kさんのアイデアで実現しました!
「弊社の洋書販売のカートシステムを使っているので、どうしても200円、送料が決済上加算されてしまいます。洋書部では一律で200円の送料を取っていて、このシステムに載せる以上、アンペルマンだけ200円を取らないように変更することができません。そこで、税込価格を2824円にして、200円がプラスされて、決済上は3024円(税込みの正規価格)で注文が確定されるようにしました。実質は送料無料、という扱いになります。」
Kさんありがとうございます。
アマゾンでは在庫なしの表示が出たり、また在庫がある書店も多くありません。(現在確認済みの大きな書店は池袋のジュンク堂さんのみです)どうぞ、ご利用ください。
またドイツ関係グッズショップや、興味をお持ちになった(特に文京区内の)本屋さんの担当者様、郁文堂に是非ご注文ください!




昨日の朝日新聞朝刊に掲載されました記事です。
新聞紙面をそのまま載せるのはグレーゾーンとは思いますが、ここにひっそりと載せます。
c0180686_08054361.jpg
c0180686_08054967.jpg
アンペルマンブックは今週の金曜日
4/6の16時と19時開演のアンペルマンピアノカルテットコンサートでも販売する予定です!

c0180686_08292462.jpg

c0180686_08292035.jpg






# by Toruberlin | 2018-04-02 23:55 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

春のアンペルマンコンサートは4/6です!

c0180686_09112233.jpg

おはようございます!
ヴァイオリンのA嬢はすでに帰国、ステファノも週明けには飛行機に乗ります。
水曜日から東京でのリハーサルを始めますAMPELMANN室内楽、プログラムが印刷所から届きました。
コンサート当日に受付でお渡ししますが「クラシックのコンサートって、どこで拍手したらいいかわかんないんだよね。それでまず緊張する」と富士見小からの幼馴染八百屋の大将Sちゃんは言います。
拍手、簡単に言えばみなさんと一緒にしたらいいんです。
もちろん、ものすごく感じ入って、自然にしたくなったら!でもOKです。
でも、作品には起承転結みたいな、物語と同じに楽章があります。これが3だったり4だったり、5や6のもありますから確かに少しややっこしいです。
印刷では文字を大きめにしたかったのでどの曲に何楽章あるかは記載しませんでした。ここに記します。
でもね、僕らが「終わった、楽しかった!」的な表情とともに皆さんの方を向いたら、その曲は終わりです。
だから拍手のタイミングに緊張せずに、金曜日の夕方か夜に是非お出かけください!
楽章表記は横文字ですがハイフン(ー)を間に入れてます。ハイフンが2つだったら3楽章ある作品です。


プログラム
Antonio.Vivaldi Sonata a tre Nr.1
Fassung für zwei Violinen und Kontrabaß von Toru Takahashi
ヴィヴァルディのOpus1、ヴァイオリン(Vn) 2声と通奏低音のためのトリオソナタ、チェロとチェンバロの通奏低音をKBで弾きます。ステファノはフリウリ県出身、そうヴィヴァルディのヴェニスにも近いです。
PRELUDIO Grave - ALLEMANDA Allegro - Adagio - CAPRICCIO Allegro -GAVOTTA Allegro(5楽章です)

Joseph.Haydn Divertimento D-Dur
オリジナルは管楽トリオですが、この編成のためにC,D,G-durと3曲あります。
Moderato - MENUETTO e Trio Allegretto - FINALE Presto

W.A.Mozart Klavierkonzert Nr.2
ヨハン・クリスチャン・バッハ作曲のピアノソナタをMozartがVn2+KBに伴奏を編曲したピアノ協奏曲です。この編成も数曲あり、今回は2番を選びました。他人の作品なのになんでMozartそのものになるのか?不思議です。
Allegro - Allegretto

W.A.Mozart Divertimento Nr.2 B-dur KV 229
オリジナルは管楽トリオです。Vn2とVc.の編曲版ですが、チェロの音域、またそれよりオクターヴ低くをKBで奏でます。コントラバス奏者は加われない弦楽四重奏でのセロ弾き気分を味わえる私にとって嬉しい素敵な曲です。
Allegro - Menuett e Trio - Larghetto - Menuett e Tro - Rondo

 Pause休憩 15分
Antonio.Vivaldi Sonata a tre Nr.6
PRELUDIO Grave - CORRENTE Allegro - Adagio - ALLEMANDA Allegro

Joseph.Haydn Divertimento G-dur
Moderato - MINUETTO e Trio Allegretto - FINALE Presto

Pietro Domenico Paradies
イタリアの作曲家パラディーゾ、やはりクラシックなんですがバロック時代のコンチェルトグロッソの様な作品。とってもイタリアンです。
Vivace e staccato - Allegro - Adagio - Allegretto

Yukiyo Takahashi Berlin1920's
2013年に弦楽四重奏のために高橋幸代さんに委嘱した作品です。初演は「もう一つの弦楽四重奏」で同年に行いました。
大都会ベルリンが一番華やかだった20年代の様子を!とオーダーして作曲してもらいました。アンペルマン室内楽のためのオリジナル作品です。
c0180686_09153028.jpg
アンペルマン室内楽は周りのお邪魔にならなければ写真撮影OKです。フラッシュは使用しないでください。SNSでのご感想掲載も歓迎です。
次回は秋に予定しています。Toruberlin.exblog.jpをご覧ください。
コンサート事務局 ampelmannkammermusik@gmail.com
c0180686_09152603.jpg






# by Toruberlin | 2018-04-01 10:18 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(4)

麻布十番手前の昔ながらの豆腐屋さんまで

c0180686_10040106.jpg
すでに帰国して20日近くなりました。
まずは千駄木に滞在、勝どきのアパートホテルを挟み東北と北陸へ旅行。いや、その前には道東にも。
洗濯はできないことがわかっていたので20枚のシャツを持参しました。
それを今日、洗濯して一気にアイロンかけ。18枚!コードレスアイロンも前回から用意してくれてます。
クリーニング屋さんにずっと出してましたが(日本は丁寧だから)でも精神統一にも良いし楽しい(時間があれば)アイロンかけを人に任す手はありません。
c0180686_10035382.jpg
9時にならないと油揚や厚揚げが出来てないのは秋に確認済み(豆腐は7時前には出来てる)ブランチ用に買いに出ました。
c0180686_10034915.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-31 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

芝公園の夜桜

c0180686_09513912.jpg
c0180686_09513359.jpg
たっぷり楽器との時間を過ごし、晩御飯は飛騨高山の朝一で手に入れた蕗の薹と舞茸の天ぷらetc.
夜桜見物に散歩に出ました。
c0180686_09523289.jpg
c0180686_09512977.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-30 23:48 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

28日夜、いつもの麻布に入りました

c0180686_09364726.jpg
c0180686_09364333.jpg
秋田から、東京の桜が早くも満開と聞いて戻ってきて、日帰りで伊達保原に行った後は北陸に向かいJRパス1週間の最終日、28日に帰京、日付が変わる頃にいつものアパートに入りました。
ベルリンから32kgのトランク2つ、手荷物も2つに東京に置いてあるトランクが大小合わせて4つ。夜中に荷物整理始めて2時間くらいで秋に部屋を出た時と同じような、いつもの東京生活始まりました。
唯一無かったのはKB、翌日の昼に四谷の外堀土手を散歩ついでに迎えに行きました。
c0180686_09363990.jpg
c0180686_09363546.jpg
c0180686_09363259.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-29 23:50 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

可愛い子猫

c0180686_02484897.jpg
「あとで抱くから撮ってくれ」
大写真家青柳陽一にこう言って貰える人は何人いるか?!と自負しています。
14日に子猫フジが御大邸に。もちろん最初は逃げ回ったそうです。そりゃ兄弟たちと離れて知らないお邸に来たわけですから当たり前です。
数日経って、日に日に距離が縮まってるそうで、昨日は(写真は3/25です)フジから膝に飛び乗って来たと、これまた嬉しそうなメールが届きました。
c0180686_02484389.jpg
僕が来て、ゲージからこっちを見てましたが、しばらくして水を飲みに来ました。動物は(とくに猫は)好きな様にさせとくのが◎です。
c0180686_02483916.jpg
お迎えが来て写真展に行って、御大の後輩写真家の(しかも犬と猫が得意)兼本玲二氏と3人で戻りました。
ビールを飲んで話してるとフジも仲間に入りたいそぶり、自分からはまだ来ませんでしたがじゃらし棒で遊び、御大がゲージから抱き上げてもwelcomeな感じでした。兼本カメラにポースとってるフジ。
c0180686_02483526.jpg
c0180686_02482746.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-28 03:04 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

伊達保原で準備OK!

c0180686_02223491.jpg
c0180686_02222440.jpg
25日、日帰りで福島県伊達保原に行って来ました。秋の伊達保原公演は遅い台風の真っ只中、大雨でもありましたが風も強く、とても楽器をまともに運べない状態で(これは夜遅くに帰京しても同じでした)伊達の御大邸に置かせてもらってました。
この春の室内楽はコントラバスソロじゃないのでチューニングはオケ、GGのソロガット弦からオケ弦に張り替えねばなりません。これも本番当日では間に合わないので、御大にご挨拶がてら訪れました。
弦は新品だと4/15の本番まで3週間張ってあってもよく鳴らないかもしれないからベルリンのBusanに新品を張り、張ってあったレッドレーベルをBracciに張りました。
c0180686_02221856.jpg
御大邸の日本座敷で弦交換の図。楽器は床の間に鎮座してました。
c0180686_02221539.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-27 23:41 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

東京で土屋さんと一献!

c0180686_17025787.jpg
c0180686_17025281.jpg
18日のコンサート@紀尾井ホールにおいでくださる予定でしたがご都合悪くなりGP前に部屋にお邪魔して少しお話しさせていただきましたが「君が道東から帰ったら、飯食おう!」と仰ってくださり21日、鶴居村から戻った夜に実現しました。
現実は盛りだくさん、今は奥飛騨温泉郷に居ますが道東も伊達保原も秋田etc.も写真とともに書きたいことはたーくさんあります。順番通りではありませんが、今日は21日の@東京の巻です。
土屋さんが十数年前から帰国時にはご滞在なさってるアパートに私も都合3泊しました。ロケーションは抜群、なぜなら築地場外まで徒歩5-6分、てえことは銀座4丁目までだって10分ちょっとか?でも街自体は住み慣れた東麻布が好きなので月末からはいつものアパートに入ります。今回は千駄木に6泊しましたが、この勝どきも然り、訪ねるだけじゃなく泊まるってのは詳しく知ることができて◎です。
c0180686_17024481.jpg
まずはビールで乾杯。土屋さんの行きつけのお店の一つ、この日は雨で濡れない店を選んでくださいました。
c0180686_17022892.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-26 23:55 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

東京の櫻

c0180686_08243192.jpg
c0180686_08242487.jpg
秋田にいました。開花宣言は東京を出るときに既にでていましたが「満開?!」
乳頭温泉鶴の湯で露天風呂を楽しんでましたが、そして東北に留まる予定でしたが昨日の夕方、やはり帰ってきました。桜が満開!と聞いちゃ、のんびり温泉に浸かってばかりも居られませぬ。
「こまち」田沢湖を1213発で帰京、すぐにまずは上野公園へ。
c0180686_08235226.jpg
6-7分咲きと言ったところか?千鳥ヶ淵は5-6分。これなら来週末でも満開から花吹雪を楽しめるはずですから安心しました。コンサートに向けての練習もリハもありますが、合間に桜を愛でる時間がなければ、仕方ありません。
c0180686_08242000.jpg
c0180686_08230997.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-25 08:11 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

釧路から鶴居村へ

c0180686_06572962.jpg
月曜日は勝どきのアパートをチェックアウトして羽田から釧路に飛びました。このアパートはベルリンフィルOBの土屋邦雄さんに教えていただきました。もう10数年日本での滞在場所だそうです。
日曜の朝、GP前にお部屋に伺いました。そこで何と、土屋さんが昔からベルリンフィルのステージで膝の上に一眼レフ載せて撮影してきた作品集からWitt先生の写真、まだ僕が見たことなかった(ということはWitt家にもない)先生の写真を頂戴しました。
土屋さんはベルリンフィルに最初に入団した日本人ですが、そもそも1950年代に留学してオケに入った人は皆無、土屋さんが初めてと思いますが、そのきっかけとなった「藝大奏楽堂でヒンデミットの前で同氏の作品を演奏」はお話を聞いてましたが、その写真も頂戴しました。なんとPaul Hindemithのサイン入りです。後年にベルリンフィルに入団してからサインしてもらった貴重な写真のコピーをくださいました。
部屋で30分ぐらいお話ししてから紀尾井ホールへ。
c0180686_06591609.jpg
懐かしい!前回もこの団体だったかな?紀尾井シンフォニエッタには昔お誘い戴いたこともありましたが結局は縁遠くなってしまってるなー。この素晴らしいホールで弾ける室内オケ、羨ましいです。
c0180686_06590955.jpg
c0180686_06590512.jpg
本番写真はないのでGP前の写真です。
c0180686_06584741.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-24 08:23 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

勝鬨橋と築地場外

c0180686_15260869.jpg
c0180686_15261677.jpg
c0180686_15260247.jpg
二ヶ所目の住処はトランクを一つ送るのに必要でした。千駄木までは2つの手荷物で過ごしましたが日曜日は燕尾服も必要でした。ということは黒靴、白いドレスシャツも必要だし月曜からは道東でしたから防寒着も、また丹頂撮影のための望遠機材もトランクに入れてありました。
チェックインは15時からなんで荷物を預かってもらい勝鬨橋を渡ってもまだ11時前。風は冷たい日でしたが良い天気で日向は気分良い。
c0180686_15255831.jpg
まだまだ昼食時間じゃないし、橋のたもとから隅田川を眺めてると、何人か路上生活の方も奥には見えますが気持ち良さそうな木製ベンチが長く続いていて、赤ちゃんとお母さんとか外人カップルもちょこちょこ座ってます。
c0180686_15254737.jpg
そこにアンペルマン幌バックを枕に寝転んだら、これが起き上がれないくらい気持ち良い!
で3時間以上、ここで過ごしました。少し居眠りもしました。
人通りは多いから盗難に遭うこともないだろうし、貴重品は胸ポケット+枕にしてるカバンの中。
書いたように風はかなり冷たかったけど、雲ひとつないから寒くはなかった。
これが少し失敗。3時間以上でしたから、かなり焼けて真っ赤になりました。日焼けは軽い火傷ですから気をつけないと。
c0180686_15253501.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-23 15:44 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

土曜日はオフ。

c0180686_15084439.jpg
c0180686_15083011.jpg
c0180686_15072917.jpg
c0180686_15083633.jpg
リハが二日続いて土曜日はオフでした。4泊した千駄木から勝どきに移る日でもありました。
チェックアウトは10時ですから早起きして朝風呂と朝蕎麦、ダブルのお楽しみです。
まずはさんさき坂の朝日湯さんの一番風呂!
c0180686_15082425.jpg
c0180686_15082093.jpg
c0180686_15080979.jpg
昼間は大賑わいの界隈も、こんな感じです朝は。
c0180686_15080642.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-23 14:42 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

さんさき坂カフェ

c0180686_07251989.jpg
c0180686_07251302.jpg
二日目のリハの後は、雨。上大岡から品川まででてJRで日暮里なんですが上野で降りました。小雨になったし藝大前を通って谷中桜木抜けてさんさき坂を下りました。
途中には何度か来たことがある坂の名前のカフェがあります。夜は初めてでしたが寄りました。
c0180686_07250524.jpg
藝大美校関係者が多い店、この日もスタッフも常連客もそんな感じが会話から見えました。
カウンターは満席、テーブルは誰も座ってなくて奥を独り占め。
c0180686_07245931.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-03-22 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)