ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23
P.ブーレーズホールでオール..
at 2018-02-10 14:26
九段中の仲間たちと 秋の帰国..
at 2018-02-09 23:16
氷点下の日々ですが、天気良く..
at 2018-02-08 23:30
続10/23 谷中から根津 ..
at 2018-02-07 15:20

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

旧暦の元日、金曜日。

c0180686_19080126.jpg
AMPELMANN室内楽2018関連が続いたので、すこし戻って金曜日です。
上の写真はKagodonが持ってきてくれた量り売りワイン、シチリア産は売り切れ、今回はピエモンテ。少し最初の匂いは気になるが、逆に地酒っぽい。田舎の食堂のワインって感じで、そのままだと気になるがプロシュートとだと悪くない。組み合わせってのは面白いです。
木曜日は旧暦の大晦日晩餐(偶然だけど)日本時間ではすでに旧暦元日、ってことで初陣で祝いました。
c0180686_19075040.jpg

蛸がまだあったので、金曜日も明るいうちから独り初陣。
c0180686_19074069.jpg
この盃は文京区の成澤区長から頂戴しました「我が盃」我輩にかけてるのは間違いなく、猫が可愛いです。そして手に持った感じも口に運んでも実に良い。文京区のHPから購入できます。赤もありセットで買えますが、今回こそはプレゼント用に是非手に入れよう!
c0180686_19072962.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-21 10:00 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN室内楽 デザイン集団だからこその愉しみ

c0180686_21494751.jpg
4月6日(金曜日)のアンペルマン室内楽、素敵なサロン茗荷谷ラ・リールさんをこの春もお借りして行います。
今までアンペルマンデュエットでKBとピアノ、そしてヴァイオリンと演奏しましたが、小さめのサロンホールなので振動してくれる空気のボリュームは少ない。イタリアンオールドは広いホールでこそより良く鳴るのですが、このサロンホールは大理石で音がダイレクト。それを知ってsempliceで弾けば、響よりも速いレスポンスが楽しめ小編成で演奏するは◎なんです。誰も居ないと響きすぎる、50人以上客さんが来てくれると、とっても良いバランスになります。
今回はピアノとのカルテットを2曲、あとは弦楽トリオを4曲くらい弾きますが、ppからの鳴りをお楽しみいただきます。
昨日の色反転デザイン、アンペルマンベルリン本社のカルメンにやってもらったのを東京のTちゃんに組んでもらってますが、フル反転のバージョンの次に上のが先ほど送られて来ました。
なかなか良い!でしょう?この上のは彼のアイデア。
僕は字の背景は白!と思っていてそれもお願いしてますが、これもなかなか良い。印刷するかは?ですがWebでは美しい色が映えますね。
c0180686_21510197.jpg
c0180686_16180291.jpg
これが今までのベスト!
なんですが昨日書いたように、トリオもカルテットも室内楽は音の融合、でも基本はソリストたち。
だから、↓のパターンも(昨年のピアノとのデュオのデザインです)好きなんです。

コンサートは聴きに来ていただかないと成立しません。
4月6日、みなさまのお越しをお待ちしてます。
ご予約はコメント欄にご希望公演時間、人数、お名前とご連絡先を非公開コメントで記していただくか
ampelmannkammermusik@gmail.com
までどうぞ!
c0180686_21501250.jpg














# by Toruberlin | 2018-02-20 13:48 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

アンペルマン室内楽2018 デザイン

c0180686_22135985.jpg
c0180686_22140956.jpg
この春のアンペルマン室内楽、まずはピアノカルテットから始まります。
そのポスターデザインを考えていて(ロゴはアンペルマン本社デザインルームのカルメンちゃん担当です)この配置が良い!と決めたんですが上の白地だと、なんか間が抜けてる。それで
c0180686_10121926.jpg
昨日ご紹介しましたこのデザインになりました。
c0180686_16180291.jpg

なかなか良い感じ!なんですが、さっき上の色反転バージョンロゴデータを作ってもらい上半分が白地じゃないのも良いかな?と思ってます。さーて、どんな感じになるでしょう?
c0180686_22142066.jpg
このデザインも好きなんです。
室内楽は、当たり前ながら書きますと、個々の楽器の集まり。
室内楽感が出てるのはこれ以外のデザインですが、出来上がってみると4つの楽器、4人の奏者が融合するのが室内楽の良さですから、ポスターでは4人セパレート、でもコンサートで聴いたら溶け合ってる!ってなイメージも良いかなー?と思ってます。
事前告知デザインにはこれを使い、当日のプログラムは融合型にするかなー?と迷ってます。

ピアノとはMozartとParadiesの2作品、あとの4-5曲は弦楽トリオです。
明後日、水曜日は今回の初合わせです。Rossiniのカルテット、Corelliはトリオで弾いたことありますがVivaldiやHaydnのトリオはステファノとは初めて!イタリアモノは一味違う彼、楽しみです。
どちらのトリオもコントラバスにとって弾きごたえありますしステファノと普ちゃんの組み合わせは良い!からご期待ください!
4/6(金曜日)の16時と19時の二回公演です。
ご予約はこのブログのコメント欄に非公開コメントでお名前、時間と枚数を書いていただくか
ampelmannkammermusik@gmail.com
コンサート事務局にお願いいたします。
c0180686_22151557.jpg


弦楽トリオでは4/15に福島は伊達保原のイタリアンTrattoria LaWasabiで今回はレストランで演奏を聴いていただいた後にみなさんとフルコースを楽しみます。時間など決まりましたらご案内します。

ピアノカルテット東京公演、こちらの日記もどうぞ!













# by Toruberlin | 2018-02-19 15:15 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN室内楽2018

c0180686_10121926.jpg
AMPELMANN室内楽2018
Klavierquartett mit Kotrabaß
「ピアノカルテットですがコントラバスが入ってます」

Klavier 高橋礼子         Reiko Takahashi
Violine ステファノ・メザーリオ Stefano Mesaglio
Violine 堀江 普         Amane Horie
Kontrabaß 高橋 徹         Toru Takahashi

この春のアンペルマン室内楽はピアノカルテットで始めます。
と言ってもコントラバスが入ってますから皆さんがよく知ってる作品ではありません。
W.A.Mozart (原曲は J.Ch,Bachのピアノソナタ)
Klavierkonzert
mit zwei Violinen und Kontrabaß Nr.2 G-dur KV 107
これはモーツァルトがピアノ協奏曲に編曲したオリジナル編成ですが、J.C.Bach作品がMozartに聴こえるから面白い。ヴァイオリン2本とコントラバスでオーケストラの代わりをします。
ピアノとはもう一曲。
Pietro Domenico Paradies
Concerto für Klavier,zwei Violinen und Kotrabaß in B-dur
イタリアの作曲家パラディース、ナポリ生まれで18世紀に活躍、原曲はチェンバロ協奏曲です。やはり弦楽器三声が加わります。ピアノ協奏曲というよりはピアノが入ったコンチェルトグロッソです。
今回はフリウリ(ヴェニスの北)生まれのヴァイオリニスト・ステファノが一緒に弾いてくれますがヴェニスと言えばヴィヴァルディ。
二本のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタをトリオソナタに編曲しました。
Antonio Vivaldi
"Sonata da Camera a tre"
Sonata für zwei Violinen und Kontrabaß
から2曲を考えています。
そしてハイドンのデュイベルティメント、これは管楽トリオを弦楽トリオ(Vn 2+KB)に編曲したバージョンです。
これは3曲ありますが、2曲は聴いていただく予定です。
まだ時間を計ってませんのでプログラムが確定していませんが演奏と合間の話で90分程度を予定しています。
c0180686_10121097.jpg

今回も10月末のアンペルマンデュエットと同じく金曜日、午後と夜の2公演にしました。
100人入れるホールよりもサロンコンサートらしさと近い距離で楽しんでいただきます。コントラバスとピアノのデュエットで4回、ヴァイオリンとのデュエットで1回すでに公演しました茗荷谷のラ・リールさんです。
地下鉄茗荷谷駅からの散歩道、4/6なら、きっと桜が綺麗な頃ですね。
新しいメールアドレスになりましたコンサート事務局に
ampelmannkammermusik@gmail.com
メールでご希望の時間と人数をお知らせください。
またはこの日記のコメント欄に非公開コメントで
お名前とご希望時間と枚数をどうぞ!
4000 yen (大学生以下2000yen)
茗荷谷ラ・リール 文京区大塚3-21-14
4/6 (金) 1600 開演 ドアオープンは15:30頃
4/6 (金) 1900 開演 ドアオープンは18:30頃  
ドアOpen間際においでください

この春も、どうぞよろしくお願いいたします!
c0180686_10115896.jpg








# by Toruberlin | 2018-02-18 03:10 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

土曜日のご近所散歩

c0180686_04022629.jpg
土曜日。早起きして11時過ぎまではバリバリといろいろこなし、春に帰国だから服でも少し見るか?(先日知ったお洒落ジーンズも欲しいし)とも思ったけれど天気予報は晴れなのに空は一面の雲。暗め。
なのでMacBookでできることをしていたら、あと20分で楽器弾けない13時。
並行して母のための煮魚、中華麺を打ってあるから鶏ガラでスープも摂っていたけれど、第1食のブランチは13時過ぎに用意するのが常だが、食べたいものが決まらない、と家内。
鶏の出汁で良いのだけれどかなり美味しそうな熟成麺だから豚バラも欲しくなり散歩がてらカント通りのスーパーまで歩いたが、良いのがなかった。湖畔公園を抜けて反対側の別系系列のスーパーに行ってみれど肉コーナー自体が無くなっていた。で、カイザーダムという大通りの北側は拙宅の周りよりも下町感が濃いのですが、そこに昔ながらの肉屋がある。滅多に行かないが、しかし閉まっていた。古き良き店は営業時間もきっと古き良き13時までなのだろう。
10年くらい前までは、平日は1830、土曜は13時にほとんどの店は閉まっていた。日曜日に開いてる店はなかった、蚤の市くらい。今は「開いてて良かった」感はあるけれど、結局それは労働力などの経費になる。エネルギーも多く使い、価格に乗る部分が多いと思うが、まあそう言っても仕方ない。日本と同じように、せっかく店舗があるから(他よりも)多く販売して利を稼ぐ、なのでしょう。たしかに月-金の買い物できる時間が就労時間の人には(ドイツには居ないと思うけど、1日8時間超える人はあまりいない)喜ばれてるし、僕も23時過ぎに大スーパーが開いてると、年に一度くらいはお世話になってます。
c0180686_04020321.jpg
僕がこの街に来た時にはすでにあって、比較的すぐに買いに来たワイン専門店、まだ同じ店構えで営業してます。数年前に開けたマグナムのバローロ1978はここで買ったボトルでした。あの頃はイタリアンの良い銘柄が揃ってた。そう、仕事して少しのお金は自由になリ始めた頃はワインもかなり贅沢してました。
年に散歩がてら数回行くのですが、品揃えが良くて人気店らしい。でも今日は土曜日なのに空いてたな!以前は毎週土曜は牡蠣の日で生牡蠣がずらっと並んで泡や白ワインのボトルがずらりでテーブルどころか店に人が溢れていたけれど。
美味しいワインは嬉しい。でも、本当に種類は多くあるし知ってるワインを気分で選ぶ、または常識的な価格帯のを試しに買ってみるんだけどチェントロイタリアとリンデンベルクでは業者価格で買えるから、なかなか他の店に足は向きません。30ユーロ以上のワイン、バローロとかブルネロだと50くらいのも時々呑みたくなりますが、知らない銘柄だとすぐにパッとは買わないし、上記の店で買うことが多くなります。でもこの店は昔から基本的に箱単位販売の店で12本で1本オマケをもらえる、たしか。だから12本以下になるとRestposten(残り物)として安価になるのです。外から眺めて2018Restpostenの張り紙、空いていたし入ってみました。
かなり品揃えは変わってる。イタリアンは少なめでフランスは相変わらず多く、ドイツの好きな白やロゼもまだ並んでた。BIOワインも多いんですが、若い定員さんと話していてポルトガルの赤を薦められ2本、あと珍しいコテデュロンの白も美味しいというので2本持ち帰ってきました。
c0180686_04021269.jpg
レジ前にグラスが積んでありました。ビストログラスというけれど、元はフランスなのかイタリアなのか?
水にもテーブルワインにも冷や酒にも良い!
拙宅にもたくさんありますが、手にしてみたら少し持った感じが違う。2つ買ってきました。
c0180686_04015482.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-18 00:08 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

津和野二日目 10/27帰国日記@ベルリン

c0180686_16465524.jpg
c0180686_16463747.jpg
秋の帰国日記、続けます。
10/27 津和野二日目は良い天気!明月さんで朝ごはんの後、ひとり出かけました。
前日にご不在だった分銅屋さんに津和野商工会長椿さんを訪ねてご挨拶してから、沙羅の木さんへ。
c0180686_16464530.jpg
津和野のお殿様、亀井家入城400年!二日目の津和野公演には亀井家の亜紀子衆議院議員もおいでくださいました!
c0180686_16462804.jpg
いつも通りアポなしですが沙羅の木の田中社長、足を痛めてましたがおいでになりました。
c0180686_16461887.jpg
c0180686_16460924.jpg
まだ早い時間なので窓際の良い席が空いてました。美味しいコーヒーをご馳走になりお久しぶりです!で話が弾みました。
c0180686_16455420.jpg
津和野最大のショップ、殿町に面してるカフェや名庭園を眺めてのお座敷での昼ごはんはオススメ!の沙羅の木さんです。裏手には中庭挟んで奥に食堂もまた別にあり、テイクアウトでアイスなど、楽しいです。
c0180686_16453653.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-17 09:40 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

大晦日(旧暦)の晩餐

c0180686_22504847.jpg
c0180686_21432229.jpg
c0180686_22505860.jpg
c0180686_22504096.jpg
津和野の古橋さんから(古橋酒造オーナー杜氏)今年の新酒「しぼりたて」が3本届きました!
さーて、何を肴に?!と水曜日の朝にベルリン最高の生鮮食品店Lindenbergに行けば(初めて行ったのは82年、30年以上は常連で、ほとんどのスタッフは僕を板前と思ってる)小振りだけど良い鯖があり、ツブ貝もありました。鰈の煮付けを水曜夜にしたかったんだけど卵が入ってない!訊けば養殖だという。天然物はこれ!と舌平目。うーん、価格はかなり違うけど、まあいいか!
蛸をまた茹でたくて選び、生牡蠣はいつも通り一箱。
レジに行けばまあいいか?の舌平目、なんとマグロよりもキロあたり高かった!夜に食べたらものすごく美味しかったから良いのですが、この朝の仕入れは定価なら300ユーロは超えた。かなり贅沢してしまいました。
でも、夕方仕事終わりにKagodonが来て(せごどん、から鹿児島にちなんで昨日改名、時計師のMOくんです)一緒にチェントロイタリアに買い物に行き、帰って調理してる時に彼から、今日が旧暦の元日と知りました。
てことは昨日の晩餐はいつもは仕事でちゃんとできない大晦日の晩餐で、日本人としては16時にはすでに翌日だから考えようによっては元日宴でもあり、これは始まりの酒「初陣」を愉しむにピッタリで、それなら今年の縁起をさらに良くする為に美味しいのを揃えて正解でした。
先日欠席した母とKagodonに加えて女の子にも声をかけたいと思いながら平日だし学生さんの練習の邪魔をするのもなー!とも少しは思うこともあり、結局は四人での宴にしました。
c0180686_22495404.jpg
これは昨晩とは関係ありませんが、中華麺。水曜の夜に製麺して今日で二日。三日熟成と、もう少し長くも試してみたく打ってみました。
c0180686_22501117.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-16 15:55 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

季節料理とくまささん、ここも何と初めてでした 帰国日記@ベルリン

c0180686_10434535.jpg
泊まりはいつも明月旅館さんです。津和野には馴染みのお店、美味しいお店が多いです。3-4泊の時には旅館の晩御飯も一度は楽しみますが、それより短いと日原の美加登家さん、若松屋さん、イノシシのげんごろうさん、津和野にはピノロッソとアルチジャーノというイタリアン二軒、寿司の青木さんetc.と昼は沙羅の木さんや僕の大好きな蕎麦屋だけど肉うどんの美味しい「おはら」さんに稲荷寿しで有名は美松屋さんetc.と食事処が多い!ので明月さんでは朝ごはんを楽しみにしています。晩餐をご一緒する津和野の方々も多くて旅館で晩御飯は大きな編成の室内楽で長い滞在じゃないと難しいです。
いままで最長が4泊ですから馴染みの店はとても全部は伺えません。で、みなさんが美味しい!と言い、行ったことないというと「どうして?」と不思議がる季節料理とくまささん。今回の初日夜は古橋さんにお願いしてここに決めてました。
ご主人の徳政さんはピノロッソシェフの赤松さんととても仲が良く、前回もアルチジャーノでお会いしましたが、お店に伺う機会は今までなかったのです。
c0180686_10432873.jpg
お任せで始まりました。お刺身から。
c0180686_10432297.jpg
桑原さん夫妻、今回は古橋さんと3人でほぼ全ての段取りを行ってくださいました!
c0180686_10431431.jpg
c0180686_10430672.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-15 10:09 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

10/26津和野初日 帰国日記@ベルリン

c0180686_10472541.jpg
c0180686_10471870.jpg
秋の帰国日記、続きます。10/26 昼に山口宇部空港に到着、二台の車で(コントラバスがあったので)津和野に向かいましたが途中から別の道を進むことになり、それなら!と古橋さんと街道筋の茶店で昼ごはんとなりました。
c0180686_10470111.jpg
なんか良い雰囲気でした。地元の古橋さん、ここに寄ることは無いそうで、初めて!
c0180686_10465314.jpg
イノシシ丼、僕はイノシシうどんにしました。
c0180686_10464642.jpg
優芽ちゃんたちは寄り道せずに到着してました。今回もいつもの明月さんです。
c0180686_10462339.jpg
c0180686_10461731.jpg
彼女は練習、僕は古橋さん経由で中島前町長、商工会椿会長、前にコンサートを開いてくださった沙羅の木の田中社長に津和野到着のご挨拶に伺いました。他にもお世話になってる方々は多いのですが、コンサートで会える方がほとんどなので失礼してます。
c0180686_10460548.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-15 02:40 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

麻布たこ八 帰国日記@ベルリン 10/25

c0180686_19043623.jpg
秋の帰国日記、続きます。
10/26に羽田からANAで山口宇部空港へ。日本は事前予約でフライトケースを用意してくれるからありがたい。二人で手荷物だけなら超重量料は3500円、オクテットの時は大人数だから無料でした。トランクを預けなければ、その分の重量をマイナスしてくれます。バスケースは容積重量計算なのできっと60kgくらいなのかな?
ベルリンには(ここしばらく自分では全く使ってないが)50万円超もしたイギリス製フライトケースを持ってます(ドイツから日本に楽器を運びたい方がいたら連絡ください、使わないから譲ります)ヨーロッパ内の移動に使うためですが頑丈だから重い!楽器を守ってくれる点ではきっとベストなフライトケースですが、楽器入れると50kgを超す、ワゴンタクシーには載るから家から空港、問題ないですがANAやJALの様に用意してくれてるのはありがたいですね。日本ではタクシーに楽器が乗らないから(もうJAPANタクシー、走ってるかな?オリンピックに向けた大型タクシー!)のサービスと思いますが、個々でフライトケースを持たなくても良いのは◎です。
c0180686_19041997.jpg
さてヴァイオリンとのデュエットコンサートが終わり、麻布のアパートへ。さーて独りでどうしようか?
近所にはBARも多いし、小洒落た店も多い。行きつけなら焼肉屋か?と思いながら十番に向かって歩く途中にオシャレなビストロがあります。ここのカウンターなら独りでも良いか?と思えば22時前で、もうそろそろオーダーストップとの答え。満席でもあったのかな?
何軒か心当たりを歩くも、居酒屋系は(もちろチェーンじゃなく)すでに閉店。とそこで、前に目について気になっていたマンションの半地下にあるお好み焼き屋さんの前を通りました。
徳島からの「たこ八」さんです。
c0180686_19042708.jpg
c0180686_19040919.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-14 09:58 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

Violine und Kontrabaß 東京公演 帰国日記@ベルリン


c0180686_03564248.jpg
c0180686_04071874.jpg
昨年10月25日のAMPELMANN Duett 東京公演です。
3ヶ月以上過ぎてしまいました。プログラムは

J.S.バッハ       デュエットBWV 1014
高橋幸代       白を映す碧
J.S.バッハ       G線上のアリア
高橋幸代       Elise-舞姫より-
-------------------------------------------------------------
H.W.ヘンツェ     セレナーデ
E.サティ       ジムノペディ
ピアソラ 5つのタンゴより
          「 ラ・ミスマ・ペーナ」
           「サンルイ島」
G.P.テレマン     アリア
S.ラフマニノフ    ヴォカリーズ(高橋幸代編曲)
ピアソラ       5つのタンゴより
           「あなたを待ってる」
           「さらば、ノニーノ」

ヴァイオリンとのデュエット、既存のオリジナル作品は皆無で高橋幸代さんに作曲してもらい、編曲したイタリアンバロックのヴィヴァルディやコレルリのバロックソナタ満載プログラムを経て、今回はJ.S.Bachとピアソラを軸に、アンペルマンデュエットオリジナルの高橋幸代二作品などを加えました。
c0180686_04060933.jpg
最初のバッハはヴァイオリンソナタ、これのチェロパートにチェンバロを足してコントラバスで演奏しました。全てのバロックソナタがKBで伴奏可能ではありません。でもこれは合った!オクターヴ上げて(オリジナルのチェロ音域)また低い音域で弾いた方がベターな箇所も多々あり、トリオ・ソナタじゃなくデュエットとしての面白さを楽しみました。
高橋幸代さんの「白を映す碧」は2013年にお願いした作品で、彼女と2010年に歩いたベルリンの豊かな森に囲まれた美しき湖が舞台です。白鳥と湖、ヴァイオリンとコントラバス。美しき名曲です。
c0180686_04060052.jpg
c0180686_04055273.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-13 20:35 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

鶏塩ラーメン。

c0180686_10051393.jpg
c0180686_10042399.jpg
c0180686_10075280.jpg
c0180686_10045416.jpg
c0180686_10050258.jpg
日曜日。元々は一週間前に鶏でラーメン!だったんです。週末に向けて麺を仕込み日曜にスープを仕込み始めたら鶏ガラが冷凍庫にほとんどなかった。豚はバラブロック4.5kgがあったので皮や骨も使い美味しいスープができました。でも今回は鶏ガラたっぷりで作りたかった。3.5kgの腿肉をさばき、それがカチャトーラや鶏ハムになったわけです。
今回は鶏で塩ラーメン!母とせごどん(時計師のMOくん)と思ってたんですが、母は今回は自宅待機を選んで、せごどんと3人で食べるつもりが木曜の夜中にお嬢さんふたりにラーメンの話をしてたことを思い出し、誘ったら時間空いてました。
麺は、やっと思い通りのができる様になりました。せっかく作るから粉1kg!とやっちゃうと大変で、最近は500gと決めてます。これで6玉できる。丁度良い量ですし、これなら毎日でも苦じゃありません。
佐渡ゆーちゃんと先日食べた時「美味しいんだけどこれ面がツルツルしてるでしょ、縮れてるし。少し粉っぽいストレートが好きやねん」と言ってましたがこれがまさにそれ!次回の来伯には合わせて仕込んでおこう!
c0180686_10074251.jpg
午前中にスープ摂り始め、まずは一人試食。
かなりシンプルですが、これで美味しければ◎。
c0180686_10044192.jpg
c0180686_10043099.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-02-13 06:05 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

「しぼりたて」津和野地酒初陣

c0180686_09153816.jpg
c0180686_09134212.jpg
c0180686_09132936.jpg
カラッと晴れて最高気温氷点下でも気持ち良い最高の冬の日々、とは程遠い、湿度の高い寒々しい毎日が続くベルリンです。この冬、天気はイマイチです。明日から数日はそれでも良いのか?冬の街をカメラ持って歩きたいですが、それもなかなか実現していません。
荷物不在票を持ってお向かいの時計屋に行った家内「もう一つ、一週間前からありますよ!」と言われたのは津和野の古橋さんが送ってくださった「しぼりたて」でした。非加熱のお酒、一週間も店にあったとは!瓶が冷えていて良かった。
このしぼりたて、とっても美味しいです!
古橋酒造さんのHPで注文できます!今の旬は「しぼりたて」今年の新酒です。




More
# by Toruberlin | 2018-02-13 01:12 | ベルリンー津和野 | Trackback | Comments(0)