ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Ensemble Unite..
at 2019-03-20 08:30
春の室内楽、お試しコンサート。
at 2019-03-19 23:57
ベルリン交通局の販売機
at 2019-03-18 23:49
土曜日、拙宅にて。
at 2019-03-17 23:32
大事な時間の後、行きつけのGFへ
at 2019-03-16 23:12
塩、とっても大事。奥深い。
at 2019-03-15 14:14
Die Berliner S..
at 2019-03-14 08:08
(続)楽しい晩餐
at 2019-03-13 00:13
楽しい晩餐
at 2019-03-12 23:35
「コントラバスもたまには独り..
at 2019-03-11 13:13
Maestro M.ギーレン
at 2019-03-11 08:08
春らしくは、まだまだ遠い。
at 2019-03-10 06:55
今年初の炭火焼きの日Vol.2
at 2019-03-09 00:08
三様のコントラバス弓
at 2019-03-08 00:13
今年初の炭火焼きの日Vol.1
at 2019-03-07 11:02
自家製ラーメン
at 2019-03-06 23:58
A.ニュルンベルガー作の新し..
at 2019-03-05 13:15
赤ワインとコッパ、冷酒と和食。
at 2019-03-04 16:28
買い出しツアー
at 2019-03-03 23:58
我が愛しのBERLIN。
at 2019-03-02 12:35

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

Kotaroさん、ありが..
by Toruberlin at 15:14
初めまして!僕も塩の味に..
by kotaro_koyama at 06:08
ニュルンベルガー、既に手..
by Toruberlin at 17:10
このニュルンベルガー、ま..
by Toruberlin at 17:03
古橋さん、酒造りお疲れ様..
by Toruberlin at 06:35
羨ましく夏のイタリア日記..
by 古橋貴正 at 02:00
コメントありがとう!書い..
by Toruberlin at 09:03
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 16:10
楽器が全てじゃなく大事な..
by Toruberlin at 00:44
楽器と深く関わると言うこ..
by 植木信勝 at 22:53
謹賀新年、今年も健康で楽..
by Toruberlin at 21:43
明けましておめでとうござ..
by 古橋貴正 at 09:19
yuさん、こんばんは。コ..
by Toruberlin at 02:41
徹さん、滞在中は色々とお..
by yu at 21:38
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 17:41
美食三昧の1週間でした(..
by 古橋貴正 at 23:08
午後に成田着、羽田に移動..
by Toruberlin at 17:33
今回は短いご滞在でしたが..
by Toruberlin at 17:29
ウエルカムビール、格別な..
by 古橋貴正 at 08:33
昨日遅くに津和野に帰って..
by 古橋貴正 at 08:30

検索

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Ensemble United Berlin

c0180686_16222567.jpg
c0180686_16221709.jpg
おはようございます。太陽燦々の水曜の朝です。
さっきまで気温は氷点下でしたが、これだけ陽光が強ければ昼は外歩きも気持ち良いか?!コンチェルトハウスで昼過ぎまでGP、本番は20時からOtto-Werner-Saalです。カンマーザールの反対側、最上階。大ホールの天井あたりの左右に小ホールが2つあります。
今回てっきりカンマーザールと思っていたら、昔のOPS(オケリハホール)が改装されて現代曲にふさわしいホールとなりUnitedの本拠地となってます。歴史あるコンチェルトハウスのホールが現代曲のメッカの一つ(最近できたP.ブーレズホールも、それに近いです)というのも面白い。
コンサートテーマはブレクシット。EUからの英連邦離脱、最終的に無くなると良いけれど、、、。
作品は全て英国製、面白いです。弾くのはもちろん、個人的にはGrimeとSimpsonはかなり(聴いても)面白いと思います。
前半の二曲は、現代曲って感じ。メンバーは良いので、見ていて面白いのは間違いないです。
c0180686_16221117.jpg
日曜からのリハ二日はマウワーパーク傍の、これまた面白い建物。Wacheというくらいだから、今は隣にある警察署の建物だったようです。そう言えば、壁崩壊後はたしかここが警察だった気がします。マウワーパークのスタジアム真ん前、東側の壁最前線署だったようです。
c0180686_16215327.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-03-20 08:30 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

春の室内楽、お試しコンサート。

c0180686_08012201.jpg
春に小石川傳通院さんで4/6&7に行うこの春のアンペルマン室内楽
「コントラバスもたまには独りで弾きます」
バッハの無伴奏組曲1番、ドラゴネッティの12のワルツと高橋幸代の「ベルリン小景」
ホームコンサートで聴いていただきました。
写真はドラゴネッティの12のワルツを同氏考案の弓で弾いてるとこです。
c0180686_08011433.jpg
かなり弾き込んだバッハ、これで帰国してG.Guadaniniで本番に向けて準備しますが、楽しみです!
ドラゴネッティもですが、出来たばかりの幸代ちゃんの作品、ベルリンを描いてくれた「ベルリン小景」素晴らしい作品で、まだまだ究める余地が多く、こちらもどうぞお楽しみに!
c0180686_08010540.jpg
土曜日(4/6)はあと20席以下、日曜日も40席は残っていません。
文京区での宣伝はポスターなどで始めてやっと一週間ですから、これから傳通院さんにもきっと予約が入ります。
メールでのコンサート事務局へのご予約はお早めにどうぞ!














# by Toruberlin | 2019-03-19 23:57 | AMPELMANN Japan 2019 | Trackback | Comments(0)

ベルリン交通局の販売機

c0180686_04242885.jpeg

3/18限定で21%割引、女性のみ!
え、このご時世で性差別?
21%引きのチケットは女性のみ有効で、男性が持ってたら無賃乗車と同じ扱いとなり罰金だそうです。
なぜ?
ドイツでは平均して女性は-21%の賃金だそうで、それへのプロテストだそうです。
音楽の世界ではギャラは平等ですがねー。
もちろん、男と女では向き不向きも、また出来る出来ないも異なります。
でも、賃金格差があるのも、ある職種が存在するのも、事実。
それへの警笛です。

しかし、育児休暇を悪用(?)する人もいるし
保護策や優遇は、それを万人が平等に受ける権利じゃなく
それがないと困る人の為、で在って欲しいですね。
享受できる恩恵を受けないのは損!って考えが、浅ましい。

恩恵を受けないでちゃんと自立できること、誇らしく生きられることこそがありがたく
感謝したいですね。








# by Toruberlin | 2019-03-18 23:49 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

土曜日、拙宅にて。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
# by Toruberlin | 2019-03-17 23:32 | 美味しい楽しい話

大事な時間の後、行きつけのGFへ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by Toruberlin | 2019-03-16 23:12 | 美味しい楽しい話

塩、とっても大事。奥深い。

c0180686_23150076.jpg
食の趣味はかなり同じ(他にも共感することはかなり多いけれど)な友人夫妻が拙宅に初めてきた時に贈ってくれた一つが、この塩でした。
塩って大事、こだわるのはもちろんですが(僕はベルリンにきてすぐにまずオーストリア、ザルツブルクあたりの岩塩に出会ったから、早くに専売公社製塩からは逃れられたけど)日本の塩田の塩、ヨーロッパの岩塩、チベットの塩etc.たくさんあります。海の塩だって世界中のがある。今は海が汚染されてるから海の塩は、、、という人もいるが、それなら何も食えない、空気も吸えなくなる。そういうこと言う人に限って、外食は頻繁にするのも面白い。
東京の住処のそばに「塩屋」があり、なんと伊達の御大がご贔屓とは一昨年くらいに知りましたが、実にいろんな塩が並んでます。おしなべて高価だけれども。
80年代初めからヨーロッパの岩塩に加えて日本の貴重な塩田の塩、たくさん味見しました。頂戴したのも多かった。
でも、日本製の塩には「最高」と評価できるのはなかった。もちろんこれは僕の見解、好みです。
c0180686_23193039.jpg
今まで試した中で、火を加えて美味しいのはベルリンのチェントロイタリアで手に入る(長年買ってる)シチリア島の南西部にあるトラーパニの塩。これは炭火焼きにも、パスタにも、鶏鍋にも、まあ何にでも美味いです。多くの日本の塩のように旨味が多すぎない、きつすぎないのも◎です。
いろんな料理に分けて使う、もちろんアリですが、調理には今のとこオールマイティーにSale Marino Fino di Trapaniが僕のベストです。

2016年夏、トラーパニで塩田を求めてドライヴ↓

トラーパニのビーチで最初にしたのは、海の水の味見でした。
いつもの塩と同じ味だったのには、感動しました!



More
# by Toruberlin | 2019-03-15 14:14 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(2)

Die Berliner Szenen für Solo-Kontrabaß

c0180686_04182237.jpg
この春の室内楽in東京は桜が咲き誇ってるであろう4月最初の週末に文京区小石川にある無量山傳通院ご本堂で行います。
土曜日は19時開演、日曜日は18時から。
開演1時間前が開場ですが、本堂お隣の書院に呈茶席が設けられ、生菓子とお茶が主催の傳通院さんより供されます。
夜にお花見宴会が控えていても、またはご自宅が少し遠くてもご心配なく、コンサートは休憩なしの60-70分を予定していますから、日曜日は19時過ぎにはお帰りになれます。
土曜日の方が50席くらい多く予約が入っています。
どちらの日でもOKの方は、どうぞ4/7の日曜日に聴きにきてください。

c0180686_04352502.jpg

傳通院さんご本堂でコンサートを!のお話から、ピアノを運ぶ?なんて案もありましたが、第1回は「コントラバスもたまには独りで弾きます」にしました。
以前からコントラバスだけでのコンサートは考えていましたが、それにはオリジナル曲が欠かせないと考え、高橋幸代さんに委嘱、ベルリンを描いた「ベルリン小景」を作曲してもらいました。
タイトルをご覧になると、このブログにも出てくる写真の風景が思い浮かびますか?
幸代ちゃんにはBlogに加えてたくさんの写真や動画を送り、またベルリン話をしてきました。拙書アンペルマンも読んでもらいました。ベルリンに住んでる私の「BERLIN」を幸代ちゃんの感性で書いてくれました。

c0180686_04150631.jpg
傳通院で初演しますが、素晴らしい作品です!どうぞお楽しみに!

コンサートのご案内は↓をどうぞ!
















# by Toruberlin | 2019-03-14 08:08 | AMPELMANN Japan 2019 | Trackback | Comments(0)

(続)楽しい晩餐

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
# by Toruberlin | 2019-03-13 00:13 | 美味しい楽しい話

楽しい晩餐

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
# by Toruberlin | 2019-03-12 23:35 | 美味しい楽しい話

「コントラバスもたまには独りで弾きます」

c0180686_22315284.jpg
c0180686_00092728.jpg
Ein Kontrabass spielet selten allein
この春のアンペルマン室内楽シリースは小石川傳通院ご本堂にて4月初めの週末に行います。
2011年にサントリー・ブルーローズと鷗外の菩提寺である津和野の永明寺でシューベルトのオクテットで始めた室内楽シリーズもクインテット、カルテット、トリオ、ビアノカルテット/クインテット、ヴァイオリンやチェロ、ピアノとのデュエットと様々な編成で津和野、東京、伊達保原、道東の鶴居村で行ってきました。
東京公演は「鷗外の縁」森鷗外先生のご縁をいただき鷗外の功績を顕彰する施設を有する三都市の交流に先立ち、茗荷谷ラ・リールで7公演、「鷗外の縁」記念公演@鷗外記念館、そして昨年秋からは文京シビックホール共催を戴き小ホールで2公演行いました。この秋にも同ホールで2回公演を予定しています。
東京の櫻、今年は3/22開花で満開は28日。見頃は4/5頃までと予想されていますが、その週末 4/6(土曜日)& 4/7(日曜日)に傳通院さんにご縁を戴きましての開催となりました。
4月6日 19時開演 18時開場
4月7日 18時開演 17時開場
詳しくは案内をご覧ください。
チケットご予約は電話番号もありますが(傳通院事務所 9時から16時)メールにてアンペルマンコンサート事務局へどうぞ!未就学児童の入場は静かに聴いてくれるなら(小学生も同じく)大歓迎です。

ampelmannkammermusik@gmail.com

c0180686_22525665.jpg
秋のコンサートを聴いてくださった傳通院麻生貫主はじめ多くの方の御陰様で春からの傳通院コンサートが実現します。第一回に「コントラバス独奏」は地味か?お客さんに喜んでもらえるか?!との問いかけは自分にしましたが、秋にベルリンに戻る直前に傳通院を拝見し、コンサート開催を決めてから検討し「コントラバスもたまには独りで弾きます」に決めました。
独りでのコンサートは初の試みです。
コントラバスはピアノとのデュエットコンサートでも話しましたが、メロディに合わせて弾くことが役目で、それに喜びを感じる楽器です。アンサンブルやオーケストラをベースラインで引っ張っていくことは喜んでします。でもメロディで表看板を張ることはしない楽器です。
コントラバス奏者が普通には考えない、やらないことなんです。地味な低音で(でも、本来の良さあり)J.S.Bachの名曲を弾く。

決断して良かった!クリスマス以降、ほとんどの仕事は受けずに準備に集中してます。そして公に書くにははずかしく躊躇してますがバッハが書いた「宇宙」を荘厳なオルガンじゃなく単旋律で奏でさせる無伴奏チェロ組曲、それを「中トロ音域」でコントラバスで弾いてますと、毎日違う、バッハから伝わることがあります。しばしば新鮮にも感じます。それは数世紀超えた今でも活きていて、バッハが長く務めたトーマス教会、生まれたアイゼナハなどなどを思い出し、またベルリンでの多くは教会で弾いたバッハを浮かべながら、バッハがチェロに書いた曲はチェロに任せておけば良いのに!と思いつつ、そしてオリジナル曲じゃない作品を弾く時には、オリジナル楽器より良いとまで目指さなくとも同等に意味のあることにしたい!が基本理念ですので愉しみながら準備しています。
ドラゴネッティはベートーベンと同時代、クラシック。12のワルツばかり並べるのは難しいですが、なんか好きな作曲家でもあり、彼が考案した弓を手に入れたこともあって、さらに楽しくなってます。
まだ完成してない、タイトルしか知らない高橋幸代作品は、頻繁に打ち合わせしてきましたが曲の中身はまだ知りません。かなり高い音も使うみたいで、あまり難しくないと良いなと思いつつ、楽しみです。
彼女の作品が出来上がったら、1945年に書かれたH.W.Henzeのセレナーデ。これは恩師が最高作品と仰ってた小品集で、これを幸代ちゃん作品の前に入れるかどうか決定します。

コンサートは休憩なしの60-70分を予定しています。
ご本堂隣の書院にて主催の傳通院・彩プロダクツさんより呈茶席が設けられます。呈茶(ていちゃ)とは堅苦しくないお茶席、美しい書院でお茶と生菓子をお楽しみになれます。

都営地下鉄大江戸線・三田線 春日駅より徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅より徒歩10分
または都営バス伝通院下車
c0180686_22312877.jpg


プログラムのご案内
# by Toruberlin | 2019-03-11 13:13 | AMPELMANN Japan 2019 | Trackback | Comments(0)

Maestro M.ギーレン

c0180686_18252009.jpg
c0180686_18251188.jpg
1980年11月にベルリンに来て、翌年夏にRias放送ユースオケのオーディションにドラゴネッティのAndante e Rondoを弾いて合格し、1981年12月に創立50周年記念コンサートで60人の団員に、それ以上の西ベルリンのオーケストラで弾いてたOB/OGが加わってのコンサートがオーケストラ初舞台でした。場所はフィルハーモニー、フルートのK.H.ツェラー氏が3番とかに座ってらした。KBは団員6名にOBが+10名、ベルリンフィル、DSOとドイチェオーパーから10名加わってのKB16人でのマイスタージンガーと火の鳥が、僕の最初のオーケストラコンサートでした。それまで日本ではオーケストラも室内楽も未経験でした。
84年にベルリンフィルでプロコフィエフの5番がプロオケ初舞台だったんですが、それと同等かそれよりも実りあったのが1983年春に入団したJungeDuetscheフィルでした。Witt先生も、ドイツでベルリンフィルの次のオケ、とトレーナーに来て仰ってましたが、当時のユンゲドイチェはマゼール、ベルティーニ、ドラティ、アルブレヒト、etc.のマエストロに恵まれ、カラヤンとバーンスタインも指揮したいと仰ったくらいでした(しかし実現はしませんでした、残念ながら)。
春と夏の休み期間にケルン郊外のリントラー城とベルリンに集まって練習しコンサートツアーをしてましたが、僕は13回連続出演、たぶんまだフランクフルト歌劇場のM.K.と13回は最多参加記録保持者のはずです。
プロオケで接するマエストロと違い、自分のオケでもあるユースオケで長い時間を共有するマエストロとは身近に接する機会も多く、ありがたかった。
特にG.ベルティーニ、D.シャロン、すでに鬼籍に入ってる両マエストロとは思い出が多いですが、もう一人、このツアーで食事の席もご一緒できたマエストロ M.ギーレン氏が3/9に他界なさったそうです。
c0180686_18245823.jpg
この写真はストックホルム・コンサートホールでの本番後で。ホテルでのテーブル写真などもあったのですが、発見できませんでした。奥様も素敵な方で、いつもご一緒でした。
31年前。1988年の春の写真です。
c0180686_18244846.jpg
そのストックホルム「コンサートフーゼット」前で、これはGP前だったと思います。この頃はパイプを離しませんでした。
c0180686_18242988.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-03-11 08:08 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

春らしくは、まだまだ遠い。

c0180686_07164035.jpeg
c0180686_07155508.jpeg
Leider ab Heute wieder ohne Stern. Nach H-Kennzeichen Bestand fast drei Monate mit der Stern die Fahrt genossen, aber leider vorübergehend ohne.
真冬はなかったベルリンですが、春らしさとは天候不順以外はしばらく無縁のようです。こういう時期、体調崩しやすい。ベルリンの皆さんご自愛ください。東京は河津桜が満開の写真がFBに溢れてますがb、花粉が猛威を振るってる?お大事に!
さて「心無い」阿保はいつでもどこにでも居るもの。
昨日の朝、今日のフィルハーモニーKMSでの本番リハに向かおうと愛車と会ったらスリーポインテットスターのMercesesstern、シンボルを折られてました。
H-Kennzeichen (クラシックナンバー)取得審査にオリジナルが必要で着けてから約約3か月、だったなー。
c0180686_07171106.jpeg
さて、どうするか?
昔、トルコ人の間で流行ったオリジナルじゃない(でも、出来は良い)着脱可能なシンボル、やはり違法なのか(オリジナルじゃないから)最近見かけません。義父のメルセデス(ワンオーナー)はずっとそれで、降りるときは外し、乗るときにまた着ける、を繰り返してました。僕も何度かの盗難の後(というか、破壊だな)それにしてたんですが、外し忘れて駐車中に持って行かれました。
昨日、ネットで発見。15000円くらい(昔は、ずっと安かったと思います)
さて、どうしようかなー?
c0180686_07153127.jpeg














# by Toruberlin | 2019-03-10 06:55 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

今年初の炭火焼きの日Vol.2

c0180686_22081992.jpg
c0180686_22081090.jpg
湖畔でビール、からの炭火焼。間に中華製麺講座が入りました。
c0180686_22072131.jpg
その前は串の仕込みですが、まずはブランチ、腹ごしらえ。檜枝岐蕎麦。
c0180686_22071450.jpg


More
# by Toruberlin | 2019-03-09 00:08 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)