人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

8/23の午後。
at 2019-08-28 23:59
大使館の後は、西ベルリンスタ..
at 2019-08-27 23:59
在ベルリン日本大使公邸レセプ..
at 2019-08-26 23:59
文京区御一行と三ヶ寺御一行、..
at 2019-08-25 23:59
拙宅にて。
at 2019-08-24 23:59
文京区御一行さま、来伯 8/22
at 2019-08-23 23:59
9/14 東大阪にて!
at 2019-08-22 23:59
祐真キキさん、美しいが故の。
at 2019-08-21 23:59
べルリンに帰ってきての喜び
at 2019-08-20 23:59
The Terror Sta..
at 2019-08-19 23:59
ベルリンに帰ってきての喜び
at 2019-08-18 23:59
ベルリンに帰ってきての喜び 
at 2019-08-17 23:59
ベルリンに帰ってきての喜び
at 2019-08-16 23:59
SAS スカンジナビア航空で..
at 2019-08-15 23:59
有楽町「川上」
at 2019-08-14 22:59
昼焼肉、しかも独り 8/1
at 2019-08-13 23:59
腰越駅で待ち合わせ。7/31
at 2019-08-12 23:59
原三渓の美術@横浜美術館
at 2019-08-11 23:59
千駄木の朝。7/31
at 2019-08-10 23:59
成澤文京区長邸にて。
at 2019-08-09 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19
喜んで頂けて何よりです。..
by Zeiss_Mania at 14:49
お、ラーメン仕込みますか..
by Toruberlin at 03:30

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:AMPELMANN Japan 2019( 57 )

9/14 東大阪にて!

c0180686_19000615.jpg

「ベルリン小景 Die Berliner Szenen」
作曲にあたり、40年近くベルリンに住む高橋徹さんに、愛する風景や音、壁崩壊の瞬間など、
沢山の写真や映像をお送りいただきました。
私自身がベルリンを訪れた際に心に残った風景ともに、徹さんの目や耳、記憶を通してのベルリンに思いを馳せながら音を紡ぎました。
皆さまにも、音楽を通して、それぞれの「ベルリン」を思い描いていただければ、とても幸せに思います。(高橋幸代)

東大阪市とベルリンミッテ区は姉妹都市60周年を迎えます。
今月開館した東大阪文化創造館小ホールにて

入場無料、どなたでもご参加いただけます。
ベルリンミッテ区との交流記念。ベルリンをテーマにした高橋幸代さんの作品二曲をお祝いに演奏いたします。

「ベルリン小景」高橋幸代(2019) ベルリンの映像付きバージョン
コントラバス独奏 高橋 徹

BERLIN1920s 高橋幸代(2013)
弦楽トリオ版(2018)
ヴィオラ 青野亜紀乃
チェロ 細谷公三香
コントラバス 高橋 徹

c0180686_19001781.jpg













by Toruberlin | 2019-08-22 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

SAS スカンジナビア航空でNRT-CPN-TXL 8/2-3

c0180686_23053702.jpg
日本からベルリンも二日がかり?
じゃあ普通はないんですが、今回は安い!と日本のサイトで買ってしまったら帰りにコペンハーゲンで一泊でした。そう、日本のサイトでもこちら発のフライト、あるんですねー。
空港至近ホテルは安くないから、フライトと合わせるとあんまり意味がなかったのだけど、夕方に着いてホテルでずっと寝る、これは良いです。翌朝まで寝たら時差は解消されてました。
c0180686_23052810.jpg
今回は横浜滞在でした(次回もだけど)。東麻布の時はトランクは宅配便に託して京成電車から都営乗り入れで大門まで1時間ですが、横浜へはトランクとともにリムジンバスを使いました。意外と便利ですね、リムジンバス。
c0180686_23052043.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-15 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

腰越駅で待ち合わせ。7/31

c0180686_02311399.jpg
c0180686_03221327.jpg
c0180686_02305992.jpg
c0180686_02305289.jpg
Dr.Masaraこと某医大のK教授とR子ちゃん夫妻、18年くらい前か?ベルリンに留学しました。すでに腕の良い外科医だった彼はフンボルト大学でサイエンティストとして研究、R子ちゃんは誰もが知る企業のメンバーですが産休を取っての家族での渡独でした。たしか3年のベルリン滞在、たまたまですが僕の所属するテニスクラブの近くに住んでました。ベルリン仲間4家族の付き合いが始まり(今は総勢14人)現在に至ります。ベルリン滞在中はR子ちゃんの二人の妹家族、ご両親もたびたび来伯、親しいお付き合いです。Cちゃんは高校はアメリカ。弟のG君も現在高校から留学中です。
春にはCちゃんは傳通院コンサートに来てくれたし、全員ではなかったですが稲村ガ崎のK元邸でベルリン仲間再会も久しぶりに実現しました。大学3年のCちゃん、SNSで連絡を取りやすい。夏に超短期で帰るよー!から「じゃあGも居るし、会いましょう!」となってました。しかしパパは教授就任直後、ママもバリバリの宣伝部所属だから、なかなか時間は合わない。週末以外は無理!となり、しかし週末は僕が居ないか仕事あり。で、Cちゃんに「秋にしようか?」と送ったら「でもトールさん、秋にはGがいないんですよ。トールさんに会いたがってる!」
となれば、じゃあ三人で?Cちゃんからは「じゃあ、子供だけで会いましょう!」
たぶん自分たちのことを言ってるんだろうが、子供だけ?に笑いました。
G君はベルリンに来た時は0歳、Cちゃんは3-4歳。G君はかなり最近まで僕を親戚と思ってたみたい。
ま、似た様なもんだけれど。
大船から電話して、江ノ電の腰越集合時間を伝えました。腰越といえば蕎麦の名店「結」があるけれど、ふたりは「しらすや」も知らなかった。まあ、若者には蕎麦前よりはガッツリ魚か?と決めました。
c0180686_02304597.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-12 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

原三渓の美術@横浜美術館

c0180686_01391875.jpg
鰻のあと、確かさんさき坂カフェは定休日で伺えず、横浜へ。しかし書いた様にまだチェックインには早い。
駅の上のMark isを素見すってのも手でしたが、駅構内でこんなポスターを見かけました。
c0180686_01391123.jpg
横浜美術館、ってのは夜にMark isから見えたお向かいの建物だ!と思い、駅構内の案内に従い、滞在先と逆の出口へ。
c0180686_01390304.jpg
真夏が来たばかりの関東、なかなかに夏!でした。
ランドマークタワーの手前が美術館。
c0180686_01385585.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-11 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

千駄木の朝。7/31

c0180686_00575105.jpg
夜は本郷からタクシーで千駄木のホテルへ、もともと看護婦寮だったホテルはシャワーとトイレは共同なんですが、部屋は全て六畳間で卓袱台と座布団しかない。実にシンプル!なんか、気に入ってます。
気に入ってるのはお値段も。いや、格安航空券などど同じで、ここも、例えば昨秋のティルの部屋を探したときは一泊16000円とかだった。まあ、4人とか6人で泊まることもあるようだから、安いんだけど、運が良ければ4000円台なんです。これは魅力ですね。ビジネスホテルに1-2万払う気には全くなれません。
そして、下町風情が残った街に泊まるっていう贅沢もある。
c0180686_00574247.jpg
チェックアウトして、その下町風情を楽しんでたら埼玉からのトラックが数台並びました。この日は寝具の総入れ替えだった様です。朝ご飯は基本摂らないからアイスコーヒーでしばしテラスにいました。
このホテルが面白いのは、日本人がほぼ居ないこと。初めて泊まったときは、4時過ぎに目覚めてカフェで(24時間オープン)何時間かMacBookと過ごしていて、気づいたら周りはフランス人のティーンで埋まっていた、とか面白いです。
出張費浮かすサラリーマンが居ても良い様に思うが、もう10泊は都合してると思いますが、日本人には会いません。


More
by Toruberlin | 2019-08-10 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

幸代ちゃんと、数分だけ。

c0180686_02554106.jpg
c0180686_02553310.jpg
さて、違う店だった?!が気になってると思います。特にUNO君が。
とっても良い店だったからなんの問題もないんです。でも、トイレが庭の奥で、あれ?と思った僕の感覚は正しかった。
「魚見亭」さん。数日後、ベルリンに戻る前夜に川上さんにやっと伺えて(いつもの九段中仲間、最小メンバーで)K持に「一昨日江ノ島行った。昼間から呑んだよ、魚見亭で!」富士見亭だろ?!いや、魚見亭。
K持が「そうそう、あそこ全く同じような店が、外も中もテラスまで同じようなのが2つあるんだよ!彼らも一度、入ってから、知り合いの店だから「居ますか?と」訊こうと思った時に違いに気づいたらしい。
一段下の階、だそうで、そう言えば僕はいつも石段登って最初の店に入ってた。店でてから、上にもう一軒あっても気に留めないもんなー。確かに、鳥居と同じ高さではなかった、食後に階段を登ったのを思い出しました。
同じようだけど(メニューも)富士見亭には、そう言えば座敷もあった。
c0180686_02552543.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-08 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(2)

江ノ島散歩 7/30

c0180686_01374288.jpg
c0180686_01372570.jpg
散歩と言っても、エスカーを乗り継ぎ、途中参拝しながら蝉の大合唱の中へ。
平日で良かった、そう混んでなく、のんびりと歩けました。
c0180686_02253971.jpg
蝉こそ、真夏を感じます。ベルリンには皆無、イタリアでは耳にしましたが、でも日本の蝉時雨は独特です。
c0180686_01370691.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-06 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

昼前から江ノ島へ 7/30 偶然の再会!

c0180686_01375415.jpg
さて、帰国には理由があります。遊びに帰ることは、これだけ頻繁に帰っていればありません。今回は超短期(僕にしては)帰国かつ久方ぶりの真夏帰国でした。用事は多かれど、少しは楽しむ時間がないと、面白くありません。
滞在はいつもの東麻布ではなく(ひと月からの契約だから)みなとみらい、つまり横浜だったんです。そして夏。
夏祭り、ってのは後から(菩提寺の帰りに神楽坂で気づきました)で、谷根千も1-2泊はする予定でしたが、さんさき坂カフェ、鷹匠あたり、ラッキーなら+乃池?それに有楽町の川上さんはマストな「楽しみ」でしたが、せっかく西にいるんだから湘南が近い、しかも夏!海の家には40数年ぶりに行き、稲村ガ崎の友人ファミリーは調整中、で予定してた残る楽しみは江ノ島でした。(たくさんまだ湘南にお住いの方々おいでですが、2-3日の半日オフ、御勘弁ください)
一人で行っても面白くない。昼から江ノ島でビール、となると堅気さんは仕事で無理だから、二日前に晩餐一緒だった歌手のUNO君を誘いました。奥様はピア二スト、半堅気ですが、この日はお仕事でした。
c0180686_01413831.jpg
片瀬江ノ島で待ち合わました。
彼は歩いて江ノ島に渡るのは初めて。そもそも2回目というから、呑むのは初めて。
ここには富士見亭初め、何軒か眺めよく落ちつける店があるんです。ただし平日限定、週末はあまりに混雑してるからオススメしません。
c0180686_01382621.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-05 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

本牧のU邸へ 7/29

c0180686_02483183.jpg
c0180686_02472027.jpg
c0180686_02470249.jpg
c0180686_02465333.jpg
今回の滞在先は横浜。もともと自由になる夜は僅かしかなかったので仕事関係以外はほぼ誰にも連絡しなかった久々の真夏帰国ですが、横浜ときたらU夫妻!でした。というのも春に伺う約束してましたが、あまりにもイベントが多く続き断った唯一のお相手だったんです。
ご主人のRちゃんは国際線のキャプテン、長年お付き合いいただいてるM末さんとも接点があることをベルリンで知り嬉しい驚きでしたが、オーディオにかなり凝っていてベルリンではまずそれで盛り上がり、クラシックカーの桃源郷にお連れした時もまた盛り上がりましたが、彼は356に乗っています。その356、たまたま東麻布のアパートのお向かいにレモンイエローのが飾ってあり、それを見がてら迎えに来ていただいて本牧に伺う!なんて春の予定でしたが天気予報はそのとき雨のこともあり、次回に!となりました。今回はみなとみらいからなら直ぐ、帰国を決めて真っ先に予定調整をお願いしました。
c0180686_03201512.jpg
奥さんのY子さんはチェロを弾きます。傳通院にも二人で聴きに来てくれました。29日、夕方からと思ってましたが「お昼にどうぞ!」で続いたのが、そこからのんびりと夜までって如何ですか?
RちゃんがマンションのPark棟とOcean棟の間くらいに356を停めて待っててくれました。
c0180686_03202182.jpg
c0180686_03200871.jpg
カブリオレ、もともと大好きですが、356だから格別です。もちろん乗るのは初めて!走っていれば真夏でも僕はクーラーなしでオープンが好きです。イタリアでもアウトストラーダを速く走る以外は、そうしてました。
c0180686_03202846.jpg


More
by Toruberlin | 2019-08-03 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(2)

横浜だけど中華街じゃない中華へ 7/28

c0180686_16094406.jpg
土曜日は吉祥寺から新宿経由で千駄木へ。千駄木の定宿に泊まり、チェックアウトは10時。アイスコーヒーをテラス席で下町風情眺めながら楽しみました。
夜はみなとみらいだからコインロッカーは日比谷線と交差する霞ヶ関にしました。荷物置き場確保、先決問題です。
東京メトロ霞ヶ関、コインロッカーは3カ所にあり都合良いところを目指したら、改札の外!駅員さんに、中にはコインロッカー無いですか?と尋ねると「この後も東京メトロご利用ですか?」と訊いてくれて、通してくれました。夜のピックアップも同じく、親切な対応、ありがたかった。
丸ノ内線で新宿、京王線で浜田山に向かいましたが、さてブランチは?
前日は浜田山の美味そうな中華に入ったんですが、家族経営で良い店だったんですが、料理は中の下。もう一度は行きたくなく、乗り換えのホームにカレー屋発見。チェーン店には入らないのが常ですが、伝統のスパイスとか書いてあるカレー専門店。数日前は分かっていて食べた海の家カレー、真夏の激辛!と書いてあっても甘いレトルトに唐辛子の輪切りが載っただけで、米は美味しかったから海の家だし満足しましたが、あれで日本でのカレーを終えたくない!入ってみました。カツカレーを選択。
答えは、全くダメ。カツもダメなら、カレーもNG。あまりに単調で簡単。カレー専門店多いけど、みんなあんなレベルなのか?そういえばY嬢と昔リハの合間に東麻布のカレー屋2カ所行きましたが、どっちも味が薄いは単調だは、で驚きました。
佐渡ゆーちゃんと食べた札幌カリー軒のカツカレーは、かなり特別だったんだなー!と再認識しました。
だから外食、キライ。いや、美味しい店もあるはずではありますが。
c0180686_16325551.jpg
日曜日のリハ、前日とはかなり違った、楽しいリハでした。これで音響の良い教会で気持ちよく弾けたら!楽しみですねー!
c0180686_16191712.jpg
ブルックナーの8番と7番のAdagio。
8/24@ミノリーテン教会inWienはすでに満席、8/25@聖フローリアン修道院大聖堂inLinzはまだチケットあるようです。


More
by Toruberlin | 2019-08-02 23:59 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)