人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アラン島のフィッシャーマンセ..
at 2020-01-21 20:40
12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56
日曜日、Perlebergか..
at 2019-12-17 17:35
贅沢な悩み
at 2019-12-16 23:20
東独デザイン、まだまだ残って..
at 2019-12-15 22:21
第3アドヴェントのコンサート..
at 2019-12-14 23:47
A. Rau 作の弓
at 2019-12-13 17:17
かなり久々になっております。
at 2019-12-12 14:18
有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:これはおすすめ!( 143 )

12/23月曜発売の週刊ポスト

12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21260262.jpeg
現役写真家として50余年活躍する伊達の御大、青柳陽一。麻田奈美さんの「りんごヌード」があまりに有名だから一般にはそこまで広く知られてませんが、JAL、サントリー、MAZDA etc.と広告写真でも大活躍した稀な写真家です。
花も猫も撮りますが、いちはん多いのはヌードなのかしらん、一番有名です、ヌード写真が。
12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21315404.jpeg
新年号の表紙、特別付録はA1ポスター二枚。
モデルは
12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21335353.jpeg
左の麻田奈美さんは御大が発掘、最近も写真集が人気ですが、アグネス・ラムを初めて撮り、日本に、日本のプロ写真家たちに紹介したのも御大です。
日本のヌード・水着写真、特別な背景でパッと有名になったり、個人的趣味による記憶は除くと、この二人がツートップ?!奈美さんは48年間輝き、アグネスも広い範囲で記憶に残ってるかと思いますが、どちらを(初めて)撮ったのも青柳御大なんです。

編集部からベルリンにも送る手配をしてくださったそうですが、まだ旅の途中です。

秋の帰国、夏の二回もまだまだブログに書けてませんが10月には鮎の炭火焼きを伊達保原でご一緒しました。
↓は東京組、Sちゃん先生と絶品中華桜華楼にて。
12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21480709.jpeg

12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21471519.jpeg















by Toruberlin | 2019-12-22 23:19 | これはおすすめ! | Comments(0)

iPad2019


iPad2019_c0180686_21195964.jpeg
前から気になってました、iPad.
3-4年生活を共にしてくれたMacbookProはたしか3代目、しばらくはiPadがメインになります。
iPad2019_c0180686_21234839.jpeg
前から気になってました。MacBookとiPhoneがあれば使わない?から、日常で便利なシーンが多々あるのは感じ、MacBookがキーボード不調から不具合は出てきてましたが落としてしまい起動はするがハードディスクが見つからず使えない。500GB積んでるから2000ユーロは大きく超えるMacBook、次はどうするか?考えてました。
iPad2019_c0180686_21311972.jpeg
iPhoneが高価なのは小さいボディにいれるから。WifiのみのiPadは機械として余裕があるそうです。
だから長持ちで安価。最大の利点は軽いこと。
MacBookは素晴らしいが軽くはない。カメラとオールドレンズはiPhoneの次に必須携行品、その次のデバイスは軽い方が良い!
キーボードを付ければ僕のブログメイン、あとは企画書やPDF書類、メールという使用範囲ならiPadで充分事足りる筈です。
iCloudやiPhoneからiPadはすぐに使える状態にできます。聞いてましたが驚く程早かった。
たぶん、この日記がiPhoneからの最後になります。
iPad2019_c0180686_21392208.jpeg










by Toruberlin | 2019-12-21 21:17 | これはおすすめ! | Comments(0)

TOKYO BLUES

TOKYO BLUES_c0180686_03143636.jpg
文京区本郷にあるお洒落酒屋Luvisch(ラビッシュ)さん。
成澤区長ご夫妻に連れて行っていただいたのは、前回の帰国初日でした。未だブログに載ってませんが、、、。
その時に社長のTちゃんが「ベルリンからですからドイツビールてもないですよね?これはいかがですか?」と出してくれたのがTOKYO BLUESでした。福生で醸造されてるクラフトビールです。
3種類を出してくれたんですが、これがどれも美味い!
TOKYO BLUES_c0180686_03143101.jpg
TOKYO BLUES_c0180686_03142515.jpg
小瓶でお洒落、ラベルもお洒落。三種類あるとハズレがあるのが常ですが、僕にはどれも美味しい!
TOKYO BLUES_c0180686_03141557.jpg
帰国二日目の朝はシビックホールでMTGでした。昨年同様、舞台係の方はプロ、サクサク進みました。終わってからラビッシュに伺う約束になってましたが、開店時間より早く着いてしまいました。
コーヒーを淹れてくれて(これも美味い!)いろいろ意見交換の後「徹さん、今日の予定は?」とTちゃん。
夜にたぶんDSOのチケットが手に入ればサントリーに1830には行かねばなりませんが、それまでは特に無しでした。
「じゃあ、如何です?」」いやいや、独りで頂くのもなー。。。で一度は収まったんですがTちゃんが、「じゃあ、たまには飲んじゃいましょう!」と開店前からご一緒してくれました。
TOKYO BLUES_c0180686_03140826.jpg
このラインナップ、ご馳走になりました。
TOKYO BLUES_c0180686_03140266.jpg
これ、美味いです!
14時まではいつも誰も来ないですから!とTちゃん。
でも開店してすぐに、冷やかしじゃなく綺麗なご婦人が続けてお買い上げ。
お酒が好きな人、ネットで値段ファーストで探す人じゃない人、少なくないはずです。
どんなお酒が?とか、こういうの呑みたいんですよ!などなど餅は餅屋。造詣が深いTちゃんに相談して求める、ってお客さんも少なくありません。そう、Tちゃんは利潤だけを求める商売人ではない。
本郷のLuvisch、良い空間ですよ!
金曜日の@シビックホールでは、Luvischが長いピアノリサイタルの後の45分、1915公演の休憩にもドイツビールをホワイエに並べてくれます。僕らの演奏を聴いてくださって乾いた喉を、どうぞ潤してください。
そこでTちゃんが着用してる(予定)ベルリン壁崩壊30周年記念アンペルマンTシャツは、残念ながら販売予定はありません。
TOKYO BLUES_c0180686_03135835.jpg
















by Toruberlin | 2019-10-12 23:59 | これはおすすめ! | Comments(0)

江戸川橋「チョコ」

江戸川橋「チョコ」_c0180686_15240376.jpg
江戸川橋「チョコ」_c0180686_15235400.jpg
江戸川橋「チョコ」_c0180686_15234542.jpg
夏の日本滞在3日目の火曜日(7/23)は成澤文京区長のお誘いで江戸川橋に新しくできたイタリアン「チョコ」で晩餐でした。
超有名店リストランテ・ヒロ青山本店の料理長を長年務めた関口シェフのお店だそうで、楽しみでした。日本でイタリアン?!まあ鮨よりも先ってのは、、、ですが(そして今回も鮨には縁がなく、、、)東京には美味しい店が集まっているのは今や常識です。

みなとみらいのゲストルーム、快適なんですがWifiがない。なのでポケットWifiを手配して成田で受け取ったんですが、とにかく遅い。まるでデータ使い終わって制限が掛かっってるような遅さ、テキストは送れるけど、状態。問い合わせたら、たぶん不手際で、明日になりますが送ります!が答えでしたが、送ってもらったら受け取るのは+1日になるかもしれない。どこかで交換できないの?と訊いたら、歌舞伎町でした。湘南新宿ラインで横浜から新宿へ。桂花に入りたい欲求を抑えながら同社の事務所で交換してもらいました。ま、手違いはあることで、可愛いお嬢さんが恐縮しながら交換手続きを廊下でしてくれましたが(あまりないことなんでしょう)、もしかしたら最安だから遅い?かと思ってましたが、ドイツの家庭並みには速かった!
江戸川橋「チョコ」_c0180686_15222727.jpg
思い出横丁、昼下がりから営業してる店多いんですね。
江戸川橋「チョコ」_c0180686_15221359.jpg
さて、Wifi貰って2時間くらい余裕がありました。その会社の横は大江戸線の駅、途中に神楽坂があります。
江戸川橋「チョコ」_c0180686_15220476.jpg
初めて降りた出口の向かいは、袖摺坂。
江戸川橋「チョコ」_c0180686_15215361.jpg


More
by Toruberlin | 2019-07-23 23:59 | これはおすすめ! | Comments(0)

来年3月、Paris-Tokio 263ユーロ!

来年3月、Paris-Tokio 263ユーロ!_c0180686_12482488.jpeg
何でも高くなった!よく聞くセリフです。
レンタカーは工夫とタイミングもあるが、安くなった、安い!と思うこと、しばしです。
イタリアまで飛んで、大好きな500とかランチャイプシロンが一週間で2万円とか、お世話になってます。
でもカブリオレはあまりなく、ゲットできても、かなり高い!
この夏はベルリンで2週間カブリオレを借りました、タイミング良く10万円以下。新車価格の1パーセント以下で1週間楽しめる、ありがたい!
しかし3万3千円で往復⁈
アエロフロートで所要時間も14時間とか、マトモ。パリ滞在してから帰国、とか、あらかじめパリ往復を安く、フライト、バス、電車を手配しといたら、不可能じゃないかも。帰国、または日本訪問の良い機会となりますね。

1983年の初一時帰国、JALで当時の、今のベルリンの住処と同じ建物内の2部屋60平米アパートの20カ月分家賃と同じだったのを思い出す。
家賃が飛び切り安かったとしても、そして今でも同じ部屋は600ユーロくらいだそうで相場的には安いそうだが、その20倍!だったと考えると恐ろしい。
通信費と飛行機賃が何でも高くなった現代、安くなった典型か?
両親にはお世話になりました。

安くなったから、せっかく留学したのに頻繁に日本に帰っていて勿体なくない?
一所懸命という言葉がよぎりますが、どんな時代、環境でも条件を活かすかどうかは本人次第。
自由だから責任がある。
とても高価で数年に一度帰れたら御の字だった時代の方が幸せだったのかもしれないが、せっかくの良い情報ですからご紹介しました。

2週間借りたカブリオレ、ご機嫌な走りです。
来年3月、Paris-Tokio 263ユーロ!_c0180686_13113233.jpeg















by Toruberlin | 2019-07-07 04:45 | これはおすすめ! | Comments(0)

マイボトル

マイボトル_c0180686_22461123.jpg
ペットボトル依存は日本の比じゃあないけれど、でも軽くて便利なペットボトル。日常にあります。
どう使うかが問題なんだけど、でもゴミになるかもしれないなら、できるだけ使わない方が良い。
暑い時に自動販売機、ありがたいですけどねー!
でもあれって、最近はWifi基地としての利用もされてるようだけど、エネルギー食う冷蔵庫であります。出てくる熱気をクーラーでまた冷やす。矛盾あり。
ありがたいからお世話になっちゃうんですが、1Lで考えれば500円とか?
人を複数1Lあれば時速100km/hで10数km運べるガソリンが高い!と言われてもその半分以下ですから、如何にペットボトルが高価かがわかります。もちろん、設備と維持費など込みだけど。
僕は販売機使うなら、良い店があったら入ります。
マイボトル_c0180686_22454985.jpg
できるだけ使わないようにするにはマイボトル。給水サービスが盛んになりそうでもありますね。
イタリアでも昨年見かけました。自宅から持ってくことが僕は多いけど、SIGGでは小さい。またSIGGは可愛いんですが、太いからかさ張りやすい。こういうの探してました、ステンレス製。
とってもシンプル、通販で2本で20ユーロしなかった。
トップの木製部分にはオリーヴオイルを塗り込みました。
これに冷やした「まめ茶」とか麦茶、炭酸水も抜けないから良いです、昨日試しました。
まあ、ペットボトルを販売機で買うのが、楽なんですけどねー。
こんなボトルなら、毎日のお供にバックに入っていても邪魔にはならない=販売機使用頻度激減、な気がしてます。東京にも持って行こう!
ベルリンの水道水は地下水、ミネラルウオーター。気になるなら一度沸かせば完璧です。
便利なプラスティック、大問題でもありますが、完璧なリサイクルシステムができるまでは、出来るだけゴミを出さない工夫がマストですよね。
アンペルマン社もですが、好きな服のブランドも紙メインとなってます。
プラスティック関連業の方には気の毒ですが、必要なことですね。

あー、早くトランクをぐるぐる巻いて保護するサービス、禁止にして欲しい!
マイボトル_c0180686_22455811.jpg














by Toruberlin | 2019-07-06 14:45 | これはおすすめ! | Comments(0)

「岩魚が呼んだ」レビューを書きました。

「岩魚が呼んだ」レビューを書きました。_c0180686_14134143.jpeg

12年前に著者の青柳御大から頂戴した同書の電子書籍版、読んでいます。
ブログとは違い、あくまでも書籍のくくり。電子書籍だからフォーマットも、本です。
なのでMacBookでよりもiPhoneの方が良い。iPadは待っていないんですが、それでがベストだろうなー!
写真を拡大も出来ますし、電子書籍という分野は、これだけタブレットなどが普及した今、特に写真を掲載するのは印刷代もかからないし在庫を抱えなくても良いから(本を手にする、って喜びはないですが)そして写真を見るのに適してるから、伸びる分野だと思います。
本という括りで小説と同じフォーマットなのが、写真メインとするならばMacBook(またはPC)画面に合わせて横長ならしっくり来る気もしますが、これは慣れか?
タブレットなら90度動かせば、見たい写真は横置きになるのかもしれません。
書籍を読み取っての、電子書籍。読みたいものをDLして持ち歩けるのは、今更ながら、便利です。



一昨日の紹介ブログです。

御大がご存知の1960年代、電気もなかったランプの宿時代は想像するしかありませんが、いま在る「加仁湯」には、さーて、いつ伺うかなー?
「岩魚が呼んだ」レビューを書きました。_c0180686_14334172.jpg





















by Toruberlin | 2019-06-23 06:14 | これはおすすめ! | Comments(0)

青柳陽一「岩魚が呼んだ」 電子書籍で新発売!

青柳陽一「岩魚が呼んだ」 電子書籍で新発売!_c0180686_16230981.jpg
青柳陽一「岩魚が呼んだ」 電子書籍で新発売!_c0180686_16230148.jpg
小学館釣り選書シリーズから「岩魚が呼んだ」発売です!
12年前に発行された同書。完売久しく、永らく手に入りませんでしたが、写真を見るには好都合の電子書籍で再登場です!
もちろん、紙の本、私も好きです。特に、小説は。
大判の写真集、これも良いです。
でも優れた画面を持ったPCやタブレット、それに使い慣れてる人は多いですから、写真を見るにも電子書籍というスタイルは、いや、写真を見るからこそ、小説よりもずっと電子書籍に合っていると前から思ってました。
それが、青柳御大の交友録、岩魚が取り持ってくれた縁から広がった現役生活50数年の写真家青柳陽一の人生が綴られています。実生活で20数年のお付き合いを戴いてますが、面白い!

2007年に発刊された同書を読んで、まずそう思いました。
今回の電子書籍バージョンには、たくさん写真や話が加えられています。

本日発売です!
と言っても電子書籍ですから、書店に平積みされるわけではありません。


この小学館電子書籍ページから「購入する」でたくさんの電子書籍ショップが現れます。私は初めてなのでキンドルの無料アプリをDLする手間はありましたがiPhoneやMacBookに入ってしまえば、いつでもどこでも!というのが電子書籍の強みですね。
青柳陽一「岩魚が呼んだ」 電子書籍で新発売!_c0180686_16231676.jpg


More
by Toruberlin | 2019-06-21 09:01 | これはおすすめ! | Comments(0)

青柳陽一「岩魚が呼んだ」とJimmny LJ-20

青柳陽一「岩魚が呼んだ」とJimmny LJ-20_c0180686_18523686.jpg
ごま書房から2007年に発行された「岩魚が呼んだ」
伊達の御大としてこのブログを読んでくださってる皆さんにもお馴染みの写真家青柳陽一の(氏とかは付けるな!と御大から)交友の歴史です。
1972年型スズキジムニーLJ-20、これを御大は1971年に手に入れ、今でも愛用しています。48歳!
山から下ろしてからはオフロード用なのに雨の日は乗らない!と大事になさってます。「山で大活躍してもらったから、労をねぎらってる」と御大。
使わなくなった機材を手放す、これは「他の人の役に立つ」という大義名分を付けることもできますが、休眠資産保有を避けるためがほとんど?だからネットオークションも流行ってる。それに意見する気はありませんが、御大はほとんどのカメラ機材を手放してません。今では「青柳陽一写真塾のため、記念館のため」と仰ってますが、あのヌード、あの景色、あの頃(それは何時も順風満帆じゃなかったかもしれない)撮ったレンズとして「労をねぎらう」為に共に在るのでしょう。

新型ジムニーが大人気、大評判で買いたくても数ヶ月待ちだそうですが、確かに個性無き今の国産新車たちの中で光る存在です。私が1982年にベルリンで免許取得して、日本では一昨年まで運転しなかったんですが(免許がなかった)このLJ-20を伊達で運転したいが為に翻訳免許を取得しました。その頃にブログでもLJ-20のことを書きました。ご覧になりたい方は、左の検索窓にLJ-20と入れてください。

青柳陽一「岩魚が呼んだ」とJimmny LJ-20_c0180686_18522617.jpg
この素敵な写真たちは御大のminoxで撮影されたLJ-20、70年代始めですが、撮影場所は加仁湯です。今では道もでき鉄筋三階建ての温泉宿、当時は「お運びさん」が数十キロの食料などを担いで山道を登った(私もその時代に伺いたかったですが)頃に撮影されました。もちろん御大に送っていただきました。まとめて見られるのは、きっとここだけです。
青柳陽一「岩魚が呼んだ」とJimmny LJ-20_c0180686_18521235.jpg
御大からの写真データに手を加えるのはご法度です、作品をトリミングしてはいけない。
のですが、あまりにみなさんの笑顔が良いので!
こちらがオリジナルです。
青柳陽一「岩魚が呼んだ」とJimmny LJ-20_c0180686_18515956.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-06 23:58 | これはおすすめ! | Comments(0)

万作さんの作品で幸せな日々。

万作さんの作品で幸せな日々。_c0180686_17523532.jpg
万作さんの作品で幸せな日々。_c0180686_17504819.jpg
万作さんの作品で幸せな日々。_c0180686_17510703.jpg
この日記の日付は10/4、室内楽東京公演2日目を行った日です。
東京公演の後はカタリーナ、ティルと東京散歩の一日を挟んで伊達保原公演、カタリーナ、ティルの順に帰国し、同時に母が麻布に合流し忙しくしておりました。全部遊びの予定ですが「遊びこそ真剣に」、青柳御大の言葉を借りるまでもなく充実=フルな日々でした。子供の頃以来、これだけ母と一緒に毎日を過ごすことはなく、今日まで佳き日々でした。(10/19記)
さて、ベルリンに居を構えて38年、東京に実家はありますが東麻布に帰国のたびにアパートを借りるようになったのが2013年春からですが6年目、確か今回が8回目の滞在です。ひと月からの契約で東京を多く離れる時にはホテル利用も多かったんですが、でもやはり馴染みの、毎回部屋番号は違うけれど内装や家具調度は同じ「東京の我が家」は落ち着きます。
鶴居村を離れた日からブログを続ける予定でしたが、まずは「東京で必ず毎回してること」を書きます。
靖国神社通りにある花田さん、2010年頃から必ず帰国したら立ち寄ってる店です。
アパートには白い皿やカップ類、ワイングラス等々は揃ってますが和食器がない。ご飯茶碗に味噌汁椀、そのとき出会ったら皿や小鉢、また集めています蕎麦猪口を湯呑み代わりに揃えるのが帰国の楽しみになっています。
青山の大文字さんにも必ず伺いますが、メインは「くだん花田」です。
その理由の一つが中尾万作さんの作品です。早逝した義母が大好きで、贈ってもらった小鉢で一番古いのは20年近く前になるか?
ベルリンに中尾万作さんの作品はかなり揃いました。
今回も飯茶碗、湯呑みなどに加えて(家内がすでにベルリンに持ち帰ったのもあります)写真の小鉢、二つの蕎麦猪口との出会いがありましたが、これは使う度、眺める、手に取る度に幸せになります。
万作さんの作品で幸せな日々。_c0180686_17510194.jpg


More
by Toruberlin | 2018-10-04 23:59 | これはおすすめ! | Comments(0)