ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

津和野町長、津和野町議会表敬訪問
at 2018-07-23 02:41
ベルリンミッテ区代表団、来日..
at 2018-07-22 16:05
「げんごろう」でイノシシの夜..
at 2018-07-22 09:59
出来れば外したくない、津和野..
at 2018-07-21 20:28
日曜日の夜in津和野
at 2018-07-21 16:41
(続)津和野流鏑馬
at 2018-07-21 16:02
津和野流鏑馬 帰国日記@ベル..
at 2018-07-21 08:19
Nach Tsuwano 津..
at 2018-07-20 20:56
東京公演打ち上げは東麻布「た..
at 2018-07-19 19:31
4/6 AMPELMANN ..
at 2018-07-19 17:36
春のピアノカルテット帰国日記..
at 2018-07-19 16:08
Rothenburg o.d..
at 2018-07-18 23:57
Rothenburg o.d..
at 2018-07-18 23:45
日曜はTI VEDO 最終日..
at 2018-07-17 13:21
Cangoxinaと、お休み..
at 2018-07-16 23:09
土曜日、誕生日晩餐
at 2018-07-15 18:13
誕生日の夜はStaatsop..
at 2018-07-14 23:51
7月13日、58歳になりました。
at 2018-07-13 13:13
(続)ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 10:21
ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 09:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56
ありがとうございます!L..
by Toruberlin at 23:25
yuさん、コメントありが..
by Toruberlin at 17:18
お、コメントありがとう!..
by Toruberlin at 21:00
激しく同感だったわ(#^..
by 材木屋茶人 at 02:16
みさちゃん、塩焼きそばも..
by Toruberlin at 16:47
丸い幸せの丸幸、最高です..
by みさ at 10:29
S野ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:42
TORU さん 素..
by S野 at 09:45
R子ちゃん、早速コメント..
by Toruberlin at 22:24
徹さん、あの時はお忙しい..
by r子 at 17:28
S野ちゃん、それは災難。..
by Toruberlin at 16:14
ricaちゃん、ありがと..
by Toruberlin at 16:06
おはようございます。木曜..
by Toruberlin at 16:01

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:これはおすすめ!( 129 )

Cangoxinaと、お休みの月曜日。

c0180686_18123925.jpg
c0180686_18122716.jpg
c0180686_18121797.jpg
日曜日にStaatsoperのTi VEDOが終わりました。またMBが動かなかったので(原因究明のため、また工場入りです。ミニは床下補強で、また現在車無し)行きは電車。GPが1時間遅く始まったお詫びにカペレから休憩時間と終演後の飲み物招待!だったのでWeizenを3-4杯、おかげで飲めました。帰りは久々にタクシー、楽器もあったしタマには良いでしょう。車がなければ、必要なときタクシーでも、支出はグッと低くなる。それは確かにそうです。車ではかなり出費は少ない方ですが(2台あっても)それでも毎日タクシー乗っても安いかもしれない。でも、車を運転する、持つってのは、全く別の話です。操る行為、行動範囲の広さ、愉しみ。ま、贅沢かもだが、贅沢は素敵なんです。
c0180686_18120976.jpg
数時間前に放映された「西郷どん!」をMacBookで観られる上に、画面に出て来るCangoxinaラベルの焼酎をロックで飲みながらという、これも贅沢です。
c0180686_18120061.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-16 23:09 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

cangoxina

c0180686_10033564.jpg
今日もベルリン国立歌劇場でリハーサルでした。
ミラノ・スカラ座で初演され7月にStaatsoperで演じられるSciarrinoのオペラ、その時期にバレンボイムとシュターツカペレはブエノスアイレス公演があり、現代曲に明るい奏者が多くゲストに入ります。
KBは舞台上(ソリストアンサンブル)にひとり、ピットに3人。前回はソリストアンサンブルでしたが今日からはオケで弾きました。
3週間前に急のオファーを受けた時、プレミエだけが南ドイツの音楽祭と重なっていて変更できず断ったのですがリハに1回出て(指揮者は僕が出演すると思ってた)今週はオケパートでリハに3回、土曜日にはまたソリストアンサンブル、と5回のリハに出る予定です、少なくとも。本番には出ないので何とも変な感じですが、でも他の弦セクションも前回とはかなりメンバーが違う。急になんかあっても代役で初見では弾けない(スタンダードじゃないから)からかもしれません。僕も、もしもの時には代役となります。7/7のプレミエはヴァイカースハイムでバッハやモーツァルトを弾いてますが、その後に5公演あります。
今日は歌手も勢ぞろい、オケだけとは全く別モノ、なかなか面白い通しリハでした。コントラバスのハーモニクスで歌手が音程を取る箇所がいくつかあり、最後の15分はオケのコントラバス3人、ソリストアンサンブルのチェロ二人と歌手三人で合わせでした。スカラ座での公演を生かし、作曲家が書き加えた音を試しました。僕らが出す超高音(ハーモニクス)と歌が同じ音程で、ソリストアンサンブルのソロチェロは四分の一音ずれる。歌が僕らと同じ、そこに加わるもう一人の歌がソロチェロと同じ音程、書いてある通りに合うと、面白い効果がありました。
ハーモニクスを飛ばして、離れた歌手に伝えるとは、なかなか面白い使い方です。
c0180686_10035031.jpg
今日は公共交通で出かけました。オペラ座の練習所に楽器は置いておけるしワールドカップでブランデンブルク門近辺は通行止めで車での移動はいつもより混んでいるのと、駐車場所を探すことを考えたら、と電車を選びました。
しかし大失敗。
1981年12月にフィルハーモニーでオーケストラ初舞台を踏んでから足掛け37年のコントラバス奏者生活で
今朝は初めて、弓を忘れました。
Hillの五弦はケースに入れたままでした。DSOに置いてあるHawkesパノルモのようにネックにくくりつけておいたと思ったら、前回は革製の弓ケースだったのか?、その弓で他の五弦を弾いたときに出したのだと思いますが、無かった。家を出る前に確認するのが常ですが、今朝は何故か怠りました。
今日は隣で弾いたカンマーフィルで昔一緒に弾いてたA.S.がロッカーに持ってる予備を借りました。
普段は必ず2本は持っていて、それは常に舞台にも持ち込んで、DSOの本番直前にグレゴアが弓を張ったらオールドプレッチナーのネジが折れ弓が使えなくなり、僕のを渡してオケを邪魔することなく本番が始まったことありましたが(これは経験から、ベルリンフィルで一度、自分の弓のネジが折れ、もう一本持っていて支障なかったことがありました。それ以来必ず舞台には予備を持ってます)楽器を持って行ったのに弓が入ってない!?なんてことをしでかすとは思いませんでした。気をつけなければなりませぬ。

夕方帰宅して、やらねばならぬことはありましたが、呑んじゃいました。
c0180686_10355070.jpg
前割りってご存知ですか?焼酎は25度、それを水割りやお湯割りで呑む人は多い。飲むときに割るんじゃなく、先に割っておいて2-3日は置いて馴染ますと、美味しくなるんだそうで九州では知られた呑み方らしい。前割り、大石酒造の検定酒でやってみました。40度の焼酎だから、20度くらいになったのかな?
c0180686_10360920.jpg
この写真は今夜じゃありません。
確かに美味しくなる!お湯割りじゃなく、これをお燗にしたら良いかもなー?僕は焼酎は基本割らないので少し物足りなくなりました。普通の焼酎は25度、それを割ったらもっと軽くなる。もともとウイスキーでも水割りは好みませんが、前割りしたのは燗で飲んでみます。
で、今夜はKagodonの鹿児島からのお土産Cangoxinaを開けました。
もちろんロックで。かなり芋っぽくて美味しい!Cangoxinaは「せごどん!」で薩摩の殿様がせごどんに渡した布に書かれていた文字ですが、大河ドラマよりも前にこの焼酎はあったそうです。クセのない酒も良いですが、芋焼酎はこのくらいあるのが美味いなー。
ボトルもお洒落です。Kagodon、ありがとう。
c0180686_10032588.jpg








by Toruberlin | 2018-06-26 21:58 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

お菓子教室

c0180686_04582271.jpg
不定期開催のお菓子教室、水曜日でした。
10時から約2時間、そしてランチを楽しんで、作ったケーキを紅茶と(またはお持ち帰り)デザートまでの5時間の会です。メインは毎回2種類のケーキ作り、なのですが、ほぼ同等のメインになってるのがランチです。なぜか僕が担当。
楽しいから良いのですが、お肉を食べられない方の参加があったので朝に市場に行ってあんず茸かトリュフ、もう一皿はヴォンゴレか?と考えてました。
しかし夜中に胃痛、胃痙攣。背中まで広範囲に痛んで、ツボを押しながら4時過ぎに寝入り、しかし7時過ぎにまた痛みで目覚めました。完全にお休みか、僕だけ皆さんに会わないか。とにかく買い出しは無理でした。
ありがたいことに9時過ぎには収まり、材料があったアンチョビとケッパーでトマトソースを作り、ほぼ回復したので0945にシャワーを浴びてみなさんをお出迎え。その後は痛むことなく、でも食べる気にもならなかったのでランチは6人に僕がサーヴするというスタイルにしました。一緒に食べるのも楽しいのだけど、調理してサービスに徹するのは、ある意味楽です。自分が食べないから話と手を動かす余裕が増える。
夜中の胃痛は、晩ご飯に鯖の押し寿司を食べたのでアニサキスを疑いました。目視では居なかったけれど、、、。でも3時間、その後も短時間で治るわけがない。その後も復活、1日半、ほとんど不食でしたが、それもまた心地よかった。
c0180686_04564968.jpg
さて、お菓子教室はプラムタルトとティラミスでした。
c0180686_04564233.jpg
c0180686_04563444.jpg
c0180686_04562608.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-23 00:13 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

「麻田奈美からの手紙」

c0180686_17353353.jpg
「麻田奈美から届いた手紙」
週刊ポストは本日(月曜日)発売です。
麻田奈美ファンなら写真の多くは「懐かしい」でしょうが「今の麻田奈美さんからの手紙」にファンの皆様は御大の言葉を借りると「しびれちゃう」でしょう。
70年代のファンの方々には「君はこの世界にいてはダメ」とアドバイスしたことが大きな理由で引退したわけですから、青柳陽一は「仇」と思う方もおいでかもしれません。
でも親しくさせていただいてる私でも「こんなに撮ってたんですか?」と見せていただいただけでも驚く量です。きっともっとあるんでしょうが、残ってるのは「ファンの一部には仇」の御大のおかげですね。
c0180686_17354070.jpg
いくらブログは私的とはいえ、こういうページを掲載する許可を貰えるのは稀なことです。
先日ご紹介しました「睨め!カメラに向かって」ですが、そこに掲載したのと週刊ポストの「林檎ヌード」は別ショットです。
上は、睨め!と言われる前なのかな?
と、想像するのも楽しいですね。

開高健さんの電子書籍。御大が「うーん、紙じゃないとねー」と伊達に伺った時に仰り、そうですねー!と答えましたがタブレットにダウンロードすればどこにでも持ち歩ける。ベルリンで時間ある時に眺めて、そう思います。
開高健さんですらそうですから「独りで眺めるはずの気に入ったヌード」はパーソナル度はもっと高い。大きな写真集、(日本では特に)欲しいけれど場所とるからなー?!とか人の目に擦れるとこに並べられないしな、と躊躇してる人もおいでのはずです。なれば次は電子書籍版麻田奈美か?
と、既に単一モデルと写真家でこれだけの写真集が出て、週間誌や月刊誌に度々掲載されギネス記録か?との勢いですが、美しいタブレット画面で好きに眺められるのは「写真」には◎、さーて電子書籍版はいつでるのかなー?














by Toruberlin | 2018-05-28 09:35 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

平日昼下がりの「ひとりまつや」

c0180686_02221262.jpg
c0180686_02220496.jpg
誰かを連れてって呑むのも良い。もともと独りで店にはいることは余程「馴染みの店」その店の人に会いに行く為じゃなければしないんですが、ここ「神田まつや」は、良い蕎麦屋は、独りも良い。
池波正太郎先生がこの店を気に入ってらした理由の一つに(それは他の「昔の味がする店」もそうだが)開店したら閉店まで休まないことだ。いや、これは客の都合での希望だから、それで店の良し悪し云々ではないが、老舗で都心にあれば昼時、めし時は混雑するから15時過ぎから夕方に混み出す前に、のんびりと楽しめる店をお好みになったんでしょう。銀座の新富寿司然り、神田まつや然り。
今では人気+有名で休日じゃなくても目ざして来て、前でずらっと並んでるのを見て通り過ぎたこと、しばしありました。
帰国してる時は平日に時間が摂れるわけですから、独りで好きな店に行く時は(独り、ってのは書いたようにあまりないが)平日にしてます、早い夕方に行かれるなら、なおさら良い。
c0180686_02214735.jpg
15時近かったのかなー?ふらりと独りで行ってみたら、すんなりと入れました。確か昨年の秋だったと思います。
いま調べたら写真はiPhone、昨年の10/30に新橋のダイヤ菊に初めて行った日でした。まつやさんで呑んで蕎麦食べて散歩して(多分ベルリンへの買い物もして)からアパートに帰り、また新橋に出たんだな、きっと。
c0180686_02215545.jpg


More
by Toruberlin | 2018-05-25 23:17 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

開高健と青柳陽一

c0180686_22554333.jpg
c0180686_22553416.jpg
開高さんと、私の付き合いは1975年から始まった。
「岩魚が呼んだ」に書いたが、再度ここに記す。
と青柳御大が書いてくれました。
 1975年(昭和50年)春、偶然にも開高さんが「奥只見の岩魚を守る会」と、
私が会長で「奥鬼怒岩魚保存会」を設立した。
釣り雑誌や新聞等で、二人の座談会が設けられ、しばしば会う事になった。
会って見ると、開高さん1970年からのサントリーカレンダーで、私を御存知。
1973年1月の平凡パンチ麻田奈美、林檎ヌードも御覧になっていた。
最初の出会いから、飲み初め「お主、セッカチ、短気、色好みですか?」
と問われ、全てその通りと申しあげ、飲み友になった。
 何度か会い飲んでいたら、「腕はプロ、心はアマで無ければナラナイ」
とか「嫉妬は、挑戦への美酒」と、開高節が鳴り響いた。
私は、1960年代後半から、毎年6月アラスカに釣りに出掛けていた。
1970年代後半、丁度ビデオソフトの仕事もこなし始め、CMも演出していた。
では、この開高節を引き出し、アラスカのキングサーモン釣りと重ね、
映像を残したいと思う様になり、口説きに口説く事7年間。
 その間飲む事が多かったが、私は一切カメラを持参しなかった。
必ず、撮れると信じ切っていたので、アラスカで徹底的に撮る為にも
東京では開高さんを撮らないと決め、飲んだ時や、都ホテルでの写真ナシ。
カメラを持参しないカメラマンに、開高さん驚いたが、信用してくれた。
「皆、俺と会う時カメラを持って来る、君は違うな、偉い‼」とまで言われた。
「開高さん、アラスカの仕事決まったら、徹底的に撮らせてもらうからね」と
申し上げ、我慢の日々、従って銀座で飲んでも何も残って居ない。
電子書籍「誰も見たことのない開高健」の、私の作品のベタは、その結果である。
1982年やっとシナリオを見せろとなり、読んだ開高さん「アラスカを綺麗に
撮ってくれや、やりましょう」となったワケ。
c0180686_22551032.jpg
1983年には、東芝レザーディスク演出を任され、アラスカロケハンも兼ねて、
「アラスカに舞う」を10数名のスタッフと共に、作り上げた。
1984年6月からほぼ1ヶ月掛け、18名のスタッフで「河は眠らない」文春ビデオを、完成させた。
試写で観た開高さん「良く出来とるやないか、これは売れる‼、残るな‼ アリガトウ‼」と、握手。 
c0180686_22560032.jpg
そしてそれが後に本になりました。DVDも本も御大に頂戴して持ってますが、素晴らしいです。
残念ながら随分前に売り切れ、古書店でもし見かけたら「買い!」です。

御大の著書「岩魚が呼んだ!」上の文章に出て来ますが、こちらも完売となって久しいです。
c0180686_22560932.jpg


more いま手に入る本は!
by Toruberlin | 2018-05-23 22:01 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

「睨め!」カメラに向かって!

c0180686_04281140.jpg
麻田奈美さん、この「りんごヌード」がセンセーションを巻き起こしました。
撮影は青柳陽一氏。

僕は小学生だったか、何で見たかはわかりませんが鮮烈に覚えてました。
だから、僕よりも年下の人はリアルタイムでは知らないわけですが
三菱自動車の企画でパジェロで世界を走り回る「世界の道から」のドイツ旅行をパジェロを運転してご一緒した時、その撮影は写真家青柳陽一氏(伊達の御大です)、ドイツに既に10年以上いた僕は名前を存じ上げず、同行の毎日新聞社のT口さんが「開高健さんと交流があり」には反応しましたが、ヌードと広告写真どっちもこなす稀有な(有名)写真家と言われても、きっと失礼なリアクションだったと思います。
しかしT口さんが「真っ赤なリンゴを持った少女の写真、知らない?」と何日目かの仕事後のビールの席で仰り「あー、あのヌード!」と上の写真を思い出し、それが目の前にいる写真家の作品と知りました。

60歳手前から上の世代では知らない人はいないんじゃないか?という有名な写真です。
今では、写真集もですが週刊誌にも、今は(失礼ながら)60を過ぎた方の当時の写真が掲載され、それで麻田奈美さんを知ってる若い世代もきっと多いでしょう。
なんと、5/28発売の週刊ポストに8-9Pも掲載されるそうです。
題は「麻田奈美からの手紙」
今の麻田奈美さんからの手紙が掲載されるのだそうです。
「私と青栁さんだけの世界でカメラと睨みあっていたみたい。
 今思うと、凄い気迫に満ちていた撮影でした。」
御大が麻田奈美さんに
「カメラを睨め」
と言った写真。それがこの「りんごヌード」なのかは、存じません。
麻田奈美さんの写真は「いったいどれだけ撮ったんですか?」というくらいあります。まだ未発表のもあるらしい。
来週月曜日 (5/28) 発売の週刊ポスト、買って見てください。






















by Toruberlin | 2018-05-22 21:27 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

美味しくなった?!

c0180686_22073126.jpg
御大の口癖じゃあないですが、日本で一番美味しいビールはキリンラガー!そう思います。特に瓶のキリンラガーはアサヒの赤星と並ぶ居酒屋でのスターですが、缶ビールはラガーがうまい。
しかし最近、目新しいのが好きな人が多いからか?なかなか売ってない。東麻布のスーパーにもないのです。
ビールは家で飲まない!を東京でも実践していますが、先日津和野地酒初陣の杜氏古橋さんがお互いの夜の部の後に(笑)会いに来てくれましたが、ハイボールを呑もうと用意していたら「ウイスキーは苦手なんです」と古橋さん。それならとビール、一番搾りを買ってきました。で、飲んでみたら
c0180686_22061319.jpg
あっ、おいしい!
その通りなんです。驚きました。
みなさん、気づいてるかなー?
前のと「新」は全く違う。
c0180686_22060670.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-06 23:55 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

Chiro Yamanaka on tour!

c0180686_01200804.jpg
一週間前に来伯してたジャズピアノの山中千尋、昨日の福島からツアーが始まりました。
Live Schedule
2018/2/10(土)
福島 福島テルサ
2018/2/11(日)
甲府 桜座
2018/2/12(月)
静岡 ライフ タイム
2018/2/13(火)
広島 SpeakLow
2018/2/14(水)
熊本 CIB
2018/2/15(木)
小倉 トワイライト
2018/2/16(金)
大阪 ロイヤルホース
c0180686_01201674.jpg
写真は最新CD、DVDも付いてます。毎年1-2枚を出してる千尋、初めてだったらBESTか?
c0180686_01185804.jpg
家内とは長い付き合い。僕らが先週末シシリア旅行に出かけないことに決め、連絡したら翌日の昼にベルリンTXL空港に飛んで来ました。一泊二日ではありましたが、充実した時間でした。
c0180686_01185001.jpg
火曜日に日本着、電話したら木曜は仕事がもう詰まってる様子でした。
土曜の午後は伊達保原の多くの友人たちが福島公演を聴きに行って「良かったー!」との声が届いてます。
明日は静岡で九州まで行って最後は大阪!
千尋のライヴは良いですよー!予定調整できる方は是非どうぞ!
c0180686_01184068.jpg
c0180686_01351713.jpg
予報がネガティブ方向になってしまった日曜日、夜に雪の予報が昼前から雨でした。
木曜に打って金曜に作った麺は、今日が食べ頃です。
前回は鶏出汁をほとんど使わずの醤油ラーメンでしたが、今回は3.5kgの鶏腿を捌いて出たたっぷりのガラで摂ったスープです。昼に軽く味見しましたが◎でした。
風邪をひきやすい気候です。みなさんお大事に!
c0180686_01350925.jpg












by Toruberlin | 2018-02-11 17:14 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

徳永和子「舞妓」MAIKO

c0180686_20422523.jpg
画家徳永和子さんの作品集「舞妓」
10/25のコンサートAMPELMANN Duett を聴きに来てくださり終演後に贈ってくださいました。
ベルリンに戻ってから開いたら、この美しさ!
c0180686_05302539.jpg
素晴らしいです!絵と対の句がまた粋です。
徳永さんとはベルリンでのコンサートで知り合いました。

maestro長野率いる合唱団、10/25には大勢で聴きに来てくれました。優芽ちゃんもベルリンで合唱団を伴奏したご縁があります。
c0180686_05304389.jpg
c0180686_05303451.jpg
全てのページはご紹介しませんが、下記の展覧会を記念しての作品集の様です。
是非、実物を拝見したいです、いつか!

c0180686_05295102.jpg

c0180686_05300303.jpg
雨が多く寒々しい最近のベルリンですが、たまに晴れるとこんな景色です。
明日と明後日(11/22に書いてます)は少し天気も良くなるそうで、期待しています。
c0180686_05301534.jpg











by Toruberlin | 2017-11-17 23:59 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)