人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

フランス娘 C.Bruger..
at 2020-07-10 07:13
弓の話、まだ続きます。
at 2020-07-09 09:00
強火で焼きなさんな、じゃない..
at 2020-07-08 23:00
A.Nürnberger
at 2020-07-08 14:47
弓って面白い!Hoyer編
at 2020-07-08 07:52
パーフェクトな虹
at 2020-07-07 11:11
そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

こんにちは!いただいたコ..
by Toruberlin at 17:05
はじめまして! ..
by 菅野陽一 at 16:03
こんばんは、はじめまして..
by Toruberlin at 23:11
はじめまして、こんば..
by 菅野陽一 at 22:29
日本食屋には必ずある枝豆..
by Toruberlin at 22:03
おー、そういう話か⁉️あ..
by Toruberlin at 21:58
う〜んと久しぶりにフォイ..
by charlie1030 at 21:49
そうでしたか、あの屋台で..
by Puku at 21:37
あーちゃん、まさにそのポ..
by Toruberlin at 11:01
徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

クリスマス晩餐2017

クリスマス晩餐2017_c0180686_02324985.jpg
クリスマス晩餐2017_c0180686_02330899.jpg
クリスマス晩餐2017_c0180686_02325896.jpg
2017年のクリスマス晩餐は25日に行いました。東京からのKちゃん、時計師M.O.くん、母と5人でした。
まずは下ごしらえからです。
クリスマス晩餐2017_c0180686_02320456.jpg
ムール貝は蒸して開かせます。そう、そのままも食べられるんですが殻から出します、ノブスペシャルを作るために。
クリスマス晩餐2017_c0180686_02315091.jpg
烏賊は新鮮でも一度ソテーします。ホタテも同じく、オーヴンで焼いて水が出るのを防ぐためです。冷凍の海老は特に、強火で焼いておきます。
クリスマス晩餐2017_c0180686_02313974.jpg
エビ、ホタテ、ムール貝と烏賊のコキール。超贅沢なノブスペシャル。この名は池波先生が銀座の煉瓦亭などで午後に冷えた白ワインを飲みたい時にヒラメなどの魚介のコキールを注文してたのに影響されて、この四種類のコキールを思い立ち、初めて作って大成功!それがノブくん(言わずと知れたピアニストの辻井伸行くん)との晩餐だったんです。
クリスマス晩餐2017_c0180686_02313169.jpg
これにホワイトソースを混ぜてオーヴンで焼きます。
クリスマス晩餐2017_c0180686_02312003.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-26 23:59 | 美味しい楽しい話 | Comments(0)

37回目のクリスマスイヴ@Witt邸

37回目のクリスマスイヴ@Witt邸_c0180686_09391078.jpg
37回目のクリスマスイヴ@Witt邸_c0180686_09390023.jpg
24日の夜は1981年、弟子入りした翌年から恒例、Witt邸に伺いました。
まずはTがクリスマスの歌をピアノで弾くのを聞きながらシャンパン。先生は10年少し前からかなー?毎晩シャンパンで始め赤ワインに移行せずにシャンパンで終わることも珍しくないくらいお好きでした。
37回目のクリスマスイヴ@Witt邸_c0180686_09385366.jpg
37回目のクリスマスイヴ@Witt邸_c0180686_09384575.jpg
37回目のクリスマスイヴ@Witt邸_c0180686_09381564.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-25 23:59 | 美味しい楽しい話 | Comments(0)

ツリーは24日の昼に買います

ツリーは24日の昼に買います_c0180686_09095940.jpg
ツリーは24日の昼に買います_c0180686_09091065.jpg
クリスマスツリー、新年の門松のような気持ちで毎年広場に出てる店で選び、運んできます。
今年はかなり綺麗な木を手に入れました。80弱だから1万円ってところか?二週間楽しめるし、姿好き大きいのを選んでます。
出かける前にまずは台をセットします。これ、見た目も良いし機能的にも素晴らしいのです。佐渡ゆーちゃんがベルリンに居を構えた時に一緒にKaDeWeで手に入れました。一生モノです。
拙宅から車で10分圏内に5-6箇所はあるのか?
湖畔の広場で買ってた時期も長かったですが、一昨年からはクーダムの西端にある広場の店で選んでます。
ツリーは24日の昼に買います_c0180686_09092237.jpg
これ、筒に通すとネットがかけられるます。
それを先ほどの台に、そのまま立てます。
ツリーは24日の昼に買います_c0180686_09085622.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-24 23:59 | 最近のべルリン写真 | Comments(0)

メサイア 12/23

メサイア 12/23_c0180686_19345786.jpg
メサイア 12/23_c0180686_19344621.jpg
23日、合唱団カメラータ・ヴォカーレとNKOPでヘンデルのメサイアでした。
場所はフィルハーモニーの室内楽ホール。小ホール的位置付けですが1100人超入ります。満席でしたが、リハよりもそうなると音響が良くなるホールです。
メサイア 12/23_c0180686_19343793.jpg
統一後にできた最初の東西融合オケKammrphilharmonie Berlin、5-6年活動して残念ながら分裂の後に消滅してしまいましたが、このホールで幾度も素晴らしいコンサートを行いました。リハもじっくりここでしたのですがコントラバスで言えば(僕の音、かもしれないけど)ブロックAでは客席が空だと物足りないくらい聴こえないらしい。でも中程の通路から上では鳴り響く、とは何度もテストしての話ですが、それが本番で満席になると通路より下部の真ん前のブロックも良いバランスになる。
これ、大雑把ですが高音は届きやすいから、低音が良い音で響くってことはずべての音域の音が届くと思って良いです。
そこまで考えられて設計されたのと思いますが(ベルリンフィルとカラヤン、A.S.ムターでヴィヴァルディの四季が最初のコンサート、そのリハに居ましたが、設計者もいて音響のことを説明+アドヴァイスしてたのを、覚えています。1987年でした)室内楽、小編成でのコンサートに最高のホールです。
メサイア 12/23_c0180686_19342788.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-23 23:59 | 音楽の話 | Comments(0)

プロ

プロ_c0180686_19143282.jpg
プロ
それで生計を立てる、のがプロの証、定義か?

そういう面も確かにある、
腕がよければ良いポジションに就け、稼げる面はある。
でも、プロとアマという言葉で敢えて分けるなら
やはり腕の違いでしょう。

それだけ時間を使ってるから?専門教育を受けてるから?
という尺度もあるが、本当はそれも違う。
クラシック音楽では、残念ながら独学でトップは、ない。
これはキマリがあるのがクラシック音楽だからかかもしれない、とは思う。

では、他の分野では、独学でトップはある、うん、確かにありますね。

話を戻すと、例えばMozartの時代、
その演奏で稼ぐのじゃなく、生活はパトロンの援助でできて
思いっきり、追及できた。

いまも、美術はそういう面があるかなー?
評価もされ、また気に入った人が買ってくれて、それが数年間の活動費になることもある。
プロ_c0180686_19153325.jpg
オケで言ったら、やはりオケ奏者としてどのくらい演奏ができるか、で
それはプロオケにいても会社に行くように毎日をこなしているだけなら↓になるかもしれないし
アマオケの方がやる気があってイキイキ!との意見が多いし、また僕も思うことがあるが
大事なことはたくさんあり、これはプロでもアマでも
そのバランスが大事なんである。
で、音楽性、やる気と演奏能力
これもね、譜面が読めてすぐ弾けて音程もリズムも間違えないのが条件というような低いレベルではバランスが全くないと同じ
それを材料にして、どう表現するか?が伴って音楽だし
僕は一番大事なテクニッックは音を出すことだと思う、良い音を出すこと。
これがまずあって、そこにたくさんの「大事」が重なり、それがバランスよく存在してくれるのが良い。

プロの素養があるけれど、生活のためにだけ音楽はしない。
これが口幅ったいが、僕の理想であり、出した結論です。
他で稼ぐ。音楽でも稼ぐけれど、でも代価を得るためにやりたくないことはしない。
ま、若い時の苦労は買ってでもしろ!という真理を僕は薦めるけれど
それとは少し、矛盾します。

兎にも角にも音楽一筋で頑張りました。
は、どうして?と思うけれど、それもその人の選択である。

要は、人に認められるのが大事じゃなく
プロの素養を持ち、いつでもその道を極める、楽しみながら!に尽きる。

写真家の青柳御大は
腕はプロであれ、心はアマチュアであれ
と仰います。それも、同じことをおっしゃってるのだと思いますがプロとアマを使うと誤解されやすいので
「プロとして最高の技を持ち、絶えず探求し
 全ては自分の進む道に注ぎ、極めるために邁進する、丁寧に、楽しみながら」
です。
プロ_c0180686_19145936.jpg
なんかTwitter的になってますが、前に書いたのをここに書いてます(1/16)











by Toruberlin | 2017-12-22 23:59 | 音楽の話 | Comments(0)

大事な感覚、バランス

大事な感覚、バランス_c0180686_19131419.jpg
どっちつかず、とバランスが良い、は違う。
それは、自分がなくコロコロ変えるのか(ファジーというと柔軟で良さそうだけど)
考え感じ丁寧に生きて来た上での、追求したバランスなのか?
塩と砂糖、どっちが隠し味か?が判らないようでは論外だが隠し味の度合いは大事。
そこには好みが影響する。
これも好き好きと言いますが、その塩梅こそが、趣味の良し悪しこそが大事なのです。

その為に見聴きして勉強し、いろんな経験をして自分のMaßstab(基準)を作って行く、そしていつか確立するのです。

私が声優として関わった映画「ラーメンガール」で主人公が西田敏行さん扮する(ドイツ語版では僕の声)ラーメン屋の大将に
「私に奥義を教えてください、魂の秘密を!」
どう工夫しても、手順や技は理解しても、美味しいラーメンができません。
というシーンがあります。

写真撮るときにも思いますし、料理でももちろん演奏でも。
一番大事なのはバランスに加えて「魂」です。

ラーメンはお客様への贈り物なんだよ。そのラーメンがお客様の体の一部になる、だから魂込めなきゃ!
と大将の母上(師匠)が言葉をかけます。
大事な感覚、バランス_c0180686_19132245.jpg
どんなに鮮やかで音程良くて、コントラバスでこんなことできるの?!という演奏に驚いても
魂がこもってない(または様式から逸脱していたりでバランスが悪い)と深く届かない。
そう思います。
だから、練習でも魂込めて弾きます。
どんな時でも、気の入ってない(魂こもってない)音を出してはいけない、と根底では考えています。
結果は、その積み重ねに、ついてきてくれるのです。
大事な感覚、バランス_c0180686_19125814.jpg
なんかTwitter的になってますが、前に書いたのをここに書いてます(1/16)
















by Toruberlin | 2017-12-21 23:59 | 音楽の話 | Comments(0)

ポテトフライ

ポテトフライ_c0180686_04181248.jpg
あんまりしないことだけど、来客がなくても冷えてトロリとさえなってるプロセッコを飲むのは幸せです。
チェントロイタリアで2-3kgの塊を買ってきたところだったので、それと共に。
ポテトフライ_c0180686_04175512.jpg
昔はシャンパンも含め「泡」は甘さもあり好きじゃなかったけれどWitt先生の影響もあり(ベルリンフィル退団なさってからはシャンパン、それで一晩通すこともあった。箱で積んでありました)美味しいシャンパンは好きですねー!
同じ瓶内発酵のフランチャコルタも美味しいし、プロセッコでも美味しい銘柄はあります。
チェントロイタリアではSt.AnnaのExtraDryを選びます。
このボトルはヴァイオリニストBP夫妻を晩餐に誘った時に戴きました。これもなかなか、美味しい!
ポテトフライ_c0180686_04174798.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-20 23:59 | 美味しい楽しい話 | Comments(0)

ULA Berlin 大団円

ULA Berlin 大団円_c0180686_03314710.jpg
ULA Berlin 大団円_c0180686_03311475.jpg
12/17にミッテ区の和食レストランULAベルリンは閉店しました。
初代N島料理長の時代から最後のT中料理長まで「津和野晩餐」「鴎外晩餐」と題したAMPELMANN Berlinと津和野町古橋酒造とのコラボを開催していただきました。毎回、この鴎外縁のミッテ区で、鴎外の故郷の酒「初陣」に合う素晴らしい料理を作ってくださいました。特別晩餐は5回開催しましたから、延べ150人近いみなさんに楽しんでいただきました。
12/12の夜に、3人で行ってきました。
ULA Berlin 大団円_c0180686_03310798.jpg
ULA Berlin 大団円_c0180686_03310074.jpg
オススメのコースを選びました。これ、数日前にミラノから来ていたカタリーナもベルリンの大親友とULAに行きたいとミラノから言ってきて僕が予約しましたが、このコースを食したそうで大絶賛してました。そしてたくさんの人が口にした「何で閉店しちゃうの?」と何度も拙宅で言ってました。
ULA Berlin 大団円_c0180686_03304758.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-19 23:59 | べルリンの美味い店 | Comments(0)

クリスマスオラトリオ sing in

クリスマスオラトリオ sing in_c0180686_10101836.jpg
クリスマスオラトリオ sing in_c0180686_10101202.jpg
ベルリンに数多ある合唱団ですが、その全てが毎年クリスマスオラトリオをやるとは限らない。教会が多いですし子供の頃からクリスマスオラトリオに親しんできた歌いたい人はかなり多いです。会場はそう大きくない教会ですが例年満杯になり、楽器を持ってる人以外は全員が合唱団です。
この企画、ベルリンコンチェルト合唱団とオルフェウスアンサンブルを主催してる指揮者のシュテファンMが長年自分の合唱団とやっていて入場は無料ですが出口で寄付を集めます。ベルリンでも有数のお屋敷街が近いからコンサートの入場料よりも高額の紙幣が箱に積まれます。これは一緒に歌って満足!でもありますし数年前からは全額を合唱団の本拠地であるシュタイナー学校が行ってる難民の子供たちの文房具などの支援に使われています。それでここ数年、寄付で集まる額も増えたみたいですが、出来る時に出来る人がする援助、素晴らしいです。僕らもこの催しだけは報酬を受け取ったことがありません。
響きの良い教会で、リハなんか僕らには要らないクリスマスオラトリオを長年歌ってきてる歌い手が集まった合唱団と2時間超楽しむ、これは楽しい企画であることはもちろんですが、僕も毎年楽しみにしてます。週末なら仕事とかぶりますが毎週月曜か火曜、まず本番が一番少ない曜日です。
クリスマスオラトリオ sing in_c0180686_10100549.jpg
今回のティンパニは最近ベルリンドイツオペラを引退したハンスでした。ベルリンフィルのゼーガース氏が来たこともあります。昨年はコンチェルトハウスのソロティンパニだったHでした。趣旨に賛同してのお友達集まりですから、ベルリンフィルやDSOのOBも楽しみに来ます。
クリスマスオラトリオ sing in_c0180686_10095933.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-18 23:59 | 音楽の話 | Comments(0)

コンチェルトハウスにて

コンチェルトハウスにて_c0180686_09294164.jpg
コンチェルトハウスにて_c0180686_09294984.jpg
12/17 は室内アンサンブルカンマーフィルハーモニーの本番でした。人気者のピアニスト、今は指揮者になってるユストス・フランツ氏とのコンサートでした。
コンチェルトハウス大ホールでご覧の小編成、コントラバスは1本ですから、それだけでも出演する意味があります。
コンチェルトハウスにて_c0180686_09293538.jpg
たぶん販売しなかった真後ろと最上階の横以外は満席!でした。指揮者は初期にはバーンスタインも来ていたシュレースヴィヒ・ホルスタイン音楽祭の創設者です。人気が先行するか?と思ってましたが、とにかくほぼ満席にするのはスゴイ!です。
リハはたった2回、ブランデンブルク3番とかコレルリのクリスマス協奏曲とかスタンダード作品ばかりでした、まあ2回でまとめられます(もっとずっと時間を使うことも、もちろん可能ですが)。そのユストス、指揮自体はバロック作品は交通整理的には要らないくらいですが、流石ソリストとしてカラヤン指揮のベルリンフィルに出演していただけあって、音楽のご趣味は素晴らしい。それが指揮にも現れるし、判ってらしてアンサンブルを掌握なさる。本番がリハとは段違いに良かった!です。
コンチェルトハウスにて_c0180686_09292953.jpg


More
by Toruberlin | 2017-12-17 23:59 | 音楽の話 | Comments(0)